FAGAの治療薬はなにがいい?人気ランキングBEST5

FAGAの治療薬はなにがいい?人気ランキングBEST5数多くの女性を悩ませるFAGA(女性男性型脱毛症)は治療薬を適切に活用することで、改善へと導くことが可能となっています。

とはいっても、今ではFAGAを治療するための治療薬も多数登場していますし、海外は海外で日本とは違ったタイプの治療薬が多数あったりして、どれを使えばいいのか迷ってしまうというケースは珍しくありません。

そこで、こちらのページではそんなFAGAを治療するための治療薬について、どの治療薬が良いのかランキング形式で紹介していきたいと思います。

FAGAの治療を使用と考えているけど、治療薬で迷って一歩を踏み出せていないという方は、是非こちらのページを参考にして、治療の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

FAGAってどんな症状?

FAGAどう症状FAGAの治療薬について知る前に、まずは悩みのタネとなっているFAGAの薄毛について紹介しておきたいと思います。

どうして、FAGAの薄毛が起きるのか?その原因は?そして、治療する方法はあるのか?

といったことについて適切に把握しておくことで、FAGAの悩みがまだあらわれていない方は予防するといったことが可能になったりしますし、薄毛の兆候があらわれているという方は薄毛の進行を抑えながら早期の治療を開始するといったことが可能となります。

 

FAGAが生じるメカニズム

FAGAのメカニズムでは、まずはFAGAが生じるメカニズムから紹介しようと思います。

人の毛根には、毛乳頭やそこから指令を受けて分裂し毛となる毛母細胞があります。

女性は更年期などを迎えてホルモンバランスが大きく変わると、男性ホルモンが相対的に増えてしまいます。

そして、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが毛乳頭にある受容体と結び付くと、毛乳頭は毛母細胞へ成長をストップさせるように指令を発します。

指令によって成長が止まってしまった毛は、そこから再び成長を始めることはなく、抜け落ちるための周期へと移行していきます。

その結果、髪が十分に成長しないまま抜けおちていってしまい、次第に頭頂部など髪が薄くなって地肌が目立つようになってしまうのです。

 

FAGAの原因はなに?

更年期の女性ホルモン減少FAGAによる薄毛が起きてしまうメカニズムが分かったところで、ではなぜこの薄毛が起きてしまうのかという原因についてお話したいと思います。

FAGAの原因はメカニズムの部分でも少し触れましたが、更年期などによって女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが相対的に増えてしまうことがあげられます。

また、ホルモンバランスの変化以外にも、遺伝による影響もあると考えられています。男性ホルモンと結びつく受容体の有無が遺伝に左右されるとされているためです。

そのため、受容体を遺伝で受け継がなかった女性は更年期を迎えてホルモンバランスが乱れても、薄毛にならないと考えられています。

ほかにもホルモンバランスの変化は更年期以外にも、自律神経の乱れなどによっても起こるとされています。

そのため日常生活などで強いストレスなどを感じる方は、更年期を迎える前であっても相対的に男性ホルモンが多くなって薄毛となってしまう場合もあるのです。

 

FAGAの治療方法ってなにがあるの?

FAGAの治療法遺伝やホルモンバランス、ストレスによる自律神経の乱れなどさまざまな原因に起きてしまうFAGA。

そんなFAGAを治療する方法には一体どういうものがあるのでしょうか。

FAGAの治療法としては

  • 投薬治療
  • 発毛メソセラピー
  • HARG療法
  • 自毛植毛

といったものがあります。

当然、治療法ごとにメリットやデメリットがあり、治療にかかる費用や期間なども変わってきます。

そのため、自身に合った治療法を見つけてその方法で治療を進めることが可能です。

 

投薬治療はそのまま治療薬を服用して薄毛の改善を目指す治療法です。

発毛メソセラピーやHARG療法は頭皮に独自の薬剤やHARGカクテルと呼ばれる成分を注入することで、髪の成長を促したりすることで薄毛を改善する治療法になります。

自毛植毛は、後頭部などの目立たない場所から元気な毛を毛穴ごと抜き取り採取し、それを薄毛部分へと植え込む治療法になります。

 

