クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

不眠症にお悩みの方向けの睡眠薬やサプリメントを取り揃えております。

睡眠薬(20件)

並び替え:

フルナイト
フルナイト

4,560

すぐ購入

フルナイトは有効成分にエスゾピクロンを配合した睡眠薬です。日本ではルネスタという名称で同じエスゾピクロンを配合した睡眠薬があり、フルナイトはそのジェネリック医薬品にあたります。
ソミナー
ソミナー

9,060

すぐ購入

ソミナーは、短時間型に分類される睡眠薬です。 不眠症の改善に効果的で、特に寝付きが悪い、眠っても途中で目覚めてしまうといった症状に適しています。
ハイプナイト
ハイプナイト

3,360

すぐ購入

ハイプナイトは不眠症を改善するのに役立つ超短時間型の睡眠薬です。国内で処方されている睡眠薬「ルネスタ」と同じ有効成分を配合したジェネリック医薬品となっています。
ハイプロン
ハイプロン

4,860

すぐ購入

ハイプロンは有効成分にザレプロンを配合した、不眠症を改善へと導くための治療薬です。
タガラ
タガラ

1,760

すぐ購入

タガラは、不眠症の治療や神経の興奮を抑える作用があるサプリメントです。 天然由来の成分が優しく眠気を誘い、快適に眠ることができるようにサポートする効果を発揮します。
ロゼレム
ロゼレム

34,960

すぐ購入

ロゼレムは、従来の睡眠薬とは異なる作用で不眠症を改善する睡眠薬です。 慢性的な不眠症で寝付きが悪い方や、比較的軽い不眠症に適しており、快適な眠りへと導きます。
エスゾピック
エスゾピック

3,460

すぐ購入

エスゾピックは寝付きを良くして快眠をサポートする医薬品です。 日本国内で処方されているルネスタ錠と同一成分を含むジェネリック医薬品で、効果の持続時間が短い特徴があることから寝付きの悪い、夜中に目が覚めてしまうといった悩みを持つ方に適しています。
バスピン
バスピン

7,160

すぐ購入

バスピンは抗不安作用と催眠作用のある医薬品です。 日本国内においては先発医薬品であるバスパーも含めて未承認ですが、不安障害や不眠症の治療に有効とされています。
スージングナイト
スージングナイト

4,360

すぐ購入

スージングナイトは、アメリカのNatrol LLCが製造している睡眠補助サプリメントで、ラクチウムやL-テアニン、ステアリン酸マグネシウムなど多くの成分を含んでいます。
デエビゴ
デエビゴ

14,960

すぐ購入

デエビゴは、寝つきが悪い、途中で目が覚めるといった不眠症を改善する医薬品です。 有効成分のレンボレキサントが、脳の覚醒を促す神経伝達物質オレキシンが受容体と結合するのを阻害します。
メラトニン
メラトニン

3,660

すぐ購入

メラトニンは睡眠をサポートするサプリメントです。 本商品には睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが含まれており、寝付きが悪い、目覚めても疲れが取れていない、熟睡できないなどの悩みを抱える方に適しています。
トランクィルナイト
トランクィルナイト

売り切れ

トランクィルナイトは複数の天然ハーブから抽出したエキスを配合した睡眠サポートサプリメントです。
メラトニンプラス5HTPアドバンスト
メラトニンプラス5HTPアドバンスト

売り切れ

メラトニンプラス5HTPアドバンストは、睡眠の質を高める作用があるサプリメントです。 寝付きが悪いときや睡眠の質が悪化しているときに効果的で、寝付きを良くして質の良い睡眠をとれるようにします。
スリープスターター
スリープスターター

売り切れ

スリープスターターは、不眠症の症状対策に効果的なサプリメントです。 睡眠障害による症状を改善へと導き、十分な睡眠がとれるようにサポートする働きを期待できます。
セディール
セディール

売り切れ

大日本住友製薬株式会社のセディールは心身症や神経症、それに伴う睡眠障害に効果がある医薬品です。
メラトニンタイムリリース
メラトニンタイムリリース

売り切れ

メラトニンタイムリリースは、睡眠のリズムを整える働きがあるサプリメントです。 不眠症はもちろん、時差ボケの影響の対策にも効果的で、睡眠に関するさまざまな悩みを解消します。
バスパー・ジェネリック
バスパー・ジェネリック

