クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

ラシピル1

ラシピル

有効成分 ラシジピン
メーカー Glaxo Smith Kline 内容量 4mg28錠x1箱
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 高血圧症の改善
副作用 頭痛やめまいなど 用法 毎朝1回、1回2mgを服用
在庫 この商品は現在売り切れとなっております。
以下の類似商品をぜひご確認くださいませ。
 
ディオバン
ディオバンは血圧を下げる医薬品です。 日本で処方されているディオバン錠と同一の有効成分を含有しており、主に高血圧症治療に使用されていますが、心臓病や腎臓病に使用されるケースもあります。
 
ベタック
ベタックはベタキソロール塩酸塩を有効成分として配合した高血圧や狭心症治療薬のジェネリック医薬品です。

このお薬の人気ポイント

・優れた血管拡張作用により、血圧を低下させる

・適切な血圧を保つことで将来の健康を守る

商品詳細

ラシピルは血圧を下げる医薬品です。
本剤は日本未承認の医薬品ですが1991年に医療用として承認されており、主に高血圧症や狭心症の治療に対して有効です。

ラシピルは有効成分にラシジピンを4mg含有するカルシウムチャネル遮断薬(CCB)です。
ラシジピンは細胞膜のカルシウムチャネルが特定の信号との結びつきを遮断し、カルシウムイオンが血管壁細胞内へ流入しないようにする作用があります。
その結果、血管や心筋の収縮が抑えられて、血圧を低下させることができます。
また、他にも狭心症による胸痛の軽減や脳血管攣縮の予防に対する効果も期待できます。
なお、ラシピルは持続性に優れているため、1日1回の服用で十分な効果が持続します。

ラシピル 4mg28錠

個数選択 定価 割引率 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
1箱 8,600 8,600
24%
OFF
6,560 6,560 196pt 売り切れ
2箱 8,600 17,200
52%
OFF
4,130 8,260 247pt 売り切れ
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

ラシピル 4mg28錠 x 2箱

8,260

ポイント:247pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

ラシピルの最新の口コミ

ラシピルの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

リピーターです。血圧の低下といえば、これが最適です。ある程度長く使っていると血圧が徐々に下がってくるのを感じられると思いますので、いろんな方に使ってみてほしいですね。特に通院が難しいという状況の方だったら通販がとても便利だと思います。私も忙しい日々が続いているので、いつも大変お世話になっています。一度注文したらその便利さに驚くこと間違いなしです。

ラシピルの悪い口コミ

投稿者匿名さん さん

評価

薬そのものの効果はなかなかいいと思います。私の血圧も半月くらいで基準値にまで近づけることができました。でも、それ以外はちょっと不満ですね。まず、最初に見て思ったのは錠剤がけっこう大きいということです。食道が細い方だと飲むのにけっこう苦労しそうな感じです。そして、副作用もありました。これは人によって違うと思いますが、私は飲むといつも吐き気がありました。


ラシピルのよくある質問について

高血圧の薬は一生飲み続けなければならないのでしょうか?

高血圧薬は血管を広げて血圧を下げる作用があります。しかしながら、高血圧の原因に対してのアプローチはありません。そのため、高血圧の薬は対症療法となるため生活習慣の改善など高血圧の原因の改善ができない場合にはその可能性はあります。

高血圧の薬を処方されていますが、ED薬(バイアグラなど)を使用しても問題ないですか?

高血圧の薬は血圧を下げるものであるため、ED薬の作用と重複してしまい、過度な血圧低下を引き起こしてしまうおそれがあります。そのため、服用している降圧剤の種類と服用するED薬によっては併用は避けなければなりません。

高血圧で薬を飲んでいますが、マッサージを受けても問題ありませんか?

薬の作用がマッサージの効果に影響を与えたり、マッサージが薬の作用に影響を与えることはないと考えられます。そのため、薬の服用中にマッサージを受けたとしても、何も問題ありません。

高血圧の薬とグレープフルーツの相性が悪いというのは理解しましたが、どのぐらい時間を空ければ飲んでもいいのでしょうか?

