AGA検査の方法とは?検査で分かることについても解説

AGA検査の方法とは?検査で分かることについても解説日本人男性の薄毛の原因のほとんどは、AGAだといわれています。

そのため、自身がAGAになる可能性があるのか気になる人は多いでしょう。

AGAは完治しない病気であるため、早期発見と予防によって進行を遅らせる必要があります。

 

そこで今回は、AGAの早期発見に必要不可欠となるAGA検査の方法や必要性、検査によって分かることについて解説します。

また、AGA検査を受けられる場所についても解説するため、自身がAGAであるのか不安な人は参考にしてください。

 

AGA検査ではどのようなことが行われる?

AGA検査では、大きく以下の2つが行われます。

  • 血液検査
  • 遺伝子検査

まずは、それぞれの検査内容について見ていきましょう。

 

血液検査

AGA検査では、血液検査を行われるケースが多いです。

薄毛の原因がAGAであるのどうかは、血液検査によって分かります。

血液検査によって判明できる項目は以下の通りです。

  • 遺伝子的にAGAを発症する可能性があるのか
  • 薄毛の原因がAGA以外であるのか
  • 投薬治療ができるのか

血液検査では、遺伝子的にAGAを発症する可能性があるのかを調べられます。

遺伝子的にAGAにかかる可能性がある場合は、早期から予防することが可能です。

 

また、薄毛の原因がAGAであるのかも調べられます。

薄毛の原因は、AGAだけではないため、血液検査により原因を特定することが可能です。

 

ほかにも、血液検査では、AGAの投薬治療ができるのかについても調べられます。

AGAは、基本的に投薬治療を行いますが、体質的に投薬できない人もいるため、血液検査により調べることが大切です。

 

遺伝子検査

AGAは、男性ホルモンやストレスなどさまざまな原因がありますが、遺伝によっても発症します。

そのため、遺伝子検査によってAGAの原因が遺伝であるのかを調べるのが一般的です。

 

遺伝子検査では、血液検査や髪の毛、粘膜などを採取して検査します。

この際には、「アンドロゲンレセプター遺伝子解析検査」という検査方法を行うのが一般的です。

AGAに関係性のあるアンドロゲンレセプターという受容体を観察・調査することでAGAが発症しやすいのかが判断できます。

 

アンドロゲンレセプター遺伝子解析検査では、AGAを発症しやすい遺伝子を持っているのかのみならず、フィナステリドと呼ばれる治療薬が効きやすいのかを調査することも可能です。

 

AGA検査が必要な理由

AGA検査では、血液検査や遺伝子検査などを行うのが一般的ですが、AGA検査はなぜ必要なのでしょうか。

ここからは、AGA検査が必要な理由について解説します。

 

薄毛の原因がAGAであるのかを調べるため

先述した通り、AGA検査では、薄毛の原因がAGAであるのかを調べることが可能です。

円形脱毛症や脂漏性皮膚炎など薄毛の原因はAGA以外にも存在します。

こうしたほかの病気であるにも関わらず、AGAであると誤診されれば、適切な治療が受けられず病気が進行するでしょう。

 

また、薄毛は甲状腺の異常が原因であるケースもあります。

仮にがんにより甲状腺の異常が出ている場合、早急に治療する必要があるでしょう。

こうした事態を防ぐために薄毛の原因がAGAであるのかを明らかにすることは重要です。

参考元:【医師監修】AGA治療で血液検査を行う理由とは?必要な理由を解説

 

投薬治療ができるのかを調べるため

AGA検査は投薬治療ができるのかを調べるためにも重要です。

AGAの治療薬には、ザガーロやプロペシアなどの治療薬を使用するのが一般的ですが、人によっては使用できないケースもあります。

 

たとえば、治療薬の成分が体内に溜まりやすかったり、肝臓の機能が低下していたりする人が投薬治療を行うと副作用のリスクが高まるため、投薬治療ができるのか十分に注意しなければなりません。

 

また、AGAの治療薬の効果があるのかを予測するうえでもAGA検査は重要です。

AGAの治療薬の効き目は個人差があるため、効果に期待できない治療薬を投薬している期間にAGAが進行する可能性があります。

ただし、あくまでも予測であるため、AGA検査だけで必ずしも治療薬が効かないというわけではない点に注意しましょう。

 

