【コスパで比較】女性にとって効果の高い避妊のやり方って結局なに?

女性にとって効果の高い避妊のやり方って結局なに?今回こちらのコラムで紹介するのは、避妊方法についてです。
将来設計を行う上で欠かすことができない「避妊」ですが、この避妊にはいくつかの方法があります。
また、それぞれの避妊方法ごとに避妊率の高さには違いがあり、避妊方法ごとにかかる必要な費用についても違いがあります。

こちらのページでは、それぞれの避妊方法についてや避妊率のほか、それぞれの避妊方法をコスパで比較しながら紹介していきますので、自身に適した避妊を把握するのにお役立てください。

避妊において最も大事なことは「考えること」

避妊は将来設計などを行う上で、考えなければならないことのひとつです。
想定していない妊娠をしてしまうことで、考えていた将来設計がくずれてしまうだけでなく、入院や出産などさまざまな部分での負担が増えてしまうことになります。
当然、入院出産だけでなく、出産後は育児などでも費用が必要になりますし、育児のために育児休業などで仕事をすることができなくなって収入が減少したりといったことにもつながってしまいます。
こうしたことが重なってしまうことで将来設計への影響は非常に大きくなってしまうことも少なくありません。

それ故に、性交渉を行う男性と女性それぞれが避妊についてよく考え、適切に避妊の方法を把握しておく必要があるわけです。

避妊できる6つの方法

男性や女性が十分に把握して適切に行う必要がある避妊。日本では一般的な避妊法はコンドームを用いたものが主流となっていますが、避妊法はそれだけではありません。
ここからは、前述のコンドームを用いた方法も含めて6種類の避妊法についてや避妊率の違いなどについて詳細に紹介していきますので、それぞれの方法について把握して自身に合った方法を選ぶようにしましょう。

経口避妊薬(常時服用)

低用量ピル避妊方法にはいくつかの種類がありますが、女性が主体となって行える避妊方法のなかで、最も一般的なのが経口避妊薬を使用する方法です。
一般的に「ピル」や「低用量ピル」と呼ばれる経口避妊薬を、1日1錠のペースで生理が始まったタイミングから服用することで避妊する方法です。
この方法は、ピルに含まれる女性ホルモンによって体内のホルモンバランスを変化させます。これによって、排卵を抑制したり、子宮内膜が厚くなるのを抑えて妊娠を避けます。
避妊率は99%以上であり、避妊失敗率は1%未満と非常に低くほぼ確実な避妊を行えるメリットがあります。

ただし、経口避妊薬は1日1錠を服用する必要があり、服用を忘れてしまうと避妊効果が弱まってしまうため、別の避妊法を併用する必要があります。
ほかにも2日以上続けて服用を忘れてしまうと避妊効果が消失してしまうだけでなく、改めて避妊を行うためには生理が始まるタイミングで経口避妊薬の服用を行う必要があるというデメリットがあります。

経口避妊薬(緊急避妊用)

アフターピル経口避妊薬には前述の低用量ピルの他に「アフターピル」と呼ばれるタイプのものもあります。
アフターピルは、避妊をしなかった場合や他の避妊方法で失敗した時に使える避妊方法であるため、緊急避妊薬とも呼ばれます。
アフターピルも低用量ピルと同様に体内のホルモンバランスを変化させることで、避妊を行うという点には変わりはありません。しかし、配合されている成分量が低用量ピルよりも多くなっており急激に、ホルモンバランスを変化させて緊急的に避妊を行います。

このアフターピルは通常の避妊方法で失敗した場合でも、1度か2度の服用で97~99%で避妊に成功するというメリットがあります。
その反面、配合されている成分量が多いアフターピルは急激にホルモンバランスを変化させるため強い副作用があらわれるリスクがあります。また、立て続けにアフターピルでの避妊を行うといったことはできない、避妊失敗直後の服用では避妊率は高いのに対し、時間が経過すればするほど避妊率は低下してしまうといったデメリットがあります。

IUS(子宮内避妊システム)

IUS避妊薬を用いない避妊として使用されている避妊法のひとつがIUS(子宮内避妊システム)と呼ばれる方法です。
これは、IUSと呼ばれる小さな器具を子宮内に挿入することで避妊を行います。
子宮内に挿入する避妊器具は「黄体ホルモン」を持続的に放出します。これによって、ホルモンバランスを変化させて、子宮口の粘液の粘度を高めて子宮に精子が入り込むのを防ぎ、子宮内膜が厚くなるのを防いで着床(妊娠)を防ぎます。
IUSの避妊率は99%以上とされており、この方法で妊娠する可能性は非常に小さくなっています。

IUSは少量の黄体ホルモンを持続的に放出するため、非常に高い避妊効果を最長5年もの間に渡って避妊効果を発揮するというメリットがあります。また、子宮内膜が厚くなるのを防ぐため生理量が減って生理痛が軽くなるといったメリットもあります。

その反面、IUSは装着ができない場合があったり、装着のために医師の力が必要になります。
また、装着してしばらくは生理以外での出血などがあったり、定期健診などが必要になるといったデメリットがあります。

銅付加IUD(子宮内避妊用具)

IUD子宮内に避妊用具を入れて避妊を行う方法は前述のIUSの他に銅付加IUD(子宮内避妊用具)を使用する方法があります。
子宮内に銅付加IUDを挿入することで、銅イオンを放出して精子と卵子が受精するのを防ぎます。この銅付加IUDを用いた時の避妊率は99%以上となっており、避妊失敗率は0.9%以下となっています。

銅付加IUDは一度装着すれば、2~5年という非常に長期間にわたって、避妊効果を発揮するというメリットがあります。また、装着さえしてしまえば後は自動的に避妊を行えるため、避妊のために何か特別なことをするといった手間がかからないというメリットもあります。

ただし、銅付加IUDを装着したり脱着するには医師の力が必要になります。銅付加IUDは装着後も定期的な検診が必要というデメリットがあります。また、生理量が増加する可能性があるというデメリットもあります。

コンドーム(女性用コンドーム)

女性用コンドーム現在、日本でもっとも一般的に使用されている避妊方法がコンドームを用いた避妊です。
コンドームは男性用のものと女性用のものがあります。男性器や女性器にコンドームを装着して、精子が子宮内へ侵入するのを物理的に遮断します。これによって、避妊を行います。

コンドームを使用した場合の避妊率は85~97%となっています。適切にコンドームを使用した場合は2%の避妊失敗率ですが、実際にはコンドームを用いた避妊の避妊失敗率は15%程度となっています。これは、コンドームを正しく使えていないことが原因となっています。

コンドームを用いた避妊は、装着するだけで簡単におこなうことができるだけでなく、薬局などで手軽に購入できるといったメリットがあります。また、性器に装着するため物理的に粘膜接触を防ぐため性病の予防ができるといったメリットもあります。

その反面、他の避妊法と比べて避妊失敗率が高いというデメリットがあるため、コンドームを用いた避妊を行う場合は適切に使用する必要があります。

避妊手術

避妊手術避妊法の中でも、最も可能性が高い方法というのが避妊手術です。
女性が行える避妊手術として現在では卵管結索術と呼ばれる手法が一般的になっています。これは卵子の通り道である卵管を切断して意図で縛ったり、卵管を縛って通れないようにします。こうして卵子と精子が出会って受精するのを物理的に防ぐため99%以上という高い避妊率を誇り、避妊失敗率は1%未満と非常に低くなっています。

男性の場合は、精管結索術と呼ばれる手法が用いられ、精子の通り道である精管を切断して縛るという方法になります。こちらの避妊率も女性と同様に99%以上となっています。

また、避妊手術は一度手術さえしてしまえば半永久的に避妊を行うことができるというメリットがあります。
その一方で、避妊手術は病院での手術や入院が必要になりますし、一度避妊手術を行ってしまうと元の妊娠できる状態に戻せないケースも珍しくないというデメリットがあります。
そのため、この避妊手術を行う場合には、手術を受ける方だけでなく配偶者や事実上の婚姻関係者の同意が必要になるという点にも注意が必要になります。

