クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

ピル(避妊薬)の選び方について

ピルは避妊やPMS改善、月経困難症の改善などを目的とした医薬品ですが、ピルには低用量ピルや超低用量ピル、アフターピルなどいくつか種類があります。
これらにはそれぞれ特徴があり、目的や症状、体質などにあわせて適切に選ぶ必要があります。

本ページではピルの種類やそれぞれの特徴、比較などを行い商品選びの参考となるような情報をまとめています。
避妊や月経など女性特有のお悩みをお持ちの方やピル選びに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ピル(避妊薬)について

ピルに共通していることは女性ホルモンが配合された医薬品ということです。
低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種が配合されており、配合量や配合バランスの違いがピルの種類になっています。

ここからは現在主流になっている低用量ピル、超低用量ピル、アフターピルの3つをそれぞれの特徴や違い、どのような商品があるのかなどを解説します。

ピル(避妊薬)それぞれの特徴

低用量ピル

低用量ピル 低用量ピルチャート

超低用量ピル

超低用量ピル 超低用量ピルチャート

アフターピル

アフターピル アフターピルチャート

ココロ薬局で人気のピル(避妊薬)BEST10

ピル(避妊薬)の比較表

低用量ピル 超低用量ピル アフターピル
トリキュラー ヤーズ アイピル
女性ホルモン量 少ない 非常に少ない 多い
副作用 現れにくい 非常に現れにくい 現れやすい
服用タイミング 生理周期に合わせて毎日 生理周期に合わせて毎日 性行為から72時間以内
避妊以外の効果 生理痛緩和などの軽減 生理痛緩和などの軽減 なし
商品ページへ

トリキュラー

ヤーズ

アイピル

低用量ピルについて

低用量ピル

低用量ピルは主に避妊やPMS、月経困難症の改善、月経周期の調整などに有効です。
避妊に関しては正しく服用することで99%以上の効果を発揮するため、女性主導で行える避妊方法として高い人気があります。

生理期間中は毎日服用する必要があり、2日以上飲み忘れた際は効果を得られなくなってしまう点には注意が必要です。
服用習慣を付けるためのプラセボ錠(医薬品成分を含まない偽薬)が付いている商品がありますので、毎日医薬品などを服用する習慣のない方はプラセボ錠が付いた商品を選ぶことを推奨いたします。

低用量ピルは更に一相性と三相性の2つに分けられます。

一相性

生理周期を調整しやすく、PMSや月経困難症の予防や改善に有効です。
服用する錠剤の成分量は同じなため、服用の順番などは決まっていません。
三相性と比べて女性ホルモン量が少し多いため、副作用が現れやすいといった特徴があります。

三相性

一相性同様にPMSや月経困難症の予防や改善に有効です。
体内のホルモンバランスと近くなるように成分量が調整されているため、服用する順番が決まっています。
服用の順番を気にする必要はありますが、自然に近いホルモンバランスとなるため副作用が現れにくいのが特徴です。

低用量ピルはこんな方に人気です

・避妊目的以外にもPMSや生理不順にお悩みの方

低用量ピルの商品一覧を見る

人気の低用量ピル

超低用量ピルについて

超低用量ピル

超低用量ピルは低用量ピルよりも成分(女性ホルモン)量が少ないピルです。
厳密には配合されている卵胞ホルモンが0.03mgよりも少ないものを超低用量ピルと呼びます。
成分量がより少ないため低用量ピルで見られる嘔吐感や頭痛、下痢などの副作用が現れにくいのが特徴です。

国内では月経困難症や子宮内膜症の治療薬として処方されていますが、月経不順やPMS、ニキビ、肌荒れの改善に有効とされています。
避妊に対する治験がないため、病院では避妊薬として処方されることは基本的にないという点には注意が必要です。

