低用量ピルの副作用ってどんなもの?一時的な副作用や重篤な副作用を知っておこう

低用量ピルの副作用ってどんなもの?一時的な副作用や重篤な副作用を知っておこう
避妊薬としてはもちろん、生理不順や月経前症候群など女性特有の悩みの改善にも効果を発揮する低用量ピル。

低用量ピルは、女性のさまざまな悩みを解消して女性主体の避妊も可能にしてくれる、女性にとって強い味方となってくれる医薬品です。

しかし、ピルは副作用が強いのではないかと心配になって使えないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

低用量ピルの副作用にはどのようなものがあるのか、本当に低用量ピルの副作用は強いのか、解説します。

 

低用量ピルは副作用が出やすい?

頭痛がする女性

低用量ピルには、有効成分として黄体ホルモン卵胞ホルモン、2種類の女性ホルモンが含まれています。

体内のホルモンバランスに影響を与えることで効果を発揮するため、飲み始めたばかりの頃はホルモンバランスが崩れ、副作用があらわれやすくなっています。

しかし、多くの場合は飲み続けるうちに体内のホルモンバランスが整っていき、症状が落ち着いていくことがほとんどです。

 

継続して服用しても副作用を感じる場合

多くの場合、低用量ピルの副作用は飲み始めてから2~3ヶ月以降には落ち着いていきます。

しかし、副作用がひどい場合や症状が悪化する場合、3ヶ月以上飲み続けているのに症状が続いているという場合は、低用量ピルが体に合っていない可能性があります。

また、その他にも何らかの原因が隠されているおそれもあるため、こういった場合は一度病院へ行き、専門の医師に相談しましょう。

 

低用量ピルの軽微な副作用と対策方法

ご紹介したように、低用量ピルは飲み始めたばかりの頃は副作用があらわれやすくなっています。

副作用が出ても軽微な症状で終わることが多いため、比較的簡単に対処することが可能です。

低用量ピルの軽微な副作用はどのようなものがあるのか、あらわれてしまった場合はどのように対処するべきなのか、ご紹介します。

参考元:低用量ピルの副作用とその対処法

 

吐き気

低用量ピルの副作用でよくいわれる副作用が吐き気です。

体内のホルモンバランスが整うまでの一時的なものであることがほとんどで、吐き気止めを服用することによって対処できます。

また、飲むタイミングを食後にする、就寝前にして副作用が強い時間を睡眠中にずらすといった方法も有効です。

吐き気にとどまらず嘔吐してしまった場合、服用から3時間以内であれば、追加で1錠服用することが推奨されています。

 

頭痛

吐き気に続き、頭痛も低用量ピルの副作用でよくみられる症状の一つです。

体内のホルモンバランスが変化することによって引き起こされ、鎮痛薬を服用することによって対策できます。

しかし、アセトアミノフェンを含んだ鎮痛薬は、ピルの効果を強めたり頭痛を改善する効果が弱まってしまったりする可能性があるため注意が必要です。

ある程度の睡眠時間を確保する、肩こりを緩和するといった方法も効果が期待できます。

 

不正出血

はじめて低用量ピルを飲んだ人のうち、約30%の人が経験するといわれている副作用が不正出血です。

個人差がありますが、1日から2、3週間にわたって続くことが多く、飲み続けるうちに改善されることがほとんどです。

低用量ピルの服用による不正出血の場合、偽薬や休薬期間の間に自然と改善してきます。

しかし、3ヶ月以上飲み続けても収まらない場合は何らかの疾患の可能性もあるため、専門の医師へご相談ください。

 

むくみ・胸の張り

低用量ピルを飲むと太るという噂がありますが、その原因がこれらの副作用です。

低用量ピルに配合されている黄体ホルモンには、体に水分を溜めやすくする作用があり、これによって体がむくみ、太ったように感じさせているのが実際のところです。

これらの副作用は約0.1%から5%未満の割合であらわれるといわれており、3ヶ月ほど低用量ピルを飲み続けることで治まることが多いです。

食生活改善や塩分・アルコールの摂取量の減少、適度な運動やマッサージなどで対策することが可能です。

 

気分の落ち込み

低用量ピルの副作用として、気分の落ち込みがみられる場合もあります。

これも体内のホルモンバランスが変化することによって引き起こされる症状の1つで、ホルモンバランスが整ってくるにつれて改善していくことがほとんどです。

様子を見ながら服用を続けて症状が収まってくるまで待つか、服用する低用量ピルを変更するといった方法で対策することが可能です。

途中で服用を中止すると再びホルモンバランスが崩れてしまい、場合によっては月経前症候群がひどくなることもあるので、自己判断で服用を中止するのはお控えください。

 

