発毛剤の選び方はコレ!人気の発毛剤ランキングも紹介!

育毛剤の選び方多くの男性が持つ悩みである薄毛。そんな薄毛を改善するために役立つのが育毛剤や発毛剤です。
ですが、いざ発毛剤や育毛剤について調べてみると、無数に商品がありどれを選べばよいのか分からないというケースは珍しくありません。

そこで、こちらのページでは薄毛対策に役立つ発毛剤について、どういったものを選べばよいのかということについてや、人気の発毛剤をランキング形式で紹介していきます。
薄毛の治療を行おうと思って発毛剤を探しているけど、どれがいいのか分からないという方は是非一度こちらのページをご覧ください。

発毛剤ってなに?どんな人にオススメ?

薄毛を改善へと導いてくれる発毛剤ですが、そもそも発毛剤ってどんなのものなのでしょうか?まずはこの発毛剤というのものがどういったもので、育毛剤と発毛剤ではどういった違いがあるのか?そして、発毛剤はどういった人に適しているのかということについて紹介していきます。

まずは、そうした基本的な部分を把握していただいた上で、自身に発毛剤が適しているのか?適していれば、どの発毛剤を選べばいいのかを確認してもらえればと思います。

「発毛」と「育毛」は違う!

そもそも、薄毛の対策として使用される発毛剤と育毛剤は全くの別ものとなっています。
髪がない状態から新しく髪を生やす作用を持っているのが発毛剤で、既に生えている髪を強く太く育てる作用があるのが育毛剤です。
代表的な発毛剤としてはミノキシジルを配合したものがあります。リゲインなどの外用タイプの他に、海外ではミノキシジルタブレットなどの内服タイプもあります。
育毛剤の代表的なものとしては、髪の主成分であるケラチンの生成をサポートする亜鉛を含んだ亜鉛サプリの他、髪の元となるケラチンそのものを含んだサプリメントのウルトラヘアやパントガールなどがあげられます。

発毛と育毛はそもそも別のものであることを把握して、自身の薄毛にはどちらの方が適しているかを把握して選ぶようにしましょう。

リゲイン

リゲイン

商品ページに行く

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット

商品ページに行く

ウルトラヘア

商品ページに行く

パントガール

商品ページに行く

発毛剤はAGAの治療薬

AGA一般的に発毛剤に配合されている有効成分は医薬品成分であり、AGAの治療薬としてAGAクリニックなどでも処方されているものになります。そのため、適切に使用することで確かな効果を実感することができるといえます。

AGAの治療薬として国が承認しているということは、薄毛の改善に確かに効果があると認められているということでもあるため、本当に薄毛が改善するのだろうか?といった不安を持ったまま薄毛の対策にあたることがなくなります。
そのため、基本的に発毛剤は薄毛がある程度進行して、頭皮が透けて見えてしまっているというようなAGAの治療が必要な方に最適なものといえます。
逆にいうと、少し抜け毛が気になる程度で頭皮が透けて見えないような状態であれば、育毛剤の方が適しているといえます。

発毛剤を選ぶときにチェックしておきたい3つのポイント

薄毛の治療を行っていく時に必要不可欠なのが発毛剤です。ですが、発毛剤と一口にいっても、その種類は多岐にわたります。国内では頭皮に塗布したりするタイプのものがほとんどですが、海外では内服タイプの薄毛改善薬なども登場しています。

そこで、ここからは薄毛改善に発毛剤を用いる場合に押さえておきたい発毛剤選びのポイントを3つ紹介します。3つのポイントを押えておけば、発毛剤選びがスムーズになりますし、自身に合った発毛剤を選ぶようにすることで無駄なく薄毛の改善を進めることが可能です。

発毛剤の選び方①発毛の有効成分で選ぶ

発毛剤選びの上で、最初に気に掛けるポイントというのが発毛剤の有効成分です。
発毛剤の有効成分にはいろいろなものがありますが、ここでは代表的な3つの成分について紹介していきます。
それぞれの有効成分がどういった作用を持っていて薄毛を改善へと導くのか?そして、その有効成分がどういった医薬品に配合されているのかを紹介していきますので、発毛剤選びにお役立てください。

ミノキシジル

発毛剤の有効成分として最初に紹介するのは、数ある有効成分の中でも多くの方に知られている「ミノキシジル」です。こちらのミノキシジルは日本国内でもAGA治療薬として承認されています。