超低用量ピルはこんな方に人気です

・副作用をより抑えたい方

超低用量ピルの商品一覧を見る

人気の超低用量ピル

※偽薬なしの21錠と偽薬ありの28錠から選べます

アフターピルについて

アフターピル

アフターピルは妊娠を望んでいないにも関わらず妊娠の可能性がある性行為後に服用する緊急避妊薬です。
服用は早ければ早いほど良いとされていますが、性行為から72時間以内であれば97%ほどの確率で妊娠を防ぎます。

アフターピルには3つの種類があり、それぞれ以下のような特徴があります。

  レボノルゲストレル法 ウリプリスタール法 ヤッペ法
服用時間※ 72時間以内 120時間以内 72時間
服用数 1錠 1錠 2錠、12時間後に2錠
副作用 現れにくい 現れにくい 現れやすい
費用(病院) 高い 高い 安い
代表的な商品 アイピル エラ プラノバール

※服用時間を過ぎると避妊効果がゼロになるわけではないですが、避妊確率は下がります。

アフターピルは性行為後であっても妊娠を防いでくれるため有用な医薬品ではありますが、常用を前提としたものではありません。
そのため、アフターピルはあくまで緊急時の手段とし、普段は低用量ピルなどで避妊対策することを推奨いたします。

アフターピルはこんな方に人気です

・避妊失敗したときに備えておきたい方

アフターピルの商品一覧を見る

人気の超低用量ピル

ピル(避妊薬)が有効な理由

低用量ピルの作用の図解

低用量ピルが高い避妊率を誇るのは3つの効果があるためです。

1.排卵を抑える

妊娠の初期段階に受精というものがありますが、受精は精子が卵子に入ることで起こります。
しかし、低用量ピルの効果によって排卵が抑えられると精子は卵子を見つけることができず、その結果、受精を防ぎます。

2.着床を抑える

受精が上手くいくと受精卵は細胞分裂を行いながら子宮に移動し、さらなる成長を目指し子宮内膜に根を下ろすことを着床と呼びます。
本来であれば着床しやすいように子宮内膜が細胞分裂を繰り返しているのですが、低用量ピルの効果によって細胞分裂を抑制し、受精卵が着床できない状態にします。

3.子宮ヘの精子の侵入を抑える

膣内で放出された精子は子宮頸管を通り排卵された卵子がやってくる卵管を目指します。
低用量ピルの効果によって子宮頸管内の粘液を変化させることで、精子の卵管への到達を阻止し妊娠を防ぎます。

低用量ピルはこのような3つの効果で妊娠を防ぎます。

POINT!

アフターピルに関しては完全に避妊作用のメカニズムが解明されたわけではありませんが、「1.排卵を抑える」と「2.着床を抑える」の効果によって妊娠を防いでいると考えられています。

ピル(避妊薬)はいつ服用するのがいい?

  低用量ピル 超低用量ピル アフターピル
服用タイミング いつでも※ いつでも※ 性行為後から72(120)時間以内
服用期間 生理初日から21日間(28日間) 生理初日から24日間(28日間)  

※服用タイミングの指定はありませんが、同じ時間帯に服用することが推奨されています。

低用量ピルには7錠、超低用量ピルには4~7錠のプラセボ錠が付いている商品があり、プラセボ錠を含むと服用期間はともに28日になります。
プラセボ錠は毎日の服用習慣を続けるためのもので、成分(女性ホルモン)は含まれていません。
そのため、飲み忘れをしない方であれば無理に服用せず、休薬期間としても問題ありません。

ピル(避妊薬)の飲み方(用法用量)について

  低用量ピル
(一相性)
低用量ピル
(三相性)
超低用量ピル アフターピル
服用数 1日1錠 1日1錠 1日1錠 1回1錠、2回4錠※1
服用の順番※2 なし あり なし なし

※1計4錠の服用が必要な種類がある(1回目に2錠、12時間後にさらに2錠)
※2プラセボ錠は除く

低用量ピル(一相性)と超低用量ピルは毎日の服用さえ忘れなければ、特に注意する点はありません。
アフターピルに関しては性行為後できるだけ早く(最低でも72時間以内)服用するということを憶えておきましょう。

少し注意が必要なのは服用の順番が指定されている低用量ピル(三相性)です。
注意が必要といってもシートには服用の順番が丁寧に載っており、間違えないような工夫がされています。

トリキュラーの服用順

こちらはトリキュラー21錠のシート裏の写真になりますが、シートから錠剤を取り出す際に順番が目に入るようになっています。

ピル(避妊薬)にはどんな副作用がある?

