低用量ピルと飲み合わせの悪いサプリメントや飲み物は?市販薬は大丈夫?

服用を続けるだけで、99.7%という非常に高い確率で避妊に成功できる低用量ピル

その効果は避妊だけでなく、生理痛やPMSの改善など、多くの女性を悩ませる症状に対しても発揮されます。

しかし、低用量ピルも医薬品の一種のため、飲み合わせが悪い薬やサプリメントと併用すると、さまざまなデメリットが発生してしまいます。

低用量ピルの効果を落とさず、安全に使うためにも、低用量ピルの飲み合わせについてしっかり確認しておきましょう。

 

低用量ピルと飲み合わせが悪いといわれているサプリメント

基本的に、サプリメントは低用量ピルと併用しても問題ないとされています。

しかし、一部のサプリメントは低用量ピルと飲み合わせが悪いため、注意しなくてはなりません。

具体的には、セントジョーンズワート、イソフラボン、プエラリアやワイルドヤム、ボロンなどがこれに当てはまります。

参考元:低用量ピルと飲み合わせが悪い薬・サプリメント・飲食物を医師が徹底解説!

 

セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)

セントジョーンズワートは、精神を安定させる効果に期待できるハーブです。

このハーブには、低用量ピルの代謝に関与する酵素を誘導する働きがあり、低用量ピルの代謝を促進させて効果を弱めてしまう可能性があります。

その結果、避妊効果や子宮内膜症などの症状改善効果を弱めてしまい、十分な効果を得られない状態にしてしまうおそれがあります。

もし併用してしまった場合は、避妊効果が低下してしまっている可能性があるため、他の避妊方法も同時に行うようにしましょう。

 

イソフラボン

主に大豆に含まれているイソフラボンは、体内で女性ホルモンと似たような働きをする性質があります。

血栓症を予防する働きがあるともいわれており、日常で食べる量であれば基本的に問題ありません。

しかし、過剰に摂取すると低用量ピルの効果に影響を及ぼすおそれがあるため、サプリメントで摂取する際は注意が必要です。

 

プエラリア・ワイルドヤム・ボロン

プエラリアには強力な女性ホルモン様作用、ワイルドヤムにはプロゲステロン活性作用、ボロンにはエストロゲンを活性化させる働きがあるといわれています。

低用量ピルと併用すると、それぞれのホルモンの影響を強めてしまうおそれがあるため、これらの成分を含んだサプリメントとの併用には十分注意しましょう。

 

低用量ピルと飲み合わせの悪い食べ物や飲み物

低用量ピルを服用するときは、薬やサプリメントだけでなく、食べ物や飲み物にも注意が必要です。

一部の食べ物や飲み物は低用量ピルとの相性が悪く、摂取すると効果に何らかの影響を与えてしまうおそれがあります。

神経質になりすぎる必要はありませんが、低用量ピルを服用する際はこれらの飲食物にも注意しましょう。

参考元:低用量ピルと飲み合わせが悪い薬・サプリメント・飲食物を解説!

 

アルコール

低用量ピルもアルコールも肝臓で代謝されるため、一緒に摂取することにより、低用量ピルの代謝が遅れてしまうことがあります。

その結果、低用量ピルの血中濃度が上昇して効果が強くあらわれてしまい、体に負担がかかってしまうおそれがあります。

ある程度の時間を空けて適量を嗜む程度なら問題ありませんが、飲みすぎて嘔吐してしまうと低用量ピルの効果が低下してしまう可能性もあります。

低用量ピルをアルコールで服用するのは避け、服用している間はアルコールの摂取も控えるのをおすすめします。

 

炭酸水

炭酸には気泡性があり、これが低用量ピルの吸収や分解に影響を与えるといわれています。

神経質になりすぎる必要はありませんが、場合によっては低用量ピルの吸収を遅くしてしまったり、効果を弱めてしまったりするおそれがあります。

低用量ピルを服用する際は、炭酸水で服用するのを避け、水やぬるま湯で服用するようにしましょう。

 

グレープフルーツ

グレープフルーツにはフラノクマリンという成分が含まれており、この成分が薬の代謝に関係している特定の酵素の働きを阻害してしまいます。

この影響によって低用量ピルの代謝が遅くなり、効果が強まってしまうおそれがあります。

代謝酵素の阻害作用は24時間から2~3日間ほど続くといわれているため、基本的に低用量ピルを服用している間はグレープフルーツを摂取しないようにしましょう。

また、グレープフルーツに限らず、夏みかんや伊予柑、はっさく、金柑、文旦などの柑橘類も該当するため、ご注意ください。

 

カフェイン

炭酸水と同様に、カフェインも薬の吸収や作用に対して影響を与えるといわれています。

低用量ピルの吸収にも悪影響を与えてしまうおそれがありますが、過度に気にしすぎる必要はありません。

しかし、低用量ピルとカフェインを同時に摂取すると、カフェインの血中濃度が増加する可能性があるという研究データが存在していますので、カフェインに敏感な方はご注意ください。

 

低用量ピルの併用禁忌薬は1つだけ!

