不妊症の治療薬はどうやって購入すればお得?不妊症の治療を安く買うなら通販!

不妊症の治療薬はどうやって購入すればお得?不妊症の治療を安く買うなら通販!不妊症とは、健康的な男女が性交渉をしているにもかかわらず、1年以上妊娠しない状態のことです。

しかし、「ホルモンバランスが乱れている」という女性ならホルモン剤を、「排卵が少ない」という方なら排卵誘発剤を服用することで、スムーズに妊娠できる場合があります。

 

そこで、この記事では「不妊症の治療薬」をテーマに、女性向けのホルモン剤や排卵誘発剤、精力剤についてまとめてみました。

  • 「そろそろ子どもが欲しいんだけどなかなかできない」
  • 「病院に行かずに購入できる不妊症の治療薬について知りたい」

という方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

不妊症の治療薬を購入する方法

不妊症の治療薬を購入不妊症の治療薬を購入するには、

  • 病院で購入する
  • 通販サイトで購入する

という2つの方法があります。

ここでは、病院で購入する場合と通販サイトで購入する場合のメリット・デメリットについてまとめてみました。

両方のメリット・デメリットをチェックしていただき、この先の購入を検討してみてください。

 

病院で不妊症治療薬を購入する

病院病院で治療薬を購入するメリットは、

  • 安心して任せられる
  • 保険を活用できる

という点です。

 

不妊治療は医師と状況を確認しながら進めていくため、

また2022年以降、「一般不妊治療」に指定される治療は、すべて保険適用となりました。

そのため、高額な不妊治療が3割負担で済むようになったのは大きなメリットだといえます。

 

一方、デメリットとしては、何かにつけて時間がかかる点が挙げられます。

病院には、検査を受ける人や検査結果を聞きに来た人、そして治療を行っている人が年中集まります。

予約をしていっても「1時間以上待たされた……」ということは、決して珍しくありません。

こういった「時間」と「労力」がかかるという点は、病院で購入するデメリットだといえます。

 

通販サイトで不妊症治療薬を購入する

不妊症治療薬を購入通販サイトで購入する場合のメリットは、通院にかかる時間が不要である点です。

すでにお伝えしたように、病院で購入する場合は「通院にかかる時間」と「待ち時間」が発生します。

こういったものがかからず、自宅で薬を受け取れるというのは、通販サイトをする最大のメリットだといえます。

 

一方のデメリットは、効果が出ない場合があるという点です。

これは、通販サイトで販売している薬の良しあしの話ではありません。

通販サイトで購入する場合は完全自己責任で薬の選択、服用する必要があります。

ですから、自己判断で薬を選んで服用した結果、

  • 体に適していなかった
  • 実は別の原因が潜んでいたため、効果が現れなかった

ということもあり得るのです。

 

通販サイトで購入する場合はこうしたデメリットがあることを理解し、ある程度の原因を特定したうえで利用するようにしましょう。

 

ネットで購入できるホルモン剤の治療薬人気ランキングBEST3

ホルモン剤の治療薬人気ランキングここでは、個人輸入で購入できるホルモン剤の人気ランキングBEST3を発表します。

ホルモン剤はその名の通り、体内のホルモンバランスを調整することで、女性の体を妊娠しやすい状態へと導く効果を持つ医薬品です。

現在では、さまざまなメーカーが開発しているため、ネットで買う場合はどれを選んだらいいか迷いがち……。

というわけで、ここでは特に人気が高いホルモン剤の特徴や有効成分、価格などをまとめてみました。

 

1位:プロベラ

プロベラホルモン剤の人気ランキングで1位を獲得したのは「プロベラ」です。

メドロキシプロゲステロン酢酸エステルを有効成分とする医薬品で、黄体ホルモンのバランスを正常化する効果があります。

不妊症の治療薬として用いられているほか、流産・早産を防ぐ作用も期待されています。

アメリカに本社を置く世界的な製薬メーカーのファイザーが開発した医薬品であり、実績のある安全性の高いホルモン剤を使用したいという方には特におすすめです。

なお、1箱30錠入りで4,100円(1錠あたり136円)で購入することができます。

 