FAGAには投薬治療がオススメの理由

薬を飲む女性女性の薄毛であるFAGAの治療法の中でも、投薬治療はオススメできる治療法のひとつといえます。

そこで、ここからはなぜ投薬治療がオススメなのか

  • 早期対策が可能
  • 他の治療法より安い
  • クリニックに行かなくても治療できる

というみっつのポイントごとに詳しく紹介していきたいと思います。

FAGAの治療を使用と考えているけど、どの治療法で治療を進めようか迷っているという方は、参考にしてみてください。

 

早期対策が可能

自分の多量の抜け毛を見る女性投薬治療がオススメの理由のひとつめは早期対策ができるということです。

投薬治療はどのFAGAの治療法よりも手軽に進めることができる治療法であるため、薄毛がちょっと気になるというタイミングでもすぐに治療を始められます。

他の治療法は治療のためにクリニックに足を運んで専門の治療を受ける必要があったりするので手軽さという点では劣ってしまいます。

また、治療1回にかかる費用についても、投薬治療と比べるとはるかに高額になってしまうので、薄毛の初期段階ではなかなか治療に踏み切れなかったりするので、結果的に治療が遅れてしまい治療費がさらにかさんだり、治療期間がさらに長くなってしまったりするのです。

投薬治療は安価で手軽に始めることができるので、早期に対策を進めていくことが可能なので、結果的に費用や期間を大幅に抑えることができたりします。

 

他の治療法より安い

投薬治療は他のFAGAの治療法と比べると安価です。

ただし、治療法や治療期間などによって治療費は大きく変動します。

治療法ごとの治療費の一例

治療法

1ヶ月

1年

10年

投薬治療

8,500

102,000

1,020,000

発毛メソセラピー※1

80,000

960,000

1,980,000

HARG療法※2

80,000

960,000

1,680,000

自毛植毛※3

1,800,000

1,800,000

1,800,000

※1 1クールの治療後、投薬治療に切り替えた場合の費用
※2 1クールの治療後、年に1回メンテナンスを行った場合の費用
※3 1株1,000で1,000株植毛した場合の費用

 

投薬治療では1ヶ月あたりにかかる費用は8,500ほどですが、発毛メソセラピーやHARG療法は1ヶ月の治療にかかる費用は80,000ほどとなっています。

また、HARG療法は治療後も年に1、2回のメンテナンスが必要になったりします。

最後に、自毛植毛の場合は基本料金として300,000ほどが必要となり、その上で植毛する株ごとに1,000~2,000必要になるので、合計して1,000,000以上の費用が必要になるケースも珍しくありません。

継続しての治療を長期間行う場合であっても、投薬治療の場合は他の治療法と比べても安価となるため費用を抑えて治療を行いたいという場合には、オススメとなっています。

 

クリニックに行かなくても治療できる

クリニックに行かなくても治療投薬治療がオススメな理由として「クリニックに行く必要がない」というのも挙げられます。

もちろん、薬を処方してもらったりする場合にはクリニックに足を運ぶ必要がありますが、個人輸入などで薬を手に入れる場合にはその必要もなくなります。

そのため、自宅などで治療薬を購入して、自宅で継続して治療薬を服用することで、こっそりと薄毛の悩みを改善へと導くといったことが可能です。

薄毛の悩みを改善するためにFAGAクリニックなどに足を運ぶところを知り合いに見つかるのを恥ずかしいと感じる人は珍しくありません。

そのため、クリニックなどに足を運ばずに治療を進めることができる投薬治療は恥ずかしい思いをせずに手軽に進めることができるので、多くの人が利用していたりします。

 

FAGA治療薬おすすめランキングBEST5

ランキングFAGAの治療を行うための治療薬は通販サイトでも販売されており、今では非常に数多くの種類があります。

そのため、実際に薄毛の改善を使用と考えても、どの治療薬を使えばいいのか分からないとなってしまうケースは珍しくありません。

ですから、ここからはFAGAの治療に用いられる治療薬をランキング形式で5つ紹介していきたいと思います。

どういう薬なのか、価格はどのぐらいなのかも合わせて紹介していくので、治療薬選びで迷った時はお役立てください。

 

1位:ロゲイン(女性用)

