話題にもなった糖尿病の薬でのダイエットって大丈夫!?詳しく紹介していきます。

話題にもなった糖尿病の薬でのダイエットって大丈夫!?詳しく紹介していきます。近年話題となっているダイエット方法のひとつが糖尿病治療薬を用いたダイエットです。

YoutubeやTIKTOKなどでも、リベルサスを用いてダイエットをするといった動画が一気に広まり、現在では非常に幅広い方がこのリベルサスを用いてダイエットをしていたり、しようと考えていたりします。

ですが、実際問題として糖尿病の治療薬であるリベルサスでダイエットをすることって問題がないのか?と考える方は少なくありません。

そこで、こちらのページでは実際に糖尿病治療薬を用いることでダイエットができるのかといったことから、ダイエットを目的として糖尿病治療薬を使ってもいいのかといったことまで幅広い疑問にお答えしていきます。

糖尿病治療薬を用いてダイエットをしていたり、してみようか迷っているという方は、是非一度参考にしてみてください。

 

なぜ、糖尿病の薬がダイエットに有効とされているのか?

考える男女体重に悩む男性、女性は非常に多く少しでも楽に痩せることができたらというのは、誰しもが考えることでしょう。

そうした時に、糖尿病治療薬を用いて痩せることができた!といった動画やSNS投稿などを見れば当然、自分もやってみたいと考えるのは何一つ不自然な事ではありません。

実際に、ダイエット動画などで用いられている治療薬は「リベルサス錠」と呼ばれるもので、今も一部クリニックなどではダイエットのためにこのリベルサスが処方されていたりするようです。

ですが、よくよく考えてみると糖尿病の薬で痩せるっていうのは本当に大丈夫なんだろうかと疑問に思うケースも珍しくありません。

また、動画などでは結果などに注目が行きがちですが、糖尿病治療薬がダイエットに有効な理由が紹介されていなかったり不安に思える部分は少なくありません。

 

そこで、まずは糖尿病治療薬であるリベルサスについてやなぜダイエットに効果があるのかといったことについて紹介していきたいと思います。

 

GLP1受容体作動薬とは?

リベルサスリベルサスなどの糖尿病治療薬は「GLP1受容体作動薬」といった名称で呼ばれています。

これは、名前にあるようにGLP1受容体という部分に働きかける作用を持った薬になります。

GLP1受容体作動薬は服用することで、人の体の中にあるGLP1受容体と結びつくことでインスリンの分泌を促進してくれます。

インスリンは血糖値を下げる作用を持つホルモンであり、この作用によって糖尿病で下がりにくくなった血糖値を下げて治療するという効果があります。

 

糖尿病治療といえば、インスリン製剤を服用するというのも一般的です。

インスリンが直接体内で増える形になるので、血糖が低い時にも作用して低血糖を招くおそれや、体重増加といったリスクがあります。

ですが、GLP1受容体作動薬は、血糖値が上昇した時にのみGPP1受容体と薬が結び付くことでインスリンの分泌が促されるので、低血糖などのリスクが低くなっています。

 

何故、ダイエットに効果があるのか?

脳と胃血糖値が上昇した時に、血糖値を下げるインスリンの分泌を促すGLP1受容体作動薬ですが、これがなぜダイエットにも効果があるのでしょうか?

実はGLP1受容体作動薬には、インスリンの分泌を促すといった効果以外にも

  • 脳の視床下部にも作用し、食欲を抑える
  • 胃の蠕動運動を抑制し、腹持ちを良くする

といった効果があります。

腹持ちを良くすることでお腹が空きにくくなるだけでなく、食欲自体を抑制する作用によって、根本的な食事量を抑えることで摂取エネルギーが抑えられます。

その結果、脂肪からエネルギー消費が促されてダイエットに繋がるという仕組みというわけです。

ですが、これらの作用によって食欲を抑えることができたとしても、当然ながら食事によるエネルギーそのものが減少したりといったことはないため、薬を飲んでなお食べ過ぎてしまっているといったような場合には、旨く痩せていくといったことには繋がらないという点には注意が必要です。

 

GLP1受動態作動薬の副作用や注意点は?

