不眠症はどれくらいで治る?知っておきたい治療費を抑える方法も紹介

不眠症はどれくらいで治る?知っておきたい治療費を抑える方法も紹介多くの方が悩みを持つ不眠症ですが、実際にこの不眠症の改善を使用とさまざまな対策を行っている方は少なくありません。

ですが、そこまで効果が得られずに途方に暮れているという方も中にはいらっしゃいます。
 
実はこの不眠症は短期間でスパッと改善するケースは非常に珍しくなっています。

そうなると気になるのは、どのぐらいで不眠症は改善するのかということだと思います。

そこで、こちらのページでは不眠症が改善するまでの期間や改善に必要となる治療費を抑える方法を紹介します。

 

不眠症は完治する?

多くの方が悩む不眠症ですが、そもそもこの不眠症というのは完治させることができるものなのでしょうか?

その答えは、もちろんYESです。

不眠症は不治の病ではなく、完治させることができるものだからこそ、不眠に悩んでいる場合は適切に対策を進めることが重要です。

 

不眠症治療のゴールはなに?

では、不眠症になってしまった場合に行われる不眠症治療のゴールは何になるのでしょうか?

不眠症治療なのだから、普通に不眠の問題がなくなればゴールと考える方は少なくありません。

ですが、それは大きな間違いです。
 
不眠症治療のゴールは不眠の悩みを解消することだけでなく、日中のQOLが改善することになります。

QOLとは「Quality Of Life」の頭文字をとった略称で生活の質を意味します。

不眠症によって低下していた日中の生活の質が、不眠症の改善で上昇することではじめて不眠治療はゴールとなります。

参考元:不眠症

 

不眠症はどれくらいで治る?

疑問を浮かべる女性
では、不眠症は実際にどの程度の期間で治るのでしょうか?

実は、この不眠症が治るまでの期間というのは個人差があるため、一概にどのぐらいというのはいえません。

改善が容易な原因ひとつが不眠を引き起こしている場合であれば、原因ひとつを改善するだけで不眠を治せます。
 
ですが、複数の原因が複雑に絡み合っているような場合など原因の多さや深刻さなどによって改善にかかる期間が左右されるためです。

ですが、そんな不眠症も早期に解決するためのポイントがあるので、ポイントを把握して対策することが大切です。

 

不眠症を早期解決したいなら

解決までの期間が人によって違う不眠症ですが、早期解決するためのポイントはあります。

そうしたポイントを把握しておくかどうかで改善までにかかる期間が違うため、ポイントを把握した上で対策するようにしましょう。

この早期解決のポイントとして、最も大切になるのが早期発見と早期治療です。

不眠かもしれないと思った段階で医療機関を受診し改善にあたるようにすることで、改善までの期間が短くなります。

逆に放置して不眠症が深刻化すればするほど、解消までの期間は長くなってしまいます。

 

不眠症の治療は何科を受診すればいい?

不眠症を早期解決するには、早期に治療にあたるということが重要とお話ししました。

では、不眠症を早期解決しようと医療機関の受診を考えた時、一体何科を受診すればいいのでしょうか?

ここからは不眠症の治療ができる診療科について紹介します。

 

不眠外来

不眠症の治療を行うために病院を受診する際に最も適しているのが不眠外来です。

こちらは、睡眠に関する問題に対しての専門的な知識を持った医師による専門的な治療に期待することができるようになっています。

そのため、他の診療科では原因を特定できなかった不眠の改善ができるといったケースもあるため、近くに不眠外来がある場合は、まずこちらを受診するようにしましょう。

 

内科

不眠症を治療している診療科は不眠外来だけではありません。

内科でも不眠症の治療を受けることが可能です。
 
特に、生活習慣の乱れなどが原因となって起きる不眠に対して高い改善効果が期待できます。

内科では、一般的な症状や疾患に対応することができるため、何かしらの病気に困った場合に診察を受ける診療科となっています。

そのため、不眠の悩みがあり、近くに不眠外来がないといったような場合は内科を受診してみるといいでしょう。

 

精神科

不眠の悩みは精神科でも改善することが可能です。

精神科はその名の通り精神的な問題や疾患の改善に対応している診療科です。

そのため、精神的な原因によって不眠症が引き起こされているというような場合には、最も適した診療科となります。

内科を受診したけど不眠症が改善しないというような場合や、精神的な問題が原因になっていると把握できているような場合は精神科を受診するようにしましょう。

 