ミノキシジルには、髪をつくる毛母細胞を活性化させるという作用があります。毛母細胞が活性化することで、新しい髪が作られるのが促されて発毛効果を発揮します。
また、ミノキシジルには上記の他にも頭皮の血管を拡張して血流を促す作用があります。この作用によって髪への栄養成分の供給を増やしたり、発毛を促す作用を発揮したりします。
ミノキシジルが配合されている代表的な発毛剤としては「リゲイン」シリーズやツゲインなどの外用薬タイプの他、ミノキシジルタブレットやロニタブといった錠剤の内服薬があります。

フィナステリド

発毛成分のふたつ目に紹介するのは「フィナステリド」です。
フィナステリドと呼ばれる有効成分が持つ作用は、抜け毛の抑制です。
フィナステリドは「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素の働きを抑制します。この5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンと結びつくと「DHT(ジヒドロテストステロン)」になります。
このDHTが髪をつくる毛母細胞の働きを低下させるとともに、髪が生えて抜けるサイクルに影響します。
サイクルが変化することで、髪の成長する期間が短くなり抜け落ちてしまうことで、薄毛が進行します。
フィナステリドはこうした薄毛の原因の元となるDHTをつくる酵素の働きを抑えて抜け毛を抑制して薄毛を改善へと導きます。

このフィナステリドを配合した代表的な治療薬としては「プロペシア」や「フィンペシア」といったものがあります。

プロペシア

プロペシア

商品ページに行く

フィンペシア

フィンペシア

商品ページに行く

デュタステリド

最後に紹介する有効成分は「デュタステリド」です。
このデュタステリドはひとつ前に紹介したフィナステリドと名前が似ていますが、その作用も似ています。
薄毛の原因となる「DHT(ジヒドロテストステロン)」をつくる「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素の作用を抑制します。これによって、男性ホルモンと結びつくのを防いで抜け毛を抑制して薄毛を改善していきます。
そのため、フィナステリドと同じものと思われますが、このデュタステリドは5αリダクターゼの中でもⅠ型とⅡ型の両方に作用します。一方フィナステリドは頭部に分布するⅡ型にのみ作用します。
そのため、デュタステリドは全身の薄毛に対して効果的な成分となっています。

こちらのデュタステリドを有効成分として配合している治療薬には「デュタス」や「デュプロスト」、「アボダート」といったものがあります。

発毛剤の選び方②症状に合うものを選ぶ

薄毛の治療を行うための発毛剤選びにおいて、有効成分と共に見ておきたいのが自身の薄毛の症状です。自身の薄毛の症状がどういった状態であるのかを把握して適切な有効成分を配合した発毛剤を選ぶことで、より効果的に薄毛の改善を進めることが可能となります。

既に薄毛が進行していて、髪を生やして増やすことが必要な状態なのか?それとも、薄毛の進行が始まったばかりで進行を止めたいのか?によって適切な成分が違うため自身の薄毛の症状を確認しておくようにしましょう。

薄毛の進行を食い止めたい場合

まだ薄毛の初期状態の段階の場合、何よりも大事なのが薄毛の進行を食い止めるということになります。この進行が進めば進むほど、髪は抜け落ちていって地肌が次第にあらわになっていってしまいます。

そんな薄毛の進行を食い止めるのに役立つ有効成分というのは、前項でも紹介した「フィナステリド」や「デュタステリド」です。これらの成分には髪が抜け落ちるのを抑える作用があるため、薄毛の進行を食い止めることに期待することが可能となっています。
一方の「ミノキシジル」を配合した発毛剤では、髪を生やす作用のため薄毛の進行を食い止めるというのには向いていないという点に注意が必要になります。

フィンペシア

フィンペシア

フィナステリド配合

商品ページに行く

デュプロスト

デュプロスト

デュタステリド配合

商品ページに行く

発毛促進が必要な場合

育毛剤選びにおいて、既に薄毛が進行してしまって頭皮が透けて見えてしまっているような状態になっている場合には、薄毛の進行を食い止める効果を持つ発毛剤よりも髪を生やして育てる効果を持つ発毛剤が必要になります。
そうした時には発毛作用を持つ有効成分の「ミノキシジル」を配合した発毛剤を利用するようにしましょう。
逆に、既に髪が抜け落ちてしまい頭皮が目立つようになった状態では、抜け毛を抑制する有効成分「フィナステリド」などの効果はそこまで期待することができません。
そのため、発毛が必要な状態ではミノキシジルを配合した発毛剤を使用して薄毛対策を行うようにしましょう。

