クレジットカード種類

左記クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済に対応

痛み止め

肩こり・関節痛

肩こり・関節痛

商品数(77) 全てを見る

特徴

辛い肩こりや関節痛の痛みを緩和します。他にも打撲や捻挫、筋肉痛にも効果があります。

偏頭痛

偏頭痛

商品数(27) 全てを見る

特徴

血管を収縮させることで急な頭痛の症状を抑えます。

痛み止めの人気商品トップ5

肩こり・関節痛(77件)

エコスピリン
エコスピリン

1,660

すぐ購入

エコスピリンは、痛みや炎症を鎮める効果に優れた解熱鎮痛消炎薬です。 これらの症状を素早く抑えることができ、痛みや炎症による不快感を効果的に取り除きます。
ボルタレン
ボルタレン

3,360

すぐ購入

ボルタレンは痛みや炎症を抑える医薬品です。 日本で流通しているボルタレン錠と同じ成分を含有しており、腰痛、神経痛、月経困難症、膀胱炎など様々な症状に効果があります。
ミオナール
ミオナール

3,860

すぐ購入

ミオナールは、筋肉をほぐしてコリや痛みを和らげる筋弛緩薬です。 重度の肩こりや腰痛などの症状に高い効果を発揮し、これらの症状による痛みや不快感を緩和します。
ボルタレン・ジェネリック
ボルタレン・ジェネリック

売り切れ

ボルタレン・ジェネリックは鎮痛作用のある医薬品です。 主に腰痛、神経痛、膀胱炎、月経困難症など幅広い痛みに対して効果を発揮します。
ミオナール・ジェネリック
ミオナール・ジェネリック

6,360

すぐ購入

ミオナール・ジェネリックは筋肉のコリを改善する医薬品です。 主に腰痛、重度の肩こり、五十肩、緊張型頭痛、手足のこわばりなどの症状に対して有効とされています。

偏頭痛(27件)

リザクト
リザクト

2,360

すぐ購入

リザクトはマクサルトのジェネリック医薬品で有効成分にリザトリプタンを配合した片頭痛改善薬です。
ロキソニン
ロキソニン

9,960

すぐ購入

ロキソニンは、痛みや腫れ、炎症などの症状を緩和する消炎鎮痛薬です。 国内の医療現場でも頼りにされている成分が配合されているため、効果と安全性の両方に優れているのが特徴です。
レルパックス
レルパックス

3,860

すぐ購入

レルパックスは、片頭痛による痛みを緩和する作用がある頭痛薬です。 国内3番目のトリプタン系片頭痛治療薬で、痛みがあらわれてからも高い効果を期待できます。
イミグラン
イミグラン

売り切れ

イミグランは、片頭痛による症状を改善する頭痛薬です。 優れた鎮痛作用を持っているのが特徴で、急性期の片頭痛による痛みを和らげる効果を発揮します。
スミナット
スミナット

2,260

すぐ購入

スミナットは、片頭痛による痛みの対策に効果的な頭痛薬です。 片頭痛の急性期治療薬としての効果があり、痛みがあらわれてからも十分な鎮痛効果を得られます。

鎮痛剤は症状に合わせて選ぶ必要がある

肩こりや関節痛、片頭痛などさまざまな痛みの悩みを持つ方は少なくありません。
ですが、こうしたさまざまな痛みを和らげるために鎮痛剤を用いるというのは一般的になっています。
ですが、ただただ何も考えずに鎮痛剤を使うより、それぞれの症状に合った鎮痛剤を選択して使うことが重要です。
ここでは、そんな鎮痛剤について、鎮痛剤の種類や選び方などを紹介していくので、是非参考にしてみてください。

市販薬と通販で購入できる医薬品の違い

鎮痛薬と一口にいっても、市販薬と通販では違いがあります。
市販薬と通販で配合されている成分が同じでも、配合されている成分量が違っていたりするため、効果の強さや副作用などのリスクが違っています。
また、市販薬と医薬品では手に入れやすさや価格なども違うため、効果や価格だけでなく手軽さなどの部分も注目して選ぶことが大切です。

