クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

テラプレス1

テラプレス

有効成分 テラゾシン塩酸塩
メーカー Intas Pharmaceuticals 内容量 2mg140錠x1箱
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 排尿障害の改善
副作用 めまいや立ちくらみなど 用法 1日2回、1回0.5~1.0mgを服用

このお薬の人気ポイント

・降圧薬としての効果も発揮する

・1日2回の服用で持続的に作用する

商品詳細

テラプレスは、頻脈や残尿感などの排尿障害を改善するα1遮断薬です。
前立腺肥大症に伴う排尿障害に高い効果を発揮し、尿道が圧迫されていない状態にして排尿をスムーズにします。
また、ハイトリンのジェネリック医薬品という特徴ももっており、ハイトリンと変わらない効き目を得られます。
配合されている有効成分はテラゾシンという成分で、交感神経に関わるα1受容体という部分に作用します。
前立腺や尿道平滑筋に存在しているα1受容体を遮断し、肥大化した前立腺を縮小させます。
その結果、肥大化した前立腺で圧迫されていた尿道が緩み、尿道の抵抗が和らいでスムーズに尿が体外へ排出されるようになります。
このような作用によって、前立腺肥大症に伴う排尿障害を改善し、排尿を正常な状態に整えます。

テラプレス 2mg140錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
2mg140錠 × 1箱 13,600 13,600 10,460 10,460 313pt
2mg140錠 × 2箱 10,700 21,400 8,230 16,460 493pt
2mg140錠 × 3箱 9,867 29,600 7,587 22,760 682pt
当サイトのサービス

テラプレス 2mg140錠 x 1箱

10,460

ポイント:313pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

電話注文はこちら

用法・用量

【前立腺肥大症に伴う排尿障害の場合】

1日の服用回数2回
1回の服用量0.5~1mg
服用のタイミング指定なし
服用間隔指定なし

【本態性高血圧症、腎性高血圧症、褐色細胞腫による高血圧症の場合】

1日の服用回数2回
1回の服用量0.25~2mg
服用のタイミング指定なし
服用間隔指定なし
・前立腺肥大症に伴う排尿障害
通常、成人はテラゾシン塩酸塩として1回0.5mg(0.25錠分)を1日2回より服用開始し、1日2mgに漸増します。
なお、服用量は症状の程度にあわせて適宜増減します。

・本態性高血圧症、腎性高血圧症、褐色細胞腫による高血圧症
通常、成人はテラゾシン塩酸塩として1回0.25mg(0.13錠分)を1日2回より服用開始し、十分な効果を得られない場合は1日1~4mg(0.5~2錠分)に漸増します。
なお、服用量は症状の程度にあわせて適宜増減しますが、1日に8mg(4錠分)を超えて服用してはいけません。

注意点

糖尿病で自律神経の弱っている人や高齢者の方、肝臓や腎臓に何らかの症状がある方は慎重に服用してください。
他の降圧薬や利尿薬、ED治療薬などの医薬品との飲み合わせにはご注意ください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

飲み始めの頃に、めまいや立ちくらみなどの症状が多くみられますが、多くの場合は一過性のものなので過度に心配する必要はありません。
また、このほかにも吐き気や鼻詰まり、頭痛、だるさ、動悸、頻脈、低血圧などの症状が報告されています。
過度な血圧低下や肝臓の重い症状など、重篤な副作用が引き起こされる可能性もあるのでご注意ください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
Intas Pharmaceuticals : PRODUCTS
医療用医薬品 : バソメット


テラプレスのよくある質問について

排尿障害の薬を服用したらEDになるって本当ですか?

排尿障害に用いられる治療薬の種類によります。前立腺肥大の治療に用いられるタイプの排尿障害の薬である場合、その副作用として勃起などの男性機能が低下してしまう可能性があります。

排尿障害の薬を服用するようになってEDですが、これは薬の服用が終われば治りますか?

薬の副作用によってEDとなっている場合、薬の服用を終えてその効果がなくなれば副作用であるEDの症状も改善すると考えられます。ただし、加齢などによって薬の副作用以外の原因でEDとなっている場合は除きます。

排尿障害の薬は色んな種類があるって本当でしょうか?

現在排尿障害の治療に用いられる治療薬にはいくつかの種類があります。抗コリン作用を持つ治療薬の他、α1受容体と呼ばれる受容体をブロックするα1遮断薬、そしてPDE-5と呼ばれる酵素の働きを阻害するPDE-5阻害薬が用いられます。

排尿障害の薬の中にはバイアグラと同じような効果のものがあるって本当ですか?

排尿障害の治療に用いられるPDE-5阻害薬はバイアグラやシアリスなどと同様の成分を配合していたりします。だからといって、バイアグラなどが排尿障害の治療薬として承認されているものではないので、排尿障害に使うことはできません。

排尿障害でPDE-5阻害薬を飲んでいる場合は、どのぐらいで排尿は完治しますか?

PDE-5阻害薬を排尿障害の改善で服用する場合、基本的に完治するということはありません。これは対症療法であるためです。そのため、根本的な排尿障害の改善には排尿障害の原因に対する改善を行う必要があります。

排尿障害の薬は前立腺肥大の手術を受けた場合でも効果はありますか?

前立腺肥大の手術を受けている場合には、十分な効果を得られない可能性が考えられます。その場合には別の排尿障害の治療薬などが用いられる場合があるので、専門医の診察を受けたり相談するようにしてください。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

  • 140錠入ってこの価格ならコスパはいい方だと思います。しばらくこちらの薬を使用してみましたが、今のところは120~130くらいで血圧が安定するようになりました。それに加えて、前立腺の違和感もなくなったのでこれが地味に嬉しい。いつもなら冬場に感じることがあるんですけど、それがありません。これだったら当分まだまだ使っていきたいなと思いました。

  • これを飲むとトイレに行った直後に感じる残尿感がまるでありません。今までの悩みが嘘のように感じます。私はこれまで食生活を変えたり、サプリメントを飲んだりして工夫していましたが結局この薬が1番効いたと思います。他の薬を飲んだ経験が無いので、比較したりすることはできませんが、個人的にはこの薬が気に入ったので常用しようと思っています。また、購入させてもらいます。

  • 自分はこれで残尿感や尿の少なさを改善することができました。完全に効くまでは少し時間がかかりましたが以前とはトイレに行った後の感じが全然違いますね。ここまでスッキリすることができたのは若い時以来かもしれません。排尿をしっかいと行うだけでここまで気分が良くなるとは思ってもいませんでした。加齢で残尿感などに悩む方には非常にオススメできるものだと思っています。

  • 自分は排尿の回数が減ってしまったことで、いろんな病気につながると医者から言われたためこの薬を数ヶ月の間飲み続けています。排尿の量が極端に増えたようなことはありませんが、徐々に増えているような気はします。残尿感をあまり感じないんです。ただ、私の場合は立ちくらみと眠気の副作用が出てしまうことがけっこうあります。そのため、飲むときは家にいるようにしています。

  • 加齢に伴い、前立腺が悪くなってきたようで尿の量もかなり少なくなってきました。また、量が少ないのにトイレに行く回数は増えたような感じです。そのせいで外に出かけることもおっくうになり、運動量なども極端に減っていました。でも、テラプレスを飲むと尿の量が増えて、トイレに行く回数も以前より少なくなっています。もう少し飲んでさらに回数が減ったら、外にも出れそうです。

すべての利用者の声を見る

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る