売り切れ

バスパー・ジェネリックは不安や不眠を改善する医薬品です。 日本国内においては先発医薬品のバスパーや後発医薬品は未承認となりますが、不安障害や不眠症の治療に有効とされています。
APOゾピクロン
APOゾピクロン

売り切れ

こちらのAPOゾピクロンは即効性の高い睡眠導入剤です。
アモバン・ジェネリック
アモバン・ジェネリック

売り切れ

こちらのアモバンジェネリックは不眠症の悩む方への医薬品です。
ドリエル・ジェネリック
ドリエル・ジェネリック

売り切れ

ドリエル・ジェネリックはコストコのプライベートブランドであるカークランドが製造・販売している睡眠改善薬のジェネリック医薬品です。ドリエルと同じ有効成分であるジフェンドラミン塩酸塩を配合しており、眠気を誘発する作用によって睡眠を改善します。

ココロ薬局で人気の睡眠薬・睡眠サプリBEST10

睡眠薬の作用時間

睡眠薬と一口にいっても、種類によって作用する時間が全然違います。

  • 超短時間型
  • 短時間型
  • 中間型
  • 長時間型

上記のように4つの種類に分類することができるため、睡眠薬を選ぶ前に先ずは作用時間の違いについて適切に把握しておくようにしましょう。

超短時間型

超短時間型とはその名の通り、作用時間が睡眠薬の中でも最も短い部類のものになります。
効果が発現するまでにかかる時間は15~30分となっており、服用後から非常に早い時間で効果があらわれます。その後、1時間未満で効果のピークを迎えて、半減期は2~4時間です。

短時間

短時間型は超短時間型より効果が長く持続するタイプの睡眠薬になります。
効果が発現するまでの時間や30分~1時間となっており、効果が出るまでの時間も超短時間型より遅くなっています。
効果は1~3時間でピークを迎え、半減期は6~10時間です。
そのため、超短時間型の倍以上の時間効果が持続します。

中間型

中間型は短時間型よりも更に長い効果を持った睡眠薬になります。
効果があらわれるまでの時間やピークの時間は短時間型とあまり変わりません。
30分~1時間で効果が発現し、効果のピーク時間は1~3時間です。
ですが、半減期は20~24時間となっているおり短時間型と比べて、効果が倍の時間持続します。

長時間型

長時間型30分~1時間で効果が発現します。
ですが、効果のピークとなるのは3~5時間となっており、半減期も24時間~と非常に長い時間に渡って効果を得ることができる睡眠薬となっています。

不眠症の4つのタイプ

不眠症と一口にいっても、寝付きが悪い不眠もあれば、目覚めが悪い不眠もあるように
その種類は様々です。
そこで、ここからは不眠症の4つのタイプについてそれぞれ紹介していきます。

①入眠障害

入眠障害の症状

その名の通り眠りに入るのが難しくなる不眠症です。
ベッドに入ってもなかなか寝付くことができない場合はこの入眠障害に該当し、不眠症の中でも最も多い症状とされています。
診断の基準は「就床後1時間以上眠れない」というものです。

入眠障害の原因

入眠障害の原因として考えられているのは

  • 心理的原因
  • 不規則な生活リズム
  • カフェインによる覚醒作用
  • 暑さや寒さなどの環境的な要因
  • 枕の買い替えなどの睡眠環境の変化

などがあげられます。

入眠障害に有効な睡眠薬のタイプ

入眠障害は眠りにつくのが難しい状態なので、睡眠薬の力で眠りにさえつければ後は熟睡することができるため、眠りに入りやすくなるタイプの睡眠薬が適しています。
そのため、入眠障害に適した睡眠薬とされているのは超短時間型短時間型です。
これらの睡眠薬は効果が早くあらわれ、効果が早く切れるため、翌日まで効果を持ちこしたりすることもありません。

②中途覚醒

中途覚醒の症状

不眠症のひとつである中途覚醒は睡眠についた後、夜中に何度も目覚めてしまう不眠症です。
眠りにつけるのに何度も目覚めてしまうことで眠りが浅くなってしまうため、睡眠の質が低下してしまいます。