ツゲイン

ツゲイン

ミノキシジル配合

商品ページに行く

ロニタブ

ロニタブ

ミノキシジル配合

商品ページに行く

発毛剤の選び方➂有効成分以外の成分に注目する

発毛剤を選ぶ時には、成分や用途に応じてポイントを押えて選ぶという方法以外もあります。
それが、最初に挙げた有効成分ではなく、有効成分と共に配合されている成分を見て選ぶという方法です。発毛剤の中には、髪を生やしたり抜け毛を抑える有効成分以外に、頭皮の環境を整えたり髪の成長をサポートする成分が配合されていたりします。

ミノキシジルを配合した発毛剤の中も、有効成分以外の部分で違いが出たりするので、そこに注目しておくとより適したものを選べます。

髪の成長を促進させる成分

髪を生やしたり抜け毛を抑える成分の他に薄毛対策に役立つのが「髪の成長を促進する成分」です。
こうした成分が配合されていることで、発毛と育毛の両面から薄毛を効率的に改善していくことが可能となります。

では、髪の成長を促進させる成分にはどういったものがあるのでしょうか?
髪の成長に関わる毛母細胞を活性化させる成分として代表的なものとしては「アラントイン」や「パンテノール」、「ステモキシジン」といったものがあります。また、頭皮の血行を促進して髪の成長をサポートする成分には「センブリエキス」や「ナイアシンアミド」、「アルギニン」といったものがあります。
発毛と育毛の両面から薄毛の改善を目指す場合には上記のような成分を配合したものを選んでみるとよいでしょう。

フォーティファイングシャンプー

フォーティファイングシャンプー

パンテノール配合

商品ページに行く

フォリックスFR07

フォリックスFR07

ナイアシンアミド配合

商品ページに行く

トリプルアクション・コンプリートフォーミュラフォーシニングヘアー

トリプルアクション・コンプリートフォーミュラフォーシニングヘアー

アルギニン配合

商品ページに行く

トニックコンディショナー・シンニングヘア(ヒッポファエTC&ローレル)

トニックコンディショナー・シンニングヘア(ヒッポファエTC&ローレル)

アルギニン配合

商品ページに行く

抜け毛予防に効果的な成分

発毛剤に配合されている有効成分には発毛作用を持つもの以外に、抜け毛を予防する作用を持つ成分が配合されていることも少なくありません。
こうした成分は、抜け毛の原因となる過剰に分泌されている皮脂を抑制したり、頭皮の炎症を防ぐことで抜け毛を予防します。
皮脂を抑制する成分としては「ビタミンC」や「ドクダミエキス」、「イソフラボン」などがあります。そして、炎症を抑える成分には「ビワ葉エキス」や「トウキエキス」、「酸化亜鉛」といったものがあります。

自身の頭皮の状態を把握した上で、抜け毛の予防に適切な成分が配合された発毛剤を選択することによって、髪を生やしながら抜け毛を予防するといった、効率的な薄毛対策を進めていくということが可能になります。

トリプルアクション・コンプリートフォーミュラフォーシニングヘアー

トリプルアクション・コンプリートフォーミュラフォーシニングヘアー

ビタミンC配合

商品ページに行く

8セカンドサロンヘアマスク

8セカンドサロンヘアマスク

ドクダミエキス配合

商品ページに行く

頭皮環境を整える成分

育毛剤にはミノキシジルやフィナステリドといった有効成分の他に、頭皮環境を整える成分を配合したものもあります。加齢やストレスなどさまざまな原因で、頭皮は老化してしまいます。当然ながら頭皮が老化すれば、バリア機能なども低下してしまい頭皮環境が悪化して抜け毛などに繋がってしまいます。
そのため、頭皮の老化を防いで頭皮環境を整えるために「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」といった成分が配合されている発毛剤も少なくありません。

また、頭皮のほてりを抑えたり炎症を早く鎮めるために清涼感を与える「メントール」や「アルコール」といった成分が配合された発毛剤もあります。
自身の頭皮環境に合わせて、これらの成分が有効成分として配合されている発毛剤を選択するのも一つの発毛剤選びのポイントとなっています。