心療内科

精神科で不眠の治療を受けることができるとお伝えしましたが、心療内科でも不眠症の治療が可能です。

心療内科はストレスが原因となって起きるさまざまな身体症状を取り扱っている診療科です。

そのため、ストレスによってさまざまな問題が起きているという場合は心療内科を受診するようにしましょう。

精神的な原因で不眠となっている場合の中でも、ストレスが原因である場合は心療内科を受診することで効率的に不眠を改善へと導くことができます。

 

治療期間が長い=治療費が心配

不眠症の治療にかかる期間には個人差があります。

そのため、人によっては長期にわたって不眠症の治療を行う必要があります。

そんな時に問題となるのが治療費です。
 
当然、長期間の治療ではその分だけ治療費がかさばってしまうため、大きな負担となってしまうことも。

ですから治療費を抑えるようにすることは不眠症治療では非常に重要になります。

 

不眠症の治療費を抑えるコツ

コツを伝える看護師
不眠症の治療は治療期間が人によって全く違っています。

短期間で改善することもあれば、想像以上に長期になってしまうなんていう場合もあります。

ですから、普段から治療費を抑えるようにすることが必要不可欠です。そこで、不眠症の治療費を抑えるコツをお伝えしますので、是非お役立てください。

 

自分でできることは積極的に取り入れる

不眠症の治療を行う上で、自身でできることは積極的に取り入れるようにしましょう。

生活習慣の改善や寝具の変更や睡眠環境を整えるといったことは、費用をかけずに改善することができる部分でもあります。

そうした部分を積極的に取り入れて不眠解消へと少しでも近づけるようにすることは、不眠解消までの期間の短縮につながります。

 

通販で睡眠薬(不眠症治療薬)を購入する

不眠症の治療にかかる費用を抑える方法は、自身でできることを積極的に取り入れることだけではありません。

不眠症を改善するために睡眠薬が処方されるケースは珍しくありません。

そこで、睡眠薬を通販で購入するようにするだけでも費用を抑えるのに繋がります。

通販では処方されている睡眠薬と同じ成分を配合したジェネリックも豊富にあるため、改善のためにかかる費用を抑えるのに役立ちます。

 

通販サイトで購入できる睡眠薬(不眠症治療薬)

不眠の改善にかかる費用を抑える方法として、通販で睡眠薬を購入するという方法をお伝えしました。

そこで、実際に通販サイトで購入できる人気の睡眠薬をいくつか紹介しますので、睡眠薬選びに迷った時は是非ご活用ください。

 

ハイプナイト

ハイプナイトは有効成分としてエスゾピクロンを配合した睡眠薬です。

こちらはインドに本拠を置くConsern Pharmaが製造・販売する超短時間型の睡眠薬であるルネスタのジェネリック医薬品です。

有効成分であるエスゾピクロンがGABA受容体と結びつくことによって、GABAの作用を強めて睡眠へと誘います。
 
価格は1箱50錠入りが3,360円(1錠あたり67円)となっています。
 

 

ハイプロン

ハイプロンは上記のハイプナイトと同じインドの製薬会社でるConsern Pharmaが製造・販売するジェネリックのひとつです。

有効成分としてザレプロンを配合している睡眠薬で、非ベンゾジアゼピン系で超短時間型の睡眠薬として海外では幅広く活用されています。
 
価格は1箱100錠入りが4.860円(1錠あたり48円)とハイプナイトよりも安価で購入することができるという特徴があります。
 

 

まとめ

こちらのページでは不眠症の治療にどの程度の期間がかかるのかといったことから、不眠症の治療にかかる治療費を抑えるコツなどについて幅広い情報を紹介してきました。

  • 不眠症の治療期間は個人差がある
  • 不眠症治療のゴールは日中のQOL上昇
  • 早期治療には早期改善が最も効果的
  • 不眠症治療は複数の診療科で受けられる
  • 治療費を抑えるコツは通販や自身でできることを取り入れる

こちらのページで紹介してきた情報のポイントは上記の通りとなっています。

不眠症と一口にいっても、その改善までにかかる期間は人によって全く違います。

ですが、不眠症が深刻化する前に早期に治療をすることで、早期の解決を目指せるという点は共通しているため、不眠の悩みが出た場合には速やかに改善するようにしましょう。
 
また、不眠症の治療はさまざまな診療科で行えるようになっているため、自身の不眠の原因に合った診療科を選んだり、通販サイトを活用することで、必要になる費用を抑えることにもつながります。

不眠症かもしれない…不眠症で悩んでいるという場合は、是非こちらのページを参考に治療を進めてみてはいかがでしょうか。