AGAの原因とは?直接の理由や生活習慣も含め治療・改善策を紹介

AGAの原因とは?直接の理由や生活習慣も含め治療・改善策を紹介髪の毛の悩みは、多くの人が抱えているでしょう。特に、AGA(男性型脱毛症)に悩む人は多いです。
日々の生活のなかで、「最近、髪の毛が薄くなってきたかも」と感じる瞬間があるのではないでしょうか?
AGAの原因は一つではありません。男性ホルモンの影響、遺伝、さらには日々の生活習慣まで、複数の要因が絡み合っています。

この記事では、AGAを引き起こす直接的な原因と、生活習慣に関連した原因を細かく解説します。
また、それぞれの原因に応じた治療法や改善策についても詳しく紹介するため、AGAに悩む人はぜひ参考にしてください。

AGAの直接的な原因

AGAの直接的な原因は、以下の主に二つがあります。

・男性ホルモンDHT・遺伝

ここでは、これらの要因がどのようにAGAを引き起こすのか、詳しく見ていきましょう。

参考元:AGAによる薄毛症状の原因

 

AGAの原因1 :男性ホルモン DHT(ジヒドロテストステロン)

AGAの主要因は、「DHT」と呼ばれる男性ホルモンにあるとされています。
DHTは体内に存在する男性ホルモン「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という酵素の働きにより変換されて生成されるホルモンです。
このDHTが毛乳頭細胞に備わる「受容体」と結合した場合、毛髪の成長サイクルが短縮してしまいます。

その結果、本来まだまだ成長を続けるはずだった毛髪が抜け落ち、薄毛につながるというメカニズムです。
AGAの抜け毛が起きている部位ではDHTが高濃度で検出されることから、DHTが深く関与していると考えられています。
さらにDHTは皮脂の過剰な分泌も引き起こすため、これが毛穴を詰まらせる原因となり抜け毛につながっています。

AGAの原因2:遺伝

遺伝もAGAが発症する原因の一つです。
DHTの生成に深く関わる「5αリダクターゼの活発性」や「受容体の数」は遺伝によって決まるといわれています。
5αリダクターゼは、父方・母方問わずどちらか一方の親が活発的な要素を持っていれば、子どもにも遺伝する可能性が高いです。

一方、受容体の数は母方からの遺伝が大きく影響します。
「母方の親族に薄毛やAGAの人が多いほど、自分も発症リスクが高くなる」と一般的によくいわれているのは、これが由来です。

このように、AGAの原因となるDHTが生成されやすいかどうかは遺伝によって決まっています。

AGAを引き起こす原因となる生活習慣

AGAの原因としては、生まれつきの体質的な要因に加え、生活習慣も深く関係していることが明らかになっています。
ここでは、実際にAGAの誘因や促進因子となりうる生活習慣について詳しく見ていきましょう。

参考元:AGAになりやすい人の特徴や原因は?効果的な3つの治療法を紹介

 

AGAの原因3:心理的ストレス

心理的ストレスは自律神経の乱れを招き、血管を収縮させる作用があります。
この影響で頭皮部の血流量が低下した場合、毛根に必要な酸素や栄養が行き渡りにくくなり、AGAが進行する原因となります。
特に「毛包」と呼ばれる毛のもととなる部位に栄養が届かなくなれば、健全な毛サイクルが阻害され、抜け毛や細くなった毛が目立つようになるでしょう。

さらにストレスは、DHTの原料となるテストステロンの分泌が促進される可能性があります。
このように、精神的なストレス状態が継続すれば、自律神経の乱れから血行不良に陥り、さらにはDHT増加を招いてAGAの進行に拍車をかけるでしょう。

AGAの原因4:過度な飲酒・喫煙

過度な飲酒や喫煙もAGAの原因の一つです。
アルコールを大量摂取すると肝臓が分解に集中します。
その際に、毛髪を構成するタンパク質に必要なアミノ酸を奪ってほかの物質へ変換します。
この結果、アミノ酸が欠乏して正常な毛のサイクルが維持できなくなり、AGAが進行するという仕組みです。