中途覚醒の原因

中途覚醒の原因として考えられているのは

  • ストレスによる交感神経と副交感神経のバランスの崩れ
  • うつ病、睡眠時無呼吸症候群、脳変性疾患
  • 加齢による浅い眠り
  • 飲酒による浅い眠り
  • 治療薬の副作用

などがあります。

中途覚醒に有効な睡眠薬のタイプ

中途覚醒を改善するために有効な睡眠薬は、眠りに入った後から目覚めるまでの間、効果が持続するものが適しています。
そのため、効果がそれなりの時間持続する短時間型中間型といった種類の睡眠薬が効果的です。これらの睡眠薬であれば眠りについた後も効果が持続することで中途覚醒を改善します。

③早朝覚醒

早朝覚醒の症状

不眠症には早朝覚醒と呼ばれるタイプの不眠もあります。
早朝に目覚めるのだから不眠とは違うと考えられがちですが、予定していた起床時間よりもかなり早く目覚めてしまい、そこから眠れなくなってしまうもので、予定より2時間以上早く目覚めてしまうといった場合に判断されたりします。

早朝覚醒の原因

早朝覚醒の一番の原因と考えられているのは加齢です。
加齢によって、眠りが変化することであらわれやすい症状なのです。
ですが、加齢以外にも

  • うつ病
  • 運動不足
  • 食生活の乱れ

など病気や生活習慣の乱れが原因となって早朝覚醒を引き起こしてしまう場合もあります。

早朝覚醒に有効な睡眠薬のタイプ

早朝覚醒を改善するのに有効な睡眠薬のタイプは中間型長時間型です。
中間型、長時間型共に効果時間が長い睡眠薬であるため、就寝前に服用して目覚めるまで十分に効果が持続することで早朝に目覚めてしまうのを抑えて、早朝覚醒を改善へと導いてくれます。

④熟眠障害

熟眠障害の症状

熟眠障害とは、何一つ問題なく眠りにつくことができ、途中で目覚めることなく予定していた時間に目が覚めるといった睡眠ができているのに、さまざまな問題が生じる不眠症です。
熟眠障害では

  • 疲れが取れない
  • 寝たのに寝た気がしない
  • 一日中体が気だるい
  • 頭痛が起きる

などの症状があらわれます。

熟眠障害の原因

熟眠障害の原因はさまざまで、下記のようなものが考えられています。

  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 睡眠環境の問題
  • うつ病や睡眠時無呼吸症候群
  • 夜驚症や夢遊病

日常生活の中に原因がある場合もあれば、うつや睡眠時無呼吸症候群などの病気のほか、夜驚症や夢遊病といった睡眠時ならではの異常行動などが原因の場合もあります。

熟眠障害に有効な睡眠薬のタイプ

熟眠障害に対して効果的な睡眠薬は、中間型長時間型のものになっています。
効果時間が長めの睡眠薬を用いることで、グッスリと深い眠りにつくことができるようになり、睡眠の質が相対的に向上します。
その結果、熟眠障害を改善へと導くことができます。

睡眠薬の購入方法

不眠症を改善するのに役立つ睡眠薬ですが、現在ではさまざまな方法で手に入れることができるようになっています。
病院で手に入れる方法やドラッグストアで購入する方法、そして通販サイトで購入することも可能となっているので、それぞれの方法ごとの特徴について紹介します。

病院で処方してもらう

睡眠薬を購入する方法として、もっとも多くの人が考え付くのが病院での処方です。
不眠症の治療のために睡眠薬を処方しているのは、心療内科や精神科、内科などで、料金は初診の場合だと初診料や検査料、処方箋料などを合わせて2,500〜3,500円程度です。

肝心の処方してもらえる睡眠薬は睡眠障害のタイプに合わせて医師が判断したものになります。一例をあげると

  • マイスリー
  • アモバン
  • ルネスタ
  • ドラール
  • トラゾドン

などになります。

病院処方のメリット
医師の判断で最適な睡眠薬を選んでもらえる
検査や診療で不眠症の判断や治療を並行して行える
服用方法などが聞けて、安心して睡眠薬を使える
病院処方のデメリット
診察時間の確保や通院の手間などの時間的な負担がかかる
料金が他の方法と比べて高い

