ザガーロとアボルブはどう違う?有効成分が同じならどっちを使ってもいい?

ザガーロとアボルブはどう違う?有効成分が同じならどっちを使ってもいい?ザガーロは同じAGA治療薬として人気のあるプロペシアよりも高い効果があるとして近年高い人気を誇っています。

そんなザガーロに配合されている有効成分のデュタステリドを配合した治療薬にはアボルブといった名称のものもあります。

ザガーロとアボルブ、それぞれで同じ有効成分を配合しているためどちらを使っても問題がないと考える方は少なくありません。
 
ですが、実際はどうなのでしょうか?

こちらのページではザガーロとアボルブの違いなどについて詳しく紹介していきます。

 

ザガーロはどんな薬?

ザガーロとは、2016年6月から販売が開始されたAGA治療薬です。

AGA治療薬であることからもわかるように、男性型脱毛症が適応症となっています。
 
有効成分として配合されているのはデュタステリド0.1mgと0.5mgの2種で、このデュタステリドが男性ホルモンに作用することで抜け毛を抑制して、AGAを改善へと導きます。

参考元:医療用医薬品:ザガーロ

 

アボルブはどんな薬?

アボルブはザガーロよりも10年以上前である2009年9月から発売が開始された治療薬です。

適応症は前立腺肥大症となっており、前立腺肥大症の治療に用いられます。
 
有効成分はデュタステリド0.5mgの1種類となっています。

こちらも有効成分が前立腺肥大の原因となる男性ホルモンに対して影響することで、前立腺肥大症を改善へと導きます。

参考元:医療用医薬品:アボルブザガーロ

 

有効成分が同じならどっちを使ってもいいの?

判断に悩む男性
ザガーロとアボルブはAGAと前立腺肥大症という適応症の違いはあれど、有効成分が同じなのでどっちを使っても問題ないように思えます。

ですが、実際にアボルブをAGAの治療に使うといったケースはあるのでしょうか?
 
答えはYESです。

アボルブは前立腺肥大症の治療薬ですが、ザガーロと同じ成分を配合しているため、AGAの治療を専門的に行っているAGAクリニックの中ではアボルブを自由診療で処方しているというケースもあります。

そのため、AGAの治療のためにアボルブを使用されているという方も中にはいらっしゃいます。

 

ザガーロとアボルブの違い

では、ザガーロとアボルブでは適応症が違っているとお伝えしましたが、それ以外に何かしらの違いはあるのでしょうか?

ザガーロとアボルブの比較表がこちら
 

商品名ザガーロ(ザガーロカプセル)アボルブ(アボルブカプセル)
有効成分名デュタステリドデュタステリド
薬効分類名5α還元酵素阻害薬5α還元酵素阻害薬
形状カプセルカプセル
有効成分含有量0.1mg、0.5mg0.5mg
販売メーカーグラクソ・スミスクライン株式会社グラクソ・スミスクライン株式会社
服用方法デュタステリドとして0.1mgもしくは0.5mgを1日1回服用デュタステリドとして0.5mgを1日1回服用
効果・効能AGA前立腺肥大症
副作用リビドー減退、勃起不全、乳房障害などリビドー減退、勃起不全、乳房障害など
ジェネリックの販売あるある
ジェネリックの形状カプセル・錠剤カプセル・錠剤

ここからは、上記のザガーロとアボルブの違いについて紹介していきます。

 

薬効分類名:5α還元酵素阻害薬

ザガーロとアボルブはそれぞれ、5α還元酵素阻害薬という分類の治療薬になります。

この5α還元酵素阻害薬は、その名の通り5α還元酵素と呼ばれる酵素の働きを阻害します。

5α還元酵素は男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンへと変換する作用があり、このジヒドロテストステロンが毛母細胞に働きかけることで髪の成長を止めて抜け落ちさせてAGAを進行させます。
 
同様にジヒドロテストステロンは前立腺組織に影響を与えることで肥大させる作用があります。

5α還元酵素阻害薬の作用で、ジヒドロテストステロンへの返還を阻害して量を減らすことでAGAの進行や前立腺の肥大を抑えることができ、それぞれを改善へと導くことができます。

 

服用方法

ザガーロとアボルブでは1日1回服用するという基本的な服用方法の違いはありません。

ですが、成分配合量がザガーロは0.1mgのものと0.5mgという2種類あるのに対し、アボルブは0.5mgの1種類のみとなっています。
 
ザガーロを服用する場合は、まず効果の強さや副作用の有無などを確かめるために0.1mgの低用量からの服用が推奨されています。

その後、効果や副作用などを見ながら0.5mgまで増量するといったことになるため、基本的な服用方法自体は同じですが途中経過の部分が若干違っています。

 

アボルブとザガーロではどちらが安い?

