AGAの予防はいつから始めればよい?生活習慣を見直そう

AGAの予防はいつから始めればよい?生活習慣を見直そうAGA(男性型脱毛症)の予防について、いつから始めればよいのか気になる人は多いでしょう。

AGAを進行させないための取り組みが、将来の髪の状態を大きく左右するとされています。

 

そこでこの記事では、AGA予防に効果的な生活習慣の見直しポイントを解説します。

また、予防を始める最適なタイミングについても触れるため、AGAが気になり始めた人はぜひ参考にしてください。

 

AGAはいつから発症する?

AGAは、一般的に20代後半から30代で発症することが多いといわれています。

ただし、10代で薄毛が進行する場合もあれば、40代以降で初めて症状があらわれるケースもあるため、年代が該当しないからといって安心できるものでもありません。

 

AGAが発症する原因として、髪の毛のヘアサイクルの乱れが挙げられます。

髪の毛は1本1本それぞれが成長と退行の周期を繰り返しながら生え変わっています。

通常、髪の毛全体の80~90%が成長状態で、残りの10~20%は既に毛が抜け落ちて生えるのを待っている状態だったり、毛が抜けるのを待っている状態だったりします。

ですが、AGAの方は成長する髪の毛よりも抜け落ちる髪の毛の割合が多くなります。

その結果、薄毛になってしまうわけです。

参考元:AGA治療は何歳からはじめられる?AGAと年齢の関係性や気になる年齢別発症率を解説

 

AGAの進行スピードはどのくらい?

AGAの進行には個人差があり、そのスピードは一様ではありません。

ここでは、一般的な進行傾向や、年齢による進行速度の違いなど、AGAの進行スピードについて解説します。

 

AGAの進行スピードには個人差がある

AGAの進行スピードには個人差があります。

AGAは、年齢で進行するのではなく、遺伝や生活習慣、ストレスなどによって進行するためです。

乱れた生活リズムや偏った食生活、運動不足などの悪い生活習慣が重なれば、AGAが急速に進行するリスクが高まるでしょう。

 

しかし、規則正しい生活と適切な対策を継続することで、ある程度進行を抑制できる可能性があります。

AGAの進行スピードをコントロールするためには、生活習慣の見直しが重要です。

 

AGAが急激に進行することはない

AGAは徐々に抜け毛が進行していく脱毛症であり、急激に髪が抜け落ちるような症状はありません。

長期に渡って髪の成長サイクルが乱れていくことで、次第に地肌が透けてきたり、前髪が後退していったりします。

そのため、一晩のうちにごっそり髪が無くなるケースはないといえます。

 

日々の抜け毛の本数に大きな変化がなくても、じわじわと薄毛が目立ってくるのがAGAの特徴です。

 

若い人ほど進行スピードが速い

AGAは若年で発症した場合、中高年に比べて進行スピードが速いとされています。

これには、思春期以降の男性ホルモンの変化が大きく関係しています。

また、若年層は生活リズムの乱れやストレスなど、AGAの進行を後押しする環境になりやすいです。

若い人のほうがAGAの進行が速いのは、学生や社会人の多忙なライフスタイルが影響しているのかもしれません。

 

しかし、若い内からAGA治療を始めれば、症状の進行を抑制しやすいというメリットもあります。

AGAへの早期対策は重要で、進行スピードを抑える一助となる可能性があります。

参考元:AGAの進行速度は遅いって本当?個人差によるスピードや治療開始時期の目安も解説

 

AGAの予防はいつから始めればよい?

AGAの予防は、初期症状を感じたときから始めることが重要です。

髪の変化に気づいたら、それがAGAのサインかもしれません。

具体的なサインとして、下記のような変化が挙げられます。

参考元:AGAの対策はいつから始めれば良い?運動や食事面での対策も必要

 

以前よりも髪の毛が細くなったと感じたとき

以前よりも髪の毛が細くなってきたように感じたときは、AGAを発症している可能性があります。

抜け毛を手に取ったとき、一本一本の髪の太さが以前に比べて細くなっていると感じている人もいるでしょう。

さらに、全体を見渡してみると、ボリュームが落ちて髪が硬くてぺたっと伏せ気味になります。

 

このような変化はAGAが進行し始めているサインかもしれません。

髪の細さや全体のボリューム感の変化に敏感になり、早めにAGAへの対策を開始することが賢明といえます。

 

