不眠症の対策は原因の理解が大事!原因別に不眠症対策の方法を解説!

不眠症の対策は原因の理解が大事!原因別に不眠症対策の方法を解説!非常に数多くの方を悩ませている不眠症ですが、この不眠症を対策する上で最も大切なことは原因の理解です。

不眠症となる原因は多岐に渡り、不眠に悩む人によって原因が全く違っていたります。

そのため、不眠症となる原因について適切に理解することで、不眠の解消を効果的に進めることができたり、そもそも不眠となるのを予防するのに役立ちます。

このページではそんな不眠の原因とそれぞれの原因別の対策法を紹介します。

 

不眠症をどうにかしたいなら原因を把握しよう!

寝付けない男性
『最近、眠れずに毎日が辛い…。』
 
そうした不眠症をどうにかしたい場合は、まず原因を把握することが何よりも大切です。

原因を特定できないまま、闇雲に不眠症の対策を進めても、見当違いな対策だったりして効果が全くない場合があります。

折角、対策をしているのに全く効果がないとなれば、それがストレスとなってしまい、更に不眠を悪化させてしまうなんていうことも。

だからこそ、不眠症を改善しようという場合は原因の特定が急務なのです。

 

不眠症になってしまう4つの原因

では、実際に不眠症になってしまう原因にはどういったものがあるのでしょうか?

実は不眠の原因というのは、大きく分けて4つに分類することができます。

ここからは、そんな不眠の4つの原因について、それぞれ詳しく紹介していきます。

 

環境的な原因

不眠の原因のひとつめとして紹介するのが環境的な原因です。
 
環境的な原因としては寝室の気温、寝室の明るさ、寝具などがあげられます。

基本的に睡眠時の環境によるものであるため、睡眠時の環境を整えてあげることによって、簡単に不眠が改善することもあります。

例えば、気温が高い場合は冷房や扇風機の使用、低い場合は暖房を使用する。寝室が明るすぎる場合は関節照明などを使ったり、完全に消灯してしまう。寝具の素材が肌に合ったりしていないような場合には寝具を変えるといったことです。

 

身体的な原因

環境的な原因以外に、身体的な原因によって不眠症を発症してしまう方もいます。
 
例えば、皮膚のかゆみや身体の痛み、夜間の頻尿といったようなものが該当します。

これらの身体的な問題によって、なかなか眠りに付けなくなったり、眠りについても目が覚めてしまったりすることで、不眠となりますが、これらの身体的な原因は加齢が引き金となっている場合があります。

そのため、改善したくてもなかなか原因そのものを改善するのが難しいという場合もあります。

ですが、それぞれの原因に対する対策を立てることで改善することができる場合もあるため、改善できないと考えるのは早計です。

 

精神的な原因

不眠の原因には身体的な原因の他に精神的な原因もあります。
 
過度なストレスや不安感、イライラや緊張などさまざまな精神状態による負荷が不眠を引き起こしてしまうこともあります。

こうした精神的な問題が原因となって不眠症を引き起こしている場合は、それぞれの原因となる物を解消するようにすることで、改善できることがあります。

ただし、精神的な原因の解消は身体的な原因の解消と比べても難しい場合が多いため、簡単に不眠を解消していくというのは容易ではありません。

 

生活習慣の問題点

不眠症の原因として最後に紹介するのが生活習慣です。
 
一口に生活習慣といってもさまざまなものがありますが、その中でも特に不眠の原因として多いのが就寝前のカフェインの摂取やアルコールの摂取です。

また、喫煙習慣や服用している治療薬が原因となって不眠となってしまうような場合もあります。

そのため、上記のような生活習慣がある場合は我慢したり控えることで不眠症を改善することができる場合があります。

ですが、生活習慣のひとつとなっていることであるため、なかなか改善が難しいという場合もある点には注意が必要です。

 

不眠症の原因がなにかを理解しよう!

ここまで紹介してきたように不眠症にはさまざまな原因があります。

原因さえわかってしまえば改善できると考える方も多いかと思います。

もちろん、それは間違いではありません。

ですが、その原因を特定するということが容易ではない場合も多いのです。
 
実は、不眠症の原因はこれまでに紹介したもののひとつだけの場合もあれば、複数の原因が複雑に絡み合っている場合もあります。

例えば、身体的なものと精神的な原因が同時にある場合、どちらか片方だけを対策しても不眠は改善しないということがあるわけです。

ですから、不眠を解消するためには、不眠の原因が何なのかをよく自己分析して把握することが重要です。

 

環境的な原因の場合の対策

自身の不眠症が環境的なことが原因となって起きているという場合は、何よりもまず環境を整えるということが何よりも重要なポイントとなります。

寝具の素材やまくらの高さや硬さなどが合わない場合は、自身に合う寝具を探して用いる、眠りにくい気温にならないように扇風機や冷暖房を活用するといったことで環境を整えることが可能です。

 

アロマでリラックスする

環境的なものが不眠の原因となっているような場合は、アロマオイルなどを活用するといった方法も有効です。

アロマオイルを用いることで良い香りによって気持ちを落ち着けたりリラックスする効果を得られます。

また、良い香りによって睡眠する環境のグレードを高めるといったことにも役立つため、環境が原因となっている不眠の改善に役立つことがあります。

 

身体的な原因の場合の対策

身体のかゆみや痛み、頻尿といった身体的なことが原因となって不眠となっている場合の対策法としては、原因となっている身体的な原因を改善するほかありません。

対策法はさまざまですが、多くの場合は医療機関を受診するなどして治療薬を処方してもらうという方法になります。

治療薬によって身体のかゆみや痛みを抑えることで不眠が一気に改善したりもするので、治療薬の使用は非常に有効な対策法といえます。

 

精神的な原因の場合の対策

精神的な問題が原因となって不眠症を引き起こしている場合は、身体的な原因と同様に精神的な問題を解消することが何よりの不眠症対策となります。

ですが、身体的な問題とは違って治療薬で簡単に解決するといったことができないため、医療機関の力を借りるなどして徐々に改善を目指すというのが基本となります。

ただし、精神的な問題の解消には長期間かかることも珍しくないため、精神的な問題が原因となっている場合は睡眠薬を使いながら対策するということは珍しくありません。

 

生活習慣における対策

不眠の原因が生活習慣である場合の対策としては、やはり原因となっている生活習慣を控えるようにすることが重要です。

寝る前のカフェイン摂取や喫煙習慣の改善、睡眠に悪影響を及ぼすことがわかっている習慣がある場合は、それを改善することで不眠を改善へと導けるようになります。

また、服用している治療薬が原因となって不眠を引き起こしている場合には、服用している治療薬を変更してもらったり、服用している治療薬と併用しても問題がない睡眠薬を処方してもらうようにしましょう。

 

日光を浴びて体内時計を調整する

生活習慣が原因となって不眠症となっている場合、日の光を意識的に浴びるようにすることも有効な対策法です。

人は太陽光を浴びることで体内時計の調整を行っています。

日光によって体内時計が調節されることによって、夜になるころに睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌が多くなり、自然な眠りを誘います。

逆に言えば、日ごろから日光を浴びない生活が続くと体内時計の調整が上手くいかず、メラトニンの分泌が減少することで不眠となってしまいます。

参考元:不眠症

 

日中の活動量を増やす・運動をする

不眠症の対策として日中の活動量を増やしたり、運動するようにすることは不眠症の対策として非常に有効です。

運動を行うことで人は体温が上昇します。その後、体温は低下していく形になりますがこの体温低下が睡眠へ入るのに非常に役立ちます。

人は睡眠時に体温が低下するため、上昇した体温が下がっていくことで自然な眠気を誘うため寝付きが良くなります。

また、適度な運動による疲労は睡眠の質を高める効果があります。

これらの効果が相乗的に働くことで不眠症の対策となります。

参考元:不眠症と運動の関係性について

 

睡眠薬の使用も検討する

睡眠薬
不眠症は毎日の生活の中に取り入れることができる対策でも改善を目指すことは可能です。

ですが、生活習慣での対策では劇的に不眠症を改善できるというケースは多くありません。

徐々にその効果があらわれるということが多く、効果があらわれるまでは不眠症の悩みは残り続けてしまいます。

そのため、睡眠薬の使用も検討することは非常に有効です。

 

まとめ

こちらのページでは現代人の多くが悩む不眠症の原因やその対策について紹介してきました。

 

ここで紹介した不眠症の原因や対策はこちら

  • 不眠の原因は4種類
  • 不眠の改善は原因別の対策で
  • 睡眠薬の併用でより効率的に改善できる

不眠症は環境的、身体的、精神的、生活習慣といった原因によって引き起こされたりします。

また、原因は上記の4種に分類することが可能ですが、1種類だけで不眠症となっている場合もあれば、複数の原因が絡み合って不眠症となっている場合もあります。
 
そのため、自身の不眠症の原因がどういったものであるのかを適切に判断したりすることが重要です。

自身の不眠の原因を把握してそれに沿った対策を行うことで不眠症の改善は可能です。

ですが、それだけでは長期にわたる改善期間が必要になることもあるため、睡眠薬を使用しながら原因への対策を並行して行うことでより効率的な改善が可能です。

最近不眠気味という方は、これらの情報を元に不眠症対策をしてみてはいかがでしょうか。