クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

リノクレニル1 リノクレニル2

リノクレニル

有効成分 ベクロメタゾンプロピオン酸エステル
メーカー Chiesi Farmaceutici S.p.A 内容量 100mcgx1本
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 気管支喘息の症状改善
副作用 喉の刺激感や喉の痛みなど 用法 1日2回、1回100μgを噴霧吸入
在庫 この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。

タクロズオイントメント
タクロズオイントメントは有効成分にタクロリムスを配合したアトピー性皮膚炎の治療薬です。

ポイシアンマークII
ポイシアンマークIIはGold Mints Productsが製造・販売する嗅ぎ薬です。

このお薬の人気ポイント

・持ち運びに便利なサイズ

・すぐに使用可能なスプレータイプ

商品詳細

リノクレニルは気管支喘息による症状改善を目的としたスプレータイプの外用薬です。
世界80ヶ国以上で事業展開しているイタリアのChiesi Farmaceutici S.p.A社が製造と販売を行っています。

気管支喘息は空気中のウイルスやタバコの煙、花粉やホコリ、急な環境の変化などがきっかけで気道に炎症が起こる病気です。
主な症状は咳や痰ですが、症状が重たい方は呼吸困難になる急な発作などがあります。

有効成分のベクロメタゾンプロピオン酸エステルはステロイド医薬品の1つに含まれているため、強力な抗炎症作用があります。
抗炎症作用により気道の炎症を治めることで、喘息による症状を軽減する効果に期待が持てます。

炎症を十分に改善するには、数週間以上継続して吸入する必要があります。
症状が治まっても、自己判断で吸入を中止しないようにしてください。
急に中止すると、治まった症状がぶり返す可能性があります。

また、吸入する量が多い方ほどぶり返したときの症状が重篤化している場合があります。
吸入する量を減少させたい場合は、自己判断ではなく医師に相談するようにしてください。

リノクレニルは直に腔内に噴霧して吸入するため、内服薬のように水などを用意する必要はありません。
また、持ち運びできるサイズのため、外出の際は携帯することが可能です。

リノクレニルはキュバールのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は新薬と比較しても安価のため、経済的負担が少ないです。

当サイトでは、リノクレニルの他にもアレルギー・喘息用の医薬品を取り扱っています。
要望に応じて、お選びいただくことが可能です。

リノクレニル 100mcg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1本 1本
100mcg × 1本 4,900 4,900 3,760 3,760 112pt 売り切れ
100mcg × 2本 3,300 6,600 2,530 5,060 151pt 売り切れ
100mcg × 4本 2,525 10,100 1,940 7,760 232pt 売り切れ
当サイトのサービス

リノクレニル 100mcg x 4本

7,760

ポイント:232pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

用法・用量

1日の服用回数2回
1回の服用量100μg
服用のタイミング指定なし
服用間隔指定なし
使用する箇所口腔内
1回100μgを1日2回、口腔内に噴霧吸入してください。
小児の場合、1回50μgを1日2回噴霧吸入してください。

1日の投与量は成人が800μg、小児が200μgとなっております。
用法用量を超えて使用しないよう注意してください。

1本の使用量は約200回分です。

嗄声や口内炎の予防のため、吸入後はうがいをしてください。

注意点

以下に該当する方はリノクレニルの使用は厳禁です。
・リノクレニルを過去に使用しアレルギー症状を引き起こしたことがある
・全身の真菌症を患っている
・喘息の急激な悪化状態
・喘息発作重積状態
・結核性疾患を患っている
・妊娠、または妊娠の可能性がある

以下に該当する方は使用の際は慎重に行う必要があります。
使用前に必ず医師に相談を行ってください。
・鼻茸を患っている
・重症肥厚性鼻炎を患っている
・長期又は大量の全身性ステロイド療法
・副作用として鼻閉がみられる降圧剤を服用中
・65歳以上

直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

発症の可能性がある症状は、喉の刺激感や喉の痛み、声のかすれや口内炎、口腔内ガンジダ症や吐き気、鼻出血やじんま疹、むくみや嗄声などです。

これらの症状が重症化、長期化した際は医師に診てもらうようにしてください。
その際はリノクレニルを使用していることを担当医に伝えてください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : キュバール
添付文書 : キュバール



リノクレニルのよくある質問について

花粉症が辛いので薬を毎日飲みたいのですが、長期間飲んでも大丈夫ですか?

