クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

ランソプラゾール1

ランソプラゾール

有効成分 ランソプラゾール
メーカー TEVA 内容量 15mg28錠x1箱
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 胃潰瘍や逆流性食道炎の治療
副作用 頭痛、めまい、下痢など 用法 症状や目的にあわせて服用
在庫 この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。
 
ガスモチン
ガスモチンは胃腸の働きを改善させる医薬品です。 日本で処方されているガスモチン錠と同じ有効成分を含んでおり、主に慢性胃炎による胸焼けや吐き気などの消化器症状に対して用いられます。
 
パイレックス
パイレックスは、肛門周辺の炎症に効果を発揮するサプリメントです。 抗炎症作用を持つさまざまなハーブが配合されており、いぼ痔や切れ痔をはじめとした痔の症状に効果を発揮します。

このお薬の人気ポイント

・治療薬の中でも胃酸分泌の抑制作用が強い

・胃痛や吐き気を効果的に抑える

商品詳細

ランソプラゾールは胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に効果的なお薬です。
本剤は日本国内で未承認ですが、国内で承認・処方されているタケプロンと同一の有効成分を含有しています。
なお、国内ではランソプラゾールと同様のタケプロンジェネリックが多数販売されていますので、安心してお使いいただけます。

ランソプラゾールはプロトンポンプ阻害剤(PPI)に分類される消化性潰瘍用剤です。
有効成分は製品名と同じランソプラゾールで、主に胃酸の分泌を抑える働きがあります。
胃酸には殺菌作用や消化を促す作用がありますが、過剰に分泌すると胃粘膜や食道を傷つけます。
ランソプラゾールには胃酸分泌に関与するプロトンポンプの働きを阻害する作用があり、胃酸分泌を抑えて、胃潰瘍や逆流性食道炎による胃痛や吐き気などの諸症状を改善できます。

ランソプラゾールはほかの治療薬に比べて胃酸分泌を抑える作用が強いため、第一選択薬として使用される事が多いです。
また、非びらん性胃食道逆流症や低用量アスピリン投与時における胃潰瘍・十二指腸潰瘍の再発予防に対する適応もあるため、幅広い治療にお使いいただけます。

ランソプラゾール 15mg28錠

個数選択 定価 割引率 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 5,000 5,000
25%
OFF
3,760 3,760 112pt 売り切れ
2箱 5,000 10,000
32%
OFF
3,430 6,860 205pt 売り切れ
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

ランソプラゾール 15mg28錠 x 2箱

6,860

ポイント:205pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

ランソプラゾールの最新の口コミ

ランソプラゾールの良い口コミ

まだ口コミがありません。

ランソプラゾールの悪い口コミ

まだ口コミがありません。

服用方法・使用方法

1日の服用回数症状や目的にあわせ服用
1回の服用量症状や目的にあわせ適量
服用のタイミング症状や目的にあわせ適宜
服用間隔症状や目的にあわせ適宜


【胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger−Ellison症候群】
1日1回、ランソプラゾール30mgを服用します。
なお、胃潰瘍と吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間まで投与が可能で、それを超える期間の投与は推奨されていません。

【逆流性食道炎】
1日1回、ランソプラゾール30mgを服用します。
なお、逆流性食道炎の場合、通常8週間までの投与とします。
さらに、再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1日1回15mgを服用しますが、効果不十分の場合は、1日1回30mgを服用することができます。

【非びらん性胃食道逆流症】
1日1回、ランソプラゾール15mgを服用します。
なお、非びらん性胃食道逆流症の場合、通常4週間までの服用とします。

【低用量アスピリンや非ステロイド性抗炎症薬の投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制】
1日1回、ランソプラゾール15mgを服用します。

【ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助】
1日2回、ランソプラゾール30mg、アモキシシリン水和物750mg(力価)及びクラリスロマイシン200mg(力価)の3剤を同時に7日間服用します。
なお、クラリスロマイシンは、1回400mg(力価)1日2回を上限として必要に応じて適宜増量することができます。

プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物またはクラリスロマイシンの3剤服用によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療ができなかった場合には、代替治療として、1日2回、ランソプラゾール30mg、アモキシシリン水和物750mg(力価)及びメトロニダゾール250mgの3剤を同時に7日間服用します。

注意点

持病やアレルギーのある方は事前に医師へ相談してください。
肝臓病のある方や高齢者は本剤の血中濃度が上昇しやすいため、慎重に服用してください。
抗エイズウイルス薬のアタザナビル、リルピビリンとの併用はできません。
喘息治療薬、抗真菌薬、抗がん剤との併用には注意が必要です。
ほかにも飲み合わせの悪い薬があるため、服用中の薬がある方は医師へ相談してください。
長期的に服用する場合には定期的に検査を受けてください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。

副作用

副作用はほとんどありませんが、肝機能値の異常、頭痛、めまい、下痢などの症状が現れることがあります。
服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ランソプラゾール

商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。

ランソプラゾールの口コミ

口コミを投稿する

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

ページの一番上へ戻る