低用量ピルの重篤な副作用

血栓症

低用量ピルに配合されている有効成分の量は少なく、副作用が出ても軽微な症状で終わることがほとんどです。

しかし、重篤な副作用が全く存在しないというわけではなく、場合によっては重篤な症状があらわれてしまうこともあります。

服用後、重篤な副作用が疑われる症状を感じた場合は、速やかに専門の医師の診察を受けるようにしましょう。

 

血栓症

血栓症とは、何らかの原因で血液の一部が固まってしまい、それが血管の中に詰まってしまう病気です。

低用量ピルを服用していると、血栓症のリスクが約3~5倍増加するといわれているため、注意が必要です。

発症すると強い腹痛や胸痛、息苦しさ、激しい頭痛、ふくらはぎの痛みやむくみなどの症状が兆候としてあらわれます。

対策としては血栓を溶かす作用がある薬を服用し、血液をサラサラにする方法になります。

血栓症の兆候を感じた場合は、速やかに病院へ行き、専門の医師の診察を受けてください。

参考元:低用量ピルによる血栓症の危険性について徹底解説

 

血栓症が引き起こす重篤な症状

血栓症は、詰まる部位によっては重篤な症状が引き起こされる場合があります。

肺の血管で詰まった場合は肺塞栓症となり、突然の呼吸困難感、休み休みでなければ動けないような激しい息苦しさ、胸痛や冷や汗などの症状があらわれます。

 

脳の血管で詰まった場合、脳梗塞に繋がります。

この場合、片手足のしびれや麻痺、呂律が回らない、言葉が出てこない、視野が欠ける、めまい、意識障害などがみられます。

 

また、心臓の血管で詰まった場合、心筋梗塞が引き起こされます。

突然の締め付けられるような強い胸の痛み、胸部の圧迫感などが兆候としてあらわれます。

これらの症状は非常に危険であるため、症状を感じた場合は速やかに病院へ行き、専門の医師の診察を受けてください。

参考元:肺塞栓症(PE)/深部静脈血栓症(DVT)

参考元:脳梗塞

参考元:急性心筋梗塞

 

ピルを服用し続けると妊娠できなくなるってホント?

低用量ピルに関する噂にはさまざまなものがありますが、その中に『服用を続けていると妊娠できなくなる』というものがあります。

将来的に妊娠を希望している方からすると非常に気になる噂ですが、実際には妊娠できなくなるといったことはありません。

ある調査では、低用量ピルを飲んでいた女性と飲んでいなかった女性では妊娠率に大きな差がみられないという結果も出ています。

服用を中止してから再び妊娠できるようになるまでには、おおよそ3ヶ月ほどの時間がかかります。

参考元:低用量ピルで不妊症になるのは本当?低用量ピルと女性ホルモンの関係とは

 

ピルの副作用が出やすい人ってどんな人?

喫煙者の方や40歳以上の方、BMI30以上の肥満の方は、低用量ピルによる副作用が出やすいとされています。

また、軽度を含む高血圧の方や閃輝暗点等の前兆を伴う片頭痛持ちの方、血縁家族に血栓症の既往歴がある方、糖尿病や脂質異常症など、特定の病歴や既往歴を持つ方もピルによる副作用が出やすいので注意が必要です。

こういった方々は血栓症のリスクが高く、場合によっては医師の判断で低用量ピルの服用が禁止されることもあります。

また、はじめてホルモン製剤を服用する方でも副作用が出やすいとされています。

該当する方は低用量ピルを使用する前に、事前に専門の医師へご相談ください。

 

どういう症状が出たら服用を中止するべき?

低用量ピルを服用し、重篤な症状が引き起こされる確率は低く、稀といえます。

しかし、可能性が全くないわけではありませんので、低用量ピルを使う際は重篤な副作用が起きていないか気をつける必要があります。

特にこういった症状を感じた場合は血栓症を起こしている可能性が高いため、服用を中止し、専門の医師の診察を受けてください。

  • 激しい腹痛や激しい頭痛、激しい胸痛
  • 息苦しさ、押し潰されるような痛み
  • ふくらはぎの痛みやむくみ、握ると痛い、赤くなっている
  • 視野が狭い、見えにくい箇所がある
  • 舌のもつれや失神、けいれん、意識障害

 

まとめ

避妊はもちろん、女性特有の悩みや症状の解決にも効果を発揮する薬が低用量ピルです。

体内の女性ホルモンのバランスに影響を与えることで、こういった効果を発揮する低用量ピルは、女性にとって強い味方となってくれる存在です。

飲み続けていると妊娠できなくなる、副作用が重いのではといった噂もありますが、低用量ピルで起きる副作用は軽微なものが中心です。

重篤な症状では血栓症が報告されていますが、重い副作用が出る確率は低いため、過度な心配をせずにお使いいただけます。

しかし、使用する方によっては副作用が出やすいこともあるため、服用する際は気をつけなくてはなりません。

どのような副作用があるのか、どのような症状を感じた場合は服用を中止するべきなのかを事前に知っておき、安全に低用量ピルを服用しましょう。