ボタニカルヘアセラム・アドバンスフォーミュラ

ボタニカルヘアセラム・アドバンスフォーミュラ

ヒアルロン酸配合

商品ページに行く

シントゥシックエリクシール

シントゥシックエリクシール

コラーゲン配合

商品ページに行く

フォリックスFR07

フォリックスFR07

メントール配合

商品ページに行く

BAKUトリートメントプレミアム

BAKUトリートメントプレミアム

アルコール配合

商品ページに行く

発毛剤の人気ランキング【BEST5】

ここからは、発毛剤の中でも人気のものを5商品、ランキング形式で紹介していきます。
それぞれの発毛剤の特徴であったり、それぞれの発毛剤にどういった有効成分が、どの程度配合されているのか?そして、発毛剤がどのぐらいの価格で購入できるのかといったことを紹介していきます。
発毛剤を使おうと考えているけど商品が多すぎて迷っているという方は、是非、発毛剤選びの際にお役立てください。

1位:ミノキシジルタブレット

数ある発毛剤の中でも、特に人気が高いのが「ミノキシジルタブレット」です。
こちらのミノキシジルタブレットは国内で購入できる頭皮に塗布して使う外用薬タイプの発毛剤とは違って、錠剤を服用する内服タイプの発毛剤となっています。
外用薬タイプの発毛剤は、使うために洗髪や乾燥、分け目作りや塗布といった使用するための手順に沿って使用する必要がありました。しかし、内服タイプは使用手順は一切なく毎日用法用量を守って服用するだけでいいので、とても簡単に使えるという特徴があります。

こちらのミノキシジルタブレットに配合されている有効成分は商品名にもある「ミノキシジル」です。
有効成分の配合量は2.5mg、5mg、10mgの3種となっています。
価格は成分量と錠数によって変わりますが、3,900~13,000となっています。

ミノキシジルタブレットの成分量や錠数、価格の一覧はこちら

成分量錠数価格
2.5mg100錠3,900
2.5mg300錠7,000
5mg100錠4,000
5mg300錠11,000
10mg100錠4,700
10mg300錠13,000

2位:フィンペシア

人気の発毛剤ランキング2位に輝いたのは「フィンペシア」です。
フィンペシアは有効成分として、抜け毛を抑えて薄毛を改善する「フィナステリド」を配合しています。
フィンペシアもミノキシジルタブレットと同様に、内服するタイプの発毛剤であるため、使用する際に手間がかかるということがありません。
抜け毛が増えているような気がするといった、初期段階の薄毛に対して、とても高い効果が期待できます。

こちらのフィンペシアは有効成分の配合量は1mgのみとなっています。
価格については、1,350~10,800となっており、安価で手軽に始めることが可能です。
ただし、ミノキシジルとフィンペシアでは薄毛改善のアプローチ方法が違うため、適切な発毛剤を選ぶようにしてください。

フィンペシアの成分量や錠数、価格の一覧はこちら

成分量錠数価格
1mg30錠1,350
1mg100錠4,250
1mg200錠8,000
1mg300錠10,800

3位:デュタス

人気の発毛剤ランキング3位になったのは「デュタス」です。
こちらのデュタスに有効成分として配合されているのは「デュタステリド」となっています。前述の通り、デュタステリドはフィナステリドと同様に酵素の働きを抑えて抜け毛を促すホルモンの生成を阻害して、薄毛を改善へと導きます。
また、デュタステリドが作用する酵素はフィナステリドよりも多いため、全身の薄毛にも効果を発揮するという特徴があります。
こちらのデュタスは、ランキング1位、2位と同様に内服タイプの発毛剤となっているため、使用するための手間がかかるといったことはありません。配合されている成分量は0.5mgのみとなっているので、成分量で迷うといったこともありません。
デュタスの価格は3,150~15,120となっており、フィナステリドと比べると少々高価になっています。

デュタスの成分量や錠数、価格の一覧はこちら

成分量錠数価格
0.5mg30錠3,150
0.5mg90錠8,500
0.5mg180錠15,120

4位:リゲイン・エクストラストレングス

発毛剤人気ランキングの4位になったのは「リゲイン・エクストラストレングス」です。
こちらの人気ランキングの中では唯一の外用薬タイプの発毛剤となっています。外用薬タイプの発毛剤は副作用のリスクが内服タイプと比べて小さく、内服タイプを使ってダメだった場合でも外用薬タイプであれば問題なかったというケースもあります。

