AGAの進行速度はどのくらい?進行を遅くする方法もご紹介

AGAの進行速度はどのくらい?進行を遅くする方法もご紹介AGAは、進行型の薄毛症状であるため、進行速度がどのくらいなのか気になる人は多いでしょう。

また、AGAを発症後、どのくらいで薄毛に見られるのか気になる人もいるかもしれません。

AGAは早期発見、早期治療を行うことで薄毛の進行を最小限に抑えて改善することが可能だからこそ、AGAの進行速度は気になってしまうものです。

 

今回は、そんなAGAの進行速度やAGAの初期症状などについて解説します。

AGAの進行を遅らせる方法についても解説するため、AGAについて気になる人は参考にしてください。

 

AGAは進行型の薄毛症状である

AGAは進行型の薄毛であり完治することはないため、進行を遅らせる治療を行うのが一般的です。

まずは、AGAの初期症状や進行パターンについて解説します。

 

AGAの初期症状

AGAは進行型の薄毛症状であるため、初期症状がでたら早急に予防することが大切です。

AGAの初期症状としては、以下が挙げられます。

  • 細く柔らかい髪の毛が目立つ
  • 抜け毛の量が増える
  • 頭頂部・前頭部の地肌が見える
  • 頭皮のかゆみがでる

AGAを発症するとハリやコシのない細く柔らかい髪の毛が目立つようになります。

さらにAGAが進行すると細く柔らかい髪の毛も生えなくなり薄毛になるでしょう。

 

また、抜け毛の量が増えることもAGAの初期症状の1つです。

AGAを発症していない人でも1日に約50~100本は抜けるといわれているため、多少であれば問題ありません。

しかし、AGAを発症すると抜け毛の量が一気に増えることもあります。

寝起きの枕元やブラッシング後のブラシに付く抜け毛の量が増えているという場合は、AGAの初期症状である可能性が高いです。

 

抜け毛が増えて細く柔らかい髪が多くなると、次第に前頭部の生え際が後退したり、頭頂部の地肌が見えたりするようになります。

目に見えて分かるため、判断しやすいでしょう。

ほかにも、頭皮にかゆみがある場合も、AGAの初期症状である可能性があります。

AGAを発症すると皮脂の分泌量が増加するため、これによりかゆみが起きるという仕組みです。

 

AGAの進行パターン

AGAによる薄毛の進行パターンには、いくつかの種類があります。

AGAの進行パターンは以下の通りです。

  • O型
  • M型
  • U型

O型は、頭頂部から薄毛になっていく進行パターンです。

つむじ周辺からO字のように薄毛になるという特徴があります。

O型の薄毛は自身では気づきにくく、早期発見が難しいです。

そのため、知人や家族などに指摘されたときには、AGAがかなり進行している可能性があるでしょう。

 

M型は、額の生え際から薄毛になっていくパターンです。

生え際の両端からM字のように薄毛になるという特徴があります。

M型は鏡でも確認しやすく、O型よりも早期に発見しやすいでしょう。

 

U型は、髪の毛の生え際全体が後退していくパターンです。

U時のように薄毛になるのが特徴で、O型・M型と比較して目立ちやすいため、早期発見がしやすいでしょう。

また、O型と同時に進行するケースが多いといわれており、その場合は広範囲で薄毛になります。

 

このように、人によってAGAの進行パターンが異なるため、鏡などで確認するようにしましょう。

 

AGAの進行速度はどのくらい?

ここからは、AGAの進行速度がどのくらいなのかについて解説します。

 

AGAの進行速度は人によって異なる

AGAの進行速度は、人によって異なるといわれています。

これはAGAがさまざまな要因によって、進行速度が変化するためです。

たとえば、生活習慣の乱れやストレス、血行不良などがある場合、AGAの進行速度は速くなります。

ほかにも、栄養バランスが偏った食事や運動不足なども、進行速度を速めるとされています。

これら要因が複数重なることでさらにAGAの進行速度は速くなってしまうのです。

 

ですが、逆にAGAの予防を適切に行うことでAGAの進行を遅らせることも可能です。

 

急激にAGAが進行することはない

AGAは、進行型の薄毛症状ですが急激に進行するということはありません。

円形脱毛症の場合は、1晩のうちにごっそりと髪の毛が抜け落ちることは珍しくありません。

ですが、AGAの場合は一気に進行することはなく、徐々に抜け毛が増え、髪が細くなり地肌が目立つようになっていきます。

そのため、AGAでは取り返しがつかなくなる前の治療が可能です。

「薄毛になったかも」と気づいたらすぐに治療を始めるようにしましょう。

 

