クレジットカード種類

銀行振込、コンビニ決済
に対応

不感症や性交痛改善薬の選び方

性行為の際に痛みや不快感がある、気持ちよくない、男性に不感症と言われてしまった、このような経験から性行為を避けるようになったという女性は少なくありません。
日本では女性が性に関する話題をオープンにすることは控えるべきといった空気があるため、誰にも相談できず1人で悩みを抱えていませんか?

本ページは不感症や性交痛の原因や改善方法を紹介し、女性の性のお悩みを解決することを目的としたページです。
現在、不感症や性交痛に悩んでおられる方は参考にしてみてください。

不感症や性交痛について

不感症とは

不感症の女性

不感症は性行為を行うこと自体は可能ですが、快感がほとんどない、またはまったく感じない状態のことを指します。
男性にはED(勃起不全)や性欲減退などがありますが不感症になることはほとんどなく、不感症は女性特有のものとされています。

性行為の経験が少ない方が「思っていたほど気持ちよくなかった」と、自分のことを不感症だと思ってしまうことがありますが、多くの方は経験を重ねることで解消されます。
逆に性行為の経験が多く快楽も感じていた方が急に感じなくなった場合は不感症の疑いがあります。

ココロ薬局で人気の不感症改善薬(サプリ)BEST10

不感症の原因

不感症の原因は過去の性行為で感じた痛みや恐怖心、羞恥心、嫌悪感などが性行為に対するイヤなイメージとして残っているため不感症に繋がっていると考えられています。
クリトリス包茎や膣のゆるみなど身体的な原因による不感症の方も多くいらっしゃいます。

性交痛とは

性交痛に悩む女性

性交痛とはその名の通り性交時(挿入中や挿入後)に感じる痛みのことです。
性交痛があってもパートナーに相談できず、痛みを我慢しながら性行為をされる方も少なくないようです。
また、性交痛があるため性行為を避けるようになり、それが原因でパートナーとの関係性が悪くなってしまったという話もあります。

このように性交痛は女性にとって深刻な悩みとなっています。

性交痛の原因

性交痛はいわゆる「濡れない」ことによる潤い不足が原因とされています。
「濡れない」原因にはどのようなものがあるのか紹介します。

  1. 1緊張やストレス
  2. 2特定の病気(子宮内膜症やクラミジアなど)にかかっている
  3. 3動脈硬化
  4. 4更年期
  5. 5出産後
  6. 6不十分な前戯

上記の内容に複数心当たりがあるようでしたら、これから紹介する不感症の改善法の実践を推奨します。

不感症や性交痛の改善

不感症や性交痛を改善する方法は大きく分けて3つです。

  1. 1医薬品による改善
  2. 2サプリメントによる改善
  3. 3潤滑ゼリーによる改善

次にそれぞれの特徴やどんな方に向いているかなどを紹介しますので、参考にしてみてください。

医薬品による改善

ラブグラ

医薬成分を含んだ内服薬となっており、性行為の30~60分前に服用することで女性器周辺の血管を拡張し、多くの血液が流れ込むことで感度を上昇させます。
感度が高まることで濡れやすく、オーガズムしやすくなるといった効果に期待が持てます。

医薬成分のため効果が現れるまでの時間が短く、個人差が出にくい、性行為の時だけ服用すればいいと使い勝手が良いなどのメリットがあります。

注意すべき点としては同時に服用できないお薬があったり、特定の病気をお持ちの方は服用できないことです。

不感症改善薬はこんな方に人気です

・体質的に感じにくい方

人気の不感症改善薬

サプリメントによる改善

プロベストラ

サプリメントは体質そのものを改善し不感症や性交痛を緩和してくれます。
医薬品に比べ即効性は低いもののほとんどの方が服用できますし、副作用などの心配がなく、性機能だけでなく健康にとっても良い成分が入っているなど、多くのメリットがあります。

