クレジットカード種類

銀行振込、コンビニ決済
に対応

更年期障害や治療薬の選び方について

更年期障害は特別な病気ではなく女性であれば誰もが悩まされる可能性があります。
現れる症状や症状の重さは個人によって異なりますが、人によっては日常生活に支障をきたすことがあります。

本ページではそんな更年期障害の原因や症状、治療法、治療薬の選び方、対策などの情報を紹介しています。
これから更年期を迎える方や更年期障害の症状が現れ始めている方に向けた内容となっています。

更年期障害とは?その原因ついて

更年期障害とは

更年期障害の前にまずは更年期について説明します。
更年期とは閉経の前後5年間、合計10年間の期間のことを指します。
閉経の年齢には個人差がありますが50歳前後に迎えることが多いため、45~55歳くらいが一般的な更年期の期間とされています。

閉経を迎えると卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減少してしまいます。
体内の女性ホルモンが減りホルモンバランスが崩れてしまうことで心と身体に様々な症状が現れ始め、この状態のことを更年期障害と呼びます。

更年期障害の患者は多くが40~50代の女性ですが、若い女性や男性にも更年期障害の疑いがある方や診断をされた方がいることが厚生労働省の調査で判明しています。

更年期障害の症状について

更年期障害の症状は様々ですが、人によって現れる症状や重症度は異なります。
更年期を迎えても症状がほとんど現れない方もいれば日常生活に支障をきたすほど重たい症状が現れる方がいらっしゃいます。

症状の種類が多いためカテゴリ別に紹介します。
特に現れやすい症状に関しては太字にしています。

精神系の主な症状

めまい
不眠
イライラ感
うつ症状
頭痛

血管運動神経系の主な症状

ホットフラッシュ
動悸
発汗や寝汗
・むくみ

消化器の主な症状

・吐き気
・下痢や便秘
胃もたれや胸やけ

血管運動神経系の主な症状

・喉の渇き
・ドライアイ

運動器官系の主な症状

肩こりや腰痛
・手や指のしびれ

生殖器系の主な症状

性交痛(膣乾燥)
・月経異常

泌尿器系の主な症状

・尿失禁
・頻尿

更年期障害の治療について

更年期障害の治療で中心となっているものはホルモン補充療法と漢方薬、抗うつ剤です。
それぞれがどのような治療法でどのような効果があるのかなどを紹介します。

1.ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充

閉経により減ってしまった女性ホルモンを外部から補うことで崩れてしまったホルモンバランスを正常に戻し、更年期障害の症状を軽減する治療法です。
Hormone replacement therapyを略してHRTとも呼ばれています。
女性ホルモンを補う方法は飲み薬と貼り薬、塗り薬の3種があり以下のような特徴があります。

  特徴
飲み薬 ・毎日服用するだけなので手間が少ない
・胃腸や肝臓に負担がかかる場合がある
貼り薬 ・飲み薬に比べて胃腸や肝臓への負担が小さい
・肌がかぶれる場合がある
塗り薬 ・飲み薬に比べて胃腸や肝臓への負担が小さい
・毎日塗る必要があり少し手間がかかる

このホルモン補充療法には更年期障害の改善だけでなく、骨粗鬆症や動脈硬化の予防、肌の状態を良くする効果にも期待できます。
しかし、不正出血や乳房の張り、おりものの増加といった副作用が引き起こされる可能性があります。
また、僅かではありますが乳がんの発生リスクが高くなるといったデメリットも存在します。

このようにホルモン補充療法にはメリットとデメリットがあるため、内容をよく理解した上で行うかどうかの判断をする必要があります。

ホルモン補充療法が有効な症状

・ホットフラッシュ、発汗、動悸、性交痛(膣乾燥)、不眠など

POINT

他にも骨粗鬆症の予防や脂質異常症の改善、お肌の調子を整える効果にも期待できます。

ココロ薬局で人気のホルモン補充剤

2.漢方薬

漢方薬は病気や怪我、体調不良などに対して幅広く使用されており、更年期障害にも有効です。
ホルモン補充療法に比べて副作用が少なく使用しやすい、ホルモン補充療法を何らかの理由で行えない方でも使用できるというメリットがありますが、体質や症状にあったものを選択する必要があります。
また、体質の改善を目的としているため効果が発揮されるまで時間がかかるなどのデメリットがあります。

