育毛マッサージが効果的な理由とは?マッサージの方法や注意点を解説

育毛マッサージが効果的な理由とは?マッサージの方法や注意点を解説薄毛で悩む人は、日ごろの対策法について気になるでしょう。

薄毛対策は、病院やクリニックから治療薬を購入することで行えますが、その分お金がかかってしまいます。

そこでお金をかけずに効果的な薄毛対策をできるのが「育毛マッサージ」です。

育毛マッサージを適切に行うことで、抜け毛の抑制や育毛や発毛の促進のサポートに期待できます。

しかし、正しい方法で行わなければ、効果が出ない可能性があるため注意が必要です。

 

今回は、薄毛対策の方法として育毛マッサージが効果的な理由や、マッサージの方法について解説します。

また、育毛マッサージを行うタイミングや注意点についても解説するため、生活のなかに育毛マッサージを取り入れたい人は参考にしてください。

 

育毛マッサージが効果的な理由

育毛マッサージは、抜け毛防止や毛細予防に効果がある頭皮ケアの1つです。

まずは、育毛マッサージがこれらに効果的な理由について解説します。

参考元:【医師監修】頭皮マッサージの育毛効果は?薄毛改善に有効な正しいやり方をご紹介

 

毛乳頭細胞が活性されるため

育毛マッサージは、毛乳頭細胞が活性化する効果があります。

毛乳頭細胞は、髪の毛を成長させるのに必要な栄養素を供給させるための指示出しを行っています。

そのため、育毛マッサージによって毛乳頭細胞を活性化させることで周辺の毛母細胞が分裂や増殖を行います。

その結果、髪の毛が太く成長したり、髪の毛の量が増加したりするという仕組みです。

 

血行が促進されるため

髪の毛を成長させるには、食事から摂取した栄養素を血液によって頭皮に循環させる必要があります。

しかし、頭皮の血流が悪いと髪の毛の成長に必要な栄養素が十分に行きわたらなくなります。

 

しかし、育毛マッサージによりこり固まった筋肉をほぐすことで、頭皮の血行を促進させることが可能です。

これにより、栄養素が頭皮に行きわたりやすくなり、髪の毛の成長を促進できます。

 

育毛マッサージの方法

育毛マッサージには、大きく以下の3つの方法があります。

  • 圧迫法
  • 叩打法(こうだほう)
  • 揉捻法(じゅうねんほう)

ここからは、それぞれの育毛マッサージの方法について解説します。

 

圧迫法

圧迫法とは、頭皮を指先でつかみ弾みをつけるように指を押したり、離したりを繰り返す育毛マッサージです。

圧迫法は緊張や興奮を抑えて血行を促進する効果があります。

血行促進により、髪の毛を成長させるために必要な栄養素が行きわたりやすくなり、育毛効果があるでしょう。

また、圧迫法は頭皮だけでなく首や肩、腕などのこりにも有効な育毛マッサージです。

そのほかにも以下のような効果に期待できるでしょう。

  • 血行促進
  • リラックス効果
  • ストレスの軽減
  • 快眠
  • 集中力の向上
  • 疲労軽減

 

叩打法(こうだほう)

叩打法は、手を軽く握るこぶしの状態で頭皮をトントンと叩くようにマッサージを行う方法です。

叩打法は毛細血管を広げる働きがあり、血行をよくしてくれます。

美容室に行った際に、肩や首をトントンと叩かれた経験をした人は多いでしょう。

これが叩打法です。

 

ただし、力加減が大切であり、頭のなかまでどんどんと響くような強さでは、首や肩に負担がかかってしまうため、軽く叩くことを意識しましょう。

なお叩打法による効果は毛細血管を広げること以外に以下のようなものがあります。

  • 眼精疲労の改善
  • 肩こり・首こりの軽減
  • 顔のむくみの改善
  • 鼻詰まりの改善

参考元:頭皮マッサージは薄毛に効果的?刺激が発毛に与える影響

 

揉捻法(じゅうねんほう)