服用するお薬の種類によります。ステロイド系のお薬だと長期服用は副作用が現れやすくなるため短期間に留めてください。抗アレルギー薬であれば3~4ヶ月ほどはほぼ問題なく継続服用することが可能です。

アレルギー薬とお酒を併用しても大丈夫ですか?

眠気などの副作用が強く現れるおそれがあるため原則控えてください。どうしてもお酒を飲みたい、または飲まなければいけない場合は飲酒から3~4時間を空けてお薬を服用してください。(あくまで目安です。飲酒量が多い場合は更に多くの時間を要します。)

複数のアレルギー薬を一緒に飲んでも大丈夫でしょうか?

同じ、または近い作用を持つお薬の併用は控えてください。併用により副作用がより強く現われたり、予想しない症状が現れる場合があります。稀に医師の判断で抗ヒスタミン剤が複数処方されることがありますが、適切な指導がない状況での併用は控えましょう。

アレルギー薬を飲んだ日は運転は控えたほうがいいですか?

アレルギー薬に多い抗ヒスタミン薬には眠気の副作用があるため、運転や高所での作業などは控えましょう。運転を行う日などは服用しない、または漢方薬のような眠くなる成分を含まない対策を用意してくことを推奨いたします。

アレルギー用の目薬をドライアイ対策に使っても大丈夫ですか?

症状に合わせた目薬を使用することを推奨いたします。特にステロイド点眼薬は炎症を鎮める効果が高い反面、副作用が現れやすいため使用回数や期間には注意が必要です。そのため普段使いには非常に不向きです。

妊娠中にアレルギー薬を飲んでも胎児に影響はありませんか?

原則的に妊娠4ヶ月半まではお薬の使用を避けるべきとされています。どうしても症状が辛い場合はまずは医師に相談することを推奨いたします。医師への相談なく市販のアレルギー薬を使用するといったことは控えましょう。

アレルギー皮膚炎の薬を飲むと口の中がカラカラになってしまいます…。

口の乾きは眠気と同様にアレルギー薬に多く見られる副作用です。基本的に危険な副作用ではないですが症状がどうしても気になるようであれば、医師に相談することを推奨いたします。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

  • 花粉の時期、必ず注文して鞄の中や自宅に置いてます。ないと本当につらいし焦りますので、手放せない薬になってます。キュバールも使ってみたことがありますが、こちらのほうが私の体に合っていました。

  • 咳がひどいときや、ぜーぜー言ってるときに使うと楽になります。ちゃんと効果があるみたいで安心しました。病院で薬をもらうのもお金がかかりますし大変なので、これからも使っていきたいと思ってます。

  • キュバールのほうがしっかり効いてました。これ使ったときも楽になるんですけど、キュバールのほうが早く楽になるというか・・・またキュバールに戻ります。

  • 毎年花粉の時期になると購入しいます。昔から花粉症には悩まされ続けましたがこの商品のおかげでくしゃみや鼻詰まりが一気に無くなりとても快適に生活ができています。使い方も難しいかなと思っていましたがとても簡単で助かっています。鼻詰まりで悩んでる方はぜひ試してください。

  • 昔から慢性鼻炎の私にはこの商品が手放せないです。値段も安いし効果も申し分なく、鼻の通りも嘘みたいに良く、クシャミも出なくなって助かっています。仕事も集中できるようになりました。少し液が垂れてくることがあるので点鼻した後は上を向いておくと液ダレなくていいです。

すべての利用者の声を見る

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る