ロゲイン(女性用) ロゲイン(女性用)は、McNeil Laboratoriesが製造・販売する薄毛の治療薬です。

有効成分としてミノキシジルを配合しており、この成分が頭皮の血管を拡張して頭髪一本一本への栄養供給を増やして髪の成長を促します。

価格は1本あたり、7,760となっており、2本セットだと11,060となっているため、まとめ買いすることでより安価で購入することができるようになっています。

男性向けの薄毛治療薬と同じ成分を配合しており、幅広い人に活用されその効果を実感している人も多い治療薬なので、安心して使うことが可能です。

 

2位:パントスチン

パントスチンオススメランキング2位は「パントスチン」です。

こちらはMERZが製造・販売する薄毛の治療薬です。

有効成分としてアルファトラジオールを配合しています。この成分は薄毛の原因となるホルモンをつくる酵素の働きを阻害します。

この効果によって、薄毛の原因となるホルモンが作られず抜け毛を予防して薄毛を改善へと導いてくれます。

パントスチンの価格は1本8,560となっており、まとめ買いすると1本あたり6,920以下で購入することも可能となっています。

 

3位:ボントレスヘアセラム

ボントレスヘアセラムオススメランキングの3位は「ボントレスヘアセラム」です。

こちらはインドに本社を置くGlenmark Pharmaceuticalsが製造・販売している薄毛の改善をサポートしてくれる育毛剤です。

薄毛の原因に対してさまざまな方面からアプローチするように、アカツメクサ花エキスやアセチルテトラペプチド-3など複数の有効成分を配合しています。

価格も1本あたり6,760となっており、まとめ買いすると1本あたり4,487ほどとなるため、これまで紹介してきたものよりも安価で改善を目指すことができるという特徴があります。

 

4位:パントガール

パントガールFAGA治療薬のオススメランキング4位は「パントガール」でした。

こちらはドイツの製薬会社であるMERZが製造・販売している女性の薄毛を改善するサプリメントで、海外では女性の薄毛の改善薬として承認されています。

有効成分にはパントテン酸カルシウムやL-シスチンなどが配合されています。

パントテン酸カルシウムやL-シスチンは髪の成長に欠かせない成分であり、これらを補うことで薄毛を改善へと導いてくれます。

価格は90錠で9,760(1錠あたり108)となっており、まとめ買いすることで1錠あたり78ほどで購入することが可能となっています。

 

5位:プリオリン

プリオリン女性の薄毛治療にオススメの治療薬ランキングの最後に紹介するのは「プリオリン」です。

プリオリンはトリキュラーなどで女性にも知られている「bayer」が製造・販売する育毛効果を持つサプリメントです。

有効成分にはパントテン酸やビオチン、L-シスチンを配合しています。複数の有効成分が女性の薄毛に対してさまざまな方向からアプローチして改善をサポートしてくれます。

価格は30錠で6,660(1錠あたり222)、まとめ買いすると1錠あたり174となっています。

 

FAGAの治療薬を使用する際の注意点

考える女性薄毛の悩みは男性特有の悩みというイメージが強いですが、そういうわけではなく今は女性も薄毛で悩む方は少なくありません。

特に、女性の場合は薄毛になることで女性らしさや女性としての魅力が大きく落ちてしまう原因にもなってしまうため、適切に対策を進めることがとても重要です。

そんな女性の薄毛の悩みは治療薬を用いることで改善へと導くことができるようになっていますが、治療薬を使用する場合には注意しなければならない点もいくつかあります。

ここからは、そんなFAGAの治療薬を使う上で注意しなければならないポイントについて紹介していきたいと思います。

 

服用方法を正しく守って使用する

注意点の説明FAGAの治療薬を使う時に、まず注意しなければならないのが服用方法を守って正しく服用するということです。

  • 1日に何回服用するのか
  • 1回あたりの服用する量はどのぐらいなのか
  • 服用タイミングは食前、食後、食間いつなのか

上記のようなことを適切に把握した上で、服用するようにしましょう。

これは、FAGAの治療薬に限らずどういった病気の治療薬を使う場合にも同じことがいえます。

沢山飲んだ方が、効果が強くなって早く薄毛が改善するのではないか?病気が早く治るのではないか?と考える方がいますが、効果が高まるということはありません。

逆に、副作用のリスクが高まってしまって、辛い副作用に悩まされるなんていう結果になることも珍しくないので、治療薬を使ってFAGAを改善する場合は、正しい用法用量を守って治療を進めるようにしてください。