揉捻法は、指先の腹の部分で頭皮をぐるぐると円を描くようにもみほぐすマッサージの方法です。

爪を立てずに指先の腹の部分で、頭皮の筋肉をもみほぐすことで血行促進の効果があります。

血行を促進し、頭皮を柔らかくすることで、髪の毛に栄養が行きやすく育毛効果が発揮できるでしょう。

 

また、揉捻法は血行促進のほかに以下のような効果に期待できます。

  • リラックス効果
  • 体温の上昇
  • 集中力の向上
  • 疲労軽減

 

自宅でできる育毛マッサージのやり方

育毛マッサージは、お店に行かなくても自宅で行えます。

自宅でできる育毛マッサージのやり方は以下の通りです。

  1. 両手で頭全体をつかんで押したり、離したりをする
  2. 両方の指で頭をつかみ頭皮を動かすようにぐるぐる回す
  3. 指先で頭皮を軽く叩く
  4. 側頭部から頭頂部まで優しく叩く
  5. こめかみから行動部までも優しく叩く
  6. ひたいから後頭部まで指で刺激する

上記は、育毛マッサージの一例であり、どの方法がよいかは本人次第で異なります。

さまざまな方法を試して、自身が気持ちがよいと感じた方法でマッサージを行いましょう。
 

育毛マッサージを行うタイミング

入浴中の男性
育毛マッサージの効果を最大限発揮するには、行うタイミングにも注意する必要があります。

育毛マッサージを行うのによいタイミングは、朝と夜です。

頭皮の血流は、夜の寝る前から朝にかけて減少するため、このタイミングに育毛マッサージを行いましょう。

さらなる効果を求める場合は、入浴中や入浴後などの頭皮の血流がよくなっているタイミングに育毛マッサージを行うのが効果的です。

 

また、育毛剤を使用している人は、育毛剤をつけてから1~2分後に育毛マッサージを行うとよいとされています。

育毛剤をつけた直後は、育毛マッサージにより育毛剤の成分が取れてしまうため、頭皮が乾いたあとに行いましょう。

 

育毛マッサージを行う際の注意点

育毛マッサージは、適切に行うことで育毛などのさまざまな効果に期待できますが、やり方によっては逆効果になる可能性もあります。

ここからは、育毛マッサージを行う際の注意点について見ていきましょう。

 

育毛マッサージはやりすぎない

育毛マッサージは、高頻度・長時間やりすぎないように注意しましょう。

育毛マッサージをやりすぎると、頭皮に負荷がかかりすぎてしまい頭皮トラブルや頭痛になる可能性があります。

 

育毛マッサージは、やるほど効果が出るというわけでなく、短時間でも十分効果的です。

先述した通り、朝と夜に2回でそれぞれ3分間程度行うようにしましょう。

また、「朝にできなかったから夜に2回分やろう」という状況は避けることも大切です。

参考元:育毛マッサージは薄毛に効果がある?マッサージ方法や注意点を解説

 

力を入れすぎない

育毛マッサージを行う際は、力を入れすぎて頭皮に負担がかからないように注意しましょう。

あざができるほどの強さで叩いたり、痛みがあるほど力を入れたりすると、頭皮にダメージを与える可能性があります。

 

育毛マッサージを行う際は、気持ちよさを感じる強さでマッサージを行うようにしましょう。

 

爪が長い状態でやらない

育毛マッサージは、爪を短く切った状態で行うようにしましょう。

爪が長い状態だと育毛マッサージにより頭皮に傷がつき、その傷がニキビや炎症の原因になる可能性があります。

また、爪のなかには細菌や汚れが付着しているため、傷を悪化させる原因です。

 

手を清潔な状態にして爪も切ったうえで育毛マッサージを行いましょう。

 

まとめ

育毛マッサージは、毛乳頭細胞の活性化や頭皮の血行促進などの効果があり、薄毛対策として有効な手段です。

育毛マッサージの方法には、圧迫法や叩打法、揉捻法などの種類があります。

 

育毛マッサージを行う際は、1日に2回で各3分程度ずつ行うようにしましょう。

力を入れすぎたり、爪が長い状態でマッサージをしたりすると、頭皮トラブルにつながる可能性があるため、注意が必要です。

お金をかけずに薄毛対策をしたい人は、この記事を参考に育毛マッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか。