カンジダのおりものにはどんな特徴がある?おりものでカンジダを見分ける方法

カンジダのおりものにはどんな特徴がある?おりものでカンジダを見分ける方法
性感染症のひとつである膣カンジダ症が発症した時にあらわれる症状のひとつにおりものの変化があります。

こちらのページではこのおりものの変化という点に焦点をあてて、詳しく紹介していきます。

おりものはカンジダ症の発症以外にも、さまざまな性感染症の感染でさまざまな変化がみられるため、おりものがどういった状態であるのかを把握することで、自身の性感染症への感染を把握できたりします。

 

これってカンジダ?カンジダ症のおりものの特徴

膣カンジダ症を発症した時にあらわれる特徴的な症状のひとつが「おりものの変化」です。

膣カンジダ症を発症している場合のおりものの特徴は下記の通り

おりものの色

白く白濁した色

おりものの状態

カッテージチーズ、酒かす、ヨーグルト状

おりものの量

増加する

おりもののにおい

特に変化がない場合も

おりものが白くぽろぽろとしたカッテージチーズのような状態になってしまっている場合、膣カンジダ症の疑いがあると考えられます。

おりものの状態が上記のように変化するため、発見しやすいですが、においの変化はなかったりするため、おりもののにおいで膣カンジダ症に気づけるケースは珍しくありません。

ですが、膣カンジダ症を発症したおりものは下着や外陰部への付着もみられたり、外陰部に強い痒みなどがあらわれたりといった症状から感染に気づくというケースも珍しくありません。

参考元:腟カンジダとは?原因と症状

 

カンジダ以外の性病の可能性があるおりもの

おりものの変化は膣カンジダ症の発症以外でもあらわれることがあります。

そこで、ここからはおりものがどのように変化するのかといったことから、おりものの状態からどういった感染症の疑いがあるのかを紹介していきます。

 

黄緑色で泡っぽくにおいがきついおりもの

おりものの量が大量に増え、色が黄色や緑色かつ泡っぽい状態で生臭く強いにおいを放つ場合、「膣トリコモナス症」の疑いがあります。

おりものの色

黄色、緑色

おりものの状態

泡状

おりものの量

大量

おりもののにおい

生臭くきついにおい

膣トリコモナス症の症状は上記のようなおりものの変化だけではありません。

おりものの変化以外にも下記のような症状があらわれます。

  • 陰部のかゆみ
  • 腟の発赤
  • 膣の圧痛(刺激感)

参考元:トリコモナス腟炎

 

サラサラと濁った灰色のおりもの

おりものが灰色や白濁した濁った色をしていて、サラサラとした状態の場合は「細菌性膣症」の疑いがあります。

おりものの色

灰色、白濁

おりものの状態

サラサラ

おりものの量

大量

おりもののにおい

生臭いにおい

細菌性膣症は膣内細菌のバランスが崩れることで発症します。

この細菌性膣症はかゆみや腫れ赤みなどの症状がみられるケースは少ないため、おりものの変化以外で察知するのは難しいといえます。

ですが、骨盤内炎症性疾患などの合併症を引き起こす場合もあるため、おりものに上記のような異常があらわれた場合には、速やかに治療を行うようにしましょう。

参考元:細菌性腟症

 

黄色いおりもの

おりものが濃い黄色で匂いが強く量も増えているような場合、「淋病」の感染が疑われます。

おりものの色

濃い黄色

おりものの状態

変化なし

おりものの量

増加

おりもののにおい

匂いが強くなる

淋病に感染した場合、上記のようなおりものになってしまうだけでなく、不正出血下腹部痛、排尿痛や性交痛などの症状があらわれます。

ですが、淋病に感染しても無症状であるケースも珍しくないため、淋病感染に気づけないことも珍しくありません。

参考元:淋病の症状と治療法

 

茶色のおりもの

おりものが茶色になってしまっているような場合、不正出血などの可能性があります。

おりものの色

茶色

おりものの状態

変化なし

おりものの量

変化なし

おりもののにおい

変化なし

おりものが茶色になってしまう原因は血が混ざってしまっていることが原因だったりします。

血が混ざってしまう要因として生理での出血や不正出血などがあります。

生理前後でおりものが茶色となっている場合は大きな問題になってしまうことはありません。

ですが、生理前後でないのに茶色のおりものがずっと続くというような場合は不正出血が疑われます。

不正出血は、子宮筋腫や子宮頸がんなどの重大な病気が原因となっている可能性もあるので、適切に原因を特定して治療をすることが重要です。

参考元:茶色いおりものが続く(色とにおいで病気チェック)

 

