クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

エバミル1

エバミル

有効成分 エベロリムス
メーカー Glenmark 内容量 10mg10錠x1箱
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 腎細胞がんや乳がんの改善
副作用 下痢、悪心、口内炎など 用法 10mgを1日1回、服用する。

このお薬の人気ポイント

・mTORタンパクを阻害

・がん細胞の増殖や血管新生を抑える

商品詳細

エバミルは、腎細胞がんや乳がんなどの改善に期待できる医薬品で、インドのGlenmark社が製造・開発しています。
哺乳類ラパマイシン標的タンパク質(mTORタンパク)を阻害する作用を持つエベロリムスが有効成分として含まれており、がん細胞の増殖や血管新生を抑制します。
この働きにより、抗腫瘍効果を発揮して、腎細胞がんや乳がんなどを改善に導きます。
また、上記の作用機序から「mTOR阻害薬」と呼ばれており、既存の抗がん薬では効かないような症状にも効果が期待できます。

エバミル 10mg10錠

個数選択 定価 割引率 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 42,600 42,600
20%
OFF
34,160 34,160 1,024pt
2箱 42,600 85,200
21%
OFF
33,780 67,560 2,026pt
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

エバミル 10mg10錠 x 1箱

34,160

ポイント:1,024pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

電話注文はこちら

エバミルの最新の口コミ

エバミルの良い口コミ

まだ口コミがありません。

エバミルの悪い口コミ

まだ口コミがありません。

服用方法・使用方法

1日の服用回数1回
1回の服用量10mg
服用のタイミング指定なし
服用間隔指定なし
・根治切除不能または転移性の腎細胞癌、神経内分泌腫瘍の場合
10mgを1日1回、服用してください。
ただし、症状に応じて適宜、服用量を増減する必要があります。

・手術不能または再発乳癌の場合
10mgを1日1回、服用してください。
ただし、症状に応じて適宜、服用量を増減する必要があります。

・結節性硬化症の場合
10mgを1日1回、服用してください。
ただし、症状やトラフ濃度に応じて適宜、服用量を増減する必要があります。

注意点

間質性肺疾患があらわれることがあるため、定期的に胸部CT検査を受けてください。
肝炎ウイルス、結核などが再活性化することがあるため、服用前にこれらに感染していないか確認してください。
高血糖があらわれることがあるため、定期的に空腹時血糖値の測定を受けてください。
感染症を合併している方が服用すると、免疫抑制により感染症が悪化するおそれがあります。
生ワクチンを接種すると発症するおそれがあるため、生ワクチン接種との併用が禁止されています。
リファンピシンやリファブチンを含む医薬品との併用により、エバミルの血中濃度が低下することがあります。
上記以外にも併用に際し注意が必要な医薬品があるため、服用前に確認してください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。

副作用

口内炎が半数以上の人に見られます。
また、重い副作用として間質性肺炎が6人に1人の割合で発現します。
咳や息切れといった初期症状が見られた場合はすみやかに病院を受診してください。
重篤な副作用から軽度な副作用まで多数報告されているため、服用後に副作用の症状があらわれた場合には、速やかに専門の医療機関を受診するようにしてください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アフィニトール
エベロリムス

商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。

エバミルの口コミ

まだレビューはありません。

すべての口コミを見る

口コミを投稿する

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

ページの一番上へ戻る