クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

ボルタレンエマルジェル1

ボルタレンエマルジェル

有効成分 ジクロフェナクジエチルアミン
メーカー gsk 内容量 1.16%100g(アプリケーター付き) x1本
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 鎮痛や消炎
副作用 皮膚のかかぶれや赤みなど 用法 1日3~4回、患部に塗布
在庫 この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。
 
カウンターペインプラス
カウンターペインプラスは、関節炎や腱鞘炎、筋肉痛などに効果的な消炎鎮痛薬です。 非ステロイド性消炎鎮痛薬としての働きがあり、これらの症状による痛みや炎症を素早く緩和します。
 
ソルフェン
ソルフェンは炎症による痛みや腫れを緩和する解熱鎮痛消炎剤です。 日本国内で処方されているブルフェンと同一成分を含むジェネリック医薬品のため、安心してご使用いただけます。また、薬の形状はソフトジェルカプセルで、通常の錠剤やカプセルに比べて飲み込みやすい特徴があります。

このお薬の人気ポイント

・ジェルなので使い心地が良い

・内服薬より副作用が少ない

商品詳細

ボルタレンエマルジェルは炎症を緩和させる外用薬です。
日本で処方されているボルタレンと同じ有効成分を含み、主に関節リウマチ、腰痛症、変形性肩関節症、後陣痛の胃腸薬として使用されています。また、他の解熱剤では効果が感じられない、あるいは他の解熱剤の投与ができない場合の急性上気道炎の解熱剤として使用されることもあります。

ボルタレンエマルジェルは、有効成分としてジクロフェナクナトリウムを含有する非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)です。
ジクロフェナクナトリウムは炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジンと呼ばれる物質の生成を抑える作用があります。プロスタグランジンを作り出す酵素を阻害することで、リウマチや神経痛などの痛み、腫れ、炎症を改善します。
日本で処方されている外用薬のボルタレンゲルはジクロフェナクナトリウム1%ですが、本剤は1.16%のため、より高い効果を実感していただけます。

ボルタレンエマルジェル 1.16%100g(アプリケーター付き)

個数選択 定価 割引率 販売価格 ポイント 購入
1本 1本
1本 5,100 5,100
24%
OFF
3,900 3,900 117pt 売り切れ
2本 5,100 10,200
43%
OFF
2,950 5,900 177pt 売り切れ
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

ボルタレンエマルジェル 1.16%100g(アプリケーター付き) x 2本

5,900

ポイント:177pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

他の痛み止めとの違いについて

商品タイプ 内服(錠剤) 内服(カプセル) 外用(ジェル) 外用(座薬)
代表的な商品名 ボルタレン ボルタレンカプセル ボベラン・ジェル ボルタレンサポ
使用頻度 1日3回 1日1~2回 1日3~4回 1日1~2回※1

※1 初めて使用される場合は1日1回、低用量から開始してください。

ボルタレンエマルジェルの最新の口コミ

ボルタレンエマルジェルの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

趣味のスポーツだったり、仕事でも結構腕を酷使することが多いので、そんなときにいつもこれを使うようにしています。全然皮膚がかぶれたりしませんし、安全性も素晴らしい。あとこの値段でかなりの大容量なので、コストパフォーマンスという点においてもバツグンなんじゃないかなと思いました。他の薬をあえて使う必要性はもうなさそうです。今後もお世話になります!

ボルタレンエマルジェルの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

これを塗ってもほとんど変わらない。飲むタイプのボルタレンを飲んだときのほうが、腰痛がマシになった。やっぱり塗るタイプの薬は効果がほとんどないと再確認。もう使わないと決めた。


ボルタレンエマルジェルのよくある質問について

痛みが激しい場合、塗布回数は多くしてもいいのでしょうか?

外用薬の場合でも、使用するものによって痛みの解消へのアプローチが違っています。そのため、過剰に塗布したり過度な回数塗布することで、副作用のリスクが高まってしまいうため適切な用法用量を守ってご使用ください。

痛み止めは外用薬と内服薬の併用は可能ですか?

併用することが可能な場合もありますが、自己判断で併用するのではなく事前に医師に相談するなどして確認するようにしてください。

外用薬のタイプ(クリーム、ゲル、ローションなど)による違いはありますか?

タイプによる違いは、ローションは浸透が早く即効性に期待できますが、効果の持続は短い場合があります。その反面軟膏タイプはじんわりと長く効果が持続するといった特徴があります。また、軟膏タイプはベトベトとした感じが残ってしまうといったデメリットもあります。

服用方法・使用方法

1日の使用回数3~4回
1回の使用量適量
使用のタイミング指定なし
使用間隔指定なし
1日3~4回を目安に、適量を患部に塗布します。
アプリケーターを使用する際は、まず保護カバーを外してアプリケーターキャップのスクリューを回してキャップを取り外してください。
キャップの鍵穴部分にチューブの先端を差し込み、ひねってチューブ先端の星型シールを外します。
再度キャップをチューブの先端に装着し、白い部分を手前に引っ張ってチューブを押し、ジェルを適量出してください。
その後、患部にアプリケーターをしっかりと当ててジェルを塗布します。

注意点

チューブ内に異物が混入しないようにお気をつけ下さい。
目や口などの粘膜部分への使用は避けて下さい。
併用に注意が必要な薬剤やご使用いただけない条件がございますので、詳しくは薬剤の説明を確認してください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。

副作用

副作用はほとんどありませんが、皮膚のかかぶれや赤み、そう痒感などの症状が起こることがあります。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
emc : Diclofenac diethylamine (Motusol) 1.16% Gel

商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。

ボルタレンエマルジェルの口コミ

  • 人によって満足度が分かれそうな効き目だったけど、個人的に結構気に入った!塗るとすーっと楽になって、痛みがあまり気にならなくなる。うちは主に関節痛に対して使ってるけど、ちょっと痛みが出てきたときにぱぱっと対処できて助かってる。

  • 腱鞘炎になりかけているのか、時々痛くなる手首に塗ってみたところ、気になる痛みがかなり和らぎました。根本的な部分の改善に繋がっているわけではなさそうですが、とりあえずの痛み対策には役立ちそうです。

  • まず、副作用が少ない。これがデカい。飲む痛み止めはだいたいどれも副作用が出てしんどかったから、副作用のリスクなしで使えるのがマジでありがたい。でもそのかわりに効果がすごく緩やかだから注意しないといけない。

  • これを塗ってもほとんど変わらない。飲むタイプのボルタレンを飲んだときのほうが、腰痛がマシになった。やっぱり塗るタイプの薬は効果がほとんどないと再確認。もう使わないと決めた。

  • 趣味のスポーツだったり、仕事でも結構腕を酷使することが多いので、そんなときにいつもこれを使うようにしています。全然皮膚がかぶれたりしませんし、安全性も素晴らしい。あとこの値段でかなりの大容量なので、コストパフォーマンスという点においてもバツグンなんじゃないかなと思いました。他の薬をあえて使う必要性はもうなさそうです。今後もお世話になります!

すべての口コミを見る

口コミを投稿する

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

ページの一番上へ戻る