おりもの以外でカンジダ症か見分ける方法    

膣カンジダ症はおりものが白いカッテージチーズ状となってしまうため判断しやすい感染症ですが、おりものの変化以外にもさまざまな症状があらわれたりするので、おりもの以外でも膣カンジダ症を見分けるといったことが可能です。

 

膣や外陰部のかゆみ・発疹

膣カンジダ症はおりものの変化以外の症状として

  • 膣のかゆみ
  • 外陰部のかゆみ
  • 発疹

といった症状があらわれます。

外陰部や膣のかゆみは非常に強くあらわれ、炎症が強い場合には痛みを感じてしまう時もあります。

また、性器周辺に発疹があらわれたりもします。

 

排尿痛・性交痛

膣カンジダ症の症状は、外陰部や膣の強い痒み以外にもあります。

それが排尿時の痛み性交時の痛みです。これらの痛みは膣の炎症によって引き起こされているものとなっています。

また、痛みの他に灼熱感などがあらわれたり、排尿障害などがあらわれたりすることもあります。

参考元:膣カンジダ症(性器カンジダ症)とは?

 

膣カンジダの可能性があるなら検査を受けよう

検査キット

膣カンジダ症に感染しているかもしれない…。

そうした場合には適切に検査を受け、感染の有無を確認した上で治療を行うようにしましょう。

ここからは、そんな膣カンジダ症を検査する方法について紹介していきます。

 

病院(クリニック)で検査する

膣カンジダ症を検査する方法の中でも、一般的なのが病院(クリニック)で受けるというものになります。

膣カンジダ症の検査は婦人科産婦人科レディースクリニックなどで受けることができます。

病院で受けることができるカンジダ症の検査として

  • おりものを顕微鏡で直接見て菌がいるかを確認する検鏡
  • おりものを培養して菌がいるかを確認する培養法

のふたつの方法があります。

参考元:腟カンジダを診てもらうには何科がよいですか?

 

検査キットを購入する

膣カンジダ症の検査は婦人科などのさまざまな病院で受けることができますが、現在では自宅などでも行うことが可能です。

その方法というのが、膣カンジダ症の検査を行える検査キットを用いるという方法です。

こうした検査キットは通販サイトで取り扱われているため、誰にも知られずにコッソリと膣カンジダ症の検査を行うといったことが可能です。

 

膣カンジダは原因の把握が大切

手に菌がついている

膣カンジダ症は感染経路によっては治療したのに再発してしまうという可能性があります。

そのため、膣カンジダ症は原因を特定した上で、感染源を根絶するということが何よりも重要になります。

そこで、ここからは膣カンジダ症の感染経路について紹介していきます。

 

自己感染

膣カンジダ症の原因となるカンジダ菌は人の体内に存在する常在菌であるため、自身の体内に存在するカンジダ菌に自己感染することがあります。

カンジダ菌は普段から体内に存在していますが、体内の免疫力によって過剰に増殖するといったことはありません。

そのため、カンジダ菌が存在していてもカンジダ症は発症しません。

ですが、過度なストレスや疲れ、体調不良やホルモンバランスの乱れなどによって、免疫力が低下したりすることによって、カンジダ菌が過剰に増殖してしまい膣カンジダ症を発症してしまうのです。

 

性行為による感染

膣カンジダ症は自己感染以外に、性行為によって感染する場合もあります。

主な感染経路となっているのが、既にカンジダ症を発症している人と性行為です。

カンジダ症を発症している性器から口内口内から性器肛門から性器や口内といったようなさまざまな経路でカンジダ症は感染します。

 

タオルなどの共有による感染

カンジダ症の感染経路は自己感染や性行為による感染だけではありません。

実はこのカンジダ症はカンジダ症を発症した人が使ったタオルなどを介して発症していない人へ感染する可能性があります。

そのため、カンジダ症を発症している方が使用したタオルなどの共有はしないようにすることが重要になります。

 

まとめ

こちらのページでは膣カンジダ症の症状の中でもおりものの変化に焦点をあてて紹介してきました。

膣カンジダ症を発症した場合のおりものは「白く濁ったカッテージチーズ状で量も増える」という特徴があります。

こうなったおりものが外陰部や下着などに付着することも珍しくないため、おりものの変化から膣カンジダ症の感染を自覚するケースもあります。

おりものの変化に気づいたりした場合には、感染源を特定した上で検査や対処をしていくということが何よりも大切です。

膣カンジダ症は性行為からだけではなく、自己感染や共有物から感染といったようにさまざまな経路で感染するため、性行為をしないから感染しないと考えるのではなく、適切に対策をしましょう。