服用するタイミングは食事をした後に飲むと吸収されにくくなったり、胃に何も入っていない状態だと胃への負担が大きくなるからなど食事が薬の吸収に関係しているような場合に指定されたりするので、こちらもきちんと守る必要があります。

 

未成年や妊娠中は使用不可

妊婦FAGAの治療に用いられる治療薬ですが、基本的には成人した女性が使用することが想定されています。

そのため、未成年の方や妊娠している女性の使用は想定されていません。

当然、未成年や妊娠している女性の使用に関する治験なども行われていませんし、安全性も確率されていません。

安全性の確立がされていないということは、使用して何かしらの大きな問題が起きうる可能性がゼロではないということになります。

そのため、未成年の方や今妊娠しているという方の場合は、治療薬を用いた治療ではなく体に負担をかけたりしないような改善法を進めていくようにしましょう。

幸い、FAGAの改善法の中には生活習慣や食生活の乱れなどを改善することでも、薄毛を改善へ導くことができたりもするのでそちらを活用してみましょう。

 

男性用のAGA治療薬は使用不可?

男性用AGA治療薬結婚されている女性の場合、パートナーがAGAで悩んでいて、自分もFAGAに…というケースもあります。

そうした時に思いつくのがFAGAは女性のAGAということで、男性用のAGA治療薬を使うことができるのでは?と考える人がいます。

実際のところ、男性のAGA治療薬を女性が使うことは基本的にはできません。

これは

  • 男性向けのAGA治療薬の中には女性が使用できない成分が配合されている場合がある
  • 女性のFAGA治療薬に含まれているのと同じ成分でも成分濃度が違う

ためです。男性向けのものと女性向けのもので成分そのものに違いがあったり、同じでも成分濃度が違っていて副作用などのリスクが高くなってしまう場合があります。

そのため、男性用AGA治療薬があるからそれを自身のFAGAの治療のために使うというのはできません。

FAGAを投薬治療で改善しようと考えた場合は、女性向けのFAGAの治療薬を使うようにしましょう。

 

副作用には注意する

頭をかく女性FAGAの治療を投薬治療で進める場合、気を付けなければならないのが副作用です。

利用する治療薬によって、副作用の出やすさそのものが違っていたり、あらわれる副作用の症状が違っていたりします。

そのため、投薬治療を行う場合には、まずその治療薬がどういった副作用があるのか?といったことについて把握しておくようにしましょう。

ミノキシジルの副作用には初期脱毛や皮膚炎、頭痛やめまいといったものがあげられます。

また、パントテン酸カルシウムは基本的に副作用はないとされていますが、大量に摂取した場合には吐き気や腹痛といった副作用があらわれるおそれがあるとされています。

ミノキシジルの初期脱毛は副作用とされることが多いですが、効果があらわれているという裏付けにもなるため、副作用があらわれたからといって治療を辞めてしまわないようにしましょう。

 

継続的に使用する必要がある

継続的な使用FAGAを投薬治療で改善しようと考えている場合、注意しなければならない最後のポイントが「継続しての治療」です。

FAGAの治療は投薬治療に限らず、効果が数日であらわれ始めるといったものではありません。

数ヶ月から1年といった長期のスパンで治療を継続して改善していく方法となっています。治療の効果があらわれるまでの期間にも個人差があります。

そのため、いつまで経っても改善しないなんて思っていても実は改善の兆しが見えているなんて言う場合もあります。

だからこそ投薬治療を行うという場合には最低1年は継続するという気持ちで始めることが大切です。

外用薬を塗布したり治療薬を飲んだりするだけでよいので、難しいことを継続しなければならないというわけではないので大きな負担になることはないので、投薬治療は大変そうに思えますが意外とそういうわけでもありません。

 

FAGA治療薬を安く購入する方法

節約女性の薄毛であるFAGAを改善するために治療薬を使おうと考えている時、気になるのはやはりその費用だったりします。

できることであれば、家計に負担をかけないように治療をしたいと考えるのは普通です。

完全に負担をかけずに治療するということは不可能ですが、安く治療薬を購入する方法はあるので負担を抑えるといったことは可能です。

そこで、ここからはFAGAの治療薬を安く購入する方法について紹介していきたいと思います。

 