【コスパで比較】避妊対策の金額と対策効果で比較

ここまで避妊を行う避妊方法を6種類、紹介しました。
それぞれの避妊方法には効果の違いや必要になる費用が違っています。
そこで、ここからは実際にそれらの避妊を行う場合にかかる費用や、避妊効果で比較していきたいと思います。
避妊効果の高い方法の中にも、費用が高いものもあれば低いものもあります。
また、避妊が必要になる期間などによってもコスパは変動したりするため、自身の目的や計画などに合わせて最適なものを選ぶことが重要なので、是非お役立てください。

第1位:経口避妊薬(常時服用)

様々な経口避妊薬適切に使用することで99%以上というほぼ確実な避妊効果を持っている「経口避妊薬(常時服用)」は6種類ある避妊方法の中でも、最も効果に対して手軽に行える避妊法となります。

また、女性が主体となって避妊を行えるという点も大きなメリットですし、避妊以外の生理痛の改善などの効果にも期待できます。

常時服用の避妊薬は1カ月当たりにかかる費用は「1,200程」となっています。
長期の避妊を行う場合は、器具を用いた避妊と比べるとコスパは悪くなりますが、短期での避妊を考えた場合は最もコスパは高くなります。

また、経口避妊薬は服用を停止してしばらくすれば、再び妊娠することができるようになるため妊娠したいと思った時にすぐに対応できるというメリットもあります。

第2位:コンドーム

コンドーム超短期でのコストパフォーマンスの身を考えた場合や、手軽さを考えた場合に最も優れている避妊法は「コンドーム」を用いた方法です。
男性用コンドームであれば、1回あたりのコストは「200~300」となっているため、ただ一度だけ避妊を行いたいというような時にはコスパの良さを発揮します。
ただし、継続的な効果はないため性交渉の回数が増えれば増えるほどコスパは悪くなっていく点や、適切に使用する方法が浸透していないという点から避妊効果が低いというデメリットがあります。

女性が使用するタイプのものもありますが、製造がされていないという現状があるため基本的には男性主体の方法となっているというデメリットがあります。

第3位:経口避妊薬(緊急避妊用)

アフターピル短期でのコスパの高い避妊法となっているのが「経口避妊薬(緊急避妊用)」です。
1回の避妊に必要になる費用は「1,500~15,000」となっています。個人輸入などでアフターピルを輸入した場合は、1,500程とコスパは高い避妊法となっていますが、病院でアフターピルを処方してもらう場合には、15,000程とコスパが非常に悪くなってしまうというデメリットがあります。

避妊効果自体は非常に高くはあるものの、最大限の効果を得るには性交渉後72時間以内かつ、できるだけ早くという制限があります。

また、アフターピルでの避妊は効果が非常に高い反面、避妊のたびに費用が発生するため、避妊する回数が多くなればなるほど、コスパは悪くなります。

第4位:銅付加IUD(子宮内避妊用具)

IUDコスパの面で考えると第4位となるのが「銅付加IUD(子宮内避妊用具)」を用いた避妊方法になります。
この銅付加IUDを装着するために必要になる費用は「15,000」ほどとなっています。利用する医療機関などによって費用は上下する点に注意が必要です。
また、定期健診が必要になったり、器具を取り外すといった時にも費用が発生します。
しかし、挿入して2年使用した場合、1カ月あたりにかかる費用は「625」となり長期で使用した場合は毛口避妊薬(常備服用)を使用するよりもコスパは高くなります。

コストに対する効果だけを見ると非常に優秀ですが、長期使用が前提となるため短期での使用には向かない点。短期で器具を取り外すとコスパが悪化するというデメリットがあります。

第5位:IUS(子宮内避妊システム)

