クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

カベルゴリン1 カベルゴリン2 カベルゴリン3 カベルゴリン4

カベルゴリン

有効成分 カベルゴリン
メーカー Sun Pharmaceutical Industries Ltd 内容量 0.5mgx8錠
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 パーキンソン病の改善
副作用 幻覚や妄想など 用法 1日1回、朝食後に0.25mgを服用

このお薬の人気ポイント

・安定した効果を得られる

・少量の服用で長い時間持続する

商品詳細

カベルゴリンは、日本国内ではカバサールという名前で処方されているドパミン作動薬です。
主にパーキンソン病の治療薬として使われていますが、排卵障害や乳汁漏出症にも効果が期待できます。
もともと脳内にあるドパミンという物質と似たような働きをする性質があり、服用することで脳内にあるドパミン受容体という部分を刺激します。
これによって不足しているドパミンのかわりとして働き、悪くなっていたドパミン系神経の働きを改善して手足の震えやこわばりなどの症状を改善します。
また、プロラクチンというホルモンの分泌を抑える作用もあり、体内でプロラクチンが分泌されすぎないように調整する効果も発揮します。
体内で分泌されているプロラクチンの量をコントロールすることで、高プロラクチン血症による排卵障害や乳汁漏出症などを改善へと導きます。

カベルゴリン 0.5mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
0.5mg × 8錠 813 6,500 620 4,960 148pt
0.5mg × 16錠 656 10,500 504 8,060 241pt
0.5mg × 24錠 567 13,600 436 10,460 313pt
当サイトのサービス

カベルゴリン 0.5mg x 8錠

4,960

ポイント:148pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

電話注文はこちら

用法・用量

【パーキンソン病の場合】

1日の服用回数1回
1回の服用量0.25~0.5mg
服用のタイミング朝食後
服用間隔24時間以上

【排卵障害・乳汁漏出症・高プロラクチン血症の場合】

1日の服用回数1回
1回の服用量0.25mg
服用のタイミング就寝前
服用間隔24時間以上

【産褥性乳汁分泌抑制の場合】

1日の服用回数1回
1回の服用量1mg
服用のタイミング出産後の食後
服用間隔1回のみ
本剤は症状により用法用量が異なります。

-パーキンソン病の場合-
1日1回、朝食後に0.25mg(0.5mgを半錠)服用します。
2週目以降は0.5mg(0.5mgを1錠)ずつ服用し、様子を見ながら服用量を0.5mgずつ増量して下さい。
※1回の最大服用量は3mgです。

-排卵障害・乳汁漏出症・高プロラクチン血症の場合-
1週間に1回(同一曜日)、就寝前に0.25mg(0.5mgを半錠)を服用します。
2週目以降は様子を見ながら服用量を0.25mg(0.5mgを半錠)ずつ増量して下さい。
増量する際は最低2週間の間隔を空けて下さい。
※1回の最大服用量は1mgです。

-産褥性乳汁分泌抑制の場合-
出産後1回のみ、食後に1mg(0.5mgを2錠)を服用して下さい。

0.25mg、0.5mgによって服用する錠数が異なるためご注意下さいませ。
当サイトでは、錠剤の分割に便利なピルカッターもご用意しています。

注意点

心臓の弁膜に異常がある方や妊娠中毒症、産褥期高血圧の方は服用できません。
妊娠中や妊娠の可能性がある方、授乳中の方、重い肝臓病や胸膜炎などの症状がある方は、服用に注意が必要です。
自己判断で服用を中止すると、かえって症状が悪化する可能性があります。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

幻覚や妄想、失神、せん妄、錯乱などの症状があらわれることがあります。
このほかにも、吐き気や食欲不振、口渇、便秘などが副作用として報告されています。
ほかに副作用と思われる症状があらわれた際は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : カバサール
添付文書 : カバサール


カベルゴリンのよくある質問について

パーキンソン病の薬を服用しなかった場合、どのぐらいで歩けなくなるのでしょうか?

薬が登場する前は、パーキンソン病の自覚症状があらわれてから5年程で歩行困難、7年目までには寝たきりとなるとされていました。そのため、パーキンソン病を自覚しているといったような場合には適切に治療することが重要です。

パーキンソン病には特効薬はありますか?

現在パーキンソン病の治療薬として使われているものは特効薬ではありません。病気の進行を遅らせる作用を持ったものしかなく、薬を一度飲んで完治させるといったことは不可能です。

パーキンソン病の薬を服用している時はコーヒーやお酒を飲んではいけないって本当でしょうか?

コーヒーやお酒などを絶対に飲めなくなるということは考えにくいですが、何かしら別の理由で飲酒などが禁止されているケースもあります。そのため、医師に相談した上で飲酒などの許可が出れば問題ないと考えられます。

薬を飲んでパーキンソン病の治療をしていますが、パーキンソン病は治らず進行を完全に止めるといったことはできないのでしょうか?

パーキンソン病の治療薬はあくまでも進行を遅らせるものでしかありません。そのため、完全に進行を止めるといったことはできません。ある程度の改善は見込めますが、徐々に悪化していくという点については把握しておく必要があります。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

  • 意外と安くて驚きましたね。このぐらいの値段なら続けて購入するのもツラくはないかも。

  • 飲むと便秘気味になっちゃうので少し困ります。効果もあまり分からないし全部飲んでみて効果が分からなければもう買わないかな。

  • 1日1回飲むだけで良いのでとても楽です。持続力の高いお薬ってありがたいですね。

  • 病院で貰っていたお薬と変わらない効き目で重宝してます。病院に行けない時にネットで買えると本当にありがたいです。

  • パーキンソン病の治療の為に飲んでます。飲むと身体は楽になります。病院での検診でも悪くなっているようには見られないみたいなので安心してます。

すべての利用者の声を見る

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る