クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

アマリール1 アマリール2 アマリール3

アマリール

有効成分 グリメピリド
メーカー サノフィ株式会社 内容量 1mgx30錠
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 2型糖尿病の改善
副作用 低血糖や肝機能数値の上昇など 用法 1日1~2回、1回0.5~4mgを服用

このお薬の人気ポイント

・安全性が高い血糖降下剤

・厚生労働省認可なので安全

商品詳細

アマリールは血糖値を低下させる医薬品です。
日本でも広く処方されているアマリール錠と同じ成分を含有しており、主に2型糖尿病で食事療法や運動療法で効果が得られなかった場合に用いられています。

アマリールはスルフォニル尿素系に分類される血糖降下剤で、有効成分としてグリメピリドが配合されています。
グリメピリドは膵臓に存在するβ細胞に働きかけ、インスリンの分泌を促す作用があります。この作用によって血糖値が低下し、正常な血糖値を保ちます。
また、アマリールは他の薬剤と比べて緩やかなインスリンの分泌促進作用があるため、低血糖などの副作用を起こしにくい傾向があります。
なお、適切な血糖値を維持することは糖尿病の改善や予防に有効なだけではなく、合併症のリスクを低下させることにも繋がります。

アマリール 1mg

個数選択 定価 割引率 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
30錠 143 4,300
25%
OFF
109 3,260 97pt
60錠 143 8,600
46%
OFF
78 4,660 139pt
90錠 143 12,900
57%
OFF
62 5,560 166pt

アマリール 2mg

個数選択 定価 割引率 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
30錠 150 4,500
24%
OFF
115 3,460 103pt
60錠 150 9,000
45%
OFF
83 4,960 148pt
90錠 150 13,500
55%
OFF
68 6,160 184pt

アマリール 3mg

個数選択 定価 割引率 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
30錠 160 4,800
24%
OFF
122 3,660 109pt
60錠 160 9,600
46%
OFF
88 5,260 157pt
  • 1万円以上で送料無料
  • プライバシー守る安心梱包
  • 100%メーカー正規品取り扱い
  • いつでも購入可能 処方箋不要
  • 商品到着100%
  • コンビニ決済利用可能

アマリール 1mg x 30錠

3,260

ポイント:97pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

電話注文はこちら

アマリールの最新の口コミ

アマリールの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

食事量を大きく変えなくても、これがあれば血糖値を正常な状態で維持できます。本当に心強いです。糖尿病予備軍といわれた身ですが、健康的に過ごせているのもアマリールのおかげです。病院の先生も悪化してないと言ってくれてますし、この調子で血糖値をコントロールしていきたいですね。

アマリールの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

アマリール以上の効き目がある治療薬とはまだ出会ったことがないが、これを飲むと決まって動悸や悪寒が止まらなくなる。糖尿病の治療のためには必要だからと飲み続けてきたが、正直ちょっと怖い。他にもっと良い薬があったらそっちに切り替えたい。


アマリールのよくある質問について

糖尿病は薬を飲まなくても大丈夫?

糖尿病は動脈硬化などを引き起こす恐れがあります。食事療法や運動療法で血糖を下げることも可能ですが、治療薬を使用することでより効率的に糖尿病の改善が可能です。

糖尿病の薬に強い眠気の副作用はありますか?

糖尿病治療薬の副作用として眠気などが報告されている種類のものはありません。そのため、眠気などが起きたような場合には別の原因が考えられます。

糖尿病治療薬の影響で性格が変わったりしたりすることはありますか?

糖尿病治療薬の服用で性格が変わるといったことはありません。糖尿病治療薬は種類にもよりますが、脳に対して作用したりすることはないため、性格が変わるといった可能性は限りなくゼロに近い考えられます。

糖尿病って薬飲んでたら食べても運動しなくてもいいのでしょうか?

糖尿病薬は血糖を下げる作用がありますが、運動療法や食事療法を組み合わせることは非常に重要です。それらを組み合わせることでより効率的に糖尿病を改善することができるため、適切に運動や食事療法を取り入れるようにしましょう。

糖尿病治療薬は飲み続けなければいけないものですか?

