クレジットカード種類

銀行振込、コンビニ決済
に対応

パリエット1 パリエット2

パリエット

有効成分 ラベプラゾールナトリウム
メーカー Janssen 内容量 20mgx28錠
発送国 香港・インド・シンガポール・タイ 効果 胃や十二指腸潰瘍の改善
副作用 発疹やそう痒感など 用法 1日1回、1回10~20mgを服用

このお薬の人気ポイント

・国内で3番目に誕生したPPI

・副作用が少なく安全に服用できる

商品詳細

パリエットは胃酸の分泌を抑制する医薬品です。
日本で流通しているパリエット錠と同じ有効成分が含まれており、主に胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療薬として処方されます。

パリエットはプロトンポンプ阻害薬(PPI)に分類され、有効成分にはラベプラゾールナトリウムが20mg配合されています。
ラベプラゾールナトリウムは胃酸の分泌に関与するプロトンポンプの働きを抑える作用があります。この作用によって胃酸が減少し、胃の炎症や潰瘍を改善します。また、パリエットには消化酵素の分泌も抑える働きがあり、胃酸の逆流を防ぐことで逆流性食道炎の予防効果も期待できます。
臨床試験でも優れた有効性が確認されていますので、確かな有効性を実感していただけるでしょう。
なお、パリエットは胃潰瘍や十二指腸潰瘍を招くヘリコバクター・ピロリ菌の除菌をサポートする効果もあり、幅広い効果効能で胃腸の健康を守ります。

パリエット 20mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
20mg × 28錠 175 4,900 134 3,760 112pt
20mg × 56錠 130 7,300 99 5,560 166pt
当サイトのサービス

パリエット 20mg x 28錠

3,760

ポイント:112pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

ご入金前であればキャンセル可能です

電話注文はこちら

用法・用量

【胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger‐Ellison症候群の場合】

1日の服用回数1回
1回の服用量10~20mg
服用のタイミング食前
服用期間6週間もしくは8週間

【逆流性食道炎の場合】

1日の服用回数1回
1回の服用量10~20mg
服用のタイミング食前
服用期間8週間
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger‐Ellison症候群の方
1日1回、1回1/2錠(10~20mg)を食前に服用してください。
病状により1回1錠(20mg)を服用することができます。
胃潰瘍や吻合部潰瘍の方は8週間まで、十二指腸潰瘍の方は6週間までの服用期間とします。

逆流性食道炎の方
1日1回、1回0.5~1錠(10~20mg)を食前に服用してください。
病状により1回1錠(20mg)を服用することができます。
8週間までの服用期間とします。

※薬剤を分割した際の残りに関しましては、空気に触れないように保管していただき、2日以内に服用してください。

注意点

症状によって服用量が異なりますので、十分ご確認ください。
飲み合わせの悪い薬剤が多数ございますので、服用中の薬剤がある方はご注意ください。
服用に関して不安な点がある場合には、医師または薬剤師へ相談されることをおすすめします。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

副作用は少ないとされてますが、過敏症による発疹やそう痒感、血圧上昇、便秘などの症状が起こることがあります。

服用方法や副作用・併用禁忌・注意のご説明には、商品の説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : パリエット
添付文書 : パリエット


パリエットのよくある質問について

逆流性食道炎は薬を使えばどのぐらいで治りますか?

逆流性食道炎を薬で改善する時の期間については、人によって違います。そもそも逆流性食道炎の薬は炎症の原因となっている胃酸の分泌を抑えて改善する作用を持ったものなどです。そのため、根本的な原因の解決にはならず、食生活や生活習慣など原因の改善を行うことで初めて治せるものなので、生活習慣などを一気に改善することができれば早期の改善にも期待できます。

逆流性食道炎の薬は一生服用する必要がありますか?

逆流性食道炎の原因は人によってさまざまです。また、治療薬は根本的な治療を行うものではなく、胃酸の分泌を抑えたり粘膜を保護して更なる炎症を抑えるといったものとなっています。そのため、逆流性食道炎の原因そのものを改善しなければ一生飲み続ける必要がありますし、原因を解消すれば、その後の服用は必要ありません。

低用量ピルを服用しているのですが、胃潰瘍の薬と併用して問題ないですか?

服用ししている低用量ピルや胃潰瘍の薬の種類によって併用注意となるような場合があります。そのため、胃潰瘍の薬を服用する場合には、併用注意として指定されていないものを使用する必要があります。併用注意がわからないといったような場合には、医師や薬剤に相談、確認するようにしてください。

胃潰瘍は薬で治せますか?

適切な薬を適切に服用することで、胃潰瘍を改善することは可能です。ただし、生活習慣や食習慣が原因となっている場合もあるため、薬の服用と共にそれらの習慣の改善を行うことが重要な場合もあります。

胃潰瘍は薬を飲まずに自然に治すことは可能ですか?

治療薬の服用によって効率的に胃潰瘍を改善へと向かわせることが可能です。しかし、治療薬を使用しない場合には、治療の速度も遅くなってしまうだけでなく、より酷くなってしまう恐れもあるため治療薬を使用して早期改善を行うようにしましょう。


商品の梱包について

商品の梱包

パッケージ例となります。
商品やご注文単位によってはシート単位でのお届けとなる場合が御座います。
外箱に当サイト名や商品名が記載されることはないため、ご家族や配達員など第三者に内容を知られることは御座いません。


利用者の声

  • つらい胸焼けも楽になりますし、胃痛も楽になります!病院で薬を出してもらうよりも節約できてお得です!胃痛も胸焼けも突然来るし毎回病院に行けるとも限らないので、定期的に注文して備えるようにしてます!

  • 逆流性食道炎の治療中ですが、薬をこれに変えてから調子がよくなってきてます!前の薬はあまり効いていなかったのかもしれません。このまま治ってほしいです。

  • 即効性や効果はガスターに劣りますが、値段が安いので愛用してます。胃痛になりやすいので、切らさないように気をつけています。

  • パリエットは以前急性胃炎を起こした時にすごくお世話になった薬でした。症状が落ち着いてからは飲まなくなり、病院にも行かなくなっていました。最近また胃腸をやられてしまったので、再びパリエットを飲むことになったというわけです。相変わらず効き目が良くて、頼りになります。以前とは違って通販も覚えたので、病院と上手く使い分けるようにしてます。

  • 仕事などが忙しくて病院にすら行けないときはネットで購入できて、本当に助かっています。私も胃が弱くストレスや食事が原因でよく逆流性胃腸炎になってしまうのですが、ネットで購入できることで切らすことがありません。時間がるときは病院に行くのですが、無いときは今後もインターネットで購入させてもらおうかなと思います。

すべての利用者の声を見る

利用者の声を投稿する

投稿者名(任意)

満足度(必須)

登録メールアドレス(ポイント獲得を希望される場合)

口コミ(必須)

当商品の購入履歴が確認できた会員様からの投稿に対しては

100ポイントをプレゼント致します。

ポイントの獲得や投稿に関する規約はこちらをご確認下さいませ。

ページの一番上へ戻る