髪の毛が抜けやすいと感じたとき

髪の毛が今までよりも抜けやすくなってきたと実感するようになれば、AGAが進行している可能性が高いといえます。

ブラッシングやドライヤーの使用時に、これまでの感覚と比べて明らかに多くの抜け毛が出てくる場合は注意が必要です。

 

日々の抜け毛の本数を一本残らず数えあげるほど神経質になる必要はありませんが、定期的に抜け毛の量を目視で確認しておくことが大切です。

そうすることで、今までとの抜け毛の量の違いに気づきやすくなるでしょう。

 

通常よりも明らかに多くの抜け毛があれば、それはAGAのサインである可能性が高いため、抜け毛の増加に気づいたら、すぐにAGAへの対策を検討しましょう。

 

髪の毛のセットがしづらいと感じたとき

髪質が変わり、いつものセット方法ではうまくセットできなくなったと感じたらAGAの可能性があります。

AGAは10代で症状が出始めることもあるため、セットのしづらさを感じたら早急に予防を実施するべきです。

 

年齢に関わらず、髪のセット時の違和感を無視せずに、AGAへの対策を検討することをおすすめします。

早期から適切な対応を取れば、症状の進行を抑制できる可能性が高くなるでしょう。

 

AGA予防の方法

AGAの予防は、生活習慣の見直しから始まります。

日々の食事、睡眠、運動、そしてストレスに気をつけることで、AGAのリスク低減が可能です。

ここでは、その方法を具体的に説明します。

参考元:AGAは予防できるの?今すぐできる4つの方法を紹介

 

食生活を見直す

AGAの予防には、まず食生活の見直しが重要になります。

髪の毛はタンパク質の一種であるケラチンから構成されており、食事から十分な栄養を摂取できなければ健康な髪を育てられなくなるためです。

 

肉・魚・卵・大豆製品などのタンパク質が多く含まれる食材を意識的に摂るようにしましょう。

さらに、ビタミンやミネラルなどの亜鉛も、体内でタンパク質を合成するために不可欠な栄養素です。

バランスのよい食事を心がけ、髪の毛に必要な栄養が不足しないよう気をつけましょう。

 

十分な睡眠時間を確保する

AGAの予防には睡眠時間の確保も欠かせません。

睡眠不足が続くと、成長ホルモンの分泌不足につながり、細胞分裂が不活発になってしまうことから、髪の毛の成長が滞る可能性があります。

 

理想的な睡眠時間には個人差がありますが、一般的には7~8時間程度を目安にしましょう。

睡眠の質も重要で、リラックスした状態で眠ることが大切です。

睡眠前にストレッチをしてリフレッシュするのも有効でしょう。

 

就寝前の強い光刺激は避け、規則正しい生活リズムを心がけることで、睡眠の質を高めて髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌を促せます。

AGAの予防のためにも、睡眠不足にならないように生活リズムの改善に取り組みましょう。

 

適度に運動する

AGAの予防には適度な運動も欠かせません。

運動不足は血流を悪化させ、頭皮への栄養供給を妨げます適度な運動を心がけることで、血液循環を良好に保ち、髪の毛への栄養供給を補助できます。

 

ウォーキングやストレッチなど、気軽にできる運動から始めましょう。

無理のない範囲で、継続できる運動習慣を身につけることが大切です。

AGAの予防のためにも、運動不足にならないよう気をつけましょう。

 

ストレスを溜めすぎない

過度なストレスは自律神経を乱し、血液循環を悪化させます。

その結果、頭皮への栄養の供給不足を招き、AGAの進行につながります。

 

完全にストレスをなくすことは難しいですが、趣味やリラクゼーションを取り入れることでストレスを発散させましょう。

過剰なストレス蓄積を防ぎ、AGA予防につなげることが大切です。

 

まとめ

AGAは20代後半から30代で発症することが多く、早期から対策を講じる必要があります。

初期症状として、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えたり、頭皮のトラブルが出たりといった変化に気づいたら、すぐに対策を始めましょう。

 

AGAの予防には、食生活や睡眠、運動、ストレス解消など、生活習慣の見直しが不可欠です。

バランスのよい食事と十分な睡眠を心がけ、適度な運動を続けることで、髪の毛が健康に育つ環境を整えられます。

ストレスの過剰な溜め込みは避け、趣味や旅行で発散するなどの工夫が重要です。

AGAの予防をいつからすればよいのかわからない人は、この記事を参考に気になることがあればすぐに始めましょう。