2位:マレフェMTF

マレフェMTF人気ランキングの第2位は「マレフェMTF」です。

有効成分は、ランキング1位の「プロベラ」と同じメドロキシプロゲステロン酢酸エステルで、黄体ホルモンの不足を補う働きがあります。

それでいて価格は「プロベラ」よりも安価で、1箱100錠入りで3,660円(1錠あたり37円)となっています。

製造を手がけているのはインドの製薬会社であるWest-Coast Pharmaceutical Works Ltdです。

大規模な製薬プラントを持ち、WHOなどの承認を得ている信頼性の高いメーカーです。

 

3位:ウトロゲスタン腟用カプセル

ウトロゲスタン腟用カプセルホルモン剤の人気ランキング第3位となったのは「ウトロゲスタン膣用カプセル」です。

文字通り膣内に入れる「膣座薬」として用いる医薬品で、有効成分としてプロゲステロンを含有しています。

子宮内膜の状態を整え、着床しやすくする効果を持っています。

不妊治療に用いられるほか、女性の更年期障害の治療にも使われている医薬品です。

価格は1箱30カプセル入りで約4,000円(1カプセルあたり約130円)となっています。

また、製造元はBesins Healthcareです。

 

ネットで購入できる排卵誘発剤の人気ランキングBEST3

排卵誘発剤の人気ランキングここで紹介するのは、個人輸入で入手できる排卵誘発剤の人気ランキングBEST3です。

文字通り妊娠に必要な「排卵」を促す作用を持っている医薬品であり、女性が服用することで妊娠の可能性を上げることができます。

ここでは、さまざまなメーカーが手がける排卵誘発剤がある中で、特に人気が高いものの特徴や有効成分、価格などをまとめてみました。

 

1位:クロミッド

クロミッド排卵誘発剤の人気ランキング1位は、トルコの製薬メーカーKoçak Farmaが製造を手がける「クロミッド」です。

有効成分としてクロミフェンクエン酸塩を含有しており、体内のホルモンバランスを調整して卵胞の成長を促進して正常な排卵をサポートします。

具体的には、脳の下垂体に作用して「エストロゲンが足りない」と錯覚させることで分泌を促し、排卵を促すという作用を持っています。

価格は1箱10錠入り2,060円(1錠あたり206円)となっています。

 

2位:コダカラン

コダカラン排卵誘発剤の人気ランキングで2位となったのは、「コダカラン」です。

有効成分は「クロミッド」と同じくクロミフェンクエン酸塩で、卵胞の成長促進・排卵をサポートします。

製造を手がけているのはインドの製薬メーカーAsle pharmaceuticalsで、このメーカーは医薬品を輸出する国ごとの言語に対応したパッケージを作っているのが特徴です。

個人輸入で購入できる「コダカラン」も、箱書きなどが日本語表記となっているため安心して使うことができます。

また、価格は1箱10錠入りが1,160円(1錠あたり116円)となっています。

 

3位:セキソビット

セキソビット人気ランキングの3位は「セキソビット」です。

日本のあすか製薬が製造を手がけ、武田薬品が販売しています。

有効成分はシクロフェニル。「クロミッド」や「コダカラン」の有効成分であるクロミフェンクエン酸塩と同じく、脳を一時的に錯覚させてホルモン分泌を促し、卵胞の成長を促すという作用があります。

通販で購入する場合、価格は1箱あたり60錠入りで6,730円(1錠あたり112円)となっています。

日本の製薬メーカーが製造・販売を手がけているという点で信頼性は高いですが、1位、2位の医薬品に比べるとコスパの点でやや後れをとっていることもあり、第3位となっています。

 

ネットで購入できる精力剤の人気ランキングBEST3

精力剤の人気ランキングここでは、うまく性生活を営むことができないために妊娠できない女性のために、性生活を充実させる効果が期待できる精力剤(サプリメント)の人気ランキングBEST3を発表します。

精力剤は種類が多いため、良いものを選ぼうと思ってもなかなか選べないこともあるでしょう。

ここで特に人気が高い精力剤の特徴や成分、価格などをまとめているので、参考にしてみてください。

 

1位:ハーソリューションピルズ

ハーソリューションピルズ女性向けの精力剤の人気ランキングで第1位となったのは、アメリカのメーカーLeading Edge Healthが製造を手がける「ハーソリューションピルズ」です。