IUS銅付加IUDと共に、コストだけで見ると非常に優秀なのが「IUS(子宮内避妊システム)」を用いた避妊方法です。

こちらは子宮内に専用器具を装着するために「40,000」といった高額な費用が必要になります。
しかし、こちらの方法は5年と銅付加IUDよりも長期に渡って使用できます。5年使用した場合は1カ月あたりの費用で換算すると「670」となっており、経口避妊薬よりも安価になります。
避妊効果も経口避妊薬を使用した場合と変わらず、費用も安くなるというメリットはありますが、このコスパを実現するためには5年使用という長期使用が前提となるデメリットもあります。また、5年の間には定期的な検診を受けたり、取り外す際にも費用が必要になるという点もデメリットとなっています。

第6位:避妊手術

避妊手術単純にコスパだけで考えた場合には最も安くなるのが「避妊手術」です。
手術費用として「120,000」ほどの費用が必要になります。ただし、避妊効果は非常に高いため、避妊手術を受ければまず妊娠する可能性はないと考えられるほど。
また、一度避妊手術を行ってしまえば、その後は一生妊娠することはないため、手術後の期間が長くなれば長くなるほど、コスパはどんどんと高くなっていきます。

そう考えると非常に優秀な方法ではあるものの、再び妊娠したいと思っても再建手術を行うことができないというケースは珍しくありません。そのため、短期間だけ避妊したいといったような場合には適さない方法となっています。

有効な避妊方法は「組み合せること」

避妊を行う場合、これまでに説明した方法のどれかひとつを用いるというのが一般的です。
ですが、ひとつの方法では妊娠する可能性をゼロにすることはできません。そこで、有効になるのが複数の避妊方法を「組み合わせる」ということ。
ふたつの避妊方法を組み合わせるだけでも、更に避妊率を高めることが可能になります。

ここから、避妊方法の中でもオススメの組み合わせを紹介しますので、より確実な避妊を行いたいという方は是非お役立てください。

「コンドーム×ピル」がかなり有効

コンドームとピル組み合わせる方法の中でも有効なのが女性が主体となる「経口避妊薬(常時服用)」の低用量ピルと、男性が主体となる「コンドーム」の組み合わせです。
コンドームでの避妊は日本では一般的に行われていますが、それだけでは避妊失敗率はどうしても高くなってしまいます。
そこで、女性が主体となって行える低用量ピルを用いた避妊を組み合わせることで、より確実な避妊を実現できます。
このふたつの方法の組み合わせは、精子の侵入を物理的に防ぎながら、女性の排卵を抑制するというふたつの作用によって効果的に避妊を行えます。

更に、コンドームの使用で粘膜接触の予防になるため性病の感染予防効果にも期待できるというメリットがあります。

間違った避妊方法

将来設計などを考えて、避妊を行っているケースは珍しい事ではありません。
しかし、そうして行っている避妊の中には、間違った避妊方法を行っているケースもあります。
ここからは、避妊方法として間違っている方法について紹介していきます。

ご自身が行われている避妊が、間違った避妊ではないか確認した上で、適切な避妊方法を行うようにしましょう。そうすることで、想定外の妊娠などを避けることができます。

膣外射精

コンドームなどの避妊具を用いない場合の避妊法として、一般的に行われているのが「膣外射精」です。
コンドームを装着せずに性交渉を行い、射精の際に男性器を引き抜き体外で射精する方法ですが、この方法では体外に射精したとしても妊娠してしまうリスクがあり、その確率は2割ほどといわれています。

これは、我慢汁などと呼ばれる「カウパー腺液」に精子が混じってしまうことがあるためです。
その結果、射精は膣外で行ったのに妊娠してしまうわけです。
また、膣外で射精したつもりでも実際は引き抜くときに、少量膣内で出てしまっているといったケースもあります。

こうしたことから、膣外で射精したとしても妊娠してしまうというわけです。
膣外射精はポピュラーな避妊方法ではあるものの、避妊率は非常に低いため適切な避妊を行うようにしましょう。

生理中の性行為

間違った避妊方法には膣外射精以外にも「生理中の性行為」があげられます。
生理というのは、排卵した卵子が精子と出会うことなく妊娠が成立しなかった時に起きる生理現象です。
そのため、生理中は排卵しないから安全と考えて、生理中の性行為は避妊をせずに膣内射精しても妊娠しないと考える方がいます。