低用量ピルと超低用量ピル

低用量ピルと超低用量ピルは服用を始めてから3ヶ月は副作用が出やすい時期となります。
3ヶ月を過ぎる頃には体が慣れ副作用も現れにくくなりますが、3ヶ月を経過しても副作用が一向におさまらない場合は医師に相談し、ピルの変更を検討してください。

副作用の症状は嘔吐感や胸の張り、頭痛、むくみ、不正出血などです。
低用量ピルに比べ超低用量ピルの方が不正出血を起こしやすいですが、他の副作用については全体的に現れにくく副作用のリスクは超低用量ピルの方が低いです。

POINT!

注意が必要な副作用に血栓症があります。
血栓症のリスク(喫煙者や糖尿病の方)をもともと抱えている方でなければ、ほとんど心配はありませんが、定期的に血液検査を受けることを推奨いたします。

アフターピル

アフターピルを服用すると体内の女性ホルモンバランスが急激に変わるため副作用を引き起こします。
最も多い副作用は一時的な不正出血で約60%もの人に現れます。
次いで倦怠感が約10%、嘔吐感が約9%、眠気が約6%、むくみが約4%となっており、これらの副作用は24時間前後でおさまります。

POINT!

アフターピルの服用から2時間以内に嘔吐してしまった場合は成分が吸収前に体外に排出された可能性があるため、再服用が必要となります。
2時間以上経過しているのであれば成分は吸収されているため問題ありません。

ピル(避妊薬)を服用できない方

ピルは女性にとって非常に有用な医薬品ですが、すべての人が服用できるわけではありません。
これから紹介する項目に該当する方が服用すると副作用のリスクが高くなる、かかっていた病気が悪化するなどのおそれがありますのでピルの服用は控えてください。

  1. 1乳がんや子宮がん、子宮頸がんの方、または疑いのある方
  2. 2血栓性の病気の方、または疑いのある方
  3. 335歳以上で1日15本以上タバコを吸われる方
  4. 4ピルの服用により過敏症を起こしたことがある方
  5. 5性器から原因不明の不正出血がある方
  6. 6肝機能障害をお持ちの方
  7. 7脳血管や心血管に異常がある方
  8. 8高血圧(収縮期血圧160mmHg以上又は拡張期血圧100mmHg以上)の方
  9. 9妊娠中、または妊娠の可能性がある方
  10. 10授乳中の方
  11. 11出産から4週間以内の方
  12. 124週間以内に手術の予定ある、または2週間以内に手術を受けた方
  13. 13糖尿病、または高脂血症の方
  14. 14耳硬化症の方

上記に該当していなくても、治療中の病気や怪我があり治療薬を服用・使用している場合はピルとの併用に問題はないか医師に確認するようにしましょう。

まとめ

低用量ピルは避妊以外にも月経に関する症状にも有効

超低用量ピルは副作用のリスクがより低い

アフターピルは常用ではなく緊急用の避妊薬として使用する

ピル(避妊薬)に関するQ&A

A1ピルを服用しても太ることはありません。
しかし、なぜピルを服用すると太るのか?そう噂される理由を紹介します。

1.一時的にむくみやすくなる
2.一時的に体に水分を溜めやすくなる
3.食欲を増加させる

ピルには上記3点の作用があり、これらの作用によって太ってしまったと感じてしまう場合があるためです。
どれも一時的なものですので服用から2~3ヶ月ほどが経過すると起こらなくなります。
その間は食事量や間食などを増やさないようにして、太らないように気を付けましょう。