立ち眩みダイエットにも効果があるとして大きな注目を集め、現在でもクリニックなどで処方されているリベルサスなどのGLP1受容体作動薬には副作用ももちろんあります。

副作用の種類も豊富で、重篤なものから軽度なものまでその幅も症状の種類も豊富です。

重篤な副作用としては、低血糖や急性膵炎が報告されています。

その他の副作用としては、多いのが下痢や悪心、ほかにも頭痛や食欲減退、腹部膨満感やおくび、無力症、胆石症などさまざまな種類の副作用が報告されています。

ですから、服用する場合には、副作用に注意しながら服用する必要があります。

 

また、リベルサスには副作用以外にも、服用そのものが禁止されている方などもいます。

1型糖尿病の方や糖尿病昏睡がある方、重症感染症や手術などがある方などです。

どちらも、GLP1受容体作動薬よりもインスリンで血糖をダイレクトにコントロールする方が望ましいため、併用になってしまうと何かしらの問題につながる可能性があるためです。

 

リベルサスには副作用以外にも、気を付けなければならないポイントがあるため何気なくダイエットのために使うというのには十分に注意しなければならないのです。

 

ダイエット効果が期待できるが…オススメはできない

オススメはできないこれまでご紹介してきたように、糖尿病治療薬であるリベルサスにはダイエットに役立つ効果はあります。

ですが、そもそもの用途と全く違った使い方をする形にはなるため、オススメすることはできません。

糖尿病治療薬としての効果や安全性については、国からも承認されているため安心して使うことはできますが、ダイエット目的として使うのは国が認めておらず医師の判断によって保険外で処方されるため、ほぼ安全に使えるというわけでもない点には注意が必要です。

何も考えずに、適当に使ってしまったりすれば当然ながら副作用のリスクが高くなってしまいます。

そしてその副作用も軽度なものであれば問題もないですが、薬との相性や過剰服用などさまざまな要因で強い副作用があらわれるなんて言うことも考えられます。

特に、血糖を下げるための効果を発揮する治療薬であり、血糖値が想定以上に下がってしまったりすれば命にも危険が及んでしまいます。

 

そのため、ダイエット効果には期待できますが、他の方法で正しくダイエットする方が身も心も安全に痩せていくこと可能です。

 

飲むだけで痩せる薬などはない

飲むだけで痩せる薬などはない糖尿病治療薬を使うことでダイエットができるとして、非常に大きな注目を集めました。

こうした大きな注目を集めた噂によって、飲めば痩せる薬があると考える人は意外と少なくありません。

ダイエットは多くの方が実際に経験したり失敗したりして、辛く大変なものであることをわかっているからこそ、飲むだけで痩せる薬があるとなれば大きな注目となるわけです。

ですが、実際に飲むだけで痩せることができる薬はありません。

薬はあくまでもダイエットをサポートするだけのものであるため、本当に痩せていくためには薬の服用とプラスして普通のダイエットを組み合わせる必要があります。

 

ここからは、普通のダイエットを行う上でポイントになることについて詳しく紹介していきたいと思います。

 

食事について

ダイエット食ダイエットを行う上で、まず気を付けるべきポイントなのが食事です。

人が太る一番の理由は摂取するエネルギー量が多すぎるためです。摂取したのに使いきれずに余ってしまったエネルギーは脂肪細胞に蓄えられていきます。

その結果、脂肪は大きくなって人が太っていくというわけです。

だからこそ、痩せようと考えた場合にはまず食事を見直すことが大切です。

食事を見直すポイントとしては

  • 食事の回数やタイミング
  • 食事の栄養バランス
  • 摂取カロリー

などがあります。

食事の回数は3回が基本となっていますが、2回の食事でも問題ありません。ただし、食事の回数を減らす場合には、朝以外の部分を減らすようにしてください。

そして、栄養バランスについては、食物繊維やタンパク質を多めにとるようにすることが肝心です。食物繊維は腹持ちを良くし、タンパク質は筋肉を作る上で必要不可欠となっています。

また、脂質や糖質は血糖値の上昇や脂肪への蓄積に繋がりやすいため、控えめにすることが肝心です。

栄養バランスを考えた上で摂取するカロリーを制限することは非常に大切です。ただし、過度に制限しすぎてしまうとストレスになってダイエット失敗に繋がったりするため、最初は無理のない範囲で徐々に制限するといった方法でも問題ありません。