ですが、生理中の性行為であっても妊娠する可能性はゼロではありません。これは、膣内に残った精子が一週間近く生存している可能性があるためです。
その結果、生理中に膣内射精した精子が膣内で生存したまま、新たに排卵された卵子と出会って妊娠してしまう可能性があるのわけです。

また、生理中の性行為は性交痛や細菌感染症への感染リスクが高まるといったデメリットもあるため、生理中に性行為を行う場合は、適切にコンドームを使用するようにしましょう。

膣内を洗う

コンドームを用いずに膣内射精した後に、ウォシュレットのビデ機能やシャワーなどを用いて膣内を洗浄するという方法は間違った避妊方法です。
都市伝説的に、コーラで膣内洗浄をすれば避妊できるといったような話もありますが、こちらも当然、間違った避妊方法になります。
射精した直後に精子は膣内を進んでいくため、すぐに膣内をシャワーなどで洗浄したとしても洗浄が間に合っていないというケースがほとんどです。
また、コーラなどを用いた場合は膣内の細胞を痛めたり、善玉菌を除去してしまう可能性もあるため、細菌感染症などのリスクを高めてしまうことにもつながります。

膣内洗浄は射精と同時に膣内から膣外へ大量に流水するといったようなことを行えば可能かもしれませんが、現実的にそうしたことを行うのは不可能です。そのため、膣内射精した後に洗浄しても、避妊効果は全くないと考えて問題ありません。

リズム法(オギノ式)

1942年、産婦人科医の荻野氏によって発表されたのが「オギノ式」です。
もともと、オギノ式は排卵日を逆算して予測するための計算方法であり、避妊を行うためのものではありません。排卵日を予測することで「排卵の前3日前から排卵日までの妊娠しやすい期間」、「排卵後から24時間以降の妊娠しにくい期間」を把握することができることから、オギノ式を用いて妊娠しにくい期間に避妊を行わずに性行為をするという方が増えてしまったのです。

当然、このオギノ式で割り出した妊娠しにくい期間は妊娠しない期間ではないため、妊娠してしまうリスクがあるため、確実な避妊を行いたいという時には、この方法での避妊は適していません。

そのため、オギノ式は避妊のために用いるというより、妊娠したいという方が妊娠しやすい期間を特定するために用いるのがより適した方法といえます。

コンドームの再利用

間違った避妊方法として、最後に紹介するのが「コンドームの再利用」です。
一度使用したものを洗って再び使うといったことや、コンドームの袋を開封して使用しなかったものを再利用するといったことも避妊方法としては間違っています。

どちらの方法も、コンドームに傷がついてしまったりする可能性があり、破損のリスクが伴います。
小さな穴が開いてしまえば、精子の膣内への侵入を許してしまうため妊娠のリスクが生まれてしまいます。
そのため、コンドームは再利用せず性行為を行うたびに新しいものを袋を開封して取り出すようにしてください。

また、コンドームを使用する場合、コンドームの装着は性交渉を行う前からが適切な使用方法となっています。一度挿入し射精が近くなってから性器を引き抜いてコンドームを装着するといった方法も間違った使用法になる点には注意が必要です。

まとめ

ここまで、避妊についてのさまざまな方法や避妊効果の高さ、そして避妊方法ごとのコスパや効果での比較などを行ってきました。
避妊の方法によって、避妊率や避妊を行うために必要になる費用などを適切に把握することで

より確実な避妊を行いたい

とにかく安く避妊を行いたい

といった、避妊を行う方それぞれのニーズに合わせて適切な避妊法は変化します。

人生設計を行う上で、非常に重要なタイミングとなる妊娠や出産。そんな妊娠出産を計画的に行うためには、自身が求めるニーズに合った避妊方法を選択して避妊するようにしましょう。
もちろん、自身に適した避妊を選択しても、避妊方法を間違えてしまっていたりすれば、予期せぬ妊娠にも繋がってしまうため避妊方法の手順や仕組みなど正しい知識を持つことも重要です。