リゲイン・エクストラストレングスのミノキシジル含有量は5%となっています。価格については5,400~8,900となっています。クリニックなどで処方してもらう場合と比べて安価で手に入れることが可能となっています。

リゲイン・エクストラストレングスの成分量や錠数、価格の一覧はこちら

成分量錠数価格
5%60ml×1箱5,400
5%60ml×2箱8,900

5位:プロペシア

人気ランキングの最後に紹介する発毛剤は「プロペシア」です。
こちらのプロペシアの有効成分は2位のフィンペシアと同じ「フィナステリド」となっています。
有効成分が酵素の働きを抑えて抜け毛を防いで薄毛の進行を妨げます。
こちらのプロペシアは、有効成分にフィナステリドを配合した医薬品として最初に登場した先発医薬品となります。2位のフィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品となります。
先発医薬品であるため、数多くの人が利用しており、ジェネリックと比べて安心して利用することができるといった特徴があります。

その反面、価格は7600からとジェネリック医薬品と比べると高くなってしまうという点には注意が必要になります。使う発毛剤は安心して使えるものを選びたいという時には、先発薬であるプロペシアは適しているといえます。

プロペシアの成分量や錠数、価格の一覧はこちら

成分量錠数価格
1mg28錠7,600
1mg56錠14,000
1mg84錠18,000

発毛剤を利用する時の注意点

薄毛を改善しようと発毛剤を使うのは非常に有効な方法です。しかし、そんな有効な方法にもいくつかの注意点があります。
この注意点を把握しないまま、発毛剤を利用してしまうと十分な効果を得られないといったことや、効果を得られる前に使用を中止してしまうといったこともあります。そのため、発毛剤を使用する場合にはまず注意点について把握しておくようにして、その上で発毛剤の使用を始めましょう。

有効成分の含有量に注意する

ミノキシジルタブレット3種類発毛剤と一口にいっても、それぞれの種類によって配合されている有効成分が違っていたりします。
また、同じ有効成分であっても商品が違うと配合されている成分の量が違っていたりしますし、同じ商品でも成分含有量が違う種類がある場合もあります。
例えば、こちらのページで紹介した人気ランキング1位の「ミノキシジルタブレット」でも、成分量が2.5mg、5mg、10mgと3種類ありました。
そのため、2.5mgと10mgでは同じ1錠に配合されている成分量に4倍もの違いがあるので、2.5mgを2錠服用されている方が間違って10mgを2錠服用してしまうと、その分成分の作用が強くなってしまって副作用のリスクが高まるということに繋がってしまいます。

そのため、発毛剤を利用する前に、利用しようとしている発毛剤の成分含有量がどのぐらいあるのか?といったことにも注意して、適切な用法用量を守るようにしましょう。

発毛剤で必ずしも効果が出るわけではない

育毛効果薄毛を改善するために、発毛剤を使用すれば誰もが絶対に効果が出るというわけではありません。
発毛剤に配合されている有効成分との相性が悪いような場合や単純な個人差などによって、思うように効果を得ることができないというケースもあります。
また、一般的に市販されているような発毛剤を使用しているといった場合にも十分な効果を実感することができないというケースもあります。

適切な効果を実感したいと考えた場合には、使用を考えている発毛剤に有効成分がきちんと配合されているか、そしてその有効成分が効果が認められている医薬品成分であるかの確認をした上で、薄毛の改善にあたるというのが重要なポイントになります。

生活習慣の見直しも行う

食事薄毛の改善を行う場合、発毛剤の使用は非常に効果的ですが、それと共に生活習慣の見直しも行うようにしましょう。
栄養バランスの取れた食事を心がけたり、質の高い十分な睡眠がとれるように心がける。また、喫煙されている方であれば禁煙したり減煙するほか、ストレスが溜まりやすいという方であれば、ストレスを解消できるように趣味の時間をつくるようにしてみましょう。

薄毛の根本的な原因が乱れた生活習慣のような場合には、生活習慣が乱れたままであれば発毛剤で薄毛を改善していっても根本的な原因の改善がされないままとなってしまいます。
また、生活習慣を改善して規則正しい生活を送るだけでも薄毛の改善につながるので、発毛剤の効果を結果的に高めるということにも繋がります。