市販薬のメリットとデメリット

市販薬のメリットデメリットはこちら

メリット
薬局などで簡単に手にいれられる
副作用のリスクが少ない
デメリット
市販薬は成分量が少なく効果が弱め
強い効果のものは手に入れられない

市販薬は、処方箋が必要ないため、薬局などですぐに手に入れることができるというのが何よりのメリットといえます。
その反面、市販薬は効果が弱めのものしか取り扱えないため、強い鎮痛効果が必要という場合には、適していないというデメリットがあります。
ちょっと痛みが辛いといったような時に、サッと使える鎮痛薬を手に入れるのに適しているといえます。

通販の医薬品のメリットとデメリット

通販の医薬品のメリットデメリットはこちら

メリット
病院処方と同じものを手にできる
さまざまな鎮痛薬を取り扱っている
デメリット
副作用のリスクが高い
副作用が起きても自己責任

通販で購入できる医薬品は病院で処方されるものと同じ成分で同じ成分量を配合しています。そのため、市販薬よりも高い鎮痛効果に期待できる物を手にすることができるようになっていることが何よりのメリットです。
その反面、成分量が多いために副作用のリスクは市販品よりも高く、服用も全て自己責任となってしまう点がデメリットです。

肩こりの原因と肩こりに効く鎮痛剤

さまざまな部位にあらわれる痛みですが、その中でも多くの方が悩む痛みとなっているのは「肩こり」です。
ここからは、何故、肩こりがおきるのかといったことから、肩こりに効果的な鎮痛剤について詳しく紹介していきたいと思います。
長期的な悩みにもなってしまうことが多い肩こりの悩みを改善するのに是非お役立てください。

肩こりの症状と原因

肩こりを解消するために知っておくべきことは色々ありますが、その中でも特に重要なのが、なぜ肩こりが起きているのかを把握すること。
肩こりの原因は複数あるため、適切に原因を把握して対処することで、根本から肩コリを改善へと導けます。

筋肉の疲労による肩こり

肩こりの原因はさまざまですが、その中でも特に多いのがこの「筋肉の疲労」によるものです。
前かがみなどの姿勢が続くことで、肩の筋肉が緊張状態となって凝り固まり、血流が悪くなることで痛みが生じます。
また、強いストレスを受けると筋肉を緊張させる交換神経の働きが強くなることで、肩こりに発展するというケースもあります。
これらの筋肉の緊張が続く事で発生する肩こりは筋肉の緊張をほぐす筋弛緩剤系の治療薬で対処することが可能です。

加齢からくる骨や腱の老化による肩こり

肩こりは不自然な姿勢やストレスなどが原因となって起きるもののほかに、加齢によって起きる場合もあります。
年齢を重ねると筋肉の弾力が失われて、筋肉は硬くなってしまいます。
筋肉が柔らかさを失ってしまうと血行が悪くなって、痛みが発生します。
また、背骨の間にある椎間板が潰れて固くなってしまうことで、頸部脊椎症となり首や肩の痛みやこりを引き起こしたりします。
こうした、加齢による肩こりは根本から改善するということが難しいため、消炎鎮痛薬などを用いた対症療法が基本となります。

通販サイトで購入できる肩こりを和らげる医薬品

肩こりは筋肉の緊張や加齢が原因となって発生しますが、それぞれに適した治療薬が違っています。ここからはそれぞれの原因に合った通販で購入できる代表的な治療薬を紹介します。

ミオナール

ミオナール
ミオナール1
製造元 Bushu Pharmaceuticals
価格 3,860円~/1箱30錠
タイプ 内服薬

詳細を見る

ミオナールは有効成分にエペリゾンを配合した筋弛緩剤です。
こちらはBushu Pharmaceuticalsが製造・販売しています。
有効成分のエペリゾンが運動ニューロンの活動を抑制することで、筋肉の緊張を緩めて肩こりを改善へと導きます。
国内でも処方されている医薬品成分となっているため、安心して使えるという特徴があります。
こちらの価格は1箱30錠入りが3,860円(1錠あたり129円)となっています。