毎日服用する必要がある点と改善まで時間がかかる点には注意が必要です。

サプリメントはこんな方に人気です

・体質そのものを改善していきたい方

人気の不感症改善サプリ

潤滑ゼリーによる改善

KYジェリー

女性器に塗布することで潤いを与えて性交痛を緩和してくれます。
商品によっては性感を高める成分も含まれており、性行為をサポートします。
膣に直接使用するもののため安全性が高く、刺激のない成分で作られており、クリトリスなど敏感な部分に塗っても問題ありません。

医薬品のように飲み合わせや副作用を気にする必要はありませんし、サプリメントのように毎日服用する手間やコストもありません。
性行為前に使用するだけなので手間やコストは少なく済みます。

使用量が少ないと性行為中になくなってしまうことや滑りが足りなくなることがあるため、最初は多めに使用してじょじょに量を調整することを推奨します。

潤滑ゼリーはこんな方に人気です

・体質的に濡れにくく性交痛になりやすい方

人気の不感症改善サプリ

他の治療法について

婦人科や女性クリニックでは医薬品やサプリメント以外の方法で不感症や性交痛を改善する治療法があります。
それらを紹介します。

Gショット

膣開口部から3~5cmほど中にあるGスポットにヒアルロン酸を注射する治療法です。
ヒアルロン酸を注入することでGスポットが隆起し、男性器との接触が増えるため感度が高くなります。
接触が増えることは女性だけでなく男性にとっても感度の上昇に繋がり、パートナーとともに性行為の満足度が高くなる効果にも期待できます。

ヒアルロン酸は美容外科でも使われている成分で安全性が高く、リスクもほとんどありませんがヒアルロン酸にアレルギーをお持ちの方や妊娠中、授乳中の方は受けることができません。

メリット
・施術完了まで30分もかからず入院や通院などの必要がない
・身体への負担が小さくすぐに日常生活に戻れる
デメリット
・自由診療のため費用が13~20万と高い
・ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため効果は6~12ヶ月ほど

陰核包茎切除術

性感帯であるクリトリスが包皮に包まれている状態だと快感を得にくくなってしまいます。
このような状態を陰核包茎と呼び、包皮の汚れが落としにくいためニオイや炎症を引き起こすことがあり、女性の悩みの1つとなっています。

陰核包茎術は余分な皮を切除することでクリトリスを露出させ、感度を高める治療法です。
余分な皮がなくなることで汚れが溜まりにくくなりニオイなどの解消に繋がることも大きなメリットです。

メリット
・傷跡が残りにくくパートナーにバレにくい
・感度だけでなくニオイなどのコンプレックスも解消できる
デメリット
・術後から性行為は約1ヶ月控えるなど日常生活に戻るまで時間がかかる
・術後は痛みや出血がある(痛み止めで対応できる)

インティマレーザー

加齢や出産による膣のゆるみに有効とされており、膣の奥にレーザーを照射することで腟内を引き締める、弾力性を上げる、乾燥しにくい状態にします。
その結果、性行為の際に男性器との接触が増え、濡れやすくなったことで不感症や性交痛の改善に繋がるというわけです。

インティマレーザー膣のエイジングケアとも呼ばれており、尿もれやお湯もれ、膣の黒ずみに対しても有効といったメリットがあります。

メリット
・切開や縫合などの必要がなく痛みや出血のない治療法
・尿もれやお湯もれ、膣の黒ずみにも有効
デメリット
・費用が高く1回10~15万円ほどかかる
・1回の治療で終わらない場合もある

膣縮小術・脂肪注入

こちらも加齢や出産による膣のゆるみに有効な治療法です。
自身のお腹やお尻、ふとももなどから脂肪を吸引し、吸引した脂肪を膣壁に注入することで腟内を狭くします。
その結果、性行為の際に男性器との接触が増え不感症の改善に繋がります。