副作用が出てしまう可能性を考慮する

かゆみ医薬品成分を配合している発毛剤は、その効果が国にも認められている非常に有効性の高い薄毛対策といえます。
ただし、医薬品成分を配合しているということは、副作用のリスクもあるということを覚えておく必要があります。塗るタイプの発毛剤の場合、頭皮の赤みや痒みといったものがあらわれる可能性があります。

これらの副作用があらわれるかあらわれないかは個人差があり、同じ発毛剤を使っていても全く副作用が出ない人もいれば、ちょっと副作用がでたり、かなり強く副作用が出てしまい発毛剤を使い続けるのも難しいという方もいます。
そのため、初めて使う場合にはこうした副作用が出てしまう可能性があるというのを考慮して、大量に発毛剤を購入したりするよりは、まずは副作用が出るかを確認するために少量だけ入手して使用するのがポイントです。

用法用量を必ず守る

発毛剤の用法用量発毛剤は非常に高い薄毛の改善効果を持っています。ですが、薬であることには変わりはありません。
そのため、それぞれの発毛剤には適切な用法用量があります。
この用法用量を守ることは非常に重要です。使い方が間違ってしまっていた場合、満足な効果を得ることができなくなってしまいます。
また、使う量についても少なすぎれば効果が弱すぎて効果を十分に実感することができなかったり、逆に多ければ、副作用が強くあらわれてしまい継続しての使用が難しくなってしまったりするケースもあります。

発毛剤を使えば薄毛を改善できるというのは間違いではありません。しかし、その使い方や使う量を間違ってしまえば折角の効果も水泡と帰してしまうという点には注意が必要です。

初期脱毛で慌てない

初期脱毛医薬品成分を配合した発毛剤を使う場合、発毛剤を使い始めてからしばらくすると抜け毛が増えることは珍しくありません。
この抜け毛の増加は、発毛剤を使用した時にあらわれる初期脱毛と呼ばれるものになります。発毛剤を使用しているのに抜け毛が増加するため不安にはなりますが、全く不安になることはありません。
実は、この初期脱毛は成長が既に止まって髪が抜け落ちるのを待っている状態の髪が抜けるために起きる症状です。逆にいうと、この成長が止まってしまった髪がそのままだと、成長することもないですし、新しい髪が生えるということもありません。

そのため、この初期脱毛は発毛剤の効果が表れ始めている兆候といえ、初期脱毛自体は1ヶ月ほどで終わるため、この段階で使用を止めるのではなく継続して改善を進めるようにしましょう。

継続的に使用していく

継続的使用医薬品成分を配合している発毛剤を使っても思ったような効果があらわれずに、途中で継続しての改善を辞めてしまう方は少なくありません。
こうしたことの要因のひとつとなっているのが、改善にかかる期間です。発毛剤を使用すれば数週間で頭皮が気にならないほどに薄毛が改善できるというものではありません。

発毛剤は、成長の止まった髪が抜け落ち新しい髪が生え、その毛が長く成長することで次第に薄毛が改善していくものです。そのため、薄毛の改善には数ヶ月から年単位の期間が必要になります。
薄毛の進行が進んでいない初期段階で行えば、それだけ早く薄毛を改善できますが、薄毛が進行してしまっているような場合には、その分だけ長い期間、改善期間が必要になることを覚えておきましょう。

まとめ

薄毛を行うのに必要不可欠ともいえるのが発毛剤です。
ですが、発毛剤と一口にいってもその種類は多岐にわたっており、適当に選んでしまえば十分な効果を実感できないままとなってしまうということも十分に考えられます。

こちらのページでは、さまざまな発毛剤選びのポイントについて紹介していきました。
発毛剤選びは

有効成分で選ぶ

薄毛の症状に合うものを選ぶ

有効成分以外の部分で選ぶ

といった方法があります。

自身の薄毛の症状や有効成分などをよく見た上で、自身に最適な発毛剤を選び薄毛の改善を始めてみましょう。これまでに、薄毛の改善のために発毛剤を使ったけど効果を得られなかった方でも、ご自身に適切な発毛剤を改めて選んで適切に使用してみることで、十分な効果を得られることもあるので諦めずに薄毛の改善を進めてみてはいかがでしょうか。