A2本当です。血栓症のリスクは僅かですが高くなります。
確率としては1万人に3人程度とかなり低く、さらに血栓症の初期症状を知っておくことで重大なリスクを回避することが可能です。
血栓症の初期症状は足の痛みやしびれ、頭痛、めまい、視覚異常などです。
ピルの服用中にこれらの症状が見られた場合はピルの服用を止めて、病院で診察を受けてください。

A3概ね問題ありませんが、セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)を含むサプリだけは併用を控えてください。
併用により低用量ピルの効果を下げるおそれがあるためです。

A4問題ありません。
ピルを長期間服用しても妊娠や胎児に対しての影響は確認されていません。
ピルの服用を止めれば問題なく妊娠できる体に戻ります。

A5妊活を行う3ヶ月前に服用を止めましょう。
低用量ピルの服用停止から排卵が再開されるまで個人差はありますが、約90%の人が3ヶ月以内に排卵を再開しています。
服用停止から半年が経過しても生理が始まらない場合は病院で診察を受けてください。

A6服用から2時間以上経過しているのであれば、成分は既に吸収されているため問題ありません。
しかし、服用から2時間以内に嘔吐してしまった場合は再度服用する必要があります。
嘔吐しないための対策としてアフターピルと一緒に吐き気止めの薬を服用することを推奨します。

A72日~3週間ほどとなります。
アフターピルの服用から2~3日後に消退出血があれば避妊成功となります。
しかし、消退出血は着床時に起こる着床出血と判断が付かない場合があるため注意が必要です。

仮に消退出血がなかったとしてもアフターピルの服用から3週間以内に月経があった場合も避妊成功となります。月経がない場合は妊娠の可能性があるため、婦人科や女性クリニックで診察を受けましょう。

ピル(避妊薬)の口コミ紹介

トリキュラーの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

トリキュラーは元々病院で処方してもらっていたピルで、ほとんど体の調子が悪くならず、しっかり避妊できてます!
重かった生理痛も楽になって、生理が来てもつらくならず、ほとんど普段どおりに過ごせるようになりました!
ありがとう、トリキュラー!

トリキュラーの悪い口コミ

投稿者ユッキーさん

評価

吐き気はありませんが、常に頭がボーッとして眠たいです…。
服用初期に現れる症状みたいですけど仕事中もウトウトしちゃうので早くなくなってほしいです(-_-)

トリキュラーの口コミをすべて見る

マーベロンの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

思っていたよりも値段が高めで少し驚きましたが、病院で処方してもらったときよりは安く抑えられます。
値段面のあれそれが気になるという人でも、これなら使いやすいんじゃないでしょうか?
こういう薬が手元にあると結構安心感が違うので、備えておくの、いいですよ!

マーベロンの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

どうしても体調が悪くなり、ひどいときはまともに動けなくなってしまいます。
体が慣れてくると副作用が落ち着くと聞いていましたが、落ち着く気配もなく、ずっと体調が悪いままです。 海外のピルだからなんでしょうか?

マーベロンの口コミをすべて見る

ヤーズの良い口コミ

投稿者りんごんさん

評価

仕事が忙しく、その時子宮内膜ポリープがあり、生理痛やPMSがひどくてかかりつけの婦人科で月経困難症でフリウェルを使用していました。
しかし、仕事を変えて保険証がなくなった時も薬飲まないとで、こちらの商品を注目して服用すると、肌の調子も身体の調子も良いです。
また注文させていただきます。

ヤーズの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

低用量ピルよりも超低用量ピルの方がいいなと思って、超低用量ピルのカテゴリーで探してました。
ピルの処方を受けたのは二回ぐらいで、薬品名はぜんぜんわかりませんが、ヤーズはよく聞く薬だし大丈夫かな?と判断して一回だけ買いました。
そのわりに頭痛はありましたね。
しかも、人によったら血栓症になりやすいとかいう情報も聞いて、怖くなったので一回きりでやめました

ヤーズの口コミをすべて見る

参考サイト

本ページは以下のサイトを参考に作成しています。

ページの一番上へ戻る