クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

トリレゴル1

トリレゴル

有効成分 レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール
メーカー Gedeon Richte 内容量 63錠x1箱
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 避妊
副作用 悪心や乳房緊満感など 用法 生理開始から1日1錠を服用
在庫 この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。
 
ダイアン35
ダイアン35は有効成分に酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールを配合した医薬品です。
 
クリザンタ
クリザンタは、ヤスミンのジェネリック医薬品である超低用量ピルです。 定期的に服用することで避妊効果を得られるのが特徴で、望まない妊娠を防ぎたいときに効果的です。

このお薬の人気ポイント

・非常に高い避妊効果を持つ

・3相性のため副作用が少ない

商品詳細

トリレゴルは、Gedeon Richte社が製造、販売している経口避妊薬です。
定期的に服用することで体内のホルモンバランスをコントロールし、妊娠を防ぐ効果があります。
3相性という種類の経口避妊薬で、ホルモンバランスの変化が自然なものに近いので不正出血が起こりにくいという特徴があります。

配合されている有効成分は、レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールの2つです。
レボノルゲストレルは緊急避妊薬にも使われている成分で、排卵を促すホルモンの分泌を抑える作用があります。
この作用によって排卵が起きない状態にしたり、排卵が起きる時期を遅らせたりすることによって受精を防ぎます。
また、子宮内の環境を受精卵が着床しにくい状態にする作用もあり、これら2つの作用によって妊娠を回避します。

もう1つの成分であるエチニルエストラジオールには、卵胞刺激ホルモンというホルモンの分泌を抑える効果があります。
卵胞刺激ホルモンは、未成熟の卵胞の成長を刺激して成熟させる働きがあるホルモンです。
この働きを阻害することによって、卵巣内の卵胞が未成熟のまま成長しないようにすることができます。
このような作用で卵胞の成長を抑え、排卵が起きない状態にして避妊効果を発揮します。

また、トリレゴルには子宮頚管粘液の粘度を高める働きもあります。
もし精子が体内に入っても子宮内へ侵入してくるのを防ぐため、高い避妊効果を期待できます。
このほか、子宮内膜を薄くして生理痛の軽減や経血量の減少など、生理に関する悩みの解消にもお使いいただけます。

トリレゴル 63錠

個数選択 定価 割引率 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 7,800 7,800
24%
OFF
5,960 5,960 178pt 売り切れ
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

トリレゴル 63錠 x 1箱

5,960

ポイント:178pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

トリレゴルの最新の口コミ

トリレゴルの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

生理が終わったはずなのに出血が続いていたり、生理じゃないのに早めに出血があったりと頻繁にあったのですが飲むようになってからはそういったことも無くなり、生理の周期の時にだけ出血が起こるようきちんとサイクルが整いました。重かった生理痛も軽くなったので過ごしやすくなりましたね。

トリレゴルの悪い口コミ

まだ口コミがありません。


トリレゴルのよくある質問について

うっかり2日続けてピルを飲むのを忘れてしまいました。どうしたらいいですか?

気が付いた時点で2日分(2錠)を服用してください。その日は普段服用している時間になったらいつも通り1錠を服用してください。しかし、2日以上飲み忘れた際は避妊効果が下がってしまいますので性交渉を避けるか別の避妊方法を用意しておきましょう。

1週間前からピルを飲み始めたのですが、強い頭痛や吐き気があります。飲み続けても本当に大丈夫でしょうか?

服用開始から1~2ヶ月は副作用が現れやすい期間です。頭痛や嘔吐感であれば問題ないと思われますが、服用から3ヶ月が経過しても治まらなかったり、悪化している場合は医師に相談することを推奨します。

トリレゴルの服用は毎日同じ時間とあるのですが、どれくらいの時間差が許容内でしょうか?

2~3時間くらいの差であれば効果に影響はありません。ただし、服用の時間がバラバラになるほど不正出血が起こりやすいくなるため、スマートフォンのアラーム機能などを使って同じ時間に服用することを心がけましょう。

トリレゴルを服用して1時間後くらいに吐いてしまいました。このような場合、どうすれば良いでしょうか?

すぐにもう1錠を服用してください。ピルの成分が吸収されるまで3時間ほどかかるため、3時間以内に嘔吐や下痢があった場合は成分が完全に吸収されておらず十分な効果を得られない可能性があります。

低用量ピルの副作用が3シート目を終えても続いています。これは薬を変えたほうが良いということでしょうか?

医師に相談してください。個人差はあるものの低用量ピルの副作用は服用開始から1~2ヶ月は現れやすいですが、3ヶ月目になると症状が落ち着く場合が多いです。そのため、3シート目を終えたあとでも副作用が続いているのであれば、服用中のピルが体にあっていない可能性があります。

副作用の嘔吐感が辛いので酔い止め薬とトリレゴルを併用してもいいですか?

問題ありません。市販されている酔い止めや吐き気を止めるお薬を併用することで嘔吐感を抑えることができます。また、就寝前に服用すると副作用が現れる時間は睡眠中になるため、服用時間を工夫することで回避することもできます。

低用量ピルの副作用にうつなどの精神的なものはありますか?

稀に気分の変調を感じる方がいらっしゃいます。しかし、低用量ピルによってうつ病が発症したり悪化したというエビデンスはなく、はっきりとした因果関係は証明されていません。

低用量ピルを飲んで避妊をせずに性行為を何度もしていますが、本当に妊娠の心配はありませんか?

服用開始のタイミングによって異なります。生理初日から服用している場合はその日から避妊効果を得られますが、それ以外のタイミングですと7日目以降となります。その間は別の避妊方法を用意しておく必要があります。

服用方法・使用方法

1日の服用回数1回
1回の服用量1錠
服用のタイミング生理開始から24時間以内
服用間隔21日毎日決まった時間帯に服用、その後、7日間休薬
1日1錠、なるべく毎日決まった時間に水やぬるま湯と一緒に服用します。
生理開始から24時間以内に服用し、21日間継続して服用したあと7日間休薬します。
この28日間を投与1周期とし、29日目からは出血が終わっているか続いているかに関わらず、次の周期の錠剤を服用してください。
上記のサイクルを繰り返して服用を続けてください。