ドラッグストアなどで購入する

睡眠薬はドラッグストアでも手に入れることができるようにいなっています。
ドラッグストアで販売されている睡眠薬は睡眠改善薬と呼ばれるタイプのものとなっており、1箱~1,500円で購入することが可能となっています。
ただし、ドラッグストアで販売されている睡眠改善薬は病院で処方される睡眠薬とは違って、睡眠を促すことで改善するタイプのものとなっており、確かな効果には期待できないという点には注意が必要です。

ドラッグストアのメリット
睡眠改善薬の費用だけなので安価
手軽に購入できる
ドラッグストアのデメリット
強い効果を持った医薬品とは違うため、効果が弱い
確実な不眠症の改善を目指す場合は適さない

通販サイトから購入する

現在、睡眠薬は通販サイト(個人輸入代行)でも、購入することができるようになっています。
通販サイトの場合、病院で処方してもらうことができる睡眠薬の他、海外製のジェネリック医薬品も多数取り扱っています。
実際の価格としては1箱あたり3,360~9,000円程度で、薬の代金だけで済むため、病院で処方してもらうより安価なケースも珍しくありません。

通販サイトのメリット
診察時間の確保や通院時間などの時間的負担がない
スマホやPCから注文できる
薬の代金だけが必要となるので、費用を抑えられる
通販サイトのデメリット
海外からの発送なので、手元に届くまでに2週間ほどの時間がかかる
使用は自己責任となるため、副作用の救済制度が使えない。

市販の睡眠薬で不眠症は改善することができない!?

ドラッグストアなどで販売されている睡眠薬は処方箋無しで購入できる「一般医薬品」などに分類されるものとなっています。
当然、処方箋が不要な睡眠薬は処方箋が必要になる睡眠薬と比べると効果は弱くなってしまいます。
そのため、ドラッグストアで睡眠薬を購入しても十分な効果を得ることができなかったとなってしまうケースは珍しくありません。

ですが、ドラッグストアで販売されている睡眠薬であっても、一時的な不眠を改善するのに役立つといったことは珍しくありません。
また、副作用などのリスクも病院で処方してもらえる睡眠薬よりも小さいため、安心して使えるという点では優れているといえます。

【タイプ別】不眠症に有効な睡眠薬

不眠症の改善に役立つ睡眠薬はさまざまな方法で手に入れることができるというのがおわかりいただけたかと思います。
それでは、最後に、不眠症のタイプごとに適した睡眠薬を3つランキング形式で紹介していきますので、是非参考にしてください。

入眠障害(寝つきが悪いタイプ)にオススメの睡眠薬TOP3

商品
イメージ
ハイプナイト ルネスタ・ジェネリック エスゾピック
商品名 ハイプナイト ルネスタ・ジェネリック エスゾピック
有効成分 エスゾピクロン エスゾピクロン エスゾピクロン
特徴 成分量1mg、2mg、3mgを取り揃えて使い勝手良い 内容量が多く、成分量も多い 2mgと3mgで展開しており、内容量が30~90錠で使いやすい

入眠障害に有効な睡眠薬は超短時間型に分類されるものです。
オススメランキングのTOP3はハイプナイト、ルネスタ・ジェネリック、エスゾピックです。

どの睡眠薬も超短時間型となっており、15~30分で効果を発揮し、1時間で効果のピークを迎えます。そのまま翌朝まで、効果を持ち越すこともないため入眠障害の改善に非常に有効です。

ハイプナイト

ハイプナイトは有効成分にエスゾピクロンを配合したルネスタのジェネリック医薬品です。
成分配合量が1mg、2mg、3mgと3タイプあり、それぞれ50錠入りとなっています。
エスゾピクロンがGABAの働きを強めることでリラックスさせながら緊張をほぐし、自然な眠りへと誘います。

ハイプナイトのメリット
価格が安価
1mg、2mg、3mgと自身に合ったものを選べる
50錠入りでまとめての購入にも役立つ
ジェネリックで安価
ハイプナイトのデメリット
50錠以下での購入ができない

中途覚醒(夜中に目が覚めるタイプ)にオススメの睡眠薬TOP3

商品
イメージ
ソミナー ルネスタ・ジェネリック ハイプロン
商品名 ソミナー ルネスタ・ジェネリック ハイプロン
有効成分 ドキシラミン エスゾピクロン ザレプロン
特徴 海外では睡眠改善薬として市販されている短時間型の睡眠薬 超短時間型で素早い効果に期待できる 翌日への持ち越しが少なく安心して使える