 

運動について

運動ダイエットのポイントとして食事と共に大事なのが運動です。

日常生活の中に毎日少しずつでも運動を取り入れることで、ダイエットを成功へと導くことが可能です。

簡単なウォーキングから、ダンベルや専門器具を用いた筋肉トレーニングまで、運動といわれてイメージするものは人によって違っていると思います。

ダイエットに必要なのは、有酸素運動と筋力トレーニングが基本です。

ウォーキングなどの有酸素運動は、20分以上継続することで脂肪を燃焼する効果があるとされています。そのため、毎日30分でも歩くようにするだけで脂肪を少しずつでも燃やすといったことは可能です。

そして、筋力トレーニングは、筋肉を大きくすることができます。筋肉が大きくなると基礎代謝と呼ばれる人が何もしないでも消費するエネルギー量の底上げにつながるのです。そうして基礎代謝を高めていくことで、リバウンドしにくく太りにくい身体づくりが可能となります。

どちらの運動も取り入れることができれば一番ですが、無理をして続かなくなるのは一番の問題なので、朝の時間に少し歩くようにしたり、通勤などの時に1駅分歩くようにするといったちょっとした努力でも大きな効果に期待できます。

 

ストレスや睡眠について

睡眠ダイエットを進める時にはストレスや睡眠にも気を付けるようにすると、よりその効果を高めることが可能です。

知らず知らずのうちに溜まってしまうストレス。何気ない日常生活の中で気づかないほど小さなイライラが溜まって、暴飲暴食などに繋がってしまっているなんていうケースは珍しくありません。

だからこそ、ダイエットを進めていくときにはストレスケアがとても重要です。趣味や運動などで適切にストレスを解消することでストレスによって太ってしまうのを防げるためダイエットにも効果的なのです。

そして、ストレスケアと共に重要になるのが睡眠です。

何故、ダイエットにとって睡眠が重要になるのか?と疑問に思う人も多いでしょう。人は質の高い睡眠をとっている時に、成長ホルモンの分泌が促されます。

この成長ホルモンは、肌のターンオーバーの正常化やアンチエイジングなどに欠かせないものですが、それだけではありません。

新陳代謝にもかかわっているのです。睡眠不足などに陥ってしまうと成長ホルモンの分泌が低下してしまいます。その結果、新陳代謝が低下してしまって太りやすくなってしまうのです。

ですから、ダイエット中は質の高い睡眠を摂れるように、睡眠環境を整えるというのも、非常に重要なポイントとなっています。

 

継続とモチベーションについて

ダイエットを成功へと導くためのポイントとして

  • 食事
  • 運動
  • ストレス、睡眠

をそれぞれ、詳しく紹介してきました。

上記の全てがダイエットにとってとても大事なものではありますが、普段送る日常生活の中に上記のポイントを全て取り込むといったことは容易な事ではありません。

可能であれば、全て取り込めれば一番ですが、無理のない範囲で徐々に意識できる部分を増やしていくことが肝心です。

これは、ダイエットを行う上で最も重要なことが、継続することとモチベーションを高く維持することであるためです。

無理してダイエットをするとどうしても継続することが難しくなりますし、モチベーションも高く維持することが難しくなります。

ですが、少しずつでも無理なく取り入れることで継続自体が容易になりますし、継続してダイエットを行っていくことで着実にダイエットの効果は表れていくため、モチベーションの向上にもつながります。

 

ダイエットをサポートする治療薬やサプリメントは多数ある

ダイエット医薬品やサプリダイエットを成功へと導くことは簡単なようで、意外と難しかったりします。

ですが、そうしたダイエットの成功をサポートしてくれる治療薬やサプリメントが現在では多数登場しており、さらに個人輸入(通販)によって手軽に入手できるようになりました。

そのため、通販で購入できるダイエットをサポートする治療薬やサプリメントを上手に活用することで、より簡単にダイエットを成功へと導くことができたり、ダイエットの大変さを軽減することができるようになります。

 

