クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

フェブリク1

フェブリク

有効成分 フェブキソスタット 40mg・80mg
メーカー Sun Pharma Laboratories Ltd 内容量 40mgx100錠
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 痛風や高尿酸血症の改善
副作用 肝機能検査値異常など 用法 1日1回、10~40mgを服用

このお薬の人気ポイント

・1日1回の服用で痛風発作を予防

・高品質で低価格のジェネリック医薬品

商品詳細

フェブリクは体内の尿酸を減少させる医薬品です。
日本でもフェブリク錠として流通しており、主に痛風や高尿酸血症の治療薬として処方されています。
そのため、健康診断の結果で尿酸の数値が高かった、何度も痛風を繰り返しているといった方におすすめです。

フェブリクは尿酸生成抑制薬と呼ばれ、有効成分としてフェブキソスタットが配合されています。
フェブキソスタットは尿酸の生成に関与する酵素キサンチンオキシダーゼの働きを阻害する作用があります。この作用によって尿酸が生成されにくくなり、血液や尿に含まれる尿酸を減少させる効果が期待できます。
また、尿中の尿酸が減少するため、合併症として尿路結石がある場合に最適です。
なお、臨床試験ではフェブリクの優れた尿酸値の低下が確認されているため、確かな有効性を実感していただけるでしょう。

フェブリク 80mg

個数選択 定価 割引率 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
50錠 158 7,900
24%
OFF
121 6,060 181pt
100錠 158 15,800
34%
OFF
105 10,560 316pt
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

よく一緒に購入されている商品

フェブリク 80mg x 50錠

6,060

ポイント:181pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

電話注文はこちら

フェブリクの最新の口コミ

フェブリクの良い口コミ

投稿者けんちゃんさん

評価

リピーターです初めて通風の発作が起きて病院に生きましたが薬はもらえず辛い思いをしている時ネットでしり服用しています。もう発作はこりごりです。

フェブリクの悪い口コミ

投稿者tokiyoさん

評価

痛風発作の対策にはとても効果的ですが、副作用がつらいです。効いてくるまでも時間がかかったような気がします・・・。思っていたような効果はなかったので、違う痛風の薬を試します。


フェブリクのよくある質問について

痛風の薬を服用していますが、尿酸値がそこまで下がりません。服用量を増やすべきでしょうか?

治療薬の服用量については、用法用量を守ることが重要です。また、服用量の増減については症状や尿酸値などの状態を確認しながら医師の判断で行います。そのため、自身で適当に治療薬の増減を決定するのはリスクの高い行為なのでお避け下さい。

痛風の薬にはいろいろな種類がありますが、どういう順序で服用すればいいのでしょうか?

痛風の際に処方される治療薬はそれぞれの治療薬ごとに尿酸を抑える、発作を予防する、発作の痛みを和らげるといったように用途が違っています。そのため、自身の痛風の症状や状態に合わせて適切なものを服用する必要があります。

痛風薬を服用した時に、眠気などの副作用はあらわれますか?

痛風の改善のために処方される治療薬の副作用として眠気などは報告されていません。そのため、眠気などがあらわれたと異様な場合には、痛風薬以外の原因が考えられます。

痛風薬を飲まずに痛風を改善させることはできますか?

痛風治療薬を飲まずに尿酸を下げるといったことは可能ではありますが、治療薬を使用する場合と比べてその効果は大きくありません。また、悪化の恐れもあるため、痛風治療薬を使用することが推奨されています。

痛風の治療薬は尿酸値が正常になればすぐやめて問題ないですか?

痛風の治療薬は尿酸値が正常になったとしても、関節に蓄積した尿酸血症がなくなるというわけではありません。そのため、すぐに服用を辞めると痛風発作が起きるおそれがあるため、正常値に戻った後もしばらくは継続して服用する必要があります。

服用方法・使用方法

1日の服用回数1回
1回の服用量10~60mg
服用のタイミング指定なし
服用間隔指定なし
40mgの場合
1日1回、1日1/4錠(10mg)より服用を開始してください。
以降は必要に応じて増量していきます。
維持量は1日1回1錠(40mg)で、血中尿酸値に応じて増減を行いますが、服用上限は1日1回(60mg)1.5錠までとなっています。

80mgの場合
1日1回、1日1/8錠(10mg)より服用を開始ししてください。
以降は必要に応じて少しずつ増量します。
維持量は1日1回1/2錠(40mg)で、血中尿酸値に応じて増減を行いますが、服用上限は1日1回(60mg)3/4錠までとなっています。

※薬剤を分割した際の残りに関しましては、空気に触れないように保管していただき、2日以内に服用してください。

注意点

服用される際はピルカッターを使用して投与量を調節してください。
飲み合わせの悪い薬剤や持病によってご使用いただけない場合がありますので、事前にご確認ください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。

副作用

肝機能検査値異常、関節痛、手足のしびれなどの症状が起こることがあります。
特に服用初期は尿酸結晶が溶解されるため、痛風発作を起こしやすい傾向があります。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : フェブリク
添付文書 : フェブリク

商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。

フェブリクの口コミ

  • リピーターです初めて通風の発作が起きて病院に生きましたが薬はもらえず辛い思いをしている時ネットでしり服用しています。もう発作はこりごりです。

  • 痛風発作の対策にはとても効果的ですが、副作用がつらいです。効いてくるまでも時間がかかったような気がします・・・。思っていたような効果はなかったので、違う痛風の薬を試します。

  • 元々はこの先発品の方を続けて飲んでいたのですが、少しでも値段を安く済ませたいという気持ちでこのフェブリクを購入しました。ジェネリック医薬品は効果がちょっと弱かったりする噂などがありますが、このフェブリクに関しては全然問題ありませんでした。これまで飲んでいた薬と同じように効いてくれました。経済的な負担も減って、今後も続けやすくなりました。

  • 痛風の発作がすっごく痛くて怖くて、今までの人生の中で一番真剣に薬を飲んだと思います。こちらのフェブリク錠には、たくさん助けてもらうことになりました。自分は80mgを買って毎日40mgずつ飲んでいたので、50錠あれば100日飲み続けられました。これにはけっこう助けられたと思います。通販の使い方も簡単だったので、やりやすかったです。

  • 私の痛風は、主にビールによる影響なんだと思います。ビールでストレス発散していた上に、運動不足もたたってどんどん不健康になっていきました。痛風にかかってからは、突然の発作に怯える日々がしばらく続きました。フェブリクを飲むようになると発作が鎮まって、安心して過ごせるようになりました。もうあんな発作が起きないように、今後は全力で健康に気を配ります!

すべての口コミを見る

口コミを投稿する

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。