クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

コスベートGクリーム1 コスベートGクリーム2

コスベートGクリーム

有効成分 クロベタゾールプロピオン酸エステル、ゲンタマイシン
メーカー Eris Oaknet Healthcare Pvt. Ltd. 内容量 20gx1本
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 皮膚の炎症を抑制
副作用 皮膚萎縮や毛嚢炎など 用法 1日2回、適量を患部に塗布

このお薬の人気ポイント

・化膿してしまった皮膚にも使用できる

・アトピー性皮膚炎に対して有効

商品詳細

コスベートGクリームは皮膚の炎症を抑える外用薬です。
日本で承認されているデルモベートクリームとゲンタシンクリームが配合されており、皮膚の炎症を抑制するとともに殺菌作用によって症状を改善させます。

コスベートGクリームには副腎皮質ホルモンのクロベタゾールプロピオン酸エステルと抗生物質のゲンタマイシンの2剤が含有されています。
クロベタゾールプロピオン酸エステルは強力な作用があるステロイド剤で、重度の皮膚炎や角質が厚い皮膚に対して高い改善効果が期待できます。
ゲンタマイシンは強い抗菌力があり、皮膚感染症の原因となる殺菌を死滅させることで様々な症状を改善させます。
なお、コスベートGクリームは外用薬のため、患部へ塗布すると速やかに成分が吸収されて効果を発揮します。また、内服薬のように全身性の副作用が現れることはありません。

コスベートGクリーム 20g

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1本 1本
20g × 1本 2,340 2,340 1,800 1,800 54pt 売り切れ
20g × 2本 1,560 3,120 1,275 2,550 76pt 売り切れ
20g × 3本 1,500 4,500 1,133 3,400 102pt 売り切れ
当サイトのサービス

コスベートGクリーム 20g x 3本

3,400

ポイント:102pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

用法・用量

1日の使用回数2回
1回の使用量適量
使用のタイミング患部と手を清潔にした後
使用間隔指定なし
使用する箇所症状のある箇所
1日2回、適量を患部に直接塗ってください。
使用量を増加しても、効果が促進されるわけではありません。

使用の際は手と患部を必ず清潔な状態にしてください。
また、年齢や症状によって適宜増減する必要があります。

使用を忘れた場合は気がついた時点で使用するようにしてください。
ただし、次回の使用時間まで間もない場合は、1回分の使用を飛ばしてください。
1回で2回分の量を使用することは控えてください。

用法用量を超えて使用した場合は、医師または、薬剤師に相談するようにしてください。

注意点

ご使用いただけない、あるいは慎重に使用しなければいけない条件がございますので、事前に薬剤の説明をご確認ください。
日本では適応がないため、使用前に医師や薬剤師への相談を推奨します。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

皮膚萎縮、毛嚢炎、毛細血管拡張などの症状が起こることがあります。


コスベートGクリームのよくある質問について

塗り薬を使わずに皮膚炎を治すことはできますか?

症状が軽度であればスキンケアやアレルギーの原因から遠ざかることで改善に期待できます。しかし、基本的にはお薬による治療が推奨されています。

ステロイドが含まれている薬と含まれていない薬ではどちらが効きますか?

ステロイド薬の方が高い抗炎症作用を持っています。非ステロイド薬は痛みのもととなる物質が作られる過程に作用しますが、ステロイド薬はその前の原因物質に作用することで炎症や痛み、発熱などをより抑えてくれます。

皮膚炎の薬にはステロイドが含まれているそうですが、使用しているとドーピング検査に引っかかりますか?

皮膚症状に対して外用薬を使用した場合であればほぼ問題ありません。しかし、内服薬の場合はドーピングに当たってしまうため注意が必要です。不安な場合は運営元に確認を取ることを推奨いたします。

花粉の季節になると首元に湿疹が出ますが鼻水や涙といった症状はありません。アレルギー用の外用薬を使用してもいいでしょうか?

症状の原因がアレルギーであれば問題はありません。症状の原因がアレルギーかどうか分からない場合は使用せず、まずは症状の原因を特定するため病院や皮膚科で診察を受けてください。

夏場は日焼け止めを使いたいのですが塗り薬の前か後、どちらのタイミングで塗ればいいですか?

基本的には先に塗り薬です。日焼け止めはどの順番で塗っても効果を発揮しますが、塗り薬は皮膚に成分を吸収させる必要があるため、先に塗ることを推奨されています。ただし、保湿剤も使用する場合は先に保湿剤を使い、その後に塗り薬となります。

塗り薬を使用した際は服を着るのにどれくらい時間を空ければいいですか?

症状の出ている部分は成分の吸収が早いため、すぐに服を着ても問題ありません。時々、服にお薬が付くことを嫌って使用量が少なくなってしまう方がいます。使用量が少ないと効果が下がってしまうおそれがあるため、しっかりと必要量を塗るようにしましょう。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

  • 運動をしていたときはマシだったのですが運動を止めて汗をかかなくなったせいか不純物がたまりその結果アトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまいました。そこで強い薬を使ってみようとコスベートGクリームを購入して使ってみました。強い薬というだけあって3日もすれば荒れていた肌がみるみるうちに治っていきました。今後はあまり使いすぎないように適度に汗をかくようにします!

  • 30歳になってから敏感肌になり少しの刺激でかぶれを起こしたり、赤くヒリヒリしたりで皮膚科に行っても完治せず化粧品も敏感肌にも使える物をに変えていましたが合うものが見つからず困り果てていました。ある日たまたまネットでこの商品を見つけ、使用するとヒリヒリしないし潤いが長続き、仕事から帰ってもカサカサせず顔も痒くないので助かっています。

  • この冬極度の乾燥で皮がめくれ、痒みを引き起こしてていたのですが、これのおかげで皮のめくれが治りました。私は皮膚が薄く、すぐに赤みも出るのですが、今は初めて使用してから2週間経ちますが肌が何年かぶりに綺麗な肌色になってきました。ツヤまで出てきました。本当にこのクリームには感謝してます。

  • 1度の使用で効果を実感しました。とても潤い、痒みも全く出なくなりました。掻きむしって後が残っていたのですがそれが嘘のように綺麗になり本当にビックリしました。今は手にしか使用していませんが、これから全身に使用して行こうと思います。もう手放せないクリームになりそうな予感です。

  • 少し重たいクリームなので、顔にはべったり感あります。乾燥している所にもすぐになじんでいくのですが肌の上にもいつまでも残っています。こってりしたクリームが少し気になったりもしました。 アトピーまでいかないのですが、かゆみがでたりするので使い始めました。もっちりとした肌にはなります。

すべての利用者の声を見る

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る