通販サイトで購入する

通販サイトで購入するFAGA治療薬を安く手に入れるための方法として通販サイトを利用して購入するのは非常に有効です。

基本的に、FAGAの治療薬はFAGAクリニックなどで処方してもらうというケースがほとんどだと思います。ですが、個人輸入代行などの通販サイトを利用することでより安価で手に入れることができるケースは珍しくありません。

ただし、個人輸入で治療薬を購入する場合、使用は自己責任となるため初めて治療を行う人は治療薬を購入するのが不安と感じる人もいます。

そうした時は、まずFAGAクリニックで診察を受けて治療薬を処方してもらって治療を開始し、治療薬を問題がなく使えているなら次回分からは通販サイトを利用して同じ成分の治療薬を購入するようにすれば、幾分か安心して通販で購入した治療薬を利用することが可能となります。

 

セット商品を購入する

セット商品例次にFAGAの治療薬を安く手に入れるための方法としては、セット商品を購入するという方法です。

これも、通販サイトを利用して購入する場合に使える方法で、通販サイトの中にはFAGA治療薬を複数種セットにしたセット商品を取り扱っているケースがあります。

こうしたセット商品はそれぞれの治療薬を別で購入する時と比べて、安くなっているため安く治療薬を購入することが可能です。

セット商品の場合は、いろいろな商品がセットになっているので、いろいろな治療薬を試すことができるという利点もあります。

特に、治療を始めたばかりで自身にどの治療薬が合っているのか分からないというような時には、非常に有効な方法といえます。

ただし、こちらの方法は既に治療のために使う治療薬が決まっているというような場合には、他の治療薬が無駄になってしまったりする場合もある点には注意が必要です。

 

送料を無料にできるサイトを使う

配送次に紹介する安く治療薬を手に入れる方法は「送料を無料にする」です。

通販サイトでFAGAの治療薬を購入する時に、必要になってくるのが送料です。

送料自体は1,000程度が相場ではありますが、投薬治療は長期の治療が基本となるため何度も利用すればそのたびに送料がかかって、気が付けば送料だけでそれなりの費用になってしまうケースは珍しくありません。そのため、FAGAの治療薬を購入する通販サイト選びも重要なポイントとなってきます。

通販サイトによっては、元々送料が無料というところがあったり、〇○円以上の購入で送料が無料になったりというのは珍しくありません。

そのため、治療薬を購入する通販サイトを選ぶ時には、商品の取り扱いの豊富さや商品の価格の他にも、送料という部分にも注目してみるようにしましょう。

そうすることで、長い目で見て治療薬の購入にかかる費用を抑えるといったことが可能となります。

 

割引クーポン・セールを使用する

ココロ薬局のクーポンFAGAの治療薬を購入する費用を抑えるためのポイントとして最後に紹介するのは「クーポンやセールの活用」です。

通販サイトを利用してFAGAの治療薬を購入する場合、利用する通販サイトや利用する時期などによってセールが実施されていたり、値段が割引になるようなクーポンが配布されていたりします。

セール期間に利用したり割引クーポンを利用できれば、普段よりも安くFAGAの治療薬を手に入れることができるようになるため、結果的にFAGAの治療薬を安価で購入することが可能です。

ただし、こうしたセールの実施やクーポンの配布については、利用する通販サイトによって頻度や割引率などが大きく違っている場合が少なくありません。

そのため、いつでも利用できるものではないため、利用できればタイミングが良かったと考えるようにしましょう。

 

日常でできるFAGA対策と併せて効率よく改善しよう!

日常生活FAGAの治療は治療薬を用いた投薬治療などのほかに日常の中でできる改善法もあります。

日常の中にこうしたFAGAの対策を取り入れることができれば、FAGAの改善効果を高めたり、より効率的にFAGAを改善へと導くことができるようになります。

そのため、薄毛が最近気になる、薄毛の治療を行っているという方は是非こちらも参考にして、さまざまな方面からFAGAの改善を進めてみてはいかがでしょうか。

 