以下の表は成分と体質、期待できる改善効果をまとめたものです。

成分名 体質 期待される改善効果
当帰芍薬散
(とうきしゃくやくさん)
体力虚弱 むくみ、冷え性など
温経湯
(うんけいとう)
体力中程度 唇の渇き、不眠など
温清飲
(うんせいいん)
体力中程度 皮膚症状、ホットフラッシュなど
加味逍遙散
(かみしょうようさん)
体力中程度 肩こり、疲労、イライラ感など
五積散
(ごしゃくさん)
体力中程度 冷え性、頭痛など
桂枝茯苓丸
(けいしぶくりょうがん)
人並の体力 肩こり、頭痛、めまいなど

3.抗うつ剤や抗不安薬

思考力や集中力の低下、憂鬱な気分が続く、趣味などに没頭できなくなった(楽しくなくなった)などの症状は更年期うつと呼ばれています。
更年期とうつは無関係のように思えますが、女性ホルモンの減少は気分や気持ちに影響を与えるとされているセロトニンの減少にも繋がっています。
このような更年期うつに対しては抗うつ剤や抗不安薬による治療と心理療法やカウンセリングなど心のケアを同時に行うことが多いです。

最初に使用される薬はセロトニンに作用するSSRIやSNRIが選ばれることが多く、効果がないようであれば別のお薬への変更が検討される流れとなります。

種類 代表的な薬剤
SSRI レクサプロジェイゾロフトなど
SNRI サインバルタイフェクサーなど
注意!
抗うつ剤は効果が現れるまで2~4週間ほど時間がかかるため、一定期間服用を続ける必要があります。

更年期うつに有効とされている抗うつ剤

更年期障害症状別の対策について

更年期障害の症状は普段からのケアで改善・緩和されることがあります。
自宅などで簡単に行えるケア方法を症状別に紹介します。

めまい

めまいは血圧が不安定になると起こりやすくなります。
血圧を安定させるためには塩分を控えバランスの良い食生活を心がけましょう。
血液をサラサラにしてくれる青魚や血流を促すビタミンEを多く含むナッツ類や筋子などがおすすめです。

不眠

不眠を改善するためには規則正しい睡眠リズムを取り太陽の光を浴びるなどが有効です。
他にも就寝前の飲酒や喫煙を控える、コーヒー(カフェイン)のような覚醒作用を持つ飲み物や食べ物を遅い時間に取らないよう気を付けてください。

イライラ感

イライラ感を解消するために重要なことはストレスを溜めないこととストレスを発散することです。
ストレスの発散に有効なのはスポーツや十分な睡眠となります。
日中に適度な運動をすると夜はぐっすりと眠れるようになるため、まずはウォーキングやジョギングなどを始めてみてはいかがでしょうか。

うつ病

精神科やメンタルクリニックではうつ病の治療に運動が取り入れられていることもあり、運動はうつ病に有効と考えられています。
他にもアロマテラピーや入浴、音楽を聴くなど自分なりのリラックス方法を実践することもストレスの発散になります。

頭痛

長時間同じ姿勢でいると筋肉が固くなってしまい血行が悪くなることがあります。
血行が悪くなると頭痛を引き起こしたり悪化させることがあるため、適度にストレッチや身体を伸ばすなどの時間を設けてください。
緊張状態が長く続くことも緊張型頭痛の原因となるため、適度に休憩を取るようにもしましょう。

ホットフラッシュ

ホットフラッシュは顔や首元などをすぐに冷やせるアイテムを常備しておくことが対策になります。
特におすすめなのは携帯用の扇風機です。
持ち運びしやすいため、外出先で急なホットフラッシュが起こったとしてもすぐにケアすることができます。
他にも扇子やうちわ、クールタイプの汗拭きシート、首に巻く冷感グッズなどもホットフラッシュ対策に有効です。

