低用量ピルはニキビ改善にも効果的!改善できる理由について

低用量ピルはニキビ改善にも効果的!改善できる理由について生理周期やホルモンの変動によってニキビが増えると悩む人は少なくありません。

そのような方の中には、低用量ピルがニキビ改善に効果的という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

ホルモンの乱れが原因で起こるニキビは適切な治療法を見つけるのが難しいため、効果があるのか気になるところです。

 

この記事では、なぜ生理前や生理中にニキビができやすくなるのか、そして低用量ピルがニキビにどのように作用して改善につながるのかについて解説します。

さらに、低用量ピルの服用初期に肌荒れやニキビが悪化するとの噂の真偽や改善しにくいニキビについても掘り下げます。

低用量ピルの使用を検討している人や、既に服用していてニキビに悩む人はぜひ参考にしてください。

 

生理前から生理中にかけてニキビができやすくなる原因

ニキビが出来た女性

生理前から生理中にかけてニキビができやすくなるのは、女性ホルモンの大きな変動が原因です。

排卵が終わると黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増加して皮脂の分泌を促します。

また、この時期はエストロゲンの分泌が低下するため、肌は潤いを失い乾燥しがです。

そのため余計に皮脂が分泌され、毛穴を詰まらせてしまいます。

 

また、加齢に伴って男性ホルモンの影響を受けやすくなることも大人ニキビの一因です。

男性ホルモンには皮脂分泌を促進する作用があり、ホルモン異常がニキビ発症に拍車をかけます。

生活習慣の乱れや老廃物の蓄積、ストレスなども関係しており、血行の促進やホルモンの乱れの改善が大人ニキビ改善へのポイントとなるでしょう。

 

低用量ピルを服用してニキビが改善できる理由

低用量ピルは避妊以外に生理不順や生理痛の改善などさまざまな効果があり、なかでもニキビの改善効果が注目を集めています。

ホルモンが乱れると皮脂の分泌が過剰になって毛穴が詰まってニキビができやすくなります。

しかし、低用量ピルを服用することで女性ホルモンのバランスが整うため、ホルモンの乱れによるニキビを改善へと導きます。

加えて、低用量ピルには男性ホルモンの分泌を抑制する作用もあるため、男性ホルモン過剰による大人ニキビにも効果があります。

参考元:ニキビはピルで良くなる?ニキビと低用量ピルの関係について解説します。

 

低用量ピルが効果を発揮するニキビの種類

低用量ピルは女性ホルモンバランスの乱れに起因するニキビに対しての改善効果があります。

まず思春期ニキビでは、ホルモンの変化がニキビの原因となりますが、ピルで調節することで発症を抑制することが可能です。

また加齢とともに男性ホルモンの影響で起こる大人ニキビにも効果があります。

 

一般の皮膚科で3か月以上経っても治らないニキビも、ホルモン異常が関係している可能性があり、ピルが改善へと導く可能性があります。

美容皮膚科でレーザー治療を試しても効果が現れないニキビも同様で、ピルでホルモンバランスを整えることによってニキビを発症させている根本原因に対処できるでしょう。

このように低用量ピルは、ホルモンの乱れから生じるさまざまなニキビに対し、発症の抑制や改善が期待できる有効な治療方法といえます。

参考元:ニキビ治療

 

低用量ピルを飲み始めて肌荒れやニキビができたというウワサはホント?

低用量ピルの服用開始後に肌荒れやニキビが悪化するのは、一部の人に実際に起こり得る現象です。

この現象がなぜ起きるのか、そして時間とともにどのように肌の状態が改善されるのかを解説します。

 

低用量ピルの飲み始めは肌荒れ・ニキビが悪化しやすい

低用量ピルの服用を開始した当初は、一時的に肌荒れやニキビが悪化する可能性を考慮する必要があります。

これは服用による体の変化に伴う一過性の反応であるため、多くの場合は継続して服用することで落ち着いていくでしょう。

 

しかしなかには、ピルが体質に合わない場合もあるため注意が必要です。

ピル服用に伴うホルモンバランスの変化は個人差が大きいため、症状の経過を見守りながら医師と相談して最適な対応を探ることが重要です。

そのため、低用量ピルの服用初期にあらわれる肌荒れやニキビの悪化には、慌てずに落ち着いて経過を見ながら医師と相談しながら対処するようにしましょう。

 

