クレジットカード種類

銀行振込、コンビニ決済
に対応

ダイエット薬やダイエットサプリの選び方について

自分の体型には満足していないけど、実際にダイエット(行動)に踏み切れていない、途中で挫折してしまう方が非常に多いと言われています。
ダイエットといえばハードな運動に辛い食事制限をといったイメージがあり、それによって踏み切れない、挫折してしまうといったことが起こっています。

しかし、ダイエット薬やダイエットサプリをうまく活用することで、辛いダイエットのストレスが軽減され継続しやすくなります。
本ページではダイエット薬やダイエットサプリの紹介と活用法、ダイエットを成功させるポイントなどを紹介します。

ダイエット薬やダイエットサプリについて

世の中は多くのダイエット薬やダイエットサプリで溢れていますが、本当に効果があるものはその中の一部です。
効果があるといってもダイエットの目的や目標、食生活、運動習慣などによって適しているものは変わってきます

まずはダイエット薬やダイエットサプリにはどのようなタイプがあり、どんな方に向いているかを紹介します。

食事による脂肪分の一部を体外へ排出(ゼニカル系)

ゼニカル

ゼニカルは生活習慣病による肥満対策として開発されたお薬です。
しかし、生活習慣病の疾患がない方であってもダイエット効果を確認できたことから、多くの人が服用できるダイエット薬として世界中に広がりました。

ゼニカルは食事によって摂取した脂質の吸収を妨げてくれます。
有効成分のオルリスタットが脂質を消化するリパーゼという酵素の働き邪魔することで脂質の吸収を30%ほど抑えてくれます。

吸収されなかった脂質は1~2日後に便として体外に排出されるため、普段通りの食事を取ったとしても、脂質の一部は吸収されていないため食事制限と同じ効果を得ることができます。

現在はゼニカルのジェネリック医薬品も発売されているため、より安価で購入することができます。

注意!
排出される油は非常に出やすくなっており、意図しないところで排出されてしまい下着やズボンなどを汚してしまうおそれがあります。
大げさに聞こえるかもしれませんが、初めて服用される方は大人用のオムツやナプキンなどで対策しておくことを推奨します。

ゼニカル系はこんな方に人気です

・脂っこい食事が好きな方

ゼニカル系の商品一覧を見る

人気のゼニカル系商品

食事による炭水化物の一部をなかったことに(炭水化物カット系)

カーボブロッカー

お米やパン、麺類が大好きという方は多いのではないでしょうか。
これらには多くの炭水化物(糖質)が含まれており、過剰に摂取した炭水化物は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されてしまい肥満の原因となってしまいます。

ダイエットサプリの中には炭水化物の吸収を一部防ぎ、体外に排出する効果を持っているものがあります。
服用することで普段と同じ食事を取っていたとしても、一部の炭水化物が吸収されないため食事制限と同様の効果を得ることができます。

炭水化物に対しては有効ですが、油っこい(脂質が多い)食事には効果がないことを憶えておきましょう。

注意!
炭水化物は糖質と食物繊維で構成されており、糖質は人間が活動する上で必要なエネルギーのもととなるため、必要以上に制限しないように注意してください。

1日に必要な炭水化物の摂取量は以下のサイトからご確認ください。
三大栄養素の炭水化物の働きと1日の摂取量

炭水化物カット系はこんな方に人気です

・ご飯やパン、麺類が好きな方

炭水化物カット系の商品一覧を見る

人気の炭水化物カット系商品

食欲抑制&脂肪燃焼を促進するサプリ(食欲抑制系)

サプリ食欲抑制系

ダイエットの基本は食事と運動、規則正しい生活とされていますが、ダイエットサプリの中には食欲抑制と脂肪燃焼促進による2つのアプローチでダイエットをサポートするものがあります。

好きな食事を我慢することにストレスを感じる方は多いですが、サプリメントによって自然と食欲が抑制され食事量が減ることでダイエットだけでなくストレス軽減にも繋がります。

年齢を重ねると基礎代謝が落ちるため脂肪が燃焼しにくくなってしまいますが、サプリメントによって脂肪が燃焼されるとお腹やふともも裏、背中などのお肉がスッキリする効果に期待が持てます。

POINT!