ナイアシン、ホップエキス、トリビュラス、ムクナなどの天然成分を含有しています。

ナイアシンは血行促進作用を持っており、ホップエキスにはエストロゲンを調整して膣の乾燥を防ぐ作用があるため、女性器周辺の血行を促進して潤いをもたらす効果が期待できます。

結果的に、スムーズな性行為をサポートすることができます。

価格は1箱30錠入りで5,760円(1錠あたり192円)となっています。

 

2位:ルベディア

ルベディア精力剤ランキングの第2位は、「ルベディア」です。

主な有効成分はホーニーゴートウィードエキス(イカリソウ)やムイラプアマなどで、性欲を高める催淫作用があり、性生活を充実させる効果に期待できます。

その他にも、マカやトンカットアリ、ノコギリヤシやLアルギニン、高麗人参などを含んでいます。いずれも天然由来の生薬であり、安全性が高いというのが特徴です。

製造を手がけているのはアメリカのBioprosper DBA Dr.Formulasで、ここは天然成分を用いたサプリメントの品質の高さに定評があります。

価格は、1箱60錠入りが2,850円(1錠あたり48円)となっています。

 

3位:ロイヤルハニー(女性用)

ロイヤルハニー(女性用) 精力剤ランキングで第3位となったのは、「ロイヤルハニー(女性用)」です。

製造を手がけているのは、日本にも正規代理店があるマレーシアのメーカーETUMAXです。

多彩な栄養素を含む純粋ハチミツに加え、催淫作用があるとされるカチプファティマ、さらに健康効果があるロイヤルゼリー、蜂の子粉などを含有しています。

性生活の充実だけでなく、美容・健康にも役立つサプリメントです。

価格は1箱12袋入りで10,460円(1袋あたり872円)となっています。

 

不妊症の治療薬を安く購入する方法

不妊症の治療薬は、病院や通販(個人輸入)で購入できますが、より安く、お得に購入するにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは、より安く購入する方法やコツを解説します。

 

通販サイトで購入する方が圧倒的に安い

薬と金不妊症の治療薬をできるだけ安く購入したいのであれば、個人輸入をサポートしてくれる通販サイトを活用するほうが圧倒的にお得です。

通販サイトを利用する場合、病院で購入する場合とは違って診療費などがかかりません。

 

また、国内で流通する治療薬よりも安い海外製の医薬品を選べるのもポイントです。

不妊症治療薬に限らず、海外には安く購入できる医薬品が数多くありますが、日本では承認されておらず、病院では購入できないケースが多いのです。

しかし、通販であればそのような安い医薬品も手軽に購入することが可能です。

 

クーポンを利用する

クーポン通販サイトでは、通常よりも安く購入できる割引クーポンを発行していることがあります。

各サイトでクーポン内容はさまざまですが、たとえば定価の15%引きで購入できるという場合があります。

 

このようなクーポンを活用することにより、もともと安い海外製の医薬品をさらに安く購入できます。

 

まとめて購入する

まとめて購入通販サイトで医薬品を購入する場合、病院で購入する場合と違って診療費などは不要ですが、そのかわり送料がかかる点が気になる方もいらっしゃるでしょう。

 

確かに1回ごとに送料が必要になりますが、「まとめ買い」をすることで負担を減らすことは可能です。

薬の種類によって「用法用量から見て1ヶ月分以内」「用法用量から見て2ヶ月分以内」などの制限はありますが、まとめて購入することにより、注文回数が減るため、送料を抑えることができます。

 

まとめ

こちらのページでは、

  • 不妊症治療薬を購入する方法
  • 安く購入するための方法やコツ

などについて解説してきました。

 

不妊症の治療薬にはホルモン剤や排卵誘発剤などがありますが、これらは病院、通販(個人輸入)で入手することができます。

購入方法のうち、「よりお得に安く購入したい」という希望に合致するのは、通販を利用する方法です。

通販であれば、海外では有効性が認められているものの日本では未承認の安価な医薬品や、海外でしか流通していないサプリメントなども選択することができます。

また、通販サイトのクーポンを利用したり、まとめ買いしたりすることで、より安く入手することも可能です。

 

なお、こちらのページでは通販で購入できる不妊症治療薬をランキング形式で紹介しました。

不妊症治療薬を購入する際は、ぜひ参考にしてみてください。