中途覚醒に有効な睡眠薬は超短時間型短時間型のものになります。
中途覚醒にオススメ睡眠薬のTOP3はソミナー、ルネスタ・ジェネリック、ハイプロンの3種になります。
なかでも短時間型のソミナーは海外でも幅広く活用される市販の睡眠改善薬となっており、非常に高い効果に期待することができます。

ソミナー

ソミナーは有効成分にドキシラミンを配合した睡眠改善薬です。
日本では未だ承認されていませんが、海外では市販薬として承認されているだけでなく、数ある睡眠改善薬の中でも特に効果が高いとして幅広い方に活用されています。
こちらのソミナーは抗ヒスタミン作用を持っており、この抗ヒスタミン作用によって起きる眠気によって自然な睡眠へと誘います。

ソミナーのメリット
1箱で200錠と大容量
1錠あたりの価格も50円以下と非常に安価で使い勝手が良い
ソミナーのデメリット
大容量であるがゆえに、少し試してみるといったことができない
あくまでも睡眠改善薬であるため、効果は強いといっても睡眠薬には劣る場合がある

早朝覚醒(朝早くに目が覚めるタイプ)にオススメの睡眠薬TOP3

商品
イメージ
ロゼレム デエビゴ メラトニン
商品名 ロゼレム デエビゴ メラトニン
有効成分 ラメルテオン レンボレキサント メラトニン
特徴 依存性が低く、睡眠時間を延長する 入眠に対する効果に優れ、依存性も極めて低い メラトニンを補って自然な眠りへ誘う睡眠改善薬

早朝覚醒に有効な睡眠薬は中間型長時間型のものです。
そんな早朝覚醒にオススメの睡眠薬TOP3がロゼレム、デエビゴ、メラトニンの3種です。中でもロゼレムは効果時間も短い睡眠薬として幅広く利用されていますが、早朝覚醒にも活用することができるとして、高い人気を誇っていたりします。

ロゼレム

ロゼレムはこれまでの睡眠薬とは違った作用によって、自然な眠りへと誘います。
また、従来の睡眠薬と比べて依存性が低いため、安心して使えるといった特徴があります。

また、ロゼレムは睡眠へと誘う作用だけでなく、睡眠を安定させるという作用もあります。
そのため、入眠障害にも早朝覚醒にも役立てられている睡眠薬なのです。

ロゼレムのメリット
自然な眠りと睡眠リズムの安定化で幅広い不眠に対応
依存性が低く安心して使える
早く効果があらわれ、持ち越しも少ない
ロゼレムのデメリット
ジェネリックがなく高価
頭痛などが起きる場合がある

熟眠障害(眠りが浅いタイプ)にオススメの睡眠薬TOP3

商品
イメージ
メラトニン メラトニンプラス5HTPアドバンスト タガラ
商品名 メラトニン メラトニンプラス5HTPアドバンスト タガラ
有効成分 メラトニン メラトニン、5-HTPほか セイヨウカノコソウ
特徴 睡眠ホルモンを補うサプリで安心して使える メラトニンとセロトニンの分泌を促す5-HTPなどで総合的に睡眠の質を高める アーユルヴェーダ由来のサプリで、副作用の心配がない

熟眠障害は十分な睡眠時間を取っていても起こることがあるため、睡眠薬で睡眠時間を増やすことよりも睡眠の質を上げることが重要とされています。
熟眠障害にオススメの睡眠薬TOP3はメラトニン、メラトニンプラス5-HTPアドバンス、タガラとなっています。
熟眠障害は生活習慣の見直しや睡眠の質を向上させる効果があるとされるサプリメントの服用が有効です。

メラトニン

メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンを効率的に補うことができるサプリメントです。メラトニンを補うことによって、自然な眠りへと誘うことができるため、睡眠の質を高めるのに役立ちます。
サプリメントのため、価格も医薬品と比べて安価で抑えることができるため、気軽に試すことができます。