脂肪燃焼系のサプリメントは運動と併用することが前提となっています。
基礎代謝を上げるためにも適度な運動を行いましょう。

食欲抑制&脂肪燃焼系はこんな方に人気です

・お腹やふともも裏などの皮下脂肪が気になる方

食欲抑制系の商品一覧を見る

人気の食欲抑制&脂肪燃焼系サプリ

ダイエット薬・サプリを使うメリット

ダイエット薬やダイエットサプリを使用する主なメリットを紹介します。

メリット
・服用するだけなので継続しやすい
・手術に比べると身体的精神的負担が小さい
・ハードな運動を必要としない
・食事の我慢によるストレスが少ない
・リバウンドが起こりにくい

ダイエットを成功させるためには継続させることが必須となります。
ダイエット薬やサプリはダイエットの負担を軽減し、継続しやすい方法のため過去のダイエットがうまくいかなかったという方も試してみてはいかがでしょうか。

ダイエット薬・サプリを使うデメリット

ダイエット薬やダイエットサプリを使用する主なデメリットを紹介します。

デメリット
・ゼニカル系は油が出てしまう副作用に注意が必要
・ゼニカル系は脂溶性ビタミン(A、D、E、K)不足に注意が必要
・ゼニカル系には併用注意薬があり飲み合わせには注意が必要
・定期的に購入する必要がある(費用がかかる)
・ダイエットサプリは単体だと効果が薄い

ゼニカル系のような医薬品は効果が高い反面、副作用や併用注意薬に気を使う必要があります。

ダイエット薬・サプリと合わせて行いたいダイエット法

ダイエット薬だけでも食事量が以前と変わらないのであればダイエット効果に期待できますが、よりダイエットを効果的に効率的に行いたいのであれば、食事や運動、睡眠の習慣を見直すことが近道になります。

食事

ダイエットを成功させるうえで重要なことは食事内容を見直すことですが、ちょっとした食事習慣を変えるだけでも効果を得られる場合があります。
これらか紹介していくもので「これならできそう」というものから実践してみましょう。

間食の取り方に気を付ける

スナック菓子やチョコレートはNG

ダイエット中は間食を取ってはいけないと考える方が多いですが、取り方に気を付ければ問題ありません。
気を付けるポイントとしては間食の内容や間食の量、間食を取る時間が挙げられます。

間食といえばスナック菓子やチョコレート、洋菓子、和菓子などが定番ですがこれらは脂質や糖質、カロリーなどが高く肥満の原因となってしまうため、ダイエット中の間食には不向きです。
チーズやヨーグルト(無糖)などの乳製品、果物、ゆで卵、小魚など栄養価の高いものが推奨されています。

1日の間食は200kcal、糖質10g以内に控えて、1日の食事量内におさまるように調整してください。カロリーなどが低いものであっても食べ過ぎてしまうとダイエットの妨げとなってしまいます。

間食を取る時間は15時前後など昼食からある程度時間が過ぎているタイミングにしましょう。
小腹が空いている状態だと食べすぎてしまうおそれがあるため、できれば小腹がすく前に間食を取ると良いでしょう。

注意!
22時以降の間食はカロリーが消費されにくく、脂肪が溜まりやすいため控えてください。
どうしても我慢できない場合はスルメや昆布などよく噛むことで少量でも満足感を得られるものを選びましょう。

摂取カロリーに気を付ける

ダイエットの基本は 消費カロリー > 摂取カロリー の状態を続けることです。
これが逆になると余ったカロリーは脂肪として蓄積され肥満の原因となってしまいます。

カロリーコントロールを行う第一歩として、自身の1日のカロリー消費量を知っておく必要があります。
以下に年齢や性別ごとに1日の必要カロリーを表にまとめたので見ていきましょう。