ですから、これまでダイエットはしたことがあるけど、サプリメントや治療薬を使ったことがないという方は、是非一度こちらを参考にしてみて、治療薬やサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。

 

食事面をサポートする商品

食事面をサポートする商品ダイエットをサポートする治療薬やサプリメントは数多く存在しますが、その中でも食事面をサポートしてくれるサプリメントや治療薬はとても役立ちます。

ゼニカルオルリファストカーボブロッカーと呼ばれるようなものが、これに該当します。

 

医薬品名ゼニカルオルリファストカーボブロッカー
写真ゼニカルオルリファストカーボブロッカー
価格42錠:9,76042錠:5,260150錠:5,800
リンク

商品ページに行く

商品ページに行く

商品ページに行く

ゼニカルやオルリファストは食事で摂取した脂肪分の吸収を抑えて、体外へそのまま排出する効果を持っているため、薬を飲むだけで食事の脂肪分を自然にカットすることができるのです。

それと同様に、カーボブロッカーは食事で摂取する糖質の吸収を抑えることができるサプリメントです。食事の前に服用しておくことで、食事のカロリーを抑えることができるようになるので、自然な食事制限が可能です。

 

上記のような治療薬やサプリメントを使うことで、食事量を変えずとも摂取する脂肪分や糖質を抑えることができるので無理のない食事制限が可能です。

ただし、普段から油ものをあまり食べない人が脂肪分をカットするゼニカルやオルリファストを使ったり、糖質をあまり摂らない人がカーボブロッカーを使ってもそこまで大きな効果に期待できない場合がある点には注意が必要です。

また、ゼニカルやオルリファストは医薬品であるため副作用のリスクがあったり、体内に吸収されなかった脂が直接便として排出されるといった点には注意が必要です。

 

食欲抑制や脂肪燃焼をサポートする商品

食欲抑制や脂肪燃焼をサポートする商品次に紹介するのは食事で摂取するエネルギーをカットするというものではなく、食欲を抑えて食事の回数を減らすことで摂取エネルギーを減らしたり、脂肪の燃焼をサポートすることで消費エネルギーを高めるといった作用を持つとされるサプリメントです。

具体的には、アーユスリムスタッカー2XPLCリポドリンエクストリームなどがこちらに該当します。

 

医薬品名アーユスリムスタッカー2XPLCリポドリンエクストリーム
写真アーユスリムスタッカー2XPLCリポドリンエクストリーム
価格60錠:1,35020錠:4,36090錠:7,320
リンク

商品ページに行く

商品ページに行く

商品ページに行く

アーユスリムはインドの伝統医学アーユルヴェーダに基づいた天然ハーブを配合したサプリメントで、食欲の抑制や脂肪燃焼をサポートするとされています。

そして、スタッカー2XPLCやリポドリンエクストリームは脂肪燃焼やエネルギー消費を高めてダイエットをサポートします。

食欲を抑制したりエネルギーの燃焼を高めるといった効果に期待できますが、あくまでサポートという側面が強く、適切な食事制限や運動などを行うということが必要不可欠です。

その一方で、こちらで紹介した3商品は全てサプリメントであるため、副作用のリスクがないため安心して使えたり、価格が医薬品などと比べて安価であるため、気軽に使いやすいという特徴があります。

 

まとめ

こちらのページでは、ここまでに糖尿病治療薬を用いたダイエットについていろいろと紹介してきました。

糖尿病治療薬を用いたダイエットは実際に行われており、今も病院で処方してもらうことが可能です。

ですが、こちらのページで紹介してきたように

  • 糖尿病治療薬のダイエットをサポートする効果は否定できない
  • 糖尿病治療薬は糖尿病の薬なので本来の目的と異なる使用となるため不安が残る
  • 安全にダイエットを成功させるには、日頃の生活習慣やダイエットの継続が重要

といったような点を考えても、基本的には適切なダイエットを進める方が良いといえます。

現在では、ダイエットをサポートするために作られた治療薬やサプリメントがあるため、わざわざ本来の使い方とは違う用途で治療薬を使うといったリスクを負う必要はなく、どなたでも安心してダイエットを進めることができるようになっているので、ダイエット治療薬やサプリメントを活用するようにしましょう。