動悸

突然の動悸には腹式呼吸が有効です。
腹式呼吸とは肋間筋と横隔膜を使って空気を取り込む呼吸法で、普段から無意識のうちに行っている胸式呼吸とは異なるものです。
腹式呼吸のやり方は息を吸うときにお腹を膨らませ、息を吐くときにお腹をへこませます。
息を吸う時は6秒前後かけて吐く時は3秒がおおよその目安となり、これを5~10分ほど繰り返し続けてください。
無理をするとめまいなどを誘発するおそれがあるため、「息苦しい」と感じるのであれば息を吸う時間や吐く時間、続ける時間を短くするなどして、無理しない程度に調整してください。

発汗や寝汗

就寝前の水分を控えることやリラックスした状態で眠りにつくことが対策になります。
リラックスする方法は好きな音楽を聴くことやお気に入りのアロマの香りを楽しむ、入浴など自分にあったものを選びましょう。
それでも改善しない場合は吸収性の高いタオルなどを用意し、汗そのものへの対策を行いましょう。

むくみ

むくみの改善や予防には血行を良くすることが有効です。
血行を良くするための方法はふくらはぎのマッサージや身体を温める、水分補給、同じ姿勢でいることを避けるなどがありますので、実践しやすいものから試してみてください。

吐き気

吐き気を感じた場合はできるだけ安静にして症状が治まるのを待ちましょう。
気持ちが悪く食欲がないときは脂っこい食事は避けて、うどんや豆腐など消化が良く栄養価の高い食事を取るように心がけましょう。

下痢や便秘

食物繊維が多く含まれる食品や乳製品などを積極的に摂取しましょう。
食事だけでは難しい場合は漢方薬も有効ですので、下痢に悩まれている方は桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)を、便秘に悩まれている方は加味逍遙散(かみしょうようさん)を試してみましょう。

胃もたれや胸やけ

胃への負担を減らすことが胃もたれや胸焼けの改善や予防に有効です。
具体的には満腹になるまで食べないことや食後3時間は寝ない、食物繊維を多く取るなどが挙げられます。
また、適度な運動は胃腸の働きを良くする効果に期待できますので、歩くことや階段の利用を多くするなど、出来ることから始めてみましょう。

喉の渇き

こまめな水分補給を心がけましょう。
お酒やコーヒー、お茶などは利尿効果が高く、却って喉が乾いてしまうため控えてください。
冷たいものばかりですと、身体が冷えてしまいますので常温や温かい飲み物も取るように注意しましょう。

ドライアイ

ドライアイ用の目薬が有効ですが、1日の回数制限を超えないよう注意してください。
他に部屋の湿度を上げることやまばたきを意識的に増やすことも対策になります。

肩こりや腰痛

肩こりや腰痛は長時間同じ姿勢でいると起こりやすくなります。
そのため、一定時間ごとにストレッチや伸びを行う、姿勢を変えることなどが有効です。
また、ストレスは筋肉の緊張を誘発し肩こりや腰痛を引き起こしてしまうため、自分なりの方法でストレスを発散する習慣を付けましょう。

手や指のしびれ

しびれの症状が現れた場合は関節の動きを止めて安静にしてください。
手首を少し締め付けるような服を着ている場合は手首部分がゆったりしたものへ変更し、手首への負担をできるだけ減らしてください。

性交痛(膣乾燥)

1人で我慢しないでまずはパートナーへ相談しましょう。
性交痛の改善にはホルモン補充療法(HRT)も有効ですが、潤滑ゼリーなどを使えば痛みを抑えることができますのでおすすめです。

月経異常

月経異常の原因にストレスやダイエットによる無理な食事制限などが挙げられます。
そのため、適度に運動を行うことやストレスの発散が対策になります。
忙しい中でもゆったりとしたリラックスタイムを設けることが重要です。

尿失禁

尿失禁は骨盤底筋のゆるみによって引き起こされているため、骨盤底筋を鍛えるトレーニングが有効です。
トレーニング内容は膣や肛門を「締める」イメージで息を吐きながら3秒ほど力を入れて、息を吐きながら3秒かけて「緩める」、これを1セットとして、1日5セット前後を毎日行うようにしましょう。