生活習慣の見直し

日常生活の円グラフ日常の中でできるFAGA対策は色々ありますが、取り入れやすい対策のひとつが「生活習慣の見直し」です。

  • 極端に少ない睡眠時間
  • 栄養バランスの偏った食生活
  • 日常生活におけるストレスの蓄積
  • 慢性的な運動不足

など、さまざまな事が原因となってFAGAに繋がってしまう場合があります。

そのため、生活習慣を見直すということだけでもFAGAの対策になる場合は少なくありません。

ただし、こうした生活習慣の見直しは根本的な生活リズムが大きく変わってしまったり、この見直しそのものが負担となってストレスになってしまう場合があります。

そうなってしまえば、折角の対策も逆効果となってしまうので無理のない範囲で取り入れられる見直しから徐々に取り入れるようにしましょう。

睡眠時間が少ないという方は、ちょっと早めに眠りにつくように寝る前にスマホを見ないようにしたりするだけでも変わったりしますし、食事の栄養バランスが偏っている場合は、サプリメントで補うだけでも変わったりします。ほかにも、ストレスを趣味で解消したり、運動不足気味な場合は通勤や通学で歩く時間を少し増やしてみるといったことも有効です。

 

紫外線対策

日傘日常に取り入れることができるFAGA対策には紫外線も挙げられます。

紫外線が薄毛とどんな関係があるのかといったことを考える方もいますが、実際のところ紫外線は抜け毛を増やたりといった直接的な影響を及ぼすことはありません。

ですが、紫外線を浴びると頭皮が老化してしまい、これによってタンパク質の合成を阻害するとされています。

当然、髪の毛もタンパク質の一種なので、健康的な髪が育っていく環境がくずれてしまいます。そうなってしまえば、健康的な髪が相対的に減少していき育たなかった髪は次第に抜け落ちてしまい薄毛の進行に繋がるわけです。

紫外線対策は日焼け止めなどを使うのが基本ではありますが、頭皮などに使いにくい場合もあります。

そうした時は、帽子を着用することで紫外線から頭皮を守ったり、日傘をさすことで頭皮を紫外線から守るということが重要になります。

 

正しいヘアケアを実践する

ヘアケアFAGA対策の中でも、多くの人が考え付くのはやはりこの正しいヘアケアでしょう。

女性の多くは自身でさまざまなヘアケアをしているというケースは珍しくありません。

ですが、そのすべてが正しいヘアケアであるとは限らず、中には間違ったヘアケアを気づかないうちにしてしまっているなんていうケースもあります。

そのため、今一度普段行っているヘアケアを見直して、間違ったヘアケアをしていないか確認し、もし間違っていたら正しいヘアケアを行うようにすることで、薄毛を改善へと導くことができる場合もあります。

もちろん、正しいヘアケアは薄毛の改善だけでなく、健康的な髪の成長をサポートしたり薄毛そのものを予防したりするのにも役立つため、普段からこうした心がけるようにすることが重要です。

特にヘアケアは誰もが行っていることだったりもするので、新たに負担が増えるといったこともなく手軽に取り入れられる対策といえます。

 

育毛シャンプーを使用する

育毛シャンプーの使用日常の中に取り入れやすいFAGA対策の最後に紹介するのが毎日の洗髪に使用するシャンプーを「育毛シャンプー」に変えるという方法です。

本来シャンプーとは髪に付いた汚れや頭皮の汚れを洗浄するためのものですが、育毛シャンプーには頭皮洗浄などの成分の他に、髪の成長を促すための成分が配合されています。

日常生活の中でシャワーや入浴、シャンプーというのは当たり前に行うことだと思うので、その当たり前のことをFAGA対策にできるため非常に手軽かつ効果的な方法といえます。

ただし、育毛シャンプーは通常のシャンプーと比べて高価であるケースが多いため、そうした費用面では気を付ける必要があります。

その点を除けば、FAGA対策のために何か新しいことをする必要もないのでとても手軽に取り入れられて、継続も容易な対策法のひとつと言って過言ではありません。

 

まとめ

こちらのページではここまでFAGAの治療法である投薬治療について

何故オススメなのかや投薬治療で使う治療薬ランキング、治療薬を使う上での注意点などについて紹介してきました、

また、FAGAの治療薬を安価で購入するためのポイントや、日常生活の中でできるFAGA対策などについても合わせて紹介しています。

FAGAの治療は結果がすぐに出るというものではなく、継続して行っていく必要があるため安価で購入できるというのはFAGA治療において非常に重要な部分にあります。

 

最近抜け毛が多くなってきている気がする、頭皮の地肌が目立つようになってきているという場合、それはFAGAのサインかもしれません。

そうした方は、まずこちらのページで紹介したような対策を取り入れてみたりしてはいかがでしょうか。