若い人ほどAGAの進行速度早いといわれている

AGAは、若い人ほど進行速度が速いといわれています。

AGAは、30代や40代から始まるのではなく、10代後半に発症するケースもあります。

 

年齢が若い人ほどAGAの進行速度が速いといわれる理由は、生活習慣が乱れやすかったり、ヘアケアを行っていなかったりするためです。

若い人は、高齢者と比較して体力があるため、栄養バランスの偏った食事や夜更かしなど生活習慣が乱れている人もいるでしょう。

さらに「若いから薄毛は大丈夫」とヘアケアを疎かにしている人もいるかもしれません。

こうした、さまざまな理由から若い人の方がAGAの進行速度が速いとされています。

 

その反面、成長も早いことから若いときにAGA治療を始めることで、中高年の人と比較してAGAの改善効果があらわれやすいという特徴もあります。

 

AGAがどのくらい進行したら薄毛に見られる?

頭皮マッサージをしてもらっている男性
先述した通り、AGAは進行型の薄毛症状ですが、ゆっくり進行するのが特徴であるため、すぐに薄毛に見られるというわけではありません。

 

一般的に、AGAが発症して約5年経過すると薄毛が目立つといわれています。

このことから、AGAを発症したとしても、すぐに気づけずに予防が遅れてしまうことは珍しくありません。

また、急激に薄毛が進行したり抜け毛の量が増えたりする場合は、AGA以外の脱毛症である可能性があります。

急激な脱毛は深刻な病気になっている可能性もあるため、すぐに病院に行きましょう。

 

AGAの進行速度を遅くするには

AGAは、生活習慣の乱れやストレスなどの複数の要因によって進行速度が速くなります。

反対にこうした要因を完全すれば、AGAの進行速度を遅くすることが可能です。

ここからは、AGAの進行速度を遅くする方法について解説します。

 

生活習慣を改善する

AGAの進行を遅らせるためには、生活習慣を改善することが有効です。

生活習慣の乱れはホルモンバランスをも乱してしまいます。その結果、AGAの原因であるジヒドロテストステロンが増えてしまいます。

原因となるホルモンが増えれば当然、AGAの進行速度は速くなるというわけです。

以下のような生活習慣を改善すれば、AGAの進行を遅らせることに繋がるため、心当たりがある場合は、改善するようにしていきましょう。

  • 睡眠不足
  • 偏った栄養バランスの乱れ
  • ストレス
  • 運動不足

 

ヘアケアを正しく行う

シャンプーをはじめとした毎日のヘアケアは、正しい方法で行わなければ頭皮環境が悪化してしまいます。

その結果、AGAの進行速度を速めてしまう可能性があります。

たとえば、シャンプーで髪の毛を洗うときに爪を立ててゴシゴシと擦って洗うと、頭皮に傷がつき炎症や乾燥といった頭皮環境の悪化につながります。

さらに過度なシャンプーは清潔になりそうですが、頭皮の水分が飛びすぎて乾燥を引き起こし頭皮環境を悪化させる可能性があります。

 

シャンプーで髪の毛を洗う際は、爪を立てずに優しく洗うことが大切です。

また、シャンプーは、育毛シャンプーや薬用シャンプーなど髪の毛・頭皮に優しいシャンプー選ぶとよいでしょう。

 

まとめ

AGAは比較的ゆっくりと進行するタイプの薄毛です。

そのため、1日で髪が一気に抜け落ちるということはありませんが、徐々に進行することが逆に薄毛の進行に気づきにくい原因にもなっています。

そのため、AGAが進行して地肌が目立つようになって初めて、気づくということも珍しくありません。

また、生活習慣の乱れやストレスなどさまざまな要因によって進行速度が速くなる可能性があります。

その一方で生活習慣の改善や正しいヘアケアなどを行うと、AGAの進行速度を遅らせることが可能です。

 

これらのことから、AGAの進行は遅いものの、生活習慣などによっては早くなりえるため、適切に生活習慣などを正しながら送るようにすることで薄毛の進行を遅らせたり進行しないように対策出来たりするので、AGAについて悩んでいる人は、この記事を参考にAGAの進行速度を遅らせるための方法を実践してみてください。