また、喫煙に含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があります。
これにより、頭皮の血流低下を招いて毛根への栄養供給が低下するため、健全な毛生えを維持することが困難となります。
過度な飲酒・喫煙は血行不良を引き起こし、栄養供給の阻害を通じてAGAの進行に拍車をかける危険性があるため注意しましょう。

AGAの原因5:食生活の偏り

食生活の偏りもAGAの進行させる原因の一つです。
動物性のタンパク質や脂質を過剰にとりすぎると、動脈硬化が徐々に進行していきます。
動脈硬化が進むと頭皮への血流が悪化して毛根に必要な酸素や栄養分が行き渡りにくくなり、健全な毛サイクルが維持できなくなるという仕組みです。

また、食生活の乱れは皮脂の分泌異常にもつながりかねません。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まりやすくなり、正常な毛周期の進行を妨げます。

これを防ぐためにバランスのよい食事を心がけて皮脂の分泌を適度に抑えれば、毛穴の環境を整えられるでしょう。
主食、主菜、副菜をバランスよく組み合わせた食事を意識するだけでなくビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養を十分に摂取できる食生活を送ることが重要です。

AGAの原因6:不規則な生活・睡眠不足

生活リズムが乱れて睡眠不足が続くとAGAのリスクが高まります。
睡眠時間が十分に確保できないと、毛髪の成長に欠かせない「成長ホルモン」の分泌量が低下してしまうためです。
成長ホルモンは夜間に分泌量がピークを迎えるため、睡眠不足ではその分泌が阻害されてしまいます。

さらに、睡眠不足は自律神経の乱れを招き、結果として頭皮への血流低下を引き起こすでしょう。
毛根への栄養供給が阻害されれば、健全な毛サイクルを維持することが困難です。

このように、生活リズムが乱れ、質のよい睡眠が取れなかったり、成長ホルモンの分泌が不足したりと頭皮への血流低下という二つの側面から、AGAが進行するリスクが高まります。
規則正しい生活習慣を身に付け、質の高い睡眠を確保することがAGAの予防やケアにつながるでしょう。

AGAの原因7:髪や頭皮へのダメージ

日常生活のなかで、私たちの髪や頭皮はさまざまな外的ダメージにさらされています。
例えば、パーマ液やヘアカラー剤などの薬剤、紫外線の影響や整髪料など、さまざまな要因が頭皮環境を悪化させる可能性があるでしょう。

これらの要因は直接的にAGAを引き起こすとは限りませんが、頭皮に炎症や加齢の徴候を促し、結果として抜け毛のリスクを高める可能性があります。
このように、さまざまな外的ダメージは頭皮環境を徐々に悪化させ、AGAを進行する要因になりかねません。

日頃からパーマやカラーリングを避けるなど、頭皮に優しい対策を心がけることが大切です。
夏場の紫外線対策として帽子を活用したり刺激の少ない優しい製品を選んだりと、簡単な工夫から始められます。

AGAの原因ごとの治療・改善方法

先述したとおり、AGAの原因はさまざまです。

  • ・男性ホルモン
  • ・遺伝の影響
  • ・心理的ストレス
  • ・生活習慣の乱れ
  • ・食生活
  • ・髪や頭皮への物理的なダメージ

上記のような要因に応じた治療・改善を実施することが大切です。
ここでは、AGAの原因ごとの治療・改善方法について解説します。

男性ホルモンや遺伝が原因のAGA

AGAの原因が体内のDHTが多かったり、遺伝が要因であったりなどの場合は、専門医療機関での治療が必要です。
まずはAGAクリニックや皮膚科を受診し、医師の診断を仰ぎましょう。
AGAと判明したら、専門家のアドバイスにもとづ早期に治療を始めることが重要です。