グレープフルーツジュースと高血圧薬の併用は危険なため厳禁ですが、グレープフルーツジュースを飲んだ時の影響は数日持続するとされています。そのため、毎日服用する必要がある高血圧薬を使っている場合には、基本的に服用期間中はずっと避けるべきといえます。ただし、高血圧薬の種類によってはグレープフルーツジュースを飲んでも問題がない場合もあります。

高血圧の場合は降圧剤を使ってでも血圧を下げるべきでしょうか?

高血圧が原因となって動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などさまざまな病気に繋がってしまいます。高血圧の状態のまま放置すると命のリスクにも繋がるため、治療薬を用いて改善するべきだと言えます。

高血圧の薬と生理不順は関係ありますでしょうか?

高血圧の治療薬の中には副作用として生理不順が報告されているものがあります。また、副作用については個人差があるため、副作用があらわれたりあらわれなかったりします。酷い副作用があらわれたような場合には、医師に相談するなどしてください。

服用方法・使用方法

1日の服用回数1回
1回の服用量2~4mg
服用のタイミング毎朝
服用間隔指定なし
通常、成人はラシジピンとして1回2mg(0.5錠分)から開始し、毎朝1回服用します。
服用開始から3~4週間後、ラシジピンとして1回4mg(1錠分)に増量できます。
なお、服用量は症状の程度によって適宜増減しますが、6mg(1.5錠)を超えて服用してはいけません。

注意点

降圧作用によってめまいやふらつきが生じることがあるため、車の運転や高所での作業には十分お気をつけください。
また、本剤は日本で適応がないため、事前に医師や薬剤師へ相談されることをおすすめします。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。

副作用

頭痛、めまい、心拍数増加などの症状が起こることがあります。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
emc : Lacidipine 4 mg Film-Coated Tablets

商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。

ラシピルの口コミ

  • リピーターです。血圧の低下といえば、これが最適です。ある程度長く使っていると血圧が徐々に下がってくるのを感じられると思いますので、いろんな方に使ってみてほしいですね。特に通院が難しいという状況の方だったら通販がとても便利だと思います。私も忙しい日々が続いているので、いつも大変お世話になっています。一度注文したらその便利さに驚くこと間違いなしです。

  • 何年も前から高血圧で悩んでいたのですが、このラジピルのおかげでその悩みともお別れできそうです。飲む前までは病院からも注意してほしいと言われるくらい高かったのに、今ではほぼ基準値といってもいいくらいに落ち着くことができました。また、狭心症も同時に患っていたのですが、今は胸の痛みを一切感じません。体全体が軽く思えます。今後もラジピルで血圧の上昇を抑えていきます。

  • 他の方のレビューでも書いているように効き目が出るまではけっこう時間が必要だと思います。でも、私個人的にはこのラジピルが他の降圧剤よりもオススメです。他の薬だと下がってからもまた上がることがありましたが、ラジピルは1度下がると血圧が大きく上昇することはなかったです。体質や生活環境なども関係していると思いますが、私にはこのラジピルが最適な降圧剤でした。

  • やや高血圧気味で何か薬を始めたほうがいいと病院からも言われたので、このラジピルを購入して飲んでいます。はじめの間は毎日飲んでも血圧が全然下がらなかったので「本当に効くのか?」という半信半疑な感じでした。でも、根気よく毎日飲み続けているうちに血圧が徐々に下がってきました。効き目が出るまではかなり遅いので、何か理由があって早く治したい方には向いていない薬です。

  • 今もこのラジピルを飲み続けています。かなり遅いペースではありますが、確実に血圧を下げることができています。おかげで狭心症による胸の痛みも楽になっています。飲み続けていくことで血圧がまた上昇しないというのもいいですね。体の調子もすごくいいのもこのラジピルを飲んでいるおかげです。血圧がまた上昇しないためにも今後もラジピルをリピート購入していこうと思います。

すべての口コミを見る

口コミを投稿する

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

ページの一番上へ戻る