クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

モーベラットリリーフクリーム1

モーベラットリリーフクリーム

有効成分 ムコ多糖体多硫酸エステル 0.2%w/w、サリチル酸 2.0%w/w グリセロール 85%、ステアリン酸、無水ユーセリン、ミリスチルアルコール、乳化セトステアリルアルコール、エタノールアミン、チモール、イソプロピルアルコール、精製水
メーカー Genus Pharmaceuticals 内容量 80gx1本
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 筋肉のこわばりや痛みを緩和
副作用 患部の発赤など 用法 1日4回、1回5〜15cm分を患部へ塗布
在庫 この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。
 
ネック&ショルダーラブ
タイガーバーム・ネック&ショルダーラブは、首や肩にくる筋肉疲労の症状を緩和させるのに有効なクリームです。 慢性的な肩こりや首こりにお悩みの方やデスクワークをされている方に人気があります。
 
チルコチル
チルコチルは、さまざまな炎症や痛みを抑える消炎鎮痛薬です。 非ステロイド性抗炎症薬としての働きがあり、慢性関節リウマチや変形性関節症、腰痛症など、幅広い痛みや炎症に対して効果を発揮します。

このお薬の人気ポイント

・塗布時のマッサージで血行促進効果向上

・関節や筋肉の不調に対して有効

商品詳細

モーベラットリリーフクリームは筋肉のこわばりや痛みの症状を改善する医薬品です。
日本未承認の外用薬ですが、主にリウマチ性や軽度の関節炎や筋肉痛、捻挫などによる痛みに対して効果を発揮します。

モーベラットリリーフクリームは非ステロイド性の抗炎症・鎮痛局所製剤で、主な有効成分はムコ多糖体硫酸エステルとサリチル酸が配合されています。
ムコ多糖体硫酸エステルには抗血液凝固、抗炎症活性、血栓溶解活性、抗滲出といった様々な作用があります。また、サリチル酸には抗炎症鎮痛作用がありますので、2つの作用がそれぞれ筋肉痛や関節痛による痛みを緩和します。
また、本剤は患部に直接塗布するクリームタイプとなっており、内服薬に比べて副作用が少なく手軽に使える特徴があります。

痛みを抱えることによって日常生活に制限がかかってしまいます。また、放置すると症状が悪化することがあるため、本剤は日頃から痛みを抱えている方に最適です。

モーベラットリリーフクリーム 80g

個数選択 定価 割引率 販売価格 ポイント 購入
1本 1本
1本 7,800 7,800
24%
OFF
5,960 5,960 178pt 売り切れ
2本 7,800 15,600
38%
OFF
4,880 9,760 292pt 売り切れ
3本 7,800 23,400
46%
OFF
4,220 12,660 379pt 売り切れ
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

モーベラットリリーフクリーム 80g x 3本

12,660

ポイント:379pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

他の痛み止めとの違いについて

商品タイプ 内服(錠剤) 内服(カプセル) 外用(ジェル) 外用(座薬)
代表的な商品名 ボルタレン ボルタレンカプセル ボベラン・ジェル ボルタレンサポ
使用頻度 1日3回 1日1~2回 1日3~4回 1日1~2回※1

※1 初めて使用される場合は1日1回、低用量から開始してください。

モーベラットリリーフクリームの最新の口コミ

モーベラットリリーフクリームの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

仕事で1日中ずっと同じ姿勢をしているので肩こりや腰痛がひどくて、かなり困っていました。でも、このクリームを塗ると痛みがじんわりと和らいでいくのがよくわかります。おかげで最近は肩こりなどの痛みをあまり感じなくなりました。痛みが改善されたおかげで仕事にも集中することができています。痛みに応じて量を使い分けることができるところもいいと思っています。

モーベラットリリーフクリームの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

スポーツ友達がこれを使っていて、教えてもらいました。彼はかなり長いこと愛用しているようで、こわい副作用は全然ないよーと言っていました。同じように足全体と腕全体へ使ってみたところ、マッサージは成功しましたが肌の方が負けてしまいました。三日目には腕が赤くなって、痒くなりそうだったので、とりあえず使用中断しました。肌の相性というのも大切だと実感しました。


モーベラットリリーフクリームのよくある質問について

痛みが激しい場合、塗布回数は多くしてもいいのでしょうか?