自身の脂肪を使用しているため安全性や定着率は非常に高く、前述したGショット(ヒアルロン酸の注入)のように期間限定ではないところが大きな特徴です。

メリット
・自分の脂肪(細胞)を使うため安全性が高い
・効果は半永久的に続く
デメリット
・費用が非常に高く40~50万円ほどかかる

膣縮小術・切開法

緩んだ膣の一部を切開し縫合することで緩んだ膣を引き締める治療法です。
デリケートな部分を切ったり縫ったりすることは非常に不安を感じるでしょうが、局所麻酔と静脈麻酔などを使用し、痛みをほとんど感じることなく1時間ほどで手術は完了します。
縫合は自然に溶ける糸を使用し、抜歯のための通院も必要なく手術跡もほぼ残りません。

手術後は一定期間安静にしている必要がありますが、効果は半永久的に続き性交痛だけでなく尿もれや湯もれなどの改善にも期待が持てます。

メリット
・一度の施術で完了し、何度も病院に通う必要がない
・膣の引き締めだけでなくヒダの形成も行ってくれる
デメリット
・性行為を行えるようになるまで1ヶ月ほどかかる
・費用が高く50万円ほどかかる

まとめ

不感症や性交痛は心理的、身体的なもの様々な原因で引き起こされる

不感症や性交痛は医薬品やサプリメントでも改善できる

外科処置は改善効果が高いものの多額の費用が必要

不感症改善薬(サプリ)に関するQ&A

A1ラブグラやマレグラなどは女性の服用を前提として開発されているため、問題ありません。
ただし、用法用量を守り併用禁忌薬との併用はないかなど医師の指導のもと服用されることを推奨いたします。

A2当サイトで取り扱っているようなシルデナフィルを主成分としているお薬は国内未承認のため基本的には購入できません。
女性専門のクリニックで取り扱っている可能性がありますが、保険適用外となるため高額になる可能性があります。

A3残念ながら効果をすぐに実感できるような商品はありません。
サプリメントを服用している間は医薬品や潤滑ゼリーを使用して対策することを推奨します。

不感症改善薬(サプリ)の口コミ紹介

ラブグラの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

私は不感症ではないのですし、セックスが嫌いな訳ではないのですがあまりノリノリでもないです。
それが彼氏にはかなり不満みたいで、なんとかしないとと思い友人に相談したらラブグラを勧められました。
彼氏と会う前に飲んで、いざセックスをしたら笑えるくらいに興奮して濡れました。この効果は凄いです。

ラブグラの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

効果は確かにありました!
ただ、頭痛がしました。我慢できないほど強い頭痛ではありませんが、頭痛で気分も下がってしまったので次の購入はどうかな~という感じです。

ラブグラの口コミをすべて見る

プロベストラの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

プロベストラは感じやすい体にしてくれるだけじゃなくてビタミンも色々入ってるので美容のためにもと思って飲んでます◎
そんなに劇的に変わったってわけではありませんけど、肌の調子もいいですし夜の方も悪くありません。

プロベストラの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

錠剤がかなりピンク色で、これ飲んでも大丈夫なのかな・・・って不安になる見た目。
あとピンク色のせいで、なんか怪しい薬?って誤解されて恥ずかしかった。普通の見た目にしてほしかった。

プロベストラの口コミをすべて見る

KYジェリーの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

ヌルヌル感がとてもいやらしく、気持ちいい。
感度が弱い人が使うと気持ちよく感じるようになると思います。
時間が経っても乾燥することはないから長く楽しめます。また買います。

KYジェリーの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

いろんな意味で生活に潤いがほしくて購入しました。
今までこういうアイテムは男性に用意してもらうことが多かったため、KYジェリーの金額が高いのか安いのかは全く判断がつきません。
とりあえず、送料込みで4000円以内に収まるのは私の許容範囲なのでよし。
実際に使ったところ、至って普通のジェルですね。男性も女性も関係ない潤滑ジェルだと思います。思ったような特別感は無し。

KYジェリーの口コミをすべて見る

ページの一番上へ戻る