AGAの代表的な治療薬には、プロペシアやミノキシジル外用薬などがあります。
プロペシアはDHTの生成を抑制する働きがあり、ミノキシジル外用薬は毛母細胞の活性化や血行促進を促す効果がある薬です。

治療薬の服用に加え、日頃からタンパク質やミネラル、亜鉛、ビタミンなどの栄養摂取を心がけることも重要です。
体内環境を整えることで、AGAのリスクを下げる一助となるかもしれません。

心理的ストレスが原因のAGA

ストレスからくるAGAに対しては、まずはストレスを溜め込まないよう、心身へのケアが欠かせません。
軽い運動を日課に取り入れる、リラクゼーション法を実践するなどして、ストレス発散を習慣づけましょう。

それでもストレスによって不安・うつ症状などの症状がある場合は、心療内科や精神科を受診することをおすすめします。
専門的な診断・治療を受け、心身のケアに努めることが大切です。

薬物療法に併せて、カウンセリングで精神的ケアを行うことで、ストレス性のAGAに対処できるでしょう。
ただし、メンタルケアは一朝一でどうにかなるようなものではないため、医師と相談しながらじっくりと取り組む必要があります。

不規則な生活や睡眠不足が原因のAGA

生活リズムの乱れや十分な睡眠が確保できない状態が続くと、AGAのリスクが高まります。
対策としては、生活習慣の改善が重要です。
規則正しい生活サイクルを心がけて十分で質の高い睡眠を確保しましょう。

睡眠中に分泌される「成長ホルモン」は毛髪の健全な育成に欠かせません。
睡眠不足ではこの成長ホルモンの分泌が阻害されてしまうため、睡眠の質を高める対策が不可欠です。

生活リズムの乱れや睡眠障害が改善されず、自力では対処しきれない場合は専門医での治療も検討してください。
心療内科や睡眠外来を受診したうえで、必要に応じて薬物療法も視野に入れましょう。
AGAへの対策とともに健康的な生活リズムの確立を目指す必要があります。

食生活や嗜好品が原因のAGA

食生活の乱れや過度な嗜好品の摂取がAGAの原因となっている場合、まずはその改善に取り組むことが重要です。
動物性脂肪の過剰摂取は避け、主食・主菜・副菜をバランスよく組み合わせた食事を心がけることで、AGAの改善も見込めます。
大量の飲酒や喫煙は控えめにし、不足しがちな栄養素は適宜サプリメントで補うのもよいでしょう。

特に毛髪に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラル、亜鉛などの栄養バランスを意識することが大切です。
食事から十分な量を摂取できない場合は、毛髪ケア製品や育毛サプリメントを上手に活用しましょう。
原因を見極め、それぞれの対策を組み合わせることが、効果的なAGAケアにつながります。

髪や頭皮へのダメージが原因のAGA

髪や頭皮にダメージを感じる場合は、まずは負担を軽減する対策から始めましょう。
刺激の強いシャンプーや整髪料を控え、より髪・頭皮になじみのよい商品を選ぶことで、頭皮ダメージのリスクは下げられます。

また、紫外線対策も欠かせません。強い日差しは頭皮を乾燥させ、外出時は日傘の活用やつばの広い帽子の着用を心がけましょう。
頭皮への負担を最小限に抑え、健全な環境を整備することが、AGAの予防や改善の第一歩です。

まとめ

指示棒を持つ医者
AGAの原因は、男性ホルモンのDHTや遺伝的などの体質的な原因に加え、ストレスや生活習慣、食生活、外的刺激などの環境的要因も関係しています。
これらの原因に応じて適切な治療法を選択することが大切です。

DHTや遺伝的素因によるAGAには薬物療法が有効ですが、環境的要因に関しては生活改善が欠かせません。
規則正しい生活習慣の確立、ストレス対策、食事内容の改善などから着手する必要があります。
自力での改善が難しい場合は専門家に相談し、根本原因に応じた治療を受けることをおすすめします。