エコスピリン

エコスピリン
エコスピリン1
製造元 US Vitamins
価格 1,660円~/1箱98錠
タイプ 内服薬

詳細を見る

エコスピリンは有効成分としてアスピリンを配合した解熱消炎鎮痛薬です。
アスピリンを配合した消炎鎮痛剤は国内でも幅広く処方されているため、高い信頼性と実績をもっています。
こちらのエコスピリンはUS Vitaminsが製造・販売しているアスピリン配合の消炎鎮痛剤で、1箱あたり98錠と大容量という特徴もあります。
大容量なので継続して服用するという場合にも適しています。
肝心の価格も1箱「98錠入りで1,660円(1錠あたり17円)と安価で手に入れることができるのも特徴です。

【市販薬の選び方】肩こりを解消したい場合

通販で購入できる代表的な肩こり治療薬を紹介しました。
ここからは薬局で手にいれられる治療薬で肩こりを解消する時に役立つ、市販薬の選び方を紹介していきます。

筋弛緩効果のあるエペリゾン塩酸塩

筋肉の緊張が原因となって起きる肩こりに対して有効なのはエペリゾン塩酸塩を配合した治療薬です。
エペリゾン塩酸塩には、筋肉の緊張を解して緩めることで肩こりを改善します。
こちらのエペリゾンは医薬品成分であるため、市販薬に配合されていることはありませんが、似たような筋肉を弛緩させる作用を持った成分を配合した市販薬はあります。
その成分というのがクロルゾキサゾンメトカルバモールといったものになります。
これらの成分が筋肉を弛緩させて肩こりを改善へと導いてくれます。

鎮痛効果の高いジクロフェナクナトリウム

肩こりの原因が老化などの原因を改善するのが難しいという場合には、市販されている消炎鎮痛剤でも痛みの改善には期待できます。
消炎鎮痛作用を持った成分は多数ありますが、その中でも特に強い消炎鎮痛作用を持った成分としてジクロフェナクナトリウムがあります。
こちらを配合した市販薬を服用することで、辛い痛みを短時間で改善へ導くといったことが可能となっています。

日常で行える肩こり対策

肩こりは誰にでも起きる可能性があるものであり、起きてしまうと色々と面倒な物だったりします。
そこでまずは、日常でできる肩こり対策から初めて見てはいかがでしょうか。
肩こりの原因はさまざまですが、多くの場合が筋肉の緊張から来る血行不良です。
そのため、肩を回したり意識的に動かすようにしたり、凝った筋肉をほぐしながら血流を促したりすることで、肩こりの痛みが落ち着いたりすることもあります。
ただし、こうした肩こりは日々の筋肉の凝りが蓄積して起きていることも多いため、日ごろから意識的に行うことが大切です。

関節痛の原因と関節痛に効く鎮痛剤

痛みに関する悩みはさまざまですが、肩こりと共に多くの方が悩んでいるのが関節痛です。
関節に走る痛みによって、歩行することもままならなくなってしまうなんていうケースもあります。
ここからは、そんな関節痛の原因や関節痛に効果がある鎮痛剤について紹介していきます。

関節痛の症状と原因

関節痛の代表的な原因としては変形関節症関節リウマチがあげられます。
まずはこの原因となる変形関節症と関節リウマチについて詳しく紹介していきます。

変形関節症

変形関節症とは関節の間にあるクッションの役割をする軟骨がすり減ってしまい、関節が摩耗して滑らかに動かなくなってしまいます。
その結果、関節が変形して痛みを伴う炎症が起きてしまう病気です。
関節がすり減ってしまい痛みが起きてしまう病気なので症状が悪化する前の初期段階で、運動療法と非ステロイド性抗炎症剤などを用いた対症療法を組み合わせて治療します。
ただし、症状が酷くなってしまっている場合には、外科手術などで根本から改善を目指すという場合もあります。

関節リウマチ

関節リウマチは、本来ウイルスや細菌から守る免疫に異常が起きて、自身の細胞や組織を攻撃し、炎症が起きて関節の軟骨や骨を破壊してしまう病気です。
そのため、何もせずとも関節が曲げにくいこわばりといった症状があらわれたり、関節を曲げたりするといったことをしなくても痛むといった症状があらわれます。
免疫が悪さをしてしまうことで痛みが起きるため、免疫機能を抑制する治療薬や痛みの原因となる炎症物質の産生を抑える治療薬が関節リウマチの治療には用いられます。

