クレジットカード種類

銀行振込、コンビニ決済
に対応

ベトノベートオイントメント1

ベトノベートオイントメント

有効成分 ベタメタゾン吉草酸
メーカー GSK 内容量 15gx1本
発送国 インド、シンガポール、タイ、香港 効果 アトピー性皮膚炎などの改善
副作用 皮膚の灼熱感や痛みなど 用法 1日1~2回、患部へ塗布

このお薬の人気ポイント

・5段階の3段階目の強さに分類されるステロイド

・日本国内で処方されているものと近い

商品詳細

ベトノベートオイントメントは、ベタメタゾン吉草酸を有効成分として配合したステロイド薬です。
アトピー性皮膚炎やディスコイド湿疹、乾癬や脂漏性皮膚炎などさまざまな炎症性のかゆみや皮膚病を改善する治療薬です。

日本国内では、ベトネベート軟膏として処方されているものと大きな違いはありません。
ベタメゾン吉草酸を配合したこちらの商品は、Strongest(最も強い)、Very Strong(とても強い)、Strong(強い)、Medium(普通)、Weak(弱い)の5段階あるステロイドのランクの中のStrong(強い)に分類されます。
StorongestやVery Strongは取り扱いに管理が必要ですが、こちらの商品はStrongなのでドラッグストアなどでも購入することができます。

こちらは、海外で製造された商品であるため、安価で購入することができるようになっています。

ベトノベートオイントメント 15g

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1本 1本
15g × 1本 6,200 6,200 4,760 4,760 142pt
15g × 2本 5,000 10,000 3,880 7,760 232pt
15g × 3本 4,367 13,100 3,353 10,060 301pt
当サイトのサービス

ベトノベートオイントメント 15g x 1本

4,760

ポイント:142pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

電話注文はこちら

用法・用量

1日の使用回数1~2回
1回の使用量適量
使用のタイミング患部が清潔な状態の時
使用間隔指定なし
使用する箇所アトピー性皮膚炎などの患部
1日に1~2回、清潔にした手で適量を手に取って患部に塗布します。
塗布する期間は改善がみられるまでですが、最大で4週間までとなっているため注意が必要です。

また、肘や膝など皮膚炎によって皮膚が厚くなっている場所に塗布する場合は、軟膏を塗布後にフィルムなどで浸透や効果を高めることも可能です。ただし、こうしたフィルムを用いた方法は基本的に1晩のみで十分となっており、1回行った後は通常通りに塗布します。

注意点

治療していない皮膚感染症がある方、酒さ様皮膚炎の方、尋常性痒疹のかた、性器などの掻痒の方、幸威皮膚炎の方の使用は厳禁です。小児も同様に使用は厳禁です。
また、妊婦や授乳中の方、高齢者や腎臓、肝機能障害がある方の使用には注意が必要です。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

副作用としては、皮膚の灼熱感や痛み、紅斑や発疹、皮膚の萎縮などが報告されています。
軽度な症状が多いですが、症状がおさまらない場合は病院で診察などを受けてください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
GSK : Products A-Z
医療用医薬品 : ベトネベート


ベトノベートオイントメントのよくある質問について

塗り薬を使わずに皮膚炎を治すことはできますか?

症状が軽度であればスキンケアやアレルギーの原因から遠ざかることで改善に期待できます。しかし、基本的にはお薬による治療が推奨されています。

ステロイドが含まれている薬と含まれていない薬ではどちらが効きますか?

ステロイド薬の方が高い抗炎症作用を持っています。非ステロイド薬は痛みのもととなる物質が作られる過程に作用しますが、ステロイド薬はその前の原因物質に作用することで炎症や痛み、発熱などをより抑えてくれます。

皮膚炎の薬にはステロイドが含まれているそうですが、使用しているとドーピング検査に引っかかりますか?

皮膚症状に対して外用薬を使用した場合であればほぼ問題ありません。しかし、内服薬の場合はドーピングに当たってしまうため注意が必要です。不安な場合は運営元に確認を取ることを推奨いたします。

花粉の季節になると首元に湿疹が出ますが鼻水や涙といった症状はありません。アレルギー用の外用薬を使用してもいいでしょうか?

症状の原因がアレルギーであれば問題はありません。症状の原因がアレルギーかどうか分からない場合は使用せず、まずは症状の原因を特定するため病院や皮膚科で診察を受けてください。

夏場は日焼け止めを使いたいのですが塗り薬の前か後、どちらのタイミングで塗ればいいですか?

基本的には先に塗り薬です。日焼け止めはどの順番で塗っても効果を発揮しますが、塗り薬は皮膚に成分を吸収させる必要があるため、先に塗ることを推奨されています。ただし、保湿剤も使用する場合は先に保湿剤を使い、その後に塗り薬となります。

塗り薬を使用した際は服を着るのにどれくらい時間を空ければいいですか?

症状の出ている部分は成分の吸収が早いため、すぐに服を着ても問題ありません。時々、服にお薬が付くことを嫌って使用量が少なくなってしまう方がいます。使用量が少ないと効果が下がってしまうおそれがあるため、しっかりと必要量を塗るようにしましょう。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

  • アトピーが出ても、これを塗ったら素早く抑えられるから愛用してる。副作用もほとんど感じたことがないし、安全性も十分高い。何より1本分の値段が安い!病院の薬も時々使ってるけど、こっちもずっと使っていきたい!

  • 市販されてる皮膚の薬とどっちがいいのか確かめるために購入しました。値段は病院に行った場合よりも安く済んだので、結構満足しています。肝心の効果面はどんな感じなのか、これからじっくり見ていく予定です。

  • 塗った場所が熱っぽくなり、痛みも出たので最近は使っていません。やはりステロイド薬は使い方に気をつけないといけませんね・・・。アトピー用にしようかと思っていましたが、ひとまず病院で薬をもらってこようかと考えています。

  • 手足にできた謎の湿疹に塗ってみたら、綺麗に治りました!あまりの効果に驚いて調べてみたら、これ、ステロイド薬だったんですね。ステロイド薬は怖い薬だとずっとイメージしていましたが、どうしても治らない皮膚症状にたまに使う程度だったらいいかもしれませんね。

すべての利用者の声を見る

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る