クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

プレガバリン1

プレガバリン

有効成分 プレガバリン
メーカー Aurobindo Pharma 内容量 150mg60錠x1箱
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 神経痛改善
副作用 眠気、ふらつき、めまいなど 用法 初期用量として1日150mgを、1日2回に分割して服用し、1週間以上かけて1日用量300mgまで漸増
在庫 この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。
 
ソルフェン
ソルフェンは炎症による痛みや腫れを緩和する解熱鎮痛消炎剤です。 日本国内で処方されているブルフェンと同一成分を含むジェネリック医薬品のため、安心してご使用いただけます。また、薬の形状はソフトジェルカプセルで、通常の錠剤やカプセルに比べて飲み込みやすい特徴があります。
 
セレブレックス
セレブレックスは、関節炎や筋肉痛など、さまざまな症状による痛みを緩和する抗炎症薬です。 非ステロイド性抗炎症薬としての働きがあり、ステロイド系の成分に不安を感じてしまう方も使いやすくなっています。

このお薬の人気ポイント

・興奮性神経伝達物質の放出に影響を与えて効果を発揮

・国内ではリリカカプセルに配合されている成分を使用

商品詳細

プレガバリンは、神経痛に対して効果的な疼痛治療薬です。
従来の鎮痛薬が不得意とする神経障害性疼痛に良い効果を示し、痺れるような痛みや焼け付くような痛みなど、さまざまな神経痛を抑えます。
また、線維筋痛症による痛みに対しても効果的で、これらの症状による痛みを取り除きます。

配合されている有効成分は、プレガバリンという成分です。
カルシウムイオンの通り道であるカルシウムチャネルへ結合する性質があり、中枢神経系において電位依存性カルシウムチャネルの機能に対して補助的な役割をなすアルファ2デルタサブユニットとの結合を介して効果を発揮します。
この作用によって神経細胞内へのカルシウムイオンの流入を阻害し、興奮性神経伝達物質が過剰に放出されるのを抑えて、神経障害性疼痛や線維筋痛症による痛みを緩和します。

プレガバリン 150mg60錠

個数選択 定価 割引率 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 9,200 9,200
22%
OFF
7,260 7,260 217pt 売り切れ
2箱 9,200 18,400
30%
OFF
6,480 12,960 388pt 売り切れ
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

プレガバリン 150mg60錠 x 2箱

12,960

ポイント:388pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

プレガバリンの最新の口コミ

プレガバリンの良い口コミ

まだ口コミがありません。

プレガバリンの悪い口コミ

まだ口コミがありません。

服用方法・使用方法

【神経障害性疼痛の場合】

1日の服用回数2回
1回の服用量1日量150~600mgを2回に分けて
服用のタイミング指定なし
服用期間指定なし

【線維筋痛症の場合】

1日の服用回数2回
1回の服用量1日量150~450mgを2回に分けて
服用のタイミング指定なし
服用期間指定なし
【神経障害性疼痛の場合】
初期用量として1日150mgを、1日2回に分けて水やぬるま湯で服用します。
その後、1週間以上かけて1日用量として300mgまで漸増してください。
なお、年齢や症状により適宜増減しますが、1日最高用量である600mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて服用してください。



【線維筋痛症の場合】
初期用量として1日150mgを、1日2回に分けて水やぬるま湯で服用します。
その後、1週間以上かけ、1日用量として300mgまで漸増したあと、300~400mgd維持します。
なお、年齢や症状によって適宜増減しますが、1日最高用量は450mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて服用してください。

注意点

配合されている有効成分に対する過敏症の既往歴がある方は、服用を禁止されています。
服用後に眠気を催したり、めまいやふらつきなどの症状が起きたりすることがありますので、車の運転等の危険を伴う機械の操作、あるいは高所での作業はお控えください。
アルコールと飲み合わせることによって眠気やふらつきが起こりやすくなるという報告もされているため、プレガバリンを服用しているときは飲酒をお控えください。

また、プレガバリンは一部の医薬品と併用することによって相互作用を起こす可能性があります。
中枢神経抑制薬やアンジオテンシン変換酵素阻害薬等の血管浮腫を引き起こす医薬品がこれに該当し、併用することによって呼吸不全や昏睡がみられたり、血管浮腫を発症するリスクが高まったりするおそれがあります。
相互作用を引き起こすおそれがある医薬品は他にも存在するため、他の医薬品を服用する必要があるときは事前にかかりつけの医師へご相談ください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。

副作用

もっとも多くみられる副作用として、眠気やめまい、ふらつきが報告されています。
他にも食欲不振や食欲亢進、振戦、体重増加などの症状が副作用としてあらわれることもあります。
重篤な副作用では心不全や横紋筋融解症、皮膚粘膜眼症候群などが報告されていますので、これらの症状には特にご注意ください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : リリカ
プレガバリン

商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。

プレガバリンの口コミ

口コミを投稿する

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

ページの一番上へ戻る