通販サイトで購入できる関節痛を和らげる医薬品

関節痛を改善する治療薬はいくつかありますが、通販で購入できるものの中でも代表的なものとしては、非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)やデュロキセチンを配合した治療薬があげられます。

セレブレックス

セレブレックス
セレブレックス
製造元 Pfizer
価格 5,160円~/1箱60錠
タイプ 内服薬

詳細を見る

セレブレックスは有効成分にセレコキシブを配合した抗炎症薬です。
製造しているのはバイアグラで一躍有名になり高い信頼性と実績を持つファイザーとなっています。
有効成分であるセレコキシブは炎症の原因となるプロスタグランジンなどを作る酵素の働きを阻害することで、炎症を抑えて痛みなどを改善へと導きます。
価格は1箱60錠入りが5,160円(1錠あたり86円)となっています。

サインバルタ

サインバルタ
サインバルタ
製造元 Eli Lilly
価格 7,160円~/1箱28錠
タイプ 内服薬

詳細を見る

サインバルタはイーライリリーが製造・販売する抗うつ薬です。
抗うつ薬のひとつではありますが、こちらのサインバルタはうつだけでなく慢性腰痛症の治療などにも活用されています。
配合されている有効成分のデュロキセチンが痛みの抑制機構におけるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで抑制機構の働きを高めて痛みを緩和すると考えられています。
価格は1箱28錠入りで7,160円(1錠あたり256円)となっています。

【市販薬の選び方】関節痛を解消したい場合

関節の痛みを改善したいけど、病院に足を運ぶほどの時間的な余裕がないという時は、市販薬を使って関節痛を解消するようにしましょう。

軟骨に弾力性と保水性を与えるコンドロイチン

関節痛に効果的な市販薬の成分の代表となっているのがコンドロイチンです。
このコンドロイチンは骨と骨の間にある軟骨の主成分のひとつとなっています。
そのため、このコンドロイチンを日頃から補うようにしておくことで、関節の摩耗を防いで関節痛の改善に役立てることが可能です。
軟骨がすり減るのを抑えて関節痛を防ぐといった意味合いが強いため、普段から意識的に補ったりすることで、より高い効果に期待できるようになります。

鎮痛効果のあるイブプロフェン

関節痛に効果を発揮する市販薬の成分はコンドロイチン以外に、イブプロフェンがあります。
こちらは痛みの原因となる炎症を引き起こす物質であるプロスタグランジンの働きを抑える作用があります。この作用によって、痛みの原因となる炎症を抑えて痛みを改善へと導きます。
イブプロフェンは関節痛だけでなくさまざまな炎症性の痛みに対して有効となっているため、幅広い用途で活用されています。

日常で行える関節痛対策

関節痛の原因は病気が原因になっている場合もあれば、長年の関節の国司が原因となっている場合もあります。
そのため、日ごろから関節を酷使するような状況を避けることで関節痛の対策となります。
例えば、肥満気味な方であれば痩せるだけで関節への負担を抑えられますし、同じ姿勢を続けるだけでも関節への負担となってしまうため、適度に動くといったことでも負担を減らせます。
また、正しい歩き方をするだけでも関節への負担を減らせますし、関節は冷やさないようにするといった方法も関節痛の対策になります。

偏頭痛の原因と偏頭痛に効く鎮痛剤

肩こり、関節痛以外に多くの方が悩む痛みが偏頭痛です。
ここからは、そんな偏頭痛痛の原因や症状、効果的な治療法や役立つ市販薬などについて紹介していきたいと思いますので偏頭痛に悩んでいる場合は是非、参考にしてください。

偏頭痛(片頭痛)の症状と原因

偏頭痛を改善するためには、そもそも偏頭痛がどういったものなのかといったことから、なぜ偏頭痛が起きてしまうのか、偏頭痛で痛みが発生するキッカケなどを適切に把握することが大切です。

偏頭痛(片頭痛)の症状

偏頭痛の主な症状は脈動する痛みです。
ズキンズキンと脈を打つように痛みがあらわれるという特徴があります。
この痛みは発生してから数時間から数日持続するもので、あらわれる痛みの強さには個人差があり、痛みがあまり気にならない方もいれば、寝込んでしまって日常生活に支障が出てしまうケースもあります。
また、痛みが発生している時は強い光や大きな音に耐えることができなくなってしまうこともあります。