服用開始日が生理開始から遅れた場合は、飲み始めの1週間はほかの避妊法と併用してください。

注意点

・妊娠中または授乳中の方、妊娠の可能性がある方は服用しないでください。
・重篤な腎障害または肝障害の症状がある方、高血圧の方は服用しないでください。
・血栓性静脈炎や肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患の症状や既往歴がある方は服用しないでください。
・35歳以上で1日15本以上喫煙する方は、服用しないでください。
・オムビタスピル水和物やパリタプレピル水和物、リトナピル配合剤との併用は禁止されていますので注意してください。
・エストロゲン依存性悪性腫瘍がある方や、子宮頸がんおよびその疑いがある方は服用しないでください。
・診断の確定していない異常性器出血がある方、前兆を伴う偏頭痛がある方は服用しないでください。
・肺高血圧症または心房細動を合併する心臓弁膜症の方、亜急性細菌性心内膜炎の既往歴がある心臓弁膜症の方は服用しないでください。
・血栓性素因のある女性の方や、抗リン脂質抗体症候群の方、脂質代謝異常のある方は服用しないでください。
・手術前4週間以内の方や術後2週間以内の方、産後4週間以内および長期間安静状態にある方は服用しないでください。
・妊娠中に黄疸や持続性そう痒症または妊娠ヘルペスの既往歴がある方は服用しないでください。
・耳硬化症の症状がある方や骨成長が終了していない可能性がある女性は服用しないでください。
・副腎皮質ホルモンや三環系抗うつ薬、セレギリン塩酸塩と併用するとこれらの薬の代謝を抑える恐れがありますので注意してください。
・テトラサイクリン系抗生物質やペニシリン系抗生物質と併用すると、腸内細菌叢を変化させて本剤の腸肝循環による再吸収を抑える恐れがあります。
・血糖降下剤と併用すると、耐糖能を低下させて血糖降下剤の効果を弱める恐れがあります。
・エチニルエストラジオールのAUCが減少する恐れがあるため、HIVプロテアーゼ阻害薬や非ヌクレオチド系逆転転写酵素阻害薬との併用には注意してください。
・肝におけるラモトリギンのグルクロン酸抱合が促されるため、ラモトリギンとの併用には注意が必要です。
・薬物代謝酵素が誘導され、本剤の代謝を促す恐れがあるのでセイヨウオトギリソウを含んだサプリメントとの併用は避けてください。
・飲み忘れに気付いた場合は、1日以内なら気付いた時点で忘れていた分をすぐに服用してください。
2日以上連続して飲み忘れていた場合は、今回の服用を中止して次の生理が来てから新しいシートで服用を再開してください。
・本剤の服用中、ふくらはぎの痛みやむくみ、突然息苦しくなる、胸痛、激しい頭痛、見えにくくなるといった症状が表れた場合はすぐに服用を中止して医師または薬剤師にご相談ください。
・長期的に服用する場合は、6ヶ月ごとに検診を受けてください。
・本剤の服用中に激しい下痢や嘔吐が続いた場合、薬の吸収が悪くなり妊娠する可能性が高まるので、ほかの避妊法を併用して医師または薬剤師にご相談ください。
・飲み忘れがあると妊娠する可能性が高まるので、指示どおり服用してください。
・経口避妊薬はHIV感染およびその他の性感染症を防止するものではありません。
・本剤服用中、2周期連続して生理が来なかった場合は妊娠している可能性がありますので、必ず専門の医師にご相談ください。
・本剤の服用中は禁煙してください。
・誤飲や品質変化の原因になる場合があるので、他の容器への移し替えは避けてください。
・パッケージに記載された使用期限を厳守し、期限を過ぎているものは服用しないでください。
・1錠を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管して2日以内に服用してください。
・保管する際は直射日光と高温多湿の環境を避け、湿気の少ない涼しい環境で子供の手の届かないところに保管してください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用・使用に関しては全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いかねます。

副作用

悪心や乳房緊満感、頭痛、嘔吐、下痢、下腹部痛、不正出血などが主な副作用として報告されています。
また、乳房痛、しこりなどのエストロゲン作用や、にきび、多毛、体重増加などのアンドロゲン作用が表れることもあります。
重篤な副作用では下肢の痛みや浮腫、激しい頭痛などの血栓症が報告されています。

飲み始めて1~2周期の間は、軽い吐き気や乳房の張り、生理以外の出血がみられることがあります。
通常は一過性のもので服用中になくなりますが、症状がひどい場合はかかりつけの医師にご相談ください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : トリキュラー
添付文書 : トリキュラー

商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。

トリレゴルの口コミ

  • 副作用もなく飲みやすいです。他のピルだと体調が悪くなるので続けて飲めませんでしたが、これなら体調が悪くなることはないので手軽に飲めます。

  • 飲んでいるのでゴムを付けていなくても妊娠することはありません。うっかりゴムを買い忘れていた時も大丈夫だったので避妊効果はバッチリだと思います。

  • 生理の血の量が減りました。生理の時はいつもフラフラで貧血気味になるけど飲むようになってからはそんなことも無くなりました。

  • 避妊目j的で飲んでます。まだ効果は分かりませんが生理周期は安定しているので効果はありそうです。

  • 生理が終わったはずなのに出血が続いていたり、生理じゃないのに早めに出血があったりと頻繁にあったのですが飲むようになってからはそういったことも無くなり、生理の周期の時にだけ出血が起こるようきちんとサイクルが整いました。重かった生理痛も軽くなったので過ごしやすくなりましたね。

すべての口コミを見る

口コミを投稿する

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。