メラトニンのメリット
自然な眠りへ誘う睡眠ホルモンを補う
サプリメントだから副作用のリスクがなく安心
メラトニンのデメリット
医薬品でないため継続した使用が必要

睡眠薬を服用できない方

睡眠薬に関するQ&A

A1基本的には大丈夫です。
服用する睡眠薬によりますが、現在の主流になっているオレキシン受容体拮抗薬やメラトニン受容体作動薬であれば依存性は確認されていません。

A2基本的には大丈夫です。
過去に使用されていたバルビツール酸系睡眠薬などは依存症の可能性を指摘されていましたが、現在使用されている睡眠薬であれば耐性が付くことはほとんどありません。

A3特に問題ありません。
何十錠など極端に多い量でなければ副作用が強く現れるくらいで済むことが大半です。
体調面に問題がないのであれば普段通り過ごして頂いて大丈夫です。
ただ、今後は用法用量を超えて服用しないようご注意ください。

A4これをやれば大丈夫!というものはありませんが、いくつか有効とされている方法を紹介します。
・朝日を浴びる習慣を付ける
・日中に適度な運動を行う
・就寝前にパソコンやスマホを触らない
・就寝前のタバコやコーヒー(カフェイン)を控える
・お風呂は40度前後にして、就寝の30分以上前に入る
・眠くない時は寝具に入らない
他にも睡眠に良いとされる習慣はありますので、ご自身で調べて頂き実践できそうなものから初めてみてはいかがでしょうか。

A5主に内科や心療内科、精神科などで処方されます。
しかし、睡眠薬を処方されるかどうかは医師の判断となりますので、希望すれば必ず睡眠薬を処方してもらえるわけではないことは憶えておきましょう。

A6まずは医師に相談してください。
自己判断による減薬や断薬は不眠症が悪化する原因になることがあります。
そのため、減薬や断薬は医師の指導のもと進めてください。

睡眠薬や睡眠サプリの口コミ紹介

ソミナーの良い口コミ

投稿者すやぴちゃん
評価

前に飲んでいた睡眠薬が苦味が強いものだったので、ソミナーも苦いのではと警戒していましたが、それほど苦さは気になりませんでした!
喉が少し乾燥するような感覚がありましたが、前の睡眠薬よりは飲みやすかったので、これからはこちらを使おうかと思います!

ソミナーの悪い口コミ

投稿者匿名さん
評価

これを飲んでも眠れません。用量を増やしても眠れませんでした。
不眠症にもいろんなタイプがあるらしいし、もしかしたら合ってなかったのかも・・・?
と悩んでいますが、効かなかったのでもう買わないと思います。

ソミナーの口コミをすべて見る

ルネスタ・ジェネリックの良い口コミ

投稿者匿名さん
評価

睡眠薬は合うものと合わないものの差が激しく、全然眠くならないものもあれば起きても眠気がずーっと残ってるものもあります。
ルネスタ・ジェネリックに関しては自分に合ってたようで、自然と眠りを誘ってくれて朝はすっと起きれます。
半分くらいまで減ったらリピします。

ルネスタ・ジェネリックの悪い口コミ

投稿者匿名さん
評価

即効性に関しては確かにあるように感じましたが、正直なところ睡眠薬として考えるとそこまで強い効果があるわけじゃありません。
なので人によってはまだ物足りないと感じてしまうはず。
私もうっすら眠くなるだけで、日によっては結局眠りにくいということもありました。
そのため現在はサブ的な役割として使用するようにしています。あと体調によっても使うかどうか変えてますね。

ルネスタ・ジェネリックの口コミをすべて見る

メラトニンの良い口コミ

投稿者ありがとにん( ˘ω˘)さん
評価

5年ほど昼夜逆転の生活を送っており(仕事の関係)、ようやく普通の生活に戻りました。
しかし、体に染み付いた昼夜逆転生活のリズムを戻すのは難しく、不眠でかなり悩んでいました。
ただ、同僚に勧められたメラトニンを服用するようになって、最近夜になればしっかり眠れるようになりました。
おかげで休日もふつうに外出して遊ぶことも出来て充実した日々を送れています。ありがとうメラトニン\(^o^)/

メラトニンの悪い口コミ

投稿者匿名さん
評価

全然眠たくない状態から眠たくなることはないですね・・・(夜の20時くらいとか)
遅い時間になるとそれなりに薬の効果はあると思いますが・・・。
もうちょっとガツっとくるような感じの薬の方が僕にはあっているのかも

メラトニンの口コミをすべて見る

ページの一番上へ戻る