低用量ピルは、「ヴィキラックス配合錠」という薬との併用が禁止されています。

この薬はC型肝炎の治療薬として使われていますが、低用量ピルと併用すると肝機能が悪化してしまうという事例が高頻度でみられています。

そのため、ヴィキラックス配合錠を服用している状態で低用量ピルを使用する場合は、ヴィキラックス配合錠の服用を終了してから2週間以上の時間を空ける必要があります。

もし、誤って併用してしまった場合は速やかに病院へ行き、かかりつけの医師の診察を受けてください。

参考元:低用量・超低用量ピル

 

併用すると低用量ピルの効果が弱まってしまう薬

フェノバルビタールやプリミドンフェニトイン、カルバマゼピン、トピラマート、オクスカルバゼピンなどのてんかんの治療薬や、結核の治療薬であるリファンピシンとの併用にも注意が必要です。

これらの医薬品は、薬の成分が分解、排泄されるように働く酵素を誘導し、低用量ピルの効果を弱めてしまうおそれがあります。

服用を中止したあとも成分が体内に残るため、低用量ピルを服用したい場合は中止してから4週間ほどの時間を空ける必要があります。

併用してしまった際は、専門の医師へご相談のうえ、その他の避妊法も併用しましょう。

 

併用すると低用量ピルの効果が強くなってしまう薬

反対に、併用すると低用量ピルの効果が強まってしまう医薬品も存在しています。

解熱鎮痛薬であるアセトアミノフェンや、フルコナゾールやボリコナゾール、イトラコナゾールなどの抗真菌薬がこれに該当します。

これらの医薬品と低用量ピルを併用すると、低用量ピルの効果を強めてしまい、副作用が出やすくなってしまいます。

解熱鎮痛薬や抗真菌薬を使うことになったときは、必ずかかりつけの医師へ低用量ピルを服用していることを伝えましょう。

 

低用量ピルと併用すると効果が弱まってしまう薬

低用量ピルと併用することにより、併用した薬の効果が弱まってしまう場合もあります。

子宮内膜症の治療にも使われているGn-RH誘導体や酢酸ブセレリン、血糖降下薬やインスリン製剤、スルホニルウレア系薬剤、スルホンアミド系薬剤、ビグアナイド系製剤などがこれに該当します。

また、先ほども紹介したアセトアミノフェンや、医療用麻薬であるモルヒネ、一部の抗てんかん薬も、低用量ピルと併用することによって効果が弱まってしまいます。

これらの医薬品が必要になったときは、必ず低用量ピルを服用していることをお伝え下さい。

 

低用量ピルと併用すると効果が強くなってしまう薬

ステロイド系の内服薬や、オメプラゾール等の胃酸を抑える薬、イミプラミンをはじめとした三環系抗うつ薬、シクロスポリン等の免疫抑制剤、セレギリン塩酸塩等のパーキンソン病治療薬、テオフィリン等の喘息治療薬も低用量ピルとの併用に注意が必要です。

低用量ピルはこれらの医薬品の代謝を抑制し、血中濃度を高めて各医薬品の効果を強めてしまうことがあります。

その結果、副作用が強く出てしまうおそれがあるため、低用量ピルを服用しているときにこれらの医薬品を使うことになったときは十分注意しましょう。

参考元:低用量ピルとの併用や飲み合わせに注意が必要な薬や成分とは? 市販薬は併用できる?

 

市販薬との併用はほとんど問題ない

OKする看護師

病院で処方される薬の中には、低用量ピルとの併用に注意しなくてはならないものがあります。

こういった薬があるとわかると、市販されている薬は大丈夫なのか不安に感じてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、「市販薬は基本的に低用量ピルと併用しても問題ない」とされています。

そのため、効果に影響を与えたり副作用を出やすくしてしまったりする心配をすることなく、安全にお使いいただけます。

 

下剤に注意!

先ほども触れたように、低用量ピルと市販薬の飲み合わせは基本的に問題ありません。

しかし、下剤と併用すると、場合によっては不正出血が起きる可能性があるので少々注意が必要です。

また、服用後に下痢をしてしまった場合、低用量ピルの成分が十分に吸収されず、体外へ排出されてしまうことがあるので気をつけなくてはなりません。

もし、低用量ピルの効果が低下してしまわないか心配な場合は、低用量ピルと下剤の服用時間を4時間程度空けるようにしましょう。

参考元:低用量ピルと下剤・便秘薬を併用してもいい? リスクや服用方法を解説!

 

下痢や嘔吐の副作用がある薬は注意!

下剤だけでなく、副作用に下痢や嘔吐の症状がある薬にも注意が必要です。

服用後に下痢や嘔吐をしてしまった場合、低用量ピルの成分が十分に吸収される前に体外へ排出してしまうことがあります。

特に、低用量ピルを服用してから3時間以内にこれらの症状があらわれた場合は、低用量ピルの効果が薄れてしまう可能性が出てきます。

もしそのような事態になったときは、低用量ピルをすぐにもう1錠服用するようにしましょう。

 

まとめ

服用するだけで避妊や女性特有の症状の対策を行える低用量ピルは、医薬品の1種です。

飲み合わせが悪い医薬品やサプリメントはもちろん、食べ物や飲み物の中にも相性が悪いものがあるため、こういった医薬品や食べ物、飲み物に気をつけながら使用する必要があります。

もし、飲み合わせが悪い医薬品やサプリメントと併用してしまったり、相性が悪い食べ物や飲み物を摂取してしまったりすると、低用量ピルの効果に悪影響が出てしまうおそれがあります。

基本的に市販薬は問題ありませんが、下剤や副作用の中に下痢や嘔吐がある薬は、同様に低用量ピルの効果を弱めてしまう可能性がありますので注意が必要です。

低用量ピルと各医薬品との併用、食べ物や飲み物との相性に十分注意して低用量ピルが本来の効果を十分に発揮できるようにしましょう。