AGAを予防するシャンプーとは?効果的なシャンプーの選び方やヘアケア方法を解説

AGAを予防するシャンプーとは?効果的なシャンプーの選び方やヘアケア方法を解説将来、AGA(男性型脱毛症)にならないか、不安を感じている男性も多いのではないでしょうか。
AGAの予防には、髪が育ちやすい「頭皮環境を整える」のが効果的といわれています。
頭皮環境を整えるには、自身に適したシャンプーを選んだうえで、正しい洗い方を実践することが大切です。

そこでこの記事では、AGA予防に効果的なシャンプーや、正しい洗い方について紹介します。
AGAの予防について、関心がある人は参考にしてみてください。

AGAはシャンプーで予防できる?

結論からいうと、AGAの予防にシャンプーは関係ありません。
しかし、髪が育ちやすい環境を整えるといった意味では、深く関係します。

そもそもAGAとは、成人男性特有の脱毛症を指します。
主な原因には、男性ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」と「遺伝的素因」が挙げられます。
DHTは、毛乳頭細胞にある受容体に作用して毛周期を狂わせます。
頭頂部や前頭部の毛乳頭細胞はDHTに結びつきやすいため、この部位から徐々に薄毛が進行していくのが特徴です。

そのため、AGAの予防に効果的なシャンプーを用いて正しく洗えば毛周期が乱れにくい頭皮環境を整えることでAGAの進行を遅らせられるかもしれません。

参考元:AGA(男性型脱毛症)とは

 

AGAの予防につながるシャンプーとは

AGAの予防を目的に市販のシャンプーを選ぶ際は、頭皮への刺激が少なく、髪と頭皮の健康維持・改善に役立つ成分が含まれているかを確認しましょう。

以下では、AGAの予防につながるシャンプーについて解説します。

参考元:AGAはシャンプーで進行を予防できるの?シャンプー選びのポイントと正しい洗髪方法

 

強い洗浄成分が入っていない低刺激のシャンプー

低刺激のシャンプーは控えめの洗浄力をもった成分が配合されています。
そのため、頭皮への負担を最小限に抑えられます。

頭皮環境を健康な状態に保つには、皮脂を完全に取り除くのではなく「適度な量」を残しておく必要があります。
たとえば、洗浄力が強いシャンプーを使うと、頭皮にある皮脂が完全に取り除かれるため、頭皮が乾燥して固くなり、炎症やかゆみなどの症状を引き起こしてしまうこともあります。

なお、洗浄力が強いシャンプーには、以下のような添加物が含まれているケースが多く見受けられます。

  • ・BHT
  • ・メチルクロロイソチアゾリノン
  • ・ベンジルアルコール
  • ・メチルイソチアゾリノン
  • ・イソプロパノール

敏感肌や乾燥肌の人は、上記の添加物が含まれていないか成分を確認したうえで選ぶことをおすすめします。

アミノ酸(頭皮改善)系シャンプー

アミノ酸系のシャンプーも、頭皮への刺激が抑えられているのが特徴です。

このシャンプーは、界面活性剤の配合量を極力少なくし、アミノ酸などの頭皮に優しい成分を多く含んでいます。
洗浄成分は控えめに配合されていますが、頭皮の保護や改善を意識した商品となっているのが特徴です。

天然由来成分を多く配合したシャンプーも多く、頭皮への負担を最小限に抑えていることから敏感肌や乾燥しがちな肌の人でも安心して使えます。

髪や頭皮の健康によい成分を含むシャンプー

市販のシャンプーのなかにも、髪や頭皮の健康を意識した成分が多く配合されているものもあります。

たとえば、海藻エキスには、髪と頭皮の潤いを高める効果があります。
また、ヒアルロン酸は頭皮の保湿効果が期待できるでしょう。
さらに、植物エキスなどの天然由来成分は、頭皮への刺激が少ない特徴があります。
このように、髪や頭皮に有益な成分が入ったシャンプーを選ぶことで、総合的なヘアケアにもつながります。