このようにAGA検査は、AGAの治療を進めるうえでも重要となります。

 

 AGA検査で分かること

AGAの検査では、以下のようなことが分かります。

  • 将来的なAGAのリスク
  • 投薬治療の可否
  • 薄毛の原因

将来的なAGAのリスクは、遺伝子検査によって判明します。

AGAの遺伝子がある場合、現時点で薄毛でないという人でも将来的にはAGAを発症する可能性は十分にあるでしょう。

AGAのリスクが事前に分かることで、早期予防が可能です。

 

また、投薬治療の可否も分かります。

AGA検査によって投薬治療が難しいと判断された場合は、医療用サプリメントや低出力のレーザーなどで治療するのが一般的です。

 

ほかにも、AGA検査では、薄毛の原因がAGAであるのかも特定できます。

先述した通り、薄毛の原因はAGAだけではないため、薄毛の原因を特定することは、適切な治療を行ううえで重要な要素でしょう。

 

AGAの検査はどこで受けられる?

AGA検査を受けられる場所は、以下の2つです。

  • AGA専門クリニック
  • 皮膚科

ここでは、AGA検査を受けられるそれぞれについて詳しく解説します。

 

 AGA専門クリニック

AGA専門クリニックであれば、AGA治療に関する豊富な知識と経験を持つ専門医が担当するため、精度の高いAGA検査を受けられます。

AGA検査の費用は、クリニックによっても異なりますが、問診からカウンセリングまでであれば無料であるケースも多いです。

そのため、費用を抑えたい人は、AGA専門クリニックがよいでしょう。

 

ただし、AGA専門クリニックは都市部に集中しているケースが多いです。

そのため、地方に住んでいる人は、AGA専門クリニックの選択肢が限られるでしょう。

AGA専門クリニックでは、オンライン受診を行っているところも多いため、地方に住んでいる人は検討してみるとよいでしょう。

 

皮膚科

AGA検査は、皮膚科で受けることも可能です。

皮膚科であれば身近にあるため、地方に住んでいる人でも通院しやすいでしょう。

なお、皮膚科のAGA検査は、医師による問診と血液検査を行うのが一般的です。

費用は、初診料と検査費を含めて5,000~10,000円ほどでしょう。

 

また、皮膚科の医師がAGAに詳しいとは限らない点に注意が必要です。

皮膚科では、AGA以外にも皮膚に関するさまざまな治療を行っているため、AGA専門クリニックの専門医と比較するとAGA検査の精度が劣る可能性があるでしょう。

 

 AGA検査は自宅で受けられる?

AGAは、検査キットを使用して自宅で調べることも可能です。

AGAの検査キットは、通販やAGA専門クリニックで販売されているため、自宅に取り寄せて調査します。

費用は、検査キットによっても異なりますが8,000~20,000円が相場です。

なお、検査キットは、以下のような流れで使用します。

  • 検査キットを取り寄せる
  • 髪の毛を数本送る
  • 検査結果が届く(2~3週間後)

AGAの検査キットは、AGA専門クリニックや皮膚科に行くのが手間だという人に向いています。

しかし、検査結果出るまでに2~3週間ほどかかるため、すぐに結果を知りたいという人は、AGA専門クリニックや皮膚科に行ったほうがよいでしょう。

 

まとめ

将来ハゲるかもしれないと悲観する男性
AGA検査では、血液検査や遺伝子検査によってAGAであるのかを調べるのが一般的です。

AGA検査では、AGAを発症しているのかだけでなく、将来的にAGAになるリスクやAGAの投薬治療の可否なども調べられます。

AGAの誤診によって進行する病気や、AGAの投薬治療の副作用のリスクなどを防ぐためにAGA検査は重要です。

 

AGA検査は、AGA専門クリニックや皮膚科で受けることが可能です。

そのほかにも、検査キットを取り寄せて自宅での検査もできます。

それぞれ費用や特徴が異なるため、自身に合った場所でAGA検査を行いましょう。

この記事を参考に自身がAGAであるのかを検査してみてはいかがでしょうか。