AGAの初期症状には何がある?初期段階で有効な予防方法もご紹介

AGAの初期症状には何がある?初期段階で有効な予防方法もご紹介AGAが進行してしまった場合、薄毛を改善するためには中長期にわたる長い期間が必要になります。

そのため、AGAは早期に発見して早期に治療することで、症状の進行を抑えて治療効果を早く実感することが可能です。

これによって治療にかかる期間も短くなりますし、治療にかかる費用を抑えることにも繋がります。

ですが、こうした早期発見、早期治療を行うためには何よりもまず、AGAの初期症状について把握し、早期に発見できるようにしておくことが重要です。

 

そこで、こちらのページでは、AGAの初期症状や早期治療の重要性について解説していきます。

また、AGAの初期段階で有効な予防方法についても解説するため、AGAの初期症状について気になる人は参考にしてください。

 

AGAの初期症状には何がある?

AGAの初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、AGAの具体的な症状について詳しく解説します。

参考元:AGAの初期症状とは?治療時の初期脱毛の症状や期間も解説

 

髪の毛が細くなりハリ・コシがなくなる

AGAの初期症状として、髪の毛が細くなり、ハリやコシがなくなることがあげられます。

触ったときに髪に重みがなく、ハリや弾力を感じられなくなったりするのがその兆候です。

 

髪は主にタンパク質からできています。

AGAが進行した場合、毛髪に必要な栄養が届きにくくなり、細くてハリのない軟毛になってしまうのです。

髪にハリやコシがなくなると、薄く見える「地肌が透ける」状態になります。

 

この症状に気づいたら、早めの対策が必要です。

1か月に1度は自分の髪質をチェックするようにしましょう。

わからない場合は、髪の専門家である理容師や美容師に確認してもらうのもひとつの手段です。

 

生え際の産毛が増える

AGAの初期症状として、生え際に産毛が目立つようになることもあります。

通常の毛周期は「成長期→退行期→休止期」を繰り返しますが、AGAが進むと成長期が短くなるため毛が十分に成長せず、産毛の状態で抜け落ちてしまいます。

 

そのため、生え際に短い産毛が目立つようになったら注意が必要です。

産毛が増えるのは、AGAによって毛周期が乱れている可能性があります。

 

この症状に気づいたら、できるだけ早めに対策を講じましょう。

髪が育ち切らなくなっているサインと考えられるため、抜け毛が目立つ前に適切な処置を行うことが大切です。

 

抜け毛が増える

人間の頭には、およそ10万本の髪の毛が生えています。

健康な状態では、1日に50本~100本程度抜けるのが自然です。

しかし、AGAが進行した場合、通常の2~3倍もの抜け毛が見られるようになります。

 

抜け毛の量が増えれば、新しい髪の毛が生えるスピードに追いつかず、やがて薄毛や生え際の後退につながります。

前髪が薄く見える場合や、生え際が後退しているように感じたら、AGAの初期症状かもしれません。

 

このように、抜け毛の量が平常時より明らかに多くなった場合は、要注意のサインといえます。

進行を食い止めるには、早期発見・早期対策が大切です。

 

頭皮がかゆくなる

AGAの原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)は、皮脂の分泌を促進する働きがあります。

過剰な皮脂は頭皮に炎症を引き起こし、かゆみの原因となります。

 

頭皮のかゆみは、AGAの初期症状の可能性を示す重要なサインです。

かゆみの原因はAGA以外にもありますが、気になる場合は早めに皮膚科や専門クリニックで診てもらうことをおすすめします。

 

併せて、炎症による赤み、湿疹、フケなども見られるケースも珍しくありません。

頭皮の異変に気づいたら、安易に放置せずに受診しましょう。

 

AGAの初期症状に気づいたらすぐに治療するのが重要

AGAの初期症状に気づいたら、早めに治療を開始することが重要です。

これにより、下記のようなメリットがあります。

参考元:AGAの治療を早期に開始する重要性とは?早期治療の注意点を解説

 

AGAの進行スピードを遅らせられる

AGAは徐々に進行する脱毛症です。

放置しておけば確実に薄毛は悪化していきます。

しかし、初期段階で適切な治療を始めれば、進行スピードを大幅に遅らせられるでしょう。

また、薄毛が目立つ前に対処することで、薄毛からの改善も早くなります。

 

AGAが進行すれば、やがては毛根自体が死んでしまいます。

その場合、その部分からは二度と髪は生えてきません。

しかし、毛根が生きている間は発毛の可能性があるため、早期に治療を開始することで生きている毛根を活性化させ、薄毛の進行を食い止められます。

 

治療費を抑えられる

AGAの治療には内服薬や外用薬、注射などさまざまな方法があります。

しかし、症状が進行してしまうと、最終手段として自毛植毛の手術を検討せざるを得なくなってきます。

自毛植毛手術は高額な医療費がかかり、50~100万円以上の費用が必要となるケースも多いです。

 