まずは自身の活動レベルを以下の3つから選んでください。

身体活動レベル 低い 普通 高い
普段の過ごし方 仕事でもプライベートでも1日の大半は座っている 座っていることが多いが散歩や階段の上り下りなど適度な運動を行っている 立ち仕事や力仕事、定期的にジムに通う、スポーツを行うなど運動習慣がある

次に自身の年齢と活動レベルに合う部分を確認してください。
それが1日の必要カロリー量の目安となります。

男性

  身体活動レベル
年齢 低い 普通 高い
6〜7歳 1,350 1,550 1,750
8〜9歳 1,600 1,850 2,100
10〜11歳 1,950 2,250 2,500
12〜14歳 2,300 2,600 2,900
15〜17歳 2,500 2,800 3,150
18〜29歳 2,300 2,650 3,050
30〜49歳 2,300 2,700 3,050
50〜64歳 2,200 2,600 2,950
65〜74歳 2,050 2,400 2,750
75歳以上 1,800 2,100

※これらの数字は平均的な体格のものとなっており、体格や体重によって変わってきます。

女性

  身体活動レベル
年齢 低い 普通 高い
6〜7歳 1,250 1,450 1,650
8〜9歳 1,500 1,700 1,900
10〜11歳 1,850 2,100 2,350
12〜14歳 2,150 2,400 2,700
15〜17歳 2,050 2,300 2,550
18〜29歳 1,700 2,000 2,300
30〜49歳 1,750 2,050 2,350
50〜64歳 1,650 1,950 2,250
65〜74歳 1,550 1,850 2,100
75歳以上 1,400 1,650

※これらの数字は平均的な体格のものとなっており、体格や体重によって変わってきます。

45歳男性、活動レベル普通→2,700カロリー

32歳女性、活動レベル低い→1,750カロリー

最後に食事の内容から1日の摂取カロリーを算出して比較してみましょう。
摂取カロリーが必要カロリーを大きく上回っている場合は食事量を減らして摂取カロリーを減らす、または運動などによって消費カロリーを増やす必要があります。

21時以降の食事を控える

21時

21時以降の食事は脂肪になりやすいため基本的には避けることを推奨されています。
しかし、仕事などが忙しく食事が21時以降になることが避けられない場合もがあります。

そんな際に気を付けるべきポイントを紹介します。
食事のメニューは炭水化物や脂質が少なくタンパク質がしっかり取れるものを選びましょう。
お酒や甘いものは避けて白身魚や鶏ささみ、鶏胸肉、豆腐などを使ったメニューがおすすめです。
また、食事の際は野菜や海藻などを先に食べることで糖質や脂質の吸収を緩やかにしてくれます。

よく噛んで食べる

よく噛んでゆっくり食べると満腹感を感じやすく、食べ過ぎを防ぐ効果があるといわれています。
他にも消化吸収を助ける、血糖の上昇を緩やかにするなどの効果に期待できるため、15分以上かけてよく噛んで食べることを推奨します。

適度な運動

運動がダイエットに有効なことは誰もが知っていることだと思いますが、運動には2つの種類があります。

  無酸素運動 有酸素運動
運動内容 筋トレ
短距離走など
ウオーキング
水泳など
身体への負担 小~中
期待できる効果 基礎代謝の向上 脂肪の燃焼

どちらの運動もダイエットに有効ですが、最も効率的な方法は無酸素運動と有酸素運動の両方を行うことです。
その際は無酸素運動→有酸素運動の順番で行うと効率的に脂肪を燃焼させることができます。

「両方ともやるなんて無理!」という方は無酸素運動を行うことを推奨します。
基礎代謝が上がると普段の消費カロリーも増え、痩せやすい体になるためです。

良質な睡眠

ダイエットと睡眠、一見すると無関係のように思えますが実は深い関わりがあります。
睡眠の質が良ければダイエットに有効とされるホルモンが多く分泌されますが、睡眠の質が悪いとホルモンの分泌が少なくなり、肥満やダイエットの妨げになってしまいます。

厚生労働省の調査によると10時間の睡眠を取った日と4時間の睡眠を2日連続で続けた日を比較すると「食欲を高めるホルモンの分泌が増え、食欲を抑えるホルモンの分泌が減った」という結果が報告されています。

POINT!