偏頭痛が起きるキッカケ

偏頭痛の痛みがあらわれるキッカケになることは、いろいろなものがあります。
首や肩のコリがキッカケになって偏頭痛が起きてしまうこともあれば、睡眠不足や過剰な睡眠が原因で偏頭痛があらわれることもあります。
また、月経ストレス疲労などが原因となって頭痛が起きることもあります。
他にも、匂いや光、騒音など外部の要因が影響して頭痛が起きてしまうこともあります。

三叉神経の異常

頭痛には三叉神経の異常が原因となって起きるものもあります。
こちらはTrigeminal Autonomic Cephalalgiasの頭文字をとったTACsといった略称で呼ばれることもあります。
これは、三叉神経系の活動が活発になることで、頭蓋内の副交感神経系が興奮すること頭痛と共に目の充血や流涙、鼻水などの症状が同時におきます。

セロトニンの分泌異常

セロトニンの分泌に異常が起きて偏頭痛が起きる場合もあります。
神経伝達物質であるセロトニンは、脳の血管を広げたり収縮するのをつかさどっています。
そのため、セロトニン分泌が減少してしまうと脳の血管の調整がおかしくなってしまい、偏頭痛があらわれるのです。

通販サイトで購入できる偏頭痛を和らげる医薬品

偏頭痛を改善するための治療薬は沢山ありますが、通販で購入できるものの中でも代表的なのはロキソプロフェンを配合したものとアセトアミノフェンを配合したものになります。

ロキソニン

ロキソニン
ロキソニン1
製造元 第一三共
価格 9,960円~/1箱100錠
タイプ 内服薬

詳細を見る

偏頭痛を改善する治療薬としてロキソプロフェンを配合したもののなかで最も知名度がたかいのがロキソニンです。
こちらは第一三共が製造・販売しているもので、日本国内でも承認・処方されています。
有効成分のロキソプロフェンが、痛みの原因となるプロスタグランジンの生成を抑えて頭痛を改善へと導きます。
1箱100錠入りが9,960円(1錠あたり100円)となっています。

パナドール

パナドール
パナドール
製造元 GSK
価格 2,460円~/1箱24錠
タイプ 内服薬

詳細を見る

パナドールは有効成分としてアセトアミノフェンを配合した解熱鎮痛剤です。
有効成分のアセトアミノフェンは脳の中枢系に作用してプロスタグランジンが生成される尾を抑制します。
そのため、アセトアミノフェンは抗炎症作用を持たないものの、鎮痛作用を持っています。
この作用によって頭痛の痛みを改善します。
価格は1箱24錠入りが2,460円(1錠あたり103円)となっています。

【市販薬の選び方】偏頭痛を解消したい場合

偏頭痛の改善に役立つ治療薬は通販で購入できる処方箋医薬品以外に、市販薬にも多数あります。
そこで、ここからは市販薬の中でも偏頭痛の改善に役立つ成分について紹介します。

解熱鎮痛効果の高いロキソプロフェン

偏頭痛を改善するために役立つ市販薬の成分の代表は通販で購入できる治療薬にも配合されているロキソプロフェンです。
市販薬の場合は、配合されている成分量が少ない場合もあるため、病院で処方してもらえるものと比べて効果が弱くなる可能性はありますが、確かな鎮痛作用の実績をもっているため、市販薬の中でもロキソプロフェンは高い人気を誇っています。

副作用が少ないアセトアミノフェン

ロキソプロフェンと同様にアセトアミノフェンも頭痛薬として人気の高い成分となっています。
アセトアミノフェンもロキソニンと同じように痛みを引き起こす原因物質の産生を抑制する成分ですが、こちらは中枢系に作用するためロキソプロフェンと比べて副作用のリスクが低いという特徴があります。
そのため、ロキソプロフェンとアセトアミノフェンを迷った時には、副作用のリスクの高さで好きな方を選ぶといったことも可能です。