AGAが初期段階であれば、比較的低価格な内服薬や外用薬のみで改善効果が期待できます。

治療が遅れれば遅れるほど高度な治療が必要になるため、必要になる費用も高額になってしまいます。

治療費の抑制を考えるのであれば、なるべく早期発見に努め、速やかに治療介入することが賢明といえるでしょう。

 

薄毛のコンプレックスを早く解消できる

薄毛がコンプレックスとなることは珍しくありません。

そうしたコンプレックスに加えて、髪の毛がどんどん抜け落ちていく恐怖に追い立てられ、ストレスが溜まってしまうこともあります。

そうして溜まったストレスによって更に薄毛が進行するといったこともあります。

 

早い段階で薄毛治療を開始できれば、このようなコンプレックスや不安感から解放されます。

時間の経過とともに髪の毛が徐々に生え揃っていけば、薄毛にまつわる心理的負担から開放されていくことでしょう。

 

AGAは直ちに生命に関わる病気だとはいいがたいものの、薄毛や脱毛はQOL(生活の質)に少なからず影を落とします。

可能な限り速やかに治療を行って、薄毛のコンプレックスから開放されることが大切です。

 

AGAの初期段階で有効な予防方法

AGAの初期段階で適切な予防方法を実践することは、薄毛を改善する上で非常に重要です。

下記の方法を取り入れることで、効果的な予防が期待できるでしょう。

 

AGAの専門クリニックを受診する

AGAの症状が気になる場合は、まずAGAに詳しい専門クリニックを受診することをおすすめします。

AGAに特化したクリニックであれば、豊富な知識と経験を持つ医師が的確な診断と適切な治療を受けられるでしょう。

診療内容もAGAに特化しているため、専門性が高い治療を受けられるのがメリットです。

 

近年ではオンライン診療もできるAGAクリニックが増えています。

時間的余裕がない人でも気軽に相談できるため大変便利です。

オンラインでも専門医のアドバイスを参考にできるため、自分に合った治療法を選ぶ際の判断材料になります。

 

生活習慣を改善する

AGAの原因には生活習慣の乱れが関係しているケースも多いです。

不規則な食事や睡眠不足といった生体リズムの崩れは、AGAを引き起こすリスクを高めてしまいます。

 

そのため、栄養バランスのよい食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけることが大切です。

生活リズムを整えていくことで体調もよくなり、AGAの予防にもつながっていきます。

併せて医師の指導にもしっかりと耳を傾けながら、生活習慣の改善を心がけていきましょう。

 

シャンプーを見直す

AGAの症状が出ている場合、日頃使っているシャンプーを見直してみることをおすすめします。

シャンプーそのものがAGAを治療するわけではありませんが、頭皮環境を整える意味で効果が期待できるでしょう。

 

頭皮に刺激を与えすぎる成分が入ったシャンプーや洗浄力が強すぎるシャンプーで皮脂を奪いすぎて乾燥させてしまうと、薄毛に繋がってしまいます。

専門医のアドバイスを参考にしつつ、自分の頭皮の特性や髪質に合った、マイルドなシャンプーを選びましょう。

 

併せてブラッシングの仕方や頻度にも注意し、頭皮へのダメージを最小限に抑えることが大切です。

シャンプーを見直すことで頭皮環境は確実に改善され、AGA症状の進行予防が期待できるでしょう。

 

ストレスを解消させる

精神的なストレスは自律神経の乱れを招いて体内のホルモンバランスを崩します。

その結果、AGAを誘発させてしまうことがあります。

事や人間関係でのストレスはなかなか避けられないですが、趣味の時間をつくったり、生活にリラクゼーションを取り入れたりするなどストレス解消法を心がけることが大切です。

 

適度な運動や十分な睡眠も、ストレスを解消させるうえで効果的です。

併せてアルコールやタバコといった刺激物の摂取を控えめにすることも大切なポイントとなります。

こうしたストレス対策をして心身共にリラックスした状態を保つことが、AGA予防に効果的です。

 

まとめ

AGAの初期症状には

  • 髪の毛が細くなりハリ・コシがなくなる
  • 生え際に産毛が目立つようになる
  • 抜け毛が増える
  • 頭皮のかゆみ

といったものがあります。

これらの兆候に気づいた際は、早めに専門医の診断を受けることが大切です。

 

AGAは放置すると確実に進行する疾患であるため、初期段階で適切な治療を開始することで薄毛改善にかかる期間を大幅に減少させることができます。

また治療費の面からも早期発見・早期治療が重要視されます。

さらに薄毛によるコンプレックスの軽減も期待できるでしょう。

 

予防面では、AGA専門クリニックでの定期検診、生活習慣の改善、頭皮環境を整えるシャンプーの使用、ストレス対策などを心がけることが薦められます。

症状に気づき次第、迅速に対応することが大切です。