良質な睡眠はダイエットだけでなく、疲労回復や免疫力の向上、ストレス緩和などの嬉しい効果があります。

睡眠の質を上げる方法は朝日を浴びるや就寝の2~3時間前にお風呂に入る、就寝前のお酒やコーヒーを控える、就寝前にスマホやパソコンの画面を見ないなど、色々な方法がありますので取り組みやすいと感じたものから実践してみてください。

ダイエット薬・サプリに関するQ&A

A1体質そのものが変わることはありません。
しかし、ゼニカルの副作用に下痢や排便回数の増加、油の放出などがあるため服用期間中はお腹がゆるくなったと感じることはあります。

A2毎食服用する必要はありません。
脂肪分の少ない食事ですと服用してもあまり効果はありませんので、そういった時は服用しなくとも問題ありません。

A3基本的に問題ありません。
ゼニカルに併用禁忌薬はありませんが、シクロスポリンやレボチロキシン、アミオダロンなどは併用注意薬に挙げられます。
他にも服用中のお薬がある場合は前もって医師に相談することを推奨します。

A4全く意味がないということはないですが、効果は薄く必要性は低いです。

A5食事中から食後1時間までの服用が推奨されています。
食事が終わってからすぐ服用する癖を付けておけば、飲み忘れが起こりにくいためおすすめです。

ゼニカルの効果は1~2時間ほどしかなく、食事の時間が長いと効果が低くなる可能性が高くなるため食前の服用には注意が必要です。
また、食事から1時間以上経過すると吸収が始まってしまうため、この場合も効果が低くなる可能性があります。

A6美容系のクリニックで糖尿病治療薬をダイエット薬として処方することがあるようですが、糖尿病治療薬は糖尿病を治療するためのものであって、ダイエットを目的としたものではありません。
そのため、糖尿病治療薬をダイエット目的で服用することは推奨できません。

ダイエット薬・サプリの口コミ紹介

オルリファストの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

食べるものや食べる量はなにも変わってませんが、体重は少しずつ落ちてます。
商品の説明に書いてたように、肌が少し荒れてきたのでビタミンのサプリは一緒に飲むようにしました。
今はもう肌も落ち着き、ほかに気になる症状もなく、良好です

オルリファストの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

口コミをみてこれを飲めば絶対痩せると思って注文しました。
ですが、口コミの通り、おしりからの油がすごくたくさん出るのでナプキンが手放せませんし、ニオイが気になるので男性といる時は気になって仕方ありません。
なくなり次第、もう少し飲みやすそうなダイエットサプリを試したいと思います。

オルリファスの口コミをすべて見る

カーボブロッカーの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

半年間飲んでます。ただ、最初の2ヶ月間は毎日4錠服用し、3ヶ月目からは毎日2錠に減らして飲んでます。
それでも体重が戻ることなく、現在もスリムなスタイルを保てています。
こういった薬は結構怪しいと思ってましたが、これは安心して飲めるタイプの薬みたいです。

カーボブロッカーの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

これ使っても痩せない。ゼニカル飲んでたときのほうが痩せやすかったかも。
1粒の値段が安いからお得だけど、肝心の効果がほとんどないのはちょっとあれだわ。

カーボブロッカーの口コミをすべて見る

リポドリンエクストリームの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

ご飯を食べてもすぐにお腹が空いてまた食べてしまうということが何度かありましたが、そのときにこれを使っておくと食欲が抑えられ、1回の食事で十分お腹いっぱいの状態が続きます。
副作用のような症状を感じたこともありません。これからも食欲をコントロールしたいときは頼りにします。

リポドリンエクストリームの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

どんな飲み方をしても気持ち悪くなる。体に悪い成分とか入ってるんじゃないのって怖くなってくる。
軽い気持ちで使い始めたしまだたくさん余ってるけど、これ以上は使いたくない。

リポドリンエクストリームの口コミをすべて見る

参考サイト

本ページは以下のサイトを参考に作成しています。

ページの一番上へ戻る