頻尿

尿失禁同様に骨盤底筋トレーニングが有効です。
その他には水分の摂取量を減らすことや身体を冷やさない、肥満の解消、便秘の改善などが挙げられます。
外出先のトイレを把握しておくだけでも、外出時の安心感が増すためおすすめです。

まとめ

更年期障害は閉経によって引き起こされる様々な症状の総称

更年期障害にはホルモン補充療法(HRT)や漢方薬、抗うつ剤が有効

投薬以外にも生活習慣の改善で症状を緩和・予防できる

ホルモン補充剤に関するQ&A

A1期限が決まっているわけではありません。
更年期障害の症状が改善し、治療をしなくとも日常生活に問題がなければ飲み続ける必要はありません。

A2症状が治まっている状態であれば問題ありませんが、治療中であれば症状が再び現れる可能性が高いです。
そのため、治療途中の断薬は推奨できません。

A3購入できません。
ホルモン補充剤は医師の処方箋が必要なお薬です。
更年期障害向けの漢方薬やサプリメントであれば購入可能です。

A4閉経前でも問題ありませんし、改善効果も認められています。
30~40代など若年性更年期障害の方が使用されるのも問題ありませんので、ご安心ください。

A5症状や状況によっては漢方薬のほうが効果的な場合もあります。
しかし、効果が出るまでの早さや様々な症状に広く有効なのはホルモン補充治療とされています。

A6すでに乳がんになられた方や遺伝的に乳がんになる可能性がある方を除けば、5年間の治療であればがんリスクは高くならないとされています。
しかし、欧米では長期間のホルモン補充治療は乳がんの発症リスクが僅かに高くなるという報告があります。
そのため、ホルモン補充治療が5年以上になる場合はリスクを考慮し検討する必要があります。

ホルモン補充剤の口コミ紹介

エストロモン(プレマリン)の良い口コミ

投稿者ミルクティーさん

評価

体内の女性ホルモンが減少してきたからか、どんどん女性らしさが失われてるように感じて飲み始めました。
仕方ないことかもしれませんが、まだ女性として楽しみたいのでエストロモンを飲んで女性ホルモンを補っています。
胸が張るような感覚はありますが、かえって胸が大きく見えていいです。
一番感じている効果としては、肌の美しさです。毛穴が小さくなり、肌のハリ感もUPしてきました。これは、年令問わずおすすめできる薬かもしれません。

エストロモン(プレマリン)の悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

なかなか効果を感じられず、結局病院でプレマリンを処方してもらい、そちらに戻りました。
ジェネリック医薬品は先発薬と同じ効果があると聞いていましたが、先発薬よりも効果が弱いものもあるのでしょうか?
値段が安かっただけにショックですし残念です。

エストロモン(プレマリン)の口コミをすべて見る

プレモン(プレマリン)の良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

ここ数ヶ月、更年期障害らしき症状が現れてきているためプレモンを購入するようになりました。
服用を開始したのは先月なのですが、もう効果が出てきてて、イライラが減って、ホットフラッシュもほとんどなくなりました。
また、体も髪も乾燥しがちでしたが、ここ最近乾燥が気にならなくなってきました。
少し若返った気分を味わえているのでとても嬉しいです。

プレモン(プレマリン)の悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

今のところそんなに効果を感じませんし、おっぱいが張っている感じがあります。
2~3ヶ月服用を続けるとなくなると記載されていましたが、続けるか悩んでいます。

プレモン(プレマリン)の口コミをすべて見る

オエストロジェルの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

女性ホルモンの分泌量が少ないらしく、病院で同じような外用薬を処方してもらいましたがかなり高額だったため、こちらのサイトからオエストロジェルを注文しました。
使ってみた感想は、安くても病院でもらうものと一緒!です。
届くのが遅いことを除けば、安くて時間も節約できるのでおすすめです。

オエストロジェルの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

確かに更年期の効果はあると思います。ただ、私の体には合わないのか体調によっては気分が悪くなることが…。
寝る前に塗ると大丈夫なので、今では塗るなら必ず就寝前ですね。
他の薬もちょっと探してみようかなと思います。

オエストロジェルの口コミをすべて見る

参考サイト

本ページは以下のサイトを参考に作成しています。

ページの一番上へ戻る