育毛シャンプーであれば医薬部外品のシャンプー

育毛を目的としたシャンプーは、医薬部外品に指定されているものが多くあります。
医薬部外品とは、薬機法で定められた一定の基準を満たしている化粧品のことです。
厚生労働省によって、有効成分の含有量や効能、使用方法などが厳しく規制されています。

育毛が目的のシャンプーには、直接的に発毛を促す成分は含まれておらず根本的な発毛効果は期待できません。
しかし、頭皮環境の改善につながる成分が多く配合されています。
そのため、このような成分がAGAの進行を抑える一助となる可能性があります。

参考元:医薬部外品等の承認申請について

 

AGA予防を助ける正しいシャンプーの方法

AGAの予防には、「洗い方」についても意識することが大切です。
適切な手順で髪を洗えば頭皮環境を整えられます。
以下で紹介する内容を参考に、髪と頭皮を優しくケアしましょう。

参考元:AGA・薄毛予防に育毛シャンプーは効果あり?男女別の選び方を理解して正しい抜け毛対策を

 

髪を濡らす前にブラッシングする

予洗いする前に、ブラシで髪をとかすことから始めましょう。
ブラシをゆっくりと通すことで、髪に付着した「ホコリ」や「整髪料の残り」を除去できます。
これらを除去しておけば、シャンプーの泡立ちがよくなるため、洗浄力を高めることが可能です。

さらに、ブラシで髪をとかすことは頭皮へのマッサージ効果もあり、頭皮の血行を促進させます。
血行がよくなれば、毛根への栄養供給も円滑になり、健やかな髪の育成が期待できるでしょう。

ぬるま湯による予洗いを行う

シャンプーで髪を洗う前に、38度前後のぬるま湯で予洗いすることをおすすめします。
ぬるま湯を使えば、頭皮環境を守りつつ髪の汚れも効率よく落とせます。
予洗いから始めることで髪を洗う際の擦り過ぎや熱湯の使用を控えられるため、頭皮への負担を抑えられます。

シャンプーを泡立てて髪と馴染ませる

シャンプーをそのまま髪に塗布すると、頭皮に強い刺激を与えてしまう可能性があります。
そのため、シャンプーを十分に泡立ててから、髪全体に行き渡らせましょう。
泡立てることで原液が薄められ、頭皮への負担を和らげられます。
また、シャンプーを泡状にすることで、髪1本1本に泡が行き渡りやすくなり汚れを残さずに落とすのに役立ちます。

指の腹で頭皮をマッサージする

シャンプーで髪を洗う際は、優しく頭皮マッサージを行うようにしましょう。
具体的には、指の腹を使って、頭皮を優しく押したり弾いたりしましょう。
強く引っ掻いたり、擦り過ぎたりすると頭皮を傷をつけてしまう可能性があります。
適度な刺激であれば、頭皮の血行が促進され栄養の行き渡りがよくなるでしょう。

さらに、マッサージにより古い角質も除去できるので頭皮環境の改善にもつながります。
ただし、頭皮に強い刺激を与えると逆効果になるため、あくまでも「優しく」マッサージすることが大切です。

シャンプーが残らないようにすすぐ

シャンプーを洗い流す際は、頭皮に残らないようにしっかりすすぐことが重要です。
万が一、頭皮にシャンプーが残ったままにすれば、フケやかゆみを引き起こす原因となってしまいます。
シャワーの水圧だけでは頭皮までお湯が行き渡らないことがあるので、「指」を使って髪の間々までしっかりすすぎ洗いをすることが大切です。
特に耳周りや首筋は、シャンプーが残りがちな場所です。
こうした部分は時間をかけて、すすぎ残しがないようにしましょう。

頭皮を保湿して髪をよく乾かす

シャンプー後には、頭皮の保湿対策も欠かせません。
これは、シャンプーによって皮脂が取り除かれ、頭皮が乾燥してしまう可能性があるためです。
乾燥が続けば、かゆみなどのトラブルを引き起こしてしまいます。
保湿対策として、トリートメントやヘアパックが一般的ですが、頭皮用の保湿トニックを使うのもよいでしょう。
マッサージを交えながらたっぷりと馴染ませることで、乾燥から頭皮を守ります。

AGAを進行させる間違ったシャンプーの使用方法

シャンプーの使用方法によっては、AGAを進行させてしまう可能性があります。
毛周期が整った頭皮環境を保持するためにも、以下で紹介する内容に注意しましょう。

1日に何度もシャンプーを使う

1日に何回もシャンプーを使うと、頭皮の潤いを奪い過ぎてしまう可能性があります。
先述した通り、シャンプーの洗浄力は強力であるため、髪や頭皮に付着した皮脂や古い角質を必要以上に落としてしまいます。
皮脂が必要以上に落ちると、頭皮が乾燥した状態となってフケやかゆみの原因となってしまいます。
そのため、シャンプーの使用回数は「1日に1~2回」に抑えることをおすすめします。

熱いお湯で洗う

シャンプーで髪を洗う際には、熱いお湯を使用しないようにしましょう。

熱いお湯で髪を洗った場合は、頭皮の表面にある皮脂を過度に洗い流してしまって頭皮のトラブルを引き起こす可能性があります。
乾燥が進めば、フケやかゆみの発生リスクが高まるだけでなく、髪自体の傷みにもつながるでしょう。
そのため、お湯の温度に注意して頭皮への過度な刺激を避けることが大切です。

頭皮を強い力で擦る

シャンプーで髪を洗う際に、強い力でゴシゴシ擦ると、頭皮に傷がついてしまう可能性があります。
その結果、皮膚が赤く腫れ上がったり、ひりひりとした痛みを感じたりする可能性があるでしょう。
シャンプーやマッサージの際は、指の腹を使って優しくすることが大切です。

リズミカルな動きで頭皮を刺激することで血行が促進され、毛根への栄養供給が円滑になります。

シャンプーを洗い残す

シャンプーのすすぎが不十分だと頭皮にとってさまざまな悪影響が生じます。
具体的には、フケやかゆみなどの頭皮トラブルにつながる可能性があります。
さらに、シャンプーの残りと皮脂が混ざり合うと毛穴を詰まらせてしまいます。
その結果、毛根への栄養供給が滞り、髪の健康な育成が阻害されかねません。

そのため、シャワーの水圧だけでなく、指を使って丁寧にすすぎ洗いをすることが重要です。

長時間・近距離のドライヤー

ドライヤーを使用する際は、熱風を長時間髪に当て過ぎないようにしましょう。
これは、髪は熱に弱いため、近距離で熱風を当て過ぎると傷んでしまいます。

そのため、熱風の「温度調整」と「使用時間」「距離」に注意することが大切です。
また、定期的に髪のコンディションをチェックし、熱のダメージが起きていないか確認しましょう。
過度のドライヤー使用を控えることが、健康な髪の維持につながります。

まとめ

指示棒を持つ薬剤師
AGAの予防において、シャンプーが直接的な効果を発揮するわけではありません。
しかし、自身の状況に合ったシャンプーを選択し、適切な洗い方を実践することで、頭皮環境の改善につながります。
その結果、髪が育ちやすい環境を整えられます。
シャンプーによって、使用されている成分はさまざまであり、洗浄効果が異なります。
自身に適したシャンプーを選ぶには、添加物が使用されているかを確認するようにしましょう。
また、頭皮を強く擦ったり、高温のお湯で洗い流したりすれば、乾燥などのトラブルを引き起こす可能性があるので、正しい方法でシャンプーを使用して、髪の育ちやすい環境を作って抜け毛などを防ぎましょう。