効果がでるには2~3ヶ月間は飲み続ける

低用量ピルによるニキビ改善効果を実感するには少なくとも2〜3ヶ月は継続して服用することが重要です。

短期間で効果が現れないからと投げ出さず、医師の指示に従い、しっかりと服用を続けることが大切なポイントとなります。

 

これは、ピルを毎日きちんと服用することで、徐々にホルモンの乱れが改善されていくためです。

そのため、服用を中断してしまうとホルモンバランスが再び乱れてしまい、再びニキビが悪化するといった可能性も考えられます。

ですが、長期にわたって低用量ピルを服用していてもニキビの改善がみられないというような場合は、医師に状況を報告して別の処方への変更を検討しましょう。

参考元:ニキビに効果のあるピルの種類|ピルでニキビ改善が期待できる仕組み

 

低用量ピルでも治らないニキビはある?

色々な種類のニキビ

低用量ピルはホルモンの乱れが原因であるニキビを改善するのに役立ちますが、すべてのニキビがピルの服用だけで解決されるわけではありません。

生活習慣やニキビ跡に関しては、異なるアプローチが必要となります。

 

生活スタイルが原因となるニキビは治らない

ニキビの治療において、低用量ピルはホルモンの乱れによって生じたニキビに対し有効な手段となります。

しかし、生活習慣の乱れから引き起こされるニキビに関しては、ピルの服用だけでは根本的な改善は期待できません。

肌の乾燥や睡眠不足、ストレスなどの生活スタイルの問題がニキビの原因となっている場合は、それに合った対策が必須です。

 

そのため、どれだけピルでホルモンバランスの乱れを整えても、生活スタイルの改善をしなければ根本原因の改善とはならずニキビも改善しません。

このようなケースでは、食事内容の改善や禁煙などの生活スタイルの改善が求められます。

 

ニキビ跡の治療には有効ではない

低用量ピルは、ホルモンバランスの乱れを改善してニキビの発症や悪化を防ぐ効果がありますが、ニキビ跡への効果は期待できません。

ニキビ跡とは、ニキビの炎症によってメラニン色素が過剰に生成されたり、組織が損傷を受けたりして形成された後遺症です。

したがってニキビ跡の治療には低用量ピルの服用では効果が期待できず、別の対策が必要となります。

ニキビ跡はレーザー治療やケミカルピーリング、美容液の塗布などの専門的な治療が有効とされています。

そのため、ニキビ跡に悩んでいる場合は低用量ピルの服用ではなく、適切な治療法を受けるようにしましょう。

 

ニキビの改善に聞く低用量ピル「マーベロン」

ニキビ治療に適した低用量ピルのなかで、特に注目を集めているのがマーベロンです。

マーベロンには、ニキビの原因となる男性ホルモンの作用を抑制する効果が高くなっており、男性ホルモン作用による過剰な皮脂分泌を効果的に抑制します。

 

このようにホルモンの乱れの改善を通じて、ニキビの発症リスクを下げる効果が期待できるのがマーベロンの特徴です。

服用を2~3サイクル続けることで、多くの場合でホルモン量が適正化し、ニキビの症状が緩和していきます。

 

また、マーベロンは低用量ピルのなかでも消化器症状や肥満、うつ症状などの副作用が比較的少ないとされていることも利点となっているため、継続して服用しやすいピルといえます。

このように、安全性と効果の高さからニキビ治療に最適な選択肢の一つとされています。

 

 

まとめ

低用量ピルは、ホルモンバランスの乱れが原因で起こるニキビに効果的ですが、生活習慣由来のニキビやニキビ跡には効果が期待できません。

ピル服用による初期の肌荒れは、ホルモンバランスの変化による一時的なものであるため数ヶ月の継続使用で改善するケースが多いです。

 

マーベロンのような低用量ピルは、ニキビ改善に加えて副作用が比較的少ないため長期的な治療に向いています。

 

低用量ピルの服用によってニキビの改善を目指すことも可能ですが、効率的にニキビを改善するにはピルの服用と並行して生活習慣の見直しなどを行うことが重要です。