クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

アマンタジン1

アマンタジン

有効成分 アマンタジン
メーカー Merz Pharmaceuticals GmbH 内容量 100mgx30錠
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 パーキンソン病の改善
副作用 不安や興奮など 用法 1日1~2回、1回100~200mgを服用

このお薬の人気ポイント

・抗インフルエンザウイルス作用にも期待できる

・副作用が少なく、他の医薬品との併用も可能

商品詳細

アマンタジンは、パーキンソン病による症状の対策に高い効果を発揮するパーキンソン病治療薬です。
神経伝達物質の1つであるドパミンの働きを助け、手足の震えや筋肉のこわばりなどの症状を改善します。
服用することによって、配合されている有効成分のアマンタジンが神経細胞に作用し、ドパミンの放出や合成を助けます。
これにより、脳内のドパミン不足を解消して神経伝達を高め、パーキンソン病の症状を改善へと導きます。
また、ノルアドレナリンやセロトニンといったほかの神経伝達物質にも影響を与え、高次中枢神経系に対する機能改善効果を発揮します。
意欲の低下や自発性の低下などの症状に対する改善効果も期待できるだけ、これらの効果を期待して服用することも可能です。

アマンタジン 100mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
100mg × 30錠 170 5,100 129 3,860 115pt
100mg × 90錠 107 9,600 82 7,360 220pt
100mg × 150錠 90 13,500 69 10,360 310pt
当サイトのサービス

アマンタジン 100mg x 30錠

3,860

ポイント:115pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

電話注文はこちら

用法・用量

【パーキンソン症候群の場合】

1日の服用回数1~2回
1回の服用量100~200mg
服用のタイミング指定なし
服用間隔指定なし

【脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善の場合】

1日の服用回数2~3回
1回の服用量33~75mg
服用のタイミング指定なし
服用間隔指定なし

【A型インフルエンザウイルス感染症の場合】

1日の服用回数1~2回
1回の服用量50~100mg
服用のタイミング指定なし
服用間隔指定なし
パーキンソン症候群の場合
初期量1日1錠(100mg)を1~2回に分けてお水または白湯などで服用してください。
1週間後に維持量として1日2錠(200mg)を2回に分けてお水または白湯などで服用してください。

年齢によって服用量の調節を行ってください。
1日の上限服用量は3錠(300mg)を3回に分けての服用までとなります。

脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善の場合
1日1~1.5錠(100~150mg)を2~3回に分けてお水または白湯などで服用してください。
年齢や症状によって服用量の調節を行ってください。

A型インフルエンザウイルス感染症の場合
1日1錠(100mg)を1~2回に分けてお水または白湯などで服用してください。
年齢や症状によって服用量の調節を行ってください。

高齢者および腎障害のある方は1日の上限服用量は1錠(100mg)の服用までとなります。パーキンソン症候群の場合
初期量1日1錠(100mg)を1~2回に分けてお水または白湯などで服用してください。
1週間後に維持量として1日2錠(200mg)を2回に分けてお水または白湯などで服用してください。

年齢によって服用量の調節を行ってください。
1日の上限服用量は3錠(300mg)を3回に分けての服用までとなります。

注意点

重い腎臓病の症状がある方は、服用をお控えください。
妊娠中の方や妊娠の可能性がある方は、服用が禁止されていますのでご注意ください。
腎臓病や肝臓病の症状がある方は、用法用量に留意し、服用間隔をあけるなどの対策を行いながら慎重に服用してください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

服用量が多いと、不安や興奮、混乱、幻覚などの症状があらわれやすくなるのでご注意ください。
また、便秘や下痢、食欲不振、吐き気、立ちくらみなどの症状も副作用として報告されています。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : シンメトレル
添付文書 : シンメトレル


アマンタジンのよくある質問について

パーキンソン病の薬を服用しなかった場合、どのぐらいで歩けなくなるのでしょうか?

薬が登場する前は、パーキンソン病の自覚症状があらわれてから5年程で歩行困難、7年目までには寝たきりとなるとされていました。そのため、パーキンソン病を自覚しているといったような場合には適切に治療することが重要です。

パーキンソン病には特効薬はありますか?

現在パーキンソン病の治療薬として使われているものは特効薬ではありません。病気の進行を遅らせる作用を持ったものしかなく、薬を一度飲んで完治させるといったことは不可能です。

パーキンソン病の薬を服用している時はコーヒーやお酒を飲んではいけないって本当でしょうか?

コーヒーやお酒などを絶対に飲めなくなるということは考えにくいですが、何かしら別の理由で飲酒などが禁止されているケースもあります。そのため、医師に相談した上で飲酒などの許可が出れば問題ないと考えられます。

薬を飲んでパーキンソン病の治療をしていますが、パーキンソン病は治らず進行を完全に止めるといったことはできないのでしょうか?

パーキンソン病の治療薬はあくまでも進行を遅らせるものでしかありません。そのため、完全に進行を止めるといったことはできません。ある程度の改善は見込めますが、徐々に悪化していくという点については把握しておく必要があります。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

  • 自主的にリラックスしようと思っていても以前のように体の力をうまく抜く事ができず、全体的に動き方が不自然になる事が多かったのですが、アマンタジンを飲んでからは体が思い通りになる事が増えました。手足の筋肉が硬くこわばってスムーズに動かすことが難しかったのでひじょおぅにストレスだったのですが、今となっては効果を発揮してくれたおかげでストレスも減ったように思います。

  • 数ヶ月前にパーキンソン病の症状が出て、それからずっと飲んでいます。長期服用が前提の医薬品になっているみたいなので、症状が特別よくなっていることはまだないです。でも、副作用などはあまりないので私の体には合っているみたいです。長く付き合う必要がある薬なので、体が拒否反応を起こさないでとりあえず良かったです。

  • パーキンソン病が発覚した2年前から欠かさず飲むようにしています。おかげで症状の悪化や他の症状が併発することもありません。もう長い間飲んでいるのですが、副作用などの症状が出たこともほとんどなかったです。2年前と比べると、私も手足の動きなどがかなり自由になってきましたが、今後もこの薬を飲んで症状を抑えていきたいと思います。また追加でまとめ買いをしていきます。

  • ふとしたことから心の病気を患ってしまい、仕事や友人との付き合いすらできなくなってしまいました。このままだと生活が満足にできなくなるため、病院でこのアマンタジンを処方してもらいました。もう半年以上は飲んでいますが、次第に効いてきて少しずつ前向きに考えることができるようになりました。最近は病院ではなく、インターネットで購入するようにしています。

  • 仕事のストレスがきっかけでうつ病になってしまい、何もかもやる気が起こらないときがありました。その時にしばらく飲んでいたのが、このアマンタジンでした。私の場合、4ヶ月くらいは続けて飲んだと思います。考え方を改めたりしながら、なんとかうつ病を克服しました。最近ちょっとうつ気味になることがあるので、今度はネットで購入して飲んでいこうと思っています。

すべての利用者の声を見る

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る