基本的に糖尿病治療薬は血糖値が運動や食事療法だけで抑えられるれ、それを維持できると判断されれば辞められる場合があります。ですが、食事や運動でも足りない場合には、継続が必要です。そのため、糖尿病治療薬の継続は自身の血糖値によって判断されます。

糖尿病の薬を健康な人が飲むと死ぬって本当ですか?

糖尿病の薬は血糖値を低下させる作用を持っています。そのため、健康で血糖値が高くない人が飲んでしまうと、必要な血糖値を維持できず意識障害などを引き起こしてしまう可能性があります。また、意識障害から死に至るといった可能性もあります。絶対に死ぬというわけではありませんが、危険であるため、健康な方は治療薬の服用はお避け下さい。

糖尿病の薬を飲めば痩せることができるって本当ですか?

ダイエット目的で糖尿病の治療薬を服用することは非常に危険です。もともと、血糖値が正常な人が糖尿病治療薬によって過度な低血糖となってしまい死に至る可能性もあります。また、痩せる可能性があるのはごく一部の治療薬のみとなっています。そのため、ダイエットを目的としての使用は厳禁です。

糖尿病の治療薬は食前に服用しても問題ないですか?

食前に服用しても問題ない種類のものも、食後にしか服用していけないものもあります。そのため、自身の服用している糖尿病の種類をご確認の上、医師や薬剤師に確認するようにして下さい。

服用方法・使用方法

1日の服用回数1~2回
1回の服用量0.25~2mg
服用のタイミング朝夕の食前もしくは食後
服用間隔指定なし
1日0.13~0.25錠(0.5~1mg)より開始し、1日1~2回朝または朝夕、食前または食後にお水または白湯などで服用してください。
維持量は通常1日0.25~1錠(1~4mg)で、年齢や症状によって服用量を調節してください。
1日最大服用量は1.5錠(6mg)までとしてください。
用量の2倍、3倍といった量を一度に服用しても、効果が強くなることはなく、副作用のリスクを高めてしまうため厳禁です。

注意点

服用量を調節する際にはピルカッターをお使いください。
併用に注意が必要な薬剤が多数ございますので、服用中の薬剤がある場合には事前にご確認ください。
他にも使用に適さないケースもございますので、心配な方は医師や薬剤師へご相談ください。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。

副作用

低血糖、肝機能数値の上昇、めまいなどの症状が現れることがあります。
低血糖による悪寒、動悸、脱力感などが現れた場合には、速やかに糖分を摂取してください。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
[e-MR]サノフィ株式会社 : アマリール
添付文書 : アマリール

商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。

口コミ

  • 食事量を大きく変えなくても、これがあれば血糖値を正常な状態で維持できます。本当に心強いです。糖尿病予備軍といわれた身ですが、健康的に過ごせているのもアマリールのおかげです。病院の先生も悪化してないと言ってくれてますし、この調子で血糖値をコントロールしていきたいですね。

  • アマリール以上の効き目がある治療薬とはまだ出会ったことがないが、これを飲むと決まって動悸や悪寒が止まらなくなる。糖尿病の治療のためには必要だからと飲み続けてきたが、正直ちょっと怖い。他にもっと良い薬があったらそっちに切り替えたい。

  • 半分から服用スタートし、今で3ヶ月目です。先生に相談したり、検査の結果を見たりしながら飲む量を調節していますが、高かった血糖値がきちんと下がっています。体調が悪いと副作用が出やすくなりますが、それ以外のときはほとんど気になりません。結構良い薬なんじゃないでしょうか?

  • 安価なのでかなり飲みやすいですね。一回飲んだだけでも結構効果があったんじゃないかなと感じています。調子がよさそうでしたら、このまま継続していこうと考えています。

  • 血糖値は劇的に下がりましたが、副作用がつらく、かなりしんどいです。かといって服用量を減らすと、今度は効果が出ない・・・もうどうしようもないです。服用をやめるしか道がありませんでした。

すべての口コミを見る

口コミを投稿する

商品口コミの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。

ページの一番上へ戻る