外用薬の場合でも、使用するものによって痛みの解消へのアプローチが違っています。そのため、過剰に塗布したり過度な回数塗布することで、副作用のリスクが高まってしまいうため適切な用法用量を守ってご使用ください。

痛み止めは外用薬と内服薬の併用は可能ですか?

併用することが可能な場合もありますが、自己判断で併用するのではなく事前に医師に相談するなどして確認するようにしてください。

外用薬のタイプ(クリーム、ゲル、ローションなど)による違いはありますか?

タイプによる違いは、ローションは浸透が早く即効性に期待できますが、効果の持続は短い場合があります。その反面軟膏タイプはじんわりと長く効果が持続するといった特徴があります。また、軟膏タイプはベトベトとした感じが残ってしまうといったデメリットもあります。

服用方法・使用方法

1日の使用回数4回まで
1回の使用量5~15cm
使用のタイミング指定なし
使用間隔指定なし
使用する箇所こわばりや痛みがある場所
通常、成人は1日4回まで5〜15cmのクリームをマッサージしながら塗布します。

注意点

本剤は日本で適応がないため、使用前に医師や薬剤師への相談を推奨します。
ご使用いただけない、あるいは注意して使用しなければならないケースがあるため、薬剤の説明を確認してください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。

副作用

患部の発赤、灼熱感、刺激感などの皮膚症状が現れることがあります。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書を参考にしています。
emc : Movelat Relief Cream

商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。

モーベラットリリーフクリームの口コミ

  • 仕事で1日中ずっと同じ姿勢をしているので肩こりや腰痛がひどくて、かなり困っていました。でも、このクリームを塗ると痛みがじんわりと和らいでいくのがよくわかります。おかげで最近は肩こりなどの痛みをあまり感じなくなりました。痛みが改善されたおかげで仕事にも集中することができています。痛みに応じて量を使い分けることができるところもいいと思っています。

  • 足首やひざなどの関節を痛めやすく、よく節々が不調を起こしています。関節炎の影響でもありますが、捻挫が癖づいてしまっているのもあるかもしれません。足の痛みはすべての活動を鈍らせるので、早めに鎮痛薬で対処します。最近は痛い時にこのクリームを塗り、二日経っても引き続き痛む場合は病院へ行くようにしています。関節を強くするサプリメントも同時に注文しようか、考え中。

  • 朝から晩までPC業務しかしない私にとっては、肩こり頭痛がお友達のようなもの。もちろん、痛み止めを飲んだり湿布を貼ったりとできることはしていますが、慰めにしかなっていないと思います。モベラットリリーフは、一日三回塗りこめばかなり痛みを楽にしてくれました。肩こりがマシになれば頭痛は起こりにくいので、頭痛が減って快適でした。早く2本目届いてほしいです。

  • 塗る痛み止めとしては今のところ一番効き目があります。体内の痛みにはバファリン、体の痛みにはモーベラットリリーフです。特に、肩こりの時はすぐ使ってます。これのおかげで、頭痛まで引き起こすような肩こりは事前に抑えられるようになりました。少し惜しいと思うのは、これが海外からしか取り寄せられない薬ということです。代わりになる薬を探してますが、国内にはなさそうです…。

  • たまに運動しに行くと、体がギシギシになってしまって大変です。運動内容はボール競技だったりジョギングだったり…けっこうがっつり動くものが多いので、その分体に返るダメージも大きい。ひどい時は一週間以上の筋肉痛が続いたりします。このクリームを塗った時の筋肉痛は、そこまで長く続きません。たいていは四日もかからず痛みが消えてるかな。私の日常活動には欠かせないものです。

すべての口コミを見る

口コミを投稿する

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。