日常で行える偏頭痛の対策

多くの方を悩ませる偏頭痛を日常の中で対策する方法はいくつかあります。
偏頭痛が起きてしまった場合に、こめかみの脈打つ部位に対して、冷却シートや氷嚢で冷やすといったことが対策になります。
偏頭痛は体を動かして血行が良くなることで、痛みが強くなることが多いため、偏頭痛が起きている時は、冷やしながら安静にするといったことが大切です。
また、血管を収縮させる作用があるカフェインを含むコーヒーを飲むといったことでも改善する場合があります。

鎮痛剤(痛み止め)に関するQ&A

A1痛み止めによる対応は痛みを一時的に抑える対処療法のため、根本的な原因を取り除く治療ではありません。
現在の治療法のほとんどが対処療法となっているため、関節痛を悪化させないための関節ケアをライフスタイルに取り入れることが改善の第一歩となります。

A2関節痛の原因に加齢が挙げられますが、適切な関節ケアを行うことで症状の悪化を防ぎ、改善することも可能です。
諦めずに適度に運動やストレッチなど関節に良い習慣を取り入れることを推奨いたします。

A3痛み止めであれば症状が治まっているのであれば必要はありません。
ただし、抗生剤などは症状が治まっていても決められた日数分を服用する必要があり、お薬によって異なります。
そのため、服用を続けるべきか悩んだ際は医師に確認するようにしましょう。

A4副作用が強く現れるおそれがあるため、短時間での追加(連続)服用は控えてください。
商品によって異なりますが服用間隔が定められているため、それに従いましょう。
また、多くの痛み止めには1日の上限服用(使用)量も決まっていますので、そちらも把握しておきましょう。

鎮痛剤(痛み止め)の口コミ紹介

ボルタレンの良い口コミ

投稿者アルキメデス

評価

非常に飲みやすくいから使いやすいですし、胃腸薬を一緒に使わなくていいのが個人的に楽です。
他の抗炎症薬だと胃腸の調子が悪くなってしまうので、胃腸に負担をかけずに使えるのが本当に嬉しいです。
効果も非常に高く、とても頼りになります。

ボルタレンの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

腰痛止めにと思って飲み始めましたが、ボルタレンの副作用らしい下痢がしんどくて、休み休み飲むようにしました。
なぜか私の場合、下痢をすると体の他の部分も不調になりやすいので、この副作用は特につらいものでした。
また、たまにお腹の中が気持ち悪くなることもあって、これはトイレに行ってもなかなか解消されませんでした。
けっこう無理して飲んでしまってるのかもしれません。

ボルタレンの口コミをすべて見る

カウンターペインプラスの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

最近になって、外での活動時間が多い日はひざに痛みが来るようになりました。
湿布を貼ったりしましたが、あまり効果を感じない上にひざの湿布って皴が入ったりしてよれやすいのでいまいちでした。
塗り薬という手があったか、と思って偶然見つけたカウンターペインプラスを買ってみましたが、これが思いのほかよく効いてくれます。
いいタイミングでいい薬に出会えてよかったです。

カウンターペインプラスの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

腱鞘炎の痛みを和らげるために買って、塗ってみたけど効果なし。
肌への負担も大きく、塗った場所に発疹ができた。
テーピングしたり、湿布貼ったりするほうが正解だった気がする。

カウンターペインプラスの口コミをすべて見る

ボルタレンサポの良い口コミ

投稿者匿名さん

評価

痛みを緩和するため、飲んだり塗ったりするようなタイプの薬は知っていましたが座薬になっているタイプがあるのは知りませんでした。
思わず1つ購入して、様子をみてみました。すると、使ってから数時間もしないうちに辛かった腰の痛みが緩和されていくのがわかりました。
直に使うため即効性は1番いいかもしれません。
ただ、座薬って慣れていないと案外使いこなすのが難しく思いました。

ボルタレンサポの悪い口コミ

投稿者匿名さん

評価

すぐに効いてくるのかもしれんが、上手く入れられない。
あと、痛くて動くのも億劫なときは入れるのも一苦労だから、痛みがひどいときにはかえって使いにくい。
前に使っていたボルタレンのほうが使いやすかった。

ボルタレンサポの口コミをすべて見る

ページの一番上へ戻る