同じデュタステリドを配合したザガーロとアボルブですが、購入しようと考えた場合はどちらの方が安いのでしょうか?

価格に関しては、圧倒的にアボルブの方が安価となっています。

アボルブは1錠あたり70円前後であるのに対して、ザガーロは1錠あたり300円前後となっています。

そのため、30日分で換算するとその差は5,000円前後にもなってしまいます。

 

ここまで大きな違いがあるのは、保険が適用されるかどうかの違いがあります。

アボルブは基本的に保険適用で処方される治療薬であるため価格が安価であり、ザガーロは保険が適用されない自由診療であるため高額になってしまうのです。

当然、AGAの治療のためにアボルブを処方される場合は保険が適用されないため、ザガーロと同様の価格になってしまう点には注意が必要です。

参考元:ザガーロジェネリック(デュタステリド)とは?価格や他のAGA治療薬との違い

 

ジェネリックを使えばさらに安くなる

価格ダウン
ザガーロやアボルブの価格についてお話しました。

前立腺肥大症を治療するためにアボルブが処方された場合、保険が適用されるため安価で購入することが可能です。

ですが、更に安価で購入することも可能となっています。
 
その方法というのが、ジェネリック医薬品を活用するという方法になります。

ここからは、そんなザガーロやアボルブのジェネリック医薬品について紹介していきます。

 

ザガーロのジェネリック

AGA治療薬であるザガーロにも複数のジェネリック医薬品が登場しています。

ここからは数あるジェネリックの中でも人気の高い3商品を紹介していきたいと思います。

 

デュプロスト

デュプロストは、インドの著名なジェネリックメーカーであるCiplaが製造・販売するザガーロのジェネリック医薬品です。

有効成分としてデュタステリド0.5mgを配合しており、0.1mg配合のものはありません。

作用自体はザガーロと違いはないため、安心してお使いいただけます。
 
価格は10錠で1,260円(1錠あたり126円)となっており、国内で処方してもらえるザガーロの半額以下で購入することが可能となります。
 

 

デュタス

デュタスはインドに本拠を置くDr.Reddys Laboratoriesが製造・販売しているザガーロのジェネリック医薬品です。

有効成分として配合されているのはデュタステリドで配合成分量は0.5mgとなっています。
 
こちらのデュタスは30錠から購入することができ、価格は1箱30錠入りが3,960円(1錠あたり132円)となっています。

また、まとめ買いにも対応しており、大量にまとめ買いすることで1錠100円以下で購入することが可能となっています。
 

 

デュタボルブ

デュタボルブは上記の2種類のジェネリック医薬品とは違って、フィリピンに本拠を置くLloyd Laboratoriesが製造・販売するジェネリック医薬品です。

デュタボルブも上記2種と同様に有効成分であるザガーロを0.5mg配合しており、0.5mg配合のもの以外の種類はありません。
 
価格は1箱30錠入りで4,560円(1錠あたり152円)となっています。こちらも、まとめ買いで1錠あたり100円以下で購入することが可能となっています。
 

 

アボルブのジェネリック

前立腺肥大症の治療薬として日本で処方されているアボルブにもさまざまなジェネリック医薬品が登場しています。

ここからは、そんなアボルブのジェネリック医薬品について紹介したいと思います。

 

デュタステリドカプセル0.5mgAV「JG」

アボルブのジェネリックは現在さまざまなものが承認・処方されるようになっています。

デュタステリドカプセル0.5mgAV「JG」は日本ジェネリックが製造・販売しているアボルブのジェネリック医薬品です。
 
有効成分はアボルブと同じデュタステリドで、成分配合量も0.5mgと同じであり、同様の効果に期待できます。

更に、薬価は1錠あたり29.2円となっており、アボルブの半額以下となっているため前立腺肥大症の治療を安価で行うことが可能です。

 

まとめ

こちらのページではザガーロとアボルブの違いついてさまざまな情報を紹介してきました!

こちらのページで紹介した内容のポイントは以下の通り。

  • ザガーロとアボルブは適応症が違う
  • 成分量や服用方法が若干違う
  • 価格はアボルブの方が圧倒的に安い
  • ザガーロ、アボルブ共にジェネリックがあり、更に安価で購入できる

ザガーロとアボルブは同じ成分を配合しているため全く同じ効果に期待できるため、AGAの治療のためにアボルブが処方されるAGAクリニックなどもあったりします。

そのため、AGAを治療するためにアボルブを使ってもAGAの改善に期待できます。
 
価格に関しては、前立腺肥大症の治療のためにアボルブを処方された場合、保険適用で購入できるため圧倒的に安価になります。

また、ザガーロやアボルブはそれぞれにジェネリックがあるため、ジェネリックを活用することでより安価でAGAの改善